当ブログにご訪問ありがとうございます。管理人のイヴォンヌです。
これからもよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中。応援クリックありがとうございます♪
=======
ekouin-1
今年ももうあと少しですね〜・・・ということで、今月は初詣に行くにもいいんじゃない?!・・っと思われる全国各地のパワースポットの神社などをご紹介していきます♪

今回は東京・回向院、そしてそこにある「ねずみ小僧の墓」をご紹介♪

●回向院(東京・墨田区)

両国の国技館に近い回向院(えこういん)で、墓を削る小さな音がするのですが、開運願い石なるものがあり、参拝者が小石やブラシで墓石を削り取った粉を持ち帰ると「願いごとがかなうお守り」になるといわれています。

墓の主は「鼠(ねずみ)小僧」。江戸時代に実在した大泥棒です。

後ろに高さ2メートルの本墓がありますが、削っていいのは手前の墓「お前立ち」。角がとれ、丸みを帯びています。

鼠小僧は武家屋敷ばかりをねらって盗みに入ったといいます。貧しい庶民に盗んだ金を分け与えたとされ「義賊」として人気がありましたが、実際はばくちで散財したという説もあり、真実は定かではありません。

幕末から明治に活躍した戯作(げ・さく)者河竹黙阿弥が「義賊」として世に送り出すと、人気に火がつき、開運の守り神とする信仰ができました。
ekouin nezumikozou no haka
宝くじや賭けごと、商売繁盛のほか、芸者衆が「羽振りのいい旦那がつくように」と願うことも。「持病が治る」と伝わるなど、幅広く開運を受け持っています。

目立つのは合格祈願。どの屋敷にもスルリと忍び込み、屋根から落ちなかったとの言い伝えにあやかろうと、「難関校にも入れる」「落ちない」ように願う受験生や、その家族が後を絶ちません。

受験生に人気の理由はもう一つ。墓に刻まれた戒名「教覚速善居士」が「教えを速やかによく覚える」とも読めるから。最近は、就職活動中の我が子のお守りにと削りに来る親も多いといいます。

ねずみ小僧は本当に義賊だったのかは、わからないようですが、今は人々に希望や安心感をもたらしてくれています。真相は藪(やぶ)の中でいいようですね♪(^-^)/

★コメント大歓迎です。お気軽にコメントくださいませ♪
人気ブログランキングへ