深雪ちゃん行った?
なんて周りからよく聞かれていたので
(ほんま、周りの情報は早いです。)
逆に気になっていたお料理 宮本さんへ。

6月末にオープンされたばかりのお店さんで、
長の宮本さんは、本湖月さんご出身で
サービスの女性が藤久さんと言う話題のお店さんです。

宮本さんは二度目で、本湖月さんはベテランさんと一緒に行きました。

いつもながらに、生もんはちょっと・・・と先にお願いしていました。

写真では見えませんが、
下には蟹さんが入っており、冷たいお酢系のジュレがかかってます。

DSCF6432

お椀もの。

DSCF6433

湯葉のおまんじゅうでした。

DSCF6434

何の純米大吟醸飲んだか忘れましたが冷酒。

DSCF6435

海老も生は苦手なので茹でてもらいました。(汗
そのまま生で食べられるのは、雲丹、いくら、マグロだったり。

DSCF6437

冷たい茶碗蒸し。

DSCF6438

雲丹と銀杏。

DSCF6439

熱燗にした。

DSCF6436

鱧。焼いているのではなく湯引きな感じ。
塩味がついているので酢橘で。

DSCF6440

ここで八寸。

DSCF6441

大きめな銀杏と、いくらの乗ったおひたし、出汁巻き、小芋、海老などなど。
日本料理って見た目も素敵です。

DSCF6442

こちらも冷たい酢のもん。
下には雲龍菜が。

DSCF6443

ニシンを炊いたものに、下には茄子が。
茄子の煮浸しにニシンが乗っていると言う感じです。

DSCF6444

最後にお食事。
一組ずつ土鍋で炊いたご飯が。
お味噌汁とおしんこも。

DSCF6447

炊きたてご飯はピカピカです。

DSCF6446

この後に、水菓子とお抹茶などのデザートが出ますが
私は時間切れなので退散しました。

サービスのマダムがお一人と、お料理もお一人でされているので
カウンターにいることがお二人ともがほとんどないので、
質問したいことや喋りたいことなどが数点あったのですが、
全くと言っていいほどお尋ねすることが出来ずに、
私も聞くことをあきらめちゃって、(笑)
ほぼ会話することもなく、終了してしまいました。

よく考えたら私はお刺身や生が苦手。肉も魚も生とレアは。
焼いたり煮たりと調理していたら全部が大丈夫なのですが。
(我侭なんだけど生だと飲み込めないのさ。)

なので、素材そのものの味をそのまま生かして
生で出るお料理が多いお店さんは
逆に私が相手に迷惑をかけるなぁと思ってしまいました。
すんません。。。

一緒に行ったTさんも私にあわせてもらってゴメンね。

そんなこんなで初宮本さんでした〜。.。゚+.(・∀・)゚+.゚ パンパカパ~ン

画像1


店内は靴をぬいで入る掘りごたつ式なカウンターで8席。
小箱さんで和風の落ち着いた素敵なお店でしたよ。
素敵な日本料理店さんが増えましたね。(^^)



***

◆お料理 宮本
AD:大阪市北区東天満2-10-28 フローライト南森町102
TEL:06-6809-6990(要予約)
OPEN:12:00入店と12:30入店、18:00〜20:30入店
CLOSE:不定休