2009年06月

蛇谷ヶ峰 登れず

比良山系の蛇谷ヶ峰(902m)に登るため、朽木いきものふれあいの里を9時半に出発しました。30分ばかり歩くと、同行の女性が立ちくらみとめまいを訴えストップしました。前日よりの体調不良と睡眠不足が応えたのでしょう。多分大丈夫だろうと思って参加されたのですが・・。体力に自信の無いときは、無理をしないほうがいいですね。Cimg2400

グループで登山をしていても、体調の悪い人のために全員に迷惑を掛けてしまいかねません。我々も相談の結果、丸太階段が延々と続いてそうだしと、登るのを止めてしまいました。昼食におそうめんを用意してもらっていたので、そこでつくり、ブランチとなりました。ハム・きゅうり・鶏肉の甘辛煮・しょうがなどを入れたぶっかけそうめんです。おいしくいただきました。

コーヒーを飲みながら、野鳥のさえずりを聞き、ゆっくりと森林浴ができました。頂上まで往復5時間の予定だったので、余った時間は朽木宿や福井県若狭の熊川宿に案内してもらい、きれいな町並みや建造物を見て廻りました。

山麓で楽しめる散策コースっていうのも、歳にあっているのでしょうか、体調を崩した人のお蔭でとても良いところに行けました。

修学院離宮

Cimg2186修学院離宮に行ってきました。インターネットで参観申込ができると聞き、ホームページを開いたのですが、全て満席でした。何気なく、開いた時にキャンセルが出たのか申し込める日が一日だけありました。急いで申し込みました。あくる日に許可が下りた旨連絡が入り、参観できることになりました。20分前からの受付で、10分間ビデオを見ました。 時間になると宮内庁職員の方がマイクを持ち、各御門の鍵を開け、説明をしながら案内をしてくれます。後ろからは皇宮警察の人が就き、写真を撮ろうと少し道を外れた人に注意をしたり、鍵を閉めて行きます。中には田や畑があります。Cimg2237契約した人が顔パスで入り、耕したり手入れをしたりするそうです。 上中下の三つの離宮、中でも上離宮の浴龍池はすばらしく、紅葉の時期にもう一度訪れたいと思いました。また、それは見事な松並木があり、あっという間の一時間十五分でした。欲張りなおばさん達はその後もたくさんの寺院を廻りました。




YouTube: 6月の修学院離宮 大阪の晴姫

アーカイブ