(田中兆子 新潮文庫)

【徴産制】――日本国籍を有する満18歳以上、31歳に満たない男子すべてに、最大24ヶ月間「女」になる義務を課す制度。2092年、国民投票により承認され、翌年より施工。

2087年に日本の女性のみに発症した、若年層ほど死亡率の高い「スミダインフルエンザ」は、ワクチンの開発成功により、ようやく3年後に終息した。

若年女性人口の激減により、このままでは日本国の将来はないと憂えたソガ政権は、余剰となった若い男子に向け「2年間だけ女性になる」義務を課すことになる。

なぜなら、ほぼ同時期にワッカナイ大学再生医科学研究所が、「可逆的に性別を変える」ことができる画期的性転換技術の開発に成功していたからだった。

というこの本は、「徴産制」が敷かれた21世紀末の日本で、突然国から「女になって、子を産め」と命じられた5人の男たち、それぞれのケースを描いたものだ。

物語の設定としては、よしながふみ『大奥』の逆バージョンという趣だが、妊娠・出産という女の役割そのものを男が担うというところに、このお話しの妙がある。

<産役>に就けば国から高給が支給されるうえ、めでたく出産となれば、新築の家が一軒買えるほどの報奨金が出るため、喜んで志願する者もいるのだが、

貧しい家族のために心機一転、<女になる>ことを決意したにもかかわらず、<女>にはなっても容貌は変わらず、<男>には相手にされぬ現実に愕然としたり、

迷いを振り切って国のためにと<産む性>を引き受けたはずのエリートが、せっせと励んでもなかなか妊娠できずに、落ちこぼれの恐怖におびえるという悲劇もある。

<産役>の目的は「子づくり」だが、「出産」そのものは義務ではなかった。<徴兵>の目的は「戦うこと」だが、「殺人」そのものが義務ではないのと同じである。

出産するために婚姻関係は必要なく、出産したその時点で<産役>は終了し、男性に戻ることができるが、戻ることなく女性のままでいることも認めらる。

生まれた子供はどちらかの親が育てることが奨励されてはいるが、育児の義務はなく、基本的には国が引き取り、国立の養育施設で育てられるか、養子に出される。

「女が子供を産んだら、国はちょこっと金恵んでくれるだけで、ほとんど手助けしてくれんのに、男が子供を産んだら国が丸抱えで育ててくれるんだから、ほんとに男は甘やかされとる」

などなど、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」の未来版といった雰囲気で、きめ細かい説得力のある背景とともに、徴産制下の日常が描かれていくのである。

(それにしても、新型コロナの発生前にこの物語世界を構築してみせた著者の、理路整然とした論理的な構想力には脱帽である。)

詳しくはぜひ本書を読んでいただきたいが、立場も職業も思想信条も異なる彼ら「産役男」が、<女性>として味わうことになる理不尽で矛盾に満ちた体験は、

同性としてはいささか身につまされるものがあるのだが、よく考えてみれば、これは現代の女性たちがまさに身をもって体験していることであろうことに気付く。

<このお話は女性が普段から苦々しく思っている日常の細かなディテールが、淡々と登場する。>という意味で、これは現代の男性こそが読むべき必読書なのである。

現代社会において女性たちがチリチリとした痛みとともに体験させられる性差別的な状況を、徴産制下の男性たちが体験する。これは差別がどういうものなのかを伝える上で、なかなか巧みな戦略だ、性差別は、差別体験がない人々には想像もつかない無意識的なものであることが多いからだ。体験なき人々の心には、当然配慮も育ちようがない。(解説:小谷真理)

本日もお読みいただいた皆様どうも有り難うございました。
今後も読んであげようと思っていただけましたなら、
どうぞ応援のクリックを、お願いいたします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング