5月の連休を控え、向精神薬などの長期投薬がみられます。

保険適用上1回14日分を限度とされている内服薬・外用薬については特殊の事情である場合に限り、1回30日分を限度として投与する事が認められています。
医師による医薬品の投与量の制限は、平成14年4月より「予見する事ができる必要期間に従ったもの」と改正され、医師の裁量の範囲で投与する事がより明確となりましたが、新医薬品・麻薬・向精神薬については、その種類に応じて1回14日分、30日分、90日分としてそれぞれ制限されています。
ただし、これらの群も、ゴールデンウィークのような連休、年末年始、そして海外渡航などの特殊な事情として認められる場合に限り、必要最小限の範囲において1回30日分まで投与する事が認められています。
保医発第0404001号

しかし、通常において1回30日分、あるいは1回90日分を限度とされている医薬品についてはそもそも長期投与が認められている事から、特殊の事情であったとしてもそれ以上の投与は保険適用が認められていません。
(例えばリーゼ 連休の為56日分投与→×)

制限を超えて投薬する場合は、レセプトの摘要欄および院外処方せんの備考欄に、その理由の記載が必要である事を徹底しましょう。