とは、

さまざまな経験を経て世の中の表裏を知り、しぶとくずる賢くなっていること。(ことわざ成句使い方辞典)

海に千年、山に千年住んだ蛇は、竜になるという言い伝えがあるのだそうです。

110215aコクや甘みをバランスよくブレンドした、カカオ65%以上のチョコ原料クーベルチュールチョコを、生クリームでコクを出した特製の温かいミルクにたっぷり溶かし込み、専用ポットに約2杯分。(朝日新聞)

王国貴族に愛された、濃厚なコクの「ショコラ・ショー」(ホットチョコ)を、カフェでお気軽にどうぞというのは、大丸心斎橋店のデパ地下です。

“チョコレート王国”ベルギーの王室御用達チョコレート専門店「ヴィタメール」で、

「千年の至福」の時を味わうことができるのだそうです。

110215b須磨沖ののりを使い、その風味に合うように、チョコに粗塩を練り込み、甘さを際立たせた。(朝日新聞)

のは、神戸市須磨区の商店主らが発売した、のりを張り付けたチョコレート、

「神戸*須磨*のりのりチョコ」(2個入り525円)です。

養殖のりの生産枚数では佐賀県に次ぐ全国2位(2009年度)という兵庫県で、特産の養殖のりをアピールしようという試みなのですが、

これが「ヴィタメール」の風格に追いつくためには、「蛇が竜になる」ための、まさに「海に千年」の時を要するような気がします。

ところで、

須磨海岸といえば、昨年夏には「麻薬事件」の摘発が続き、イメージ回復のための処方箋も求められている・・・

ということであれば、ここのところはいっそのこと、

「酒井法子」=「のりピー」

をイメージ・キャラクターに採用されれば、よろしかったのではないでしょうか。

こと「海千山千」ということに関しては、彼女だって決して引けは取らないはずですから。

本日もお読みいただいた皆様どうも有り難うございました。
今後も読んであげようと思っていただけましたなら、
どうぞ応援のクリックを、お願いいたします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング