「琉大事件」を考える(仮称)

~琉大事件に関する情報を集めています~

1953年、米軍の支配下にあった沖縄で、
学生の「原爆展」開催を理由に 4人を退学処分にするなど 
若者たちの平和への叫びを封じようとしたのが「琉大事件」

朝鮮戦争下で原爆展 『琉大事件とは何だったのか』

May 2016

広島に来た大統領のハグと核のボタン 訪問の舞台裏は

logo@2x
広島に来た大統領のハグと核のボタン 訪問の舞台裏は
武田肇、ワシントン=奥寺淳 2016年5月31日10時40分

http://digital.asahi.com/articles/ASJ5Z5DC9J5ZUHBI01G.html?_requesturl=articles%2FASJ5Z5DC9J5ZUHBI01G.html 

 
現職の米大統領として初めて被爆地・広島を訪れた
オバマ大統領。象徴的な場面として注目されたのが、被爆者を抱きしめた瞬間だった。この場面に至るまでの経緯を含め、あの一日の舞台裏を追った。
 白髪で杖を手にした被爆者の言葉にうなずきながら、オバマ氏が悲しげな表情に変わっていく。長い手を伸ばして抱きしめ、背中をさすった――。
 オバマ氏が被爆者の森重昭さん(79)を抱きしめる場面は、日本だけでなく米国でも、写真や映像が報じられた。
 「大統領があなたのところに行って話します。握手もします」。外務省の森健良・北米局長が森さんに伝えたのは、一連の行事が始まる約10分前だった。
 歴史研究家でもある森さんは約40年間、広島で被爆死した米兵捕虜12人を調査し、米国人の遺族と交流してきた。
 森さんはあの瞬間をこう振り返る。
 「自分の言葉でお礼を伝えたい」と通訳を介さずオバマ氏に話しかけようとした。ところが緊張し、すぐに言葉に詰まってしまった。体が震え、涙がほおを伝った。その瞬間、オバマ氏に抱きしめられたという。「落ち着いて下さいという趣旨だったと思う。言葉をうまく交わせなかったことが、予期せぬハグ(抱きしめること)になった」
 被爆者との対面は、4月のケリー国務長官の広島訪問時には実現しておらず、日米関係者が「どういうやりとりになるか予想がつかない」と最も気を使った場面だった。米国側にとっては「謝罪」ととらえられないことが条件だった。
 工夫を凝らしたのが被爆者の人選だった。日本側が招待したのは日本原水爆被害者団体協議会の役員4人(1人は体調不良で欠席)。米国側は森さんを含めて6人を招待したが、森さんの妻を除く全員が米国史と関わる被爆者だった。
 その一人、伊東次男さん(81)は2歳上の兄を広島の原爆で、35歳の長男をニューヨークの同時多発テロで亡くした。米カリフォルニア州から駆けつけたカノ・ヨリエさん(73)は、広島で被爆し、その後米国に移住した在米被爆者……という具合だ。日本政府関係者は「リストを見たとき、ここまで詳しく調べ上げているのかと舌を巻いた。米国での受け止められ方を意識していたのは間違いない」と話す。
 一方、日本側がこだわったのが、平和記念資料館原爆資料館)見学だった。資料館を見学しなければ「被爆の実相」に触れることにならず、厳しい批判を浴びると判断した。
 しかし、滞在予定時間は1時間足らず。結局、主要な展示物を入り口に集めて約10分間見学するという方法をとった。ただ、日本側がオバマ氏が「見た」と発表したのは、被爆後、12歳で亡くなった佐々木禎子さんが白血病の回復を信じて折り続けた折り鶴などの遺品と、被爆者でもある日本画家平山郁夫さん作の壁画だけ。焼けただれた人々の写真などを見たのかは明らかにされていない。
 ケリー氏が訪れた原爆ドームの視察は日米とも前向きだったが、周辺に立ち並ぶビルからの狙撃を防げないなどとする米先遣隊の反対意見で、遠くから見ることにとどめた。
 広島での演説は、オバマ氏側近が推敲(すいこう)を重ねた。米国の責任に触れないことが前提のため、おびただしい犠牲に触れつつも、「米国が投下した」といった主語を明確にする表現は使わず、「死が空から降り……」などとした。ただ、オバマ氏は「科学によって(中略)殺戮(さつりく)の道具に転用することができる。広島がこの真実を教えてくれる」とも語った。「殺戮」と「広島」を同じ文脈で使うことが、オバマ氏の個人的な思いを連想させる精いっぱいの表現だった。
一方で、核超大国のトップであるオバマ氏は平和記念公園に、核攻撃の承認に使う機密装置を持った軍人も同行させていた。広島で「核なき世界」を訴えた米大統領が、広島に初めて「核のボタン」を持ち込むことになった。(武田肇、ワシントン=奥寺淳) 

5月アクセス検索キーワード

5月アクセス検索キーワード


沖縄 原爆 配備

琉球大学・ミシガン州立大学

米国世論、根強い投下正当化

380974_422383641176710_1707986900_n



沖縄 ブログランキングへ
 

アサヒグラフ- Wikipedia  (朝日新聞社)

アサヒグラフ - Wikipedia 
http://ow.ly/zoCf1002zR9
1952年8月6日号において、日本で初めて広島の原爆被害の写真を誌面に掲載し、話題になる。
220px-Asahigraph1937-9

 
『アサヒグラフ』は朝日新聞社が1923年(大正12年)から2000年(平成12年)まで刊行していた週刊グラフ誌(画報誌)である。

目次
概要

日本初の日刊写真新聞として創刊され、関東大震災後、週刊グラフ誌として復刊された。
日本における写真誌の草分け的存在で、数々の歴史的な報道や、その時代に代表される世相や風俗の特集記事を多数掲載、資料的価値も高い。
大正デモクラシーから、戦前、戦中、戦後、高度経済成長、オイルショック、バブル崩壊、そして21世紀の幕開けまで、77年間の長期にわたり刊行を続けた日本を代表するグラフ誌である。


アサヒグラフ昭和12年9月1日号
歴史

第1号となる「1923年1月25日創刊号」を発行する。同年9月1日の関東大震災で臨時休刊。同年11月14日号から週刊の画報誌として復刊。

創刊当初の大正12年には、ジョージ・マクナマスによるアメリカの4コマ漫画『ジッグズとマギー』の翻訳版が本誌に『おやぢ教育』のタイトルで連載されており、コマ割りやふきだしなど、漫画表現において、数少ない当時の日本漫画家らに多大な影響を与えており、日本漫画の源流と考えられている。

1952年8月6日号において、日本で初めて広島の原爆被害の写真を誌面に掲載し、話題になる。

テレビ登場後も、1970年代には10万部台の発行を誇った。
1980年代以降は報道よりもカルチャーや人物紹介などに重点を置き、写真家の作品発表の場という一面も持っていた。

2000年10月15日増刊号『シドニー・オリンピック総集編』をもって休刊。77年の歴史を終える。

2011年3月11日の東日本大震災発生後の23日に、緊急復刊号(週刊朝日臨時増刊扱い)を発行した(新聞社発行のグラフ誌は、戦後の大きな災害事故ごとに臨時増刊号を出してきたという歴史もあった)。
ほかに、歴史的なバックナンバーが復刻されるケースもある。

月刊アサヒグラフ person

『月刊アサヒグラフ person』(げっかんアサヒグラフ パーソン)は、2001年(平成13年)から2003年(平成15年)まで、朝日新聞社が刊行していた月刊誌。

2001年3月23日(2001年5月号)創刊。「アサヒグラフ」の名前を冠しているものの報道色は薄く、芸能人へのインタビューを中心とした芸能グラビア雑誌となっていた。2003年4月号(2003年2月22日発売、通算24号)をもって休刊。

カテゴリ 朝日新聞

特集・連載>核といのちを考える>オバマ米大統領、広島へ
http://www.asahi.com/special/nuclear_peace/obama/  

 

朝日新聞・核と平和取材班Twitter
https://twitter.com/asahi_peace/with_replies 

 logo@2x
 




沖縄 ブログランキングへ 

石破茂氏がトランプ氏を批判 「日米安保条約をよくお読みいただきたい」

石破茂氏がトランプ氏を批判
「日米安保条約をよくお読みいただきたい」
http://news.livedoor.com/article/detail/11494477/ 
yomiuri
2016年5月7日 12時3分 読売新聞 
 
【ワシントン=小川聡】
石破地方創生相は6日夕(日本時間7日朝)、米大統領選で共和党指名候補になることが確定したドナルド・トランプ氏(69)が在日米軍駐留経費の日本側負担増を求めていることに対し、「日米安保条約をもう一度、よくお読みいただきたい」と批判した。

 ワシントン市内で記者団に語った。

 石破氏はこの中で、米軍は安保条約上、日本防衛に加え、極東の平和と安全のために日本に駐留していると指摘。
「米国がひたすら日本の防衛のために負担をしているのだ、よってその経費は日本が持つべきだということは、日米安保条約の内容からは論理上、出てこない」と述べた。

 石破氏は同日午前(日本時間6日深夜)に行った講演では、「同盟の本質と国際環境を正確に理解すれば、必ず正しい政策が立案されると信じている」と米国の聴衆に訴えた。
また、憲法9条が改正される可能性を念頭に、「日米安保条約や日米地位協定を改定することは将来的に真剣に検討されるべき課題だ」とも語った。
 

沖縄 ブログランキングへ

4月の検索ワード

このブログの4月の検索ワード

  1950年代 沖縄 日記資料

  那覇空港 岩ずり 奄美

    沖縄人民党の歴史

    日本政府南方連絡事務所

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ゴールデンウイークが終わったら
私が持ってる新聞記事で、1950年代の
記事タイトルなどを入力していく予定です。


事実を積み重ねていくことで 、真実がみえてくる

~歴史~

φ(.. ) 


380974_422383641176710_1707986900_n



沖縄 ブログランキングへ
 

沖縄県憲法普及協議会

2015/05/21 に公開
毎年開催している憲法講演会は2015年で第50回目を迎えました。
これまでの憲法講演会を振り返り,
沖縄において平和憲法の意味を考えるために映像を作­成して,
2015年5月3日に開催された憲法講演会で上映しました。
 
2015年5月3日に開催された憲法講演会で上映しました。
 

オバマ氏に被爆地訪問の決意促す 核軍縮の国連部会で広島市長

main_logo_2

オバマ氏に被爆地訪問の決意促す 核軍縮の国連部会で広島市長
2016年5月2日 21:07
 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166534&f=t  

【ジュネーブ共同】
  核軍縮の進展を目指す国連作業部会の第2回会合が2日、ジュネーブの国連欧州本部で始まった。
広島市の松井一実市長が冒頭の会合に出席し、各国へのメッセージの中で「広島、長崎の市民は、世界の指導者に被爆地を訪問し『こんな思いを他の誰にもさせてはならない』という被爆者の真剣な願いを感じてもらいたいと望んでいる」と訴えた。
 広島市には5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせ、原爆投下の当事国である米国のオバマ大統領が現職として初めて訪れる見通しだが、まだ正式発表はない。
松井市長はメッセージを通じ、オバマ氏の決意を促した。
(共同通信)
BOOKS Mangroove
「琉大事件とは何だったのか」






終わっていない過去


沖縄は

1950年に起こった朝鮮戦争で、

最前線基地になった。


トルーマン米国大統領が

朝鮮戦争の始まった直後、

記者会見で

「原爆使用もありうる」と

発言し、

広大な米軍基地を

抱える沖縄の人達は、

核戦争に巻き込まれる

危険性を身近に…


朝鮮戦争、今も休戦中





1953年(昭和28年)、

当時米軍の支配下にあった沖縄で

学生の「原爆展」開催を理由に

4人を退学処分にするなど 

若者たちの平和への叫びを

封じようとしたのが琉大事件



朝鮮戦争下で原爆展

『琉大事件とは何だったのか』

21470590 

















HP「琉大事件を考える(仮称)」
https://himawari0007.amebaownd.com/ 
 




人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ









ひまわりの散歩道~沖縄&奄美
https://ameblo.jp/himawarimusume007
 

メッセージ

名前
メール
本文