「琉大事件」を考える(仮称)

~琉大事件に関する情報を集めています~

1953年、米軍の支配下にあった沖縄で、
学生の「原爆展」開催を理由に 4人を退学処分にするなど 
若者たちの平和への叫びを封じようとしたのが「琉大事件」

朝鮮戦争下で原爆展 『琉大事件とは何だったのか』

核兵器

アサヒグラフ- Wikipedia  (朝日新聞社)

アサヒグラフ - Wikipedia 
http://ow.ly/zoCf1002zR9
1952年8月6日号において、日本で初めて広島の原爆被害の写真を誌面に掲載し、話題になる。
220px-Asahigraph1937-9

 
『アサヒグラフ』は朝日新聞社が1923年(大正12年)から2000年(平成12年)まで刊行していた週刊グラフ誌(画報誌)である。

目次
概要

日本初の日刊写真新聞として創刊され、関東大震災後、週刊グラフ誌として復刊された。
日本における写真誌の草分け的存在で、数々の歴史的な報道や、その時代に代表される世相や風俗の特集記事を多数掲載、資料的価値も高い。
大正デモクラシーから、戦前、戦中、戦後、高度経済成長、オイルショック、バブル崩壊、そして21世紀の幕開けまで、77年間の長期にわたり刊行を続けた日本を代表するグラフ誌である。


アサヒグラフ昭和12年9月1日号
歴史

第1号となる「1923年1月25日創刊号」を発行する。同年9月1日の関東大震災で臨時休刊。同年11月14日号から週刊の画報誌として復刊。

創刊当初の大正12年には、ジョージ・マクナマスによるアメリカの4コマ漫画『ジッグズとマギー』の翻訳版が本誌に『おやぢ教育』のタイトルで連載されており、コマ割りやふきだしなど、漫画表現において、数少ない当時の日本漫画家らに多大な影響を与えており、日本漫画の源流と考えられている。

1952年8月6日号において、日本で初めて広島の原爆被害の写真を誌面に掲載し、話題になる。

テレビ登場後も、1970年代には10万部台の発行を誇った。
1980年代以降は報道よりもカルチャーや人物紹介などに重点を置き、写真家の作品発表の場という一面も持っていた。

2000年10月15日増刊号『シドニー・オリンピック総集編』をもって休刊。77年の歴史を終える。

2011年3月11日の東日本大震災発生後の23日に、緊急復刊号(週刊朝日臨時増刊扱い)を発行した(新聞社発行のグラフ誌は、戦後の大きな災害事故ごとに臨時増刊号を出してきたという歴史もあった)。
ほかに、歴史的なバックナンバーが復刻されるケースもある。

月刊アサヒグラフ person

『月刊アサヒグラフ person』(げっかんアサヒグラフ パーソン)は、2001年(平成13年)から2003年(平成15年)まで、朝日新聞社が刊行していた月刊誌。

2001年3月23日(2001年5月号)創刊。「アサヒグラフ」の名前を冠しているものの報道色は薄く、芸能人へのインタビューを中心とした芸能グラビア雑誌となっていた。2003年4月号(2003年2月22日発売、通算24号)をもって休刊。

カテゴリ 朝日新聞

特集・連載>核といのちを考える>オバマ米大統領、広島へ
http://www.asahi.com/special/nuclear_peace/obama/  

 

朝日新聞・核と平和取材班Twitter
https://twitter.com/asahi_peace/with_replies 

 logo@2x
 




沖縄 ブログランキングへ 

オバマ氏に被爆地訪問の決意促す 核軍縮の国連部会で広島市長

main_logo_2

オバマ氏に被爆地訪問の決意促す 核軍縮の国連部会で広島市長
2016年5月2日 21:07
 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166534&f=t  

【ジュネーブ共同】
  核軍縮の進展を目指す国連作業部会の第2回会合が2日、ジュネーブの国連欧州本部で始まった。
広島市の松井一実市長が冒頭の会合に出席し、各国へのメッセージの中で「広島、長崎の市民は、世界の指導者に被爆地を訪問し『こんな思いを他の誰にもさせてはならない』という被爆者の真剣な願いを感じてもらいたいと望んでいる」と訴えた。
 広島市には5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせ、原爆投下の当事国である米国のオバマ大統領が現職として初めて訪れる見通しだが、まだ正式発表はない。
松井市長はメッセージを通じ、オバマ氏の決意を促した。
(共同通信)

オバマ大統領訪問の地ならしか…ケリー国務長官が広島・平和記念公園を訪問へ 原爆投下正当化する米世論なお根強く…

オバマ大統領訪問の地ならしか…ケリー国務長官が広島・平和記念公園を訪問へ 
原爆投下正当化する米世論なお根強く…
2016.4.4 06:30

logo_header_news

http://www.sankei.com/world/news/160404/wor1604040010-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/160404/wor1604040010-n2.html

 【ワシントン=青木伸行】
 米国務長官では初めてとなるケリー国務長官の広島訪問は、オバマ大統領が5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の際に広島を訪れるかを判断する上での“試金石”になるとみられ、注目される。

 これまでに広島を訪れた米政治家では、大統領権限継承順位が副大統領に次ぐ、民主党のナンシー・ペロシ下院議長(当時。2008年訪問)が最高位。国務長官は筆頭閣僚に位置づけられ、ケリー氏は閣僚として最高位の広島訪問となる。

 ケリー氏は各国の外相とともに、広島市の平和記念公園を訪問する。

 広島などでの平和記念式典に昨年、キャロライン・ケネディ駐日大使と参列したガテマラー国務次官は、オバマ氏の広島訪問について「ホワイトハウスで検討されている。大統領は広島を訪問できれば光栄だと話している。
いつ、どのように実現するかは彼が決めることだ」と述べた。


 訪問の是非の判断と決断はひとえに、オバマ氏自身とホワイトハウスにかかっている。米政府筋は「現時点では決まっていない。ケリー氏の広島訪問の反響を見るまで、大統領の訪問の可否が決定されることはない」としている。

 日米両政府はケリー氏の訪問と、オバマ氏が訪問する場合の主な意義を(1)原爆死没者を慰霊し、世界の恒久平和を祈念(2)日米の“歴史問題”の払拭に努め、絆を強化(3)オバマ氏が09年、プラハ演説で打ち出した「核兵器なき世界」の強調-と位置づけている。

 一方で、米政府が懸念しているのが、オバマ氏の訪問で「謝罪を強いられる可能性」(関係者)だ。米国内には退役軍人を中心に、原爆投下を正当化する世論も根強く、反発を招く恐れがあるためだ。そうなれば、大統領選の行方にも微妙な影響を与えかねない。

 これらに対する国内外の「反響」をオバマ氏は、ケリー氏の訪問を通じて見極め、「大統領として日本を訪問する最後の機会に、日米関係がさらに良くなる努力」としての広島訪問の是非を、判断するとみられる。

「よく分かっていない」 オバマ米大統領が核武装容認発言でトランプ氏を批判

「よく分かっていない」 オバマ米大統領が核武装容認発言でトランプ氏を批判
【ワシントン=加納宏幸】
オバマ米大統領は1日、ワシントンで開かれた核安全保障サミット終了後の記者会見で、米大統領選で共和党候補指名を争う不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)が日本や韓国の核武装を容認する発言をしたことを強く批判した。  

オバマ氏は米軍の核抑止力を前提とする日米、米韓の同盟関係を地域の安定の「礎石」であるとし、第二次大戦後、地域を破滅から防ぐことができたと強調。
トランプ氏が「外交や核政策をよく分かっていない」と指摘し、「米大統領は世界で起きていることを知っている必要がある」と述べた。

「オバマ大統領は広島訪問を」 米紙が決断促す社説を相次ぎ掲載 「非核の時代継承を」

logo_header_news 2016.4.16 13:30

「オバマ大統領は広島訪問を」 米紙が決断促す社説を相次ぎ掲載 「非核の時代継承を」 
http://www.sankei.com/world/news/160416/wor1604160038-n1.html 
 米紙ワシントン・ポスト電子版は15日、1945年に広島、長崎に原爆が投下されて以来、核兵器が使われなかったという「偉業」を次の70年も続けるための土台を築くべきだとする社説を掲載し、オバマ米大統領に広島訪問を促した。
 ニューヨーク・タイムズ紙もオバマ氏の広島訪問に賛同する社説を掲載したばかり。
現職米大統領による初の被爆地訪問に、肯定論が広がっているようだ。
 ポスト紙は、オバマ氏は広島で、核の恐ろしさに警鐘を鳴らし続けてきた被爆者や日本の人々に対する敬意を表明するべきだと主張。
米国による原爆投下の是非に踏み込む必要はないはずだと指摘した。
 広島訪問には、米大統領選の共和党指名確保を目指す実業家トランプ氏らの批判が予想されるが、核兵器が使われない時代を継続するには「献身」が必要だとして、オバマ氏に決断を求めた。
(共同)
 
BOOKS Mangroove
「琉大事件とは何だったのか」






終わっていない過去


沖縄は

1950年に起こった朝鮮戦争で、

最前線基地になった。


トルーマン米国大統領が

朝鮮戦争の始まった直後、

記者会見で

「原爆使用もありうる」と

発言し、

広大な米軍基地を

抱える沖縄の人達は、

核戦争に巻き込まれる

危険性を身近に…


朝鮮戦争、今も休戦中





1953年(昭和28年)、

当時米軍の支配下にあった沖縄で

学生の「原爆展」開催を理由に

4人を退学処分にするなど 

若者たちの平和への叫びを

封じようとしたのが琉大事件



朝鮮戦争下で原爆展

『琉大事件とは何だったのか』

21470590 

















HP「琉大事件を考える(仮称)」
https://himawari0007.amebaownd.com/ 
 




人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ









ひまわりの散歩道~沖縄&奄美
https://ameblo.jp/himawarimusume007
 

メッセージ

名前
メール
本文