Bonjour!

この日は、ずっとおじゃましそびれていました
北新地のフランス料理店、Grand champs (グランシャン)さんへ。 

DSC08586

私の前のお店、1987の時から、お客様からの噂は予々。

美味しいと、とても評判で人気のグランシャンさんのシェフ、
太田さんは、南仏のカンヌの北にあるムージャン村のレストラン
Le Moulin de Mougins(ムーラン・ド・ムージャン)で長く修行され、
アヌシーのレストランや、パリのロブション、
ロンドンのコヴェント・ガーデンの南仏料理レストランでも修行されていたお方。
計8年のヨーロッパ生活後のお店が、北新地のこちらのお店です。
私的に太田シェフは、もうフランス人だと思うの。 

さて、お昼から贅沢フランス料理のコースを。
寝起きでソムリエMちゃんから電話があり、駆けつけただけとも言う。
私はおじゃましたいお店さんだったので、結果オーライ!

温かなAmuse boucheを手でつまんで頂いた後は、
宇城農園のうすい豆のヴルーテ、フォアグラのフラン
濃厚ですが上品なスープ。

DSC08587

ウッフアンムーレット、ホタテ貝と土佐ジローの卵を添えて

DSC08588

美味しい...うっとり

DSC08589

そうそう、フランス料理人と和食料理人泣かせの私はビアンキュイ女。
ここでも、私だけビアンキュイでお願いしました。申し訳ありません。
フランスでも頑固に三つ星でもビアンキュイを貫いたぜ。

淡路より、本日の鮮魚、アスパラガスのソース
ほんのりと温かいアスパラガスのソースが爽やか。
センスを感じます。

DSC08590
 
メインのお肉は自分で選べますよ。

DSC08592

添えられたお野菜も美味しくて、お肉も部位毎に分けられており、
見た目も美しくてテンションが上がりました♪
お料理って人柄が現れますね。

DSC08591

昼間から贅沢です。
もう、夜ご飯は食べられないな。ww

DSC08595

デザート。
ルバーブとブルーベリー、ハイビスカスのジュレ、モワールショコラ

DSC08594

最後に、紅茶を頂いてお茶菓子を。

DSC08596
 
なんと言うか、新しいすぎず、古典すぎず、疲れないフランス料理。
斬新すぎるものは、一年か半年に一度でいいか...と思うのですが、
グランシャンさんは、またあそこへ行きたいな〜と直ぐに思わせてくれる
温かみのあるお店さんでした。

L字型のカウンターの小箱で居心地のいいお店さんです。
お店の絵画も素敵でしたよ。
太田シェフ、ムッシューMちゃん、 ありがとうございました!
ごちそう様です。

Merci!


昼にワインを飲んだと言うのに、ヴァンソバージュさんの
10周年イベントへお祝いに。

キュベキャホリンのマグナム===!

DSC08597

そして、お店でもだから、けっこう飲んだと思うの。歯跡


***

■ Grand champs(グランシャン)
HP :  食べログ
AD : 大阪市北区堂島一丁目3番4号谷安ビル3F
TEL:06-6344-7111 
OPEN : 12:00〜、17:30〜(要予約制度、詳しくはお店さんへお尋ねください)
CLOSE : 日曜、月曜ランチ

 

 

<s'il vous plait cliquez sur>       

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ 
 
フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ