「琉大事件」を考える(仮称)

~琉大事件に関する情報を集めています~

1953年、米軍の支配下にあった沖縄で、
学生の「原爆展」開催を理由に 4人を退学処分にするなど 
若者たちの平和への叫びを封じようとしたのが「琉大事件」

朝鮮戦争下で原爆展 『琉大事件とは何だったのか』

沖縄県公文書館にある資料

4月28日 対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)発効(1952年)

4月28日 対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)発効(1952年)
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2013/04/4281952.html  
 ホーム > 公文書館通信 > あの日の沖縄 >
4月28日 対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)発効(1952年)

 1952(昭和27)年4月28日、対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)が発効し、太平洋戦争で敗戦した日本は独立国として主権を回復しました。

 その一方で、沖縄・奄美は日本から切り離され、米軍の施政権下に置かれました。

 また、同年41日、全琉球を統一する住民側の政府ともいうべき琉球政府が発足しました。しかしその活動は米国統治下で制限されたものでした。

 

 1951(昭和26)年9月8日、サンフランシスコ会議において日本と旧連合国48カ国が同条約に調印しました。日本からは当時の首相吉田茂(よしだ・しげる)が出席して署名しました。

 そして同条約第3号により、北緯29度以南の奄美や沖縄の南西諸島を日本の行政権から切り離し統治することが国際的に決定されました。

 

 同条約が発効される以前、アメリカは戦時国際法『ヘーグ陸戦法規』を根拠に沖縄を占領してきましたが、サンフランシスコ平和条約と同日に『日本とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約』(安保条約)も発効し、それによってアメリカ軍の日本駐留が認められました。

 

 

 1950年代からは米軍基地の建設が本格化しました。

 

 アメリカ政府の出先機関である琉球列島米国民政府(USCAR)は、布令・布告を公布するなどして新規に土地を接収し、基地を拡充していきました。 


http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2013/04/4281952.html 
ホーム > 公文書館通信 > あの日の沖縄 > 4月28日 対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)発効(1952年)


 

第一次琉大事件があったのは、1953年。

ミシガン州立大学による琉球大学支援事業関係資料・資料リスト

沖縄県公文書館
ミシガン州立大学による琉球大学支援事業関係資料 資料リスト
http://www.archives.pref.okinawa.jp/collection/2008/03/post-8.html 

米国ミシガン州イースト・ランシングにあるミシガン州立大学文書館(University Archives and Historical Collections, Michigan State University)から収集した琉球大学支援事業関係資料を公開しました。(平成20年3月11日)

米軍政府は1950年5月、沖縄初の大学として琉球大学を設置しました。
米陸軍省は新生大学を支援するため、アメリカ教育評議会を通じて支援プログラムへの参加校を公募し、翌1951年、ミシガン州立大学(MSU)と契約を結びました。
同契約の下、1968年までの間に多数のMSU教授陣が沖縄に派遣され、琉球列島米国民政府(USCAR)や地元の教育関係者と協力してカリキュラムの開発や施設拡充などに取り組みました。

同資料群は、沖縄の事務所で保管されていた文書とミシガンの国際部長室で保管されていた文書に大別できます。同事業の関連資料は、米国国立公文書館所蔵の陸軍省文書や当館所蔵のUSCAR教育厚生局文書などにも見られますが、今回公開する資料群には、学長、国際学部長、顧問団員らの書簡、定期報告書、カリキュラム開発、教職員のトレーニングに関する文書など、同事業の詳細を知る上で貴重な資料が数多く含まれています。(全576簿冊)

ミシガン州立大学顧問団団長カール・D・ミードから本部へ宛てた書簡
 
<ハイライト資料>
1956年8月に起きた「第2次琉大事件」についてミシガン州立大学顧問団団長カール・D・ミードから本部へ宛てた書簡。

「第2次琉大事件」とは、「島ぐるみ闘争」の渦中、琉球大学学生が米軍用地の一括払い(プライス勧告)に反対する住民集会のデモにおいて反米的言動を行なったことなどを理由に退学処分となった事件。
同書簡は、琉大財団理事であったミードが学生の処分に至る経過を綴ったもの。

同書簡の内容は、2006年9月から11月にかけて『琉球新報』において「『ミード報告』を読む・第2次琉大事件から50年」と題して連載された。

 page-0001-thumb-300x388





沖縄 ブログランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 

ミシガン州立大学による琉球大学支援事業関係資料

『沖縄県公文書館』ミシガン州立大学による琉球大学支援事業関係資料
米国ミシガン州イースト・ランシングにあるミシガン州立大学文書館(University Archives and Historical Collections, Michigan State University)から収集した琉球大学支援事業関係資料を公開しました。
(平成20年3月11日)

米軍政府は1950年5月、沖縄初の大学として琉球大学を設置しました。
米陸軍省は新生大学を支援するため、アメリカ教育評議会を通じて支援プログラムへの参加校を公募し、翌1951年、ミシガン州立大学(MSU)と契約を結びました。
同契約の下、1968年までの間に多数のMSU教授陣が沖縄に派遣され、琉球列島米国民政府(USCAR)や地元の教育関係者と協力してカリキュラムの開発や施設拡充などに取り組みました。


同資料群は、沖縄の事務所で保管されていた文書とミシガンの国際部長室で保管されていた文書に大別できます。
同事業の関連資料は、米国国立公文書館所蔵の陸軍省文書や当館所蔵のUSCAR教育厚生局文書などにも見られますが、今回公開する資料群には、学長、国際学部長、顧問団員らの書簡、定期報告書、カリキュラム開発、教職員のトレーニングに関する文書など、同事業の詳細を知る上で貴重な資料が数多く含まれています。(全576簿冊)



「第2次琉大事件」とは、「島ぐるみ闘争」の渦中、琉球大学学生が米軍用地の一括払い(プライス勧告)に反対する住民集会のデモにおいて反米的言動を行なったことなどを理由に退学処分となった事件。
同書簡は、琉大財団理事であったミードが学生の処分に至る経過を綴ったもの。
 
page-0001-thumb-300x388


 
沖縄 ブログランキングへ


 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ  



沖縄県公文書館での資料

4000258745

http://blog.livedoor.jp/himawarimusume7/archives/1399246.html
第三章
九 「第一次琉大事件」「第二次琉大事件」

*参考文献
Russel  E.Horwood, Letter to Milton E.Muelder, Dean of School of Science and Arts, May 13,1953
(沖縄県公文書館蔵、「ミシガン州立大学資料」資料コード 0000074830, 26頁)

Carl D.Mead, Letter to Milton E.Muelder, August  22,1956
(沖縄県公文書館蔵、「ミシガン州立大学資料」資料コード 0000074488, 1-4頁)

ブース高等弁務官大学視察 1958年5月19日
(沖縄県公文書館蔵、USCAR 広報局写真資料6-4)


沖縄県公文書館

沖縄県公文書館へ行ってきました。

IMG_20160210_170514

閲覧室では、沖縄県や琉球政府が作成した公文書、沖縄に関する歴史資料(文字資料、映像や写真資料)を閲覧し複写することができます。

IMG_20160210_160852

IMG_20160210_101234

ー記録を残す、記憶をつなぐー
この言葉が、私の心の中に深く刻まれました。


IMG_20160210_101250

私は、複写したいものがあった為、自分のパソコンを持参して来館しました。


IMG_20160210_170514

IMG_20160210_161241


IMG_20160210_161755


所在地
〒901-1105 沖縄県南風原町字新川148番地の3


開館時間
午前9時~午後5時(閲覧・複写申請の受付は午後4時30分まで)


休館日
月曜日、国民の休日※1、年末年始(12月29日~翌年1月3日)、慰霊の日(6月23日)




 



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ

にほんブログ村



沖縄 ブログランキングへ
BOOKS Mangroove
「琉大事件とは何だったのか」






終わっていない過去


沖縄は

1950年に起こった朝鮮戦争で、

最前線基地になった。


トルーマン米国大統領が

朝鮮戦争の始まった直後、

記者会見で

「原爆使用もありうる」と

発言し、

広大な米軍基地を

抱える沖縄の人達は、

核戦争に巻き込まれる

危険性を身近に…


朝鮮戦争、今も休戦中





1953年(昭和28年)、

当時米軍の支配下にあった沖縄で

学生の「原爆展」開催を理由に

4人を退学処分にするなど 

若者たちの平和への叫びを

封じようとしたのが琉大事件



朝鮮戦争下で原爆展

『琉大事件とは何だったのか』

21470590 

















HP「琉大事件を考える(仮称)」
https://himawari0007.amebaownd.com/ 
 




人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ









ひまわりの散歩道~沖縄&奄美
https://ameblo.jp/himawarimusume007
 

メッセージ

名前
メール
本文