(谷崎潤一郎 中公文庫)

もし日本座敷を一つの墨絵に喩えるなら、障子は墨色の最も淡い部分であり、床の間は最も濃い部分である。私は、数寄を凝らした日本座敷の床の間を見る毎に、いかに日本人が陰翳の秘密を理解し、光りと蔭との使い分けに巧妙であるかに感嘆する。

屋根が高く尖ってその先が天に沖せんとするかのような西洋寺院に対し、大きな庇が作り出す深い蔭の中へ全体を取り込んでしまうわが国の寺院の伽藍を見ても、

空間を壁で囲い、少しでも多く内部を明りに曝そうとする西洋と、傘を拡げて大地に一廓の日蔭を落し、その薄暗い陰翳の中に空間を造る、彼我の違いは歴然である。

日本家屋の庇が長いのは、気候風土や、建築材料や、その他いろいろの関係があるのだろうが、「美」というものは常に生活の実際から発達するものだというのだ。

<暗い部屋に住むことを余儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰翳のうちに美を発見し、やがては美の目的に添うように陰翳を利用するに至った。>

というこの本は、日本を代表する文豪が「陰翳」を切り口に日本建築の美を語った名著として、暇人の建築学科学生時代にはバイブルのような扱いだったものだが、

語られるテーマはなにも建築に限られたものではなく、伝統的な日本文化の美と日本人の独特な美意識について、自らの体験に基づく「蘊蓄」が傾けられている。

ゆらゆらとまたたく燭台の蔭でこそ魅力を帯びる、沼のような深さと厚みを持った漆塗りの美しさ。「闇」を条件に入れなければ漆器の美しさは生まれ出ない。

顔以外の空隙へ悉く闇を詰めてしまうことで、黄色い顔を白く浮き立たせたお歯黒という化粧法。昔の女は襟から上の顔と袖口から先の手だけの存在だった。

ある程度の薄暗さと、徹底的に清潔であることと、蚊の呻りさえ耳につくような静かさ。古来、日本建築の中で一番風流に出来ているのは厠であった。

と、近代生活へと変貌を遂げようとする世の中(執筆当時昭和8年)で、仄暗い場所がどんどん失われていくことへの哀惜が綴られていくわけなのだが、

一と口に云うと、西洋の方は順当な方向を辿って今日に到達したのであり、我等の方は、優秀な文明に逢着してそれを取り入れざるを得なかった代りに、過去数千年来発展し来った進路とは違った方向へ歩み出すようになった、そこからいろいろな故障や不便が起っていると思われる。

<もし東洋に西洋とは全然別個の、独自の科学文明が発達していたならば、どんなにわれわれの社会の有様が今日とは違ったものになっていたであろうか。>

というのが、この小論を単なる老人の愚痴に終わらせない、もう一つのテーマである。「われわれは借り物のために損をしている」という。

西洋人が彼らの芸術に都合がいいように発達させた機械なのだから、それに迎合しようとすることは、却ってわれわれの芸術自体を歪めてしまうというのである。

もちろん、もはやそうなってしまった以上、もう一度逆戻りしてやり直す訳にいかないことは、谷崎にしても重々承知している。

その上で、その「損」を補う道をまずは自分が歩み出してみようという、これは文学領域への「陰翳世界」奪還作戦の宣言でもあったのだ。

文学という殿堂の軒を深くし、壁を暗くし、見え過ぎるものを闇に押し込め、無用の室内装飾を剥ぎ取ってみたい。それも軒並みとは云わない、一軒ぐらいそう云う家があってもよかろう。

「まあどう云う工合になるか、試しに電燈を消してみることだ。」

本日もお読みいただいた皆様どうも有り難うございました。
今後も読んであげようと思っていただけましたなら、
どうぞ応援のクリックを、お願いいたします。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキング