(YNハラリ 河出書房新社)

<歴史の道筋は、3つの重要な革命が決めた。>

約7万年前に歴史を始動させた認知革命、約1万2000年前に歴史の流れを加速させた農業革命、そしてわずか500年前に始まった科学革命だ。3つ目の科学革命は、歴史に終止符を打ち、何かまったく異なる展開を引き起こす可能性が十分ある。

大きな脳、道具の使用、優れた学習能力、複雑な社会構造という恩恵に浴しながら、200万年もの間「取るに足らない生き物」でしかなかった私たちサピエンスが、

7万年前に突如として食物連鎖の首座に君臨することになったのは、サピエンスの認知的能力に偶然起こった革命の産物だったという。

単なる事実を伝える言語ではなく、架空の事物(虚構)について語る能力を得たことから、伝説や神話そして宗教が生まれた。

この「認知革命」によって、サピエンスは無数の赤の他人と著しく柔軟な形で協力できるようになり、世界を支配したのである。

1万年前に、それまでは植物を採集し、動物を狩って食料としてきたサピエンスが、いくつかの動植物種の生命を操作することに、ほぼすべての時間と労力を傾け始めたのは、

その方が、より多くの果物や穀物、そして肉が手に入ると考えてのことだっただろう。人間の暮らし方を一変させた、「農業革命」である。

しかし、食糧の増加は人口爆発と飽食のエリート層誕生につながり、農耕民は結果として、狩猟採集民よりも、労多くして見返りの少ない暮らしを強いられることになった。

<「農業革命」は、史上最大の詐欺だったのだ。>

近代以前の知識の伝統である宗教は、この世界について知るのが重要である事柄は、すでに全部知られていると主張してきた。

わずか500年前、「人類は自らにとって最も重要な疑問の数々の答えを知らない」という重大な発見から、爆発的な文明の発展に結び付けたのが「科学革命」だった。

自らの無知を認めた上で、新しい知識の獲得を目指す、近代科学の姿勢は、物事が改善しうるという「進歩」という考え方を生んだ。

「進歩」という考え方によって、将来への信頼を寄せることができるようになった人類は、やがて「信用」という概念(これも虚構)への道を開くことになる。

この考え方は、たちまち経済にも取り入れられる。

「将来を信頼する」から「信用が盛んに発生する」ので、「経済成長は速い」ため、ますます「将来を信頼する」。(以下同様)

「未来は現在より豊かになる」という、資本主義マジックの誕生である。

この、いわば巨大な「共同幻想」(これももちろん虚構)のおかげで、人類は現在、かつてはおとぎ話の中にしかありえなかったほどの豊かさを享受している。

<だが、私たちは以前より幸せになっただろうか?>

私たちが自分の欲望を操作できるようになる日は近いかもしれないので、ひょっとすると、私たちが直面している真の疑問は、「私たちは何になりたいのか?」ではなく、「私たちは何を望みたいのか?」かもしれない。この疑問に思わず頭を抱えない人は、おそらくまだ、それについて十分考えていないのだろう。

本日もお読みいただいた皆様どうも有り難うございました。
今後も読んであげようと思っていただけましたなら、
どうぞ応援のクリックを、お願いいたします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング