2017年06月15日

薬膳茶会の様子-ご報告

皆様こんにちは!阿育です。

先日、当店のお客様でもある薬膳講師をお招きしてコラボ企画を行いました!
中国の「八宝茶」でも知られる薬膳食材。沢山あってどれをどう取り入れれば良いか分からない。
薬膳とお茶についてもっと知りたい、というご要望にお応えして、姫茶伝ならではの薬膳茶会を開催いたしました。
沢山の方がご参加くださいましたので、この日はお店のレイアウトも変えてゆったりと。

RIMG1520





























今回、手作りのお茶請けもご用意くださいました。
薬膳講師の植松裕子さんは、普段の講座でも、手作りの養生菓子やお料理を作っていらっしゃいます。
この季節に相応しい食材を用いた養生小菓子の美味しさに驚きました。
こちらはトマトのコンポートゼリーです。

RIMG1508













さて、今回ご用意させて頂いたお茶と薬膳食材は…こちら!

RIMG1514





























RIMG1518













カメラに映りきらないほどの豊富な薬膳食材をご用意させて頂きました。


RIMG1517





























まずは季節と身体の関係や、薬膳食材を上手に取り入れる方法など、分かりやすく教えて頂きました。

RIMG1524













そして、ご自身の体質やお悩みチェックを行い、今の身体に何が必要なのかを食材の働きを学びながら選んでいきます。一通り目星がついたら早速セルフ薬膳茶作りに挑戦!

RIMG1527













今の自分にはこれが良さそう…。
今の体調にはこれかな…。癒されたいからこれにしよう。
など、選び方は自由です。
テイスティングカップにそれぞれお好みの茶葉と食材をブレンドしていきます。

RIMG1529













これだけ沢山の食材から選んで自身の身体に合ったお茶を作れる機会はそうありません。
皆様楽しみながら選んで頂きました。

RIMG1532













RIMG1536













RIMG1538













普段に薬膳茶を飲まれるときは、このように食材やお茶を入れ、お湯を注ぐだけでも愉しめます。
お好みで煮出すことで、より一層エキスを引き出すことも出来ます。

RIMG1526













最後は講師も私達スタッフも加わり薬膳茶ブレンドを愉しみました!

いかがでしたでしょうか。
薬膳茶を美味しく毎日の生活に取り入れることで、季節の変わり目などに自分の身体と上手に付き合うことが出来ます。
薬膳茶を簡単な方法で始めたい。という方はこちらをご覧ください。
↓↓姫茶伝の八宝茶↓↓
http://www.himechaden.com/babao_3.html

こちらの八宝茶はポットにたっぷりと淹れることが出来る量で作られています。研究を重ねて大変飲みやすく、美味しいオリジナルブレンド茶となっています。
ご興味のある方は是非お試しくださいませ。

↓↓八宝茶も簡単に作れて持ち歩きできる-携帯水筒↓↓
http://www.himechaden.com/pc701.html


姫茶伝
店舗スケジュール

















  • このエントリーをはてなブックマークに追加
himechaden at 12:30|PermalinkComments(0)

2017年05月22日

高級黄茶・緑茶の会 ご報告

皆様こんにちは!初夏を感じる爽やかな風が心地よいですね。
今回、中国茶の中で最も高貴な黄茶の会を開催いたしました。
産地の小さな君山島(世界遺産)から届いた、初芽の黄茶と緑茶仕上げを愉しみました。
このようなお茶が揃うことは大変珍しいようです。
RIMG1425












今回勢ぞろいしたのは正真正銘の君島で生産されたお茶5種です。

明前君山毛尖
RIMG1420













極品明前君山毛尖
RIMG1421












明前一級君山毛尖

RIMG1422












正宗悶黄君山銀針①
http://www.himechaden.com/kunzan.html
RIMG1423












正宗悶黄君山銀針②
RIMG1424













どれも開封した瞬間から高貴な香りが漂います。そして茶葉の色や佇まいがなんとも美しい!
君山銀針は大変貴重なお茶ゆえに「偽物」が多く出回っているのが現状です。
そのためこのように本物が味わえるチャンスはなかなかありません。
また、君山銀針には悶黄仕上げと緑茶仕上げという工程の違いによって上記の写真のように
見た目が大きく変化します。どれも香りは格別…♪

お湯を注ぐと春の香りが立ち込めます。
RIMG1435丁寧に茶葉をお湯になじませていきます。
RIMG1433















RIMG1432













RIMG1436













RIMG1437













RIMG1438













RIMG1453

黄金色の水色がなんとも美しいです。
茶葉が縦に浮遊するのは悶黄仕上げ、本物の証です。
RIMG1448

RIMG1461

RIMG1457

RIMG1452













RIMG1450












美しい茶葉に思わずパシャリ(笑)
RIMG1445
こちらは緑茶仕上げです。
RIMG1455














RIMG1454













RIMG1456













RIMG1444
この透き通る透明感と茶葉の美しさが目も愉しませてくれます。
このお茶はゆったりと何時間もかけて変化を愉しむお茶です。
お休みの日やゆっくり時間を過ごしたい時に最適です。
この日はお集まりいただいた皆様で心行くまで味わいました。

今回味わったお茶の中の一つ、正宗悶黄君山銀針は店頭、オンラインショッピングにて販売をスタート致しました。是非格別な味わいをお試しくださいませ。

姫茶伝ではこのような貴重な茶会を行うことも多いです。
日頃味わうことの出来ない茶葉もございます。
突然茶会を行うこともございますので、FACEBOOKにて最新情報をご確認くださいませ♪


姫茶伝
店舗スケジュール







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
himechaden at 12:28|PermalinkComments(0)

2017年04月14日

姫茶伝の面白くためになる「利茶&闘茶会」

皆様こんにちは。

桜が満開の陽気の中で利茶&闘茶会を開催いたしました!
沢山の方にご参加いただきありがとうございました♪

今回は台湾高山銘茶が顔を揃えました。
RIMG0979











どれも非常に標高の高い山で採れたお茶ばかり。


高山金萓烏龍茶(1100m~1500m)
RIMG0980





RIMG1005














凍頂烏龍茶(700m~1000m)
RIMG0981









RIMG1004














梨山烏龍茶(1700m~2100m)
RIMG0982










RIMG1003














高山烏龍茶(2100m~2600m)
RIMG0983









RIMG1002














梨山熟香烏龍茶(1700m~2100)
RIMG0984










RIMG1001














梨山紅茶(1800m~2500m)
RIMG0985








RIMG1000















美味しそうな湯気が写真にも写っていますね(笑)
まずは茶葉の評価の仕方を。皆様真剣に茶葉の香りを吟味。
RIMG0993















RIMG0994














さらにお茶のテイスティングも入念に。しっかりとお茶の香りと味を覚えます。RIMG0998















皆様でわいわい♪美味しいお茶菓子もお持ちくださいました♪ありがとうございました!
RIMG0999














最後に闘茶スタート!自信がある方もない方も真剣!
RIMG1008














結果発表!かなり難しいお茶のタイプでしたが、見事2名の方が全問正解となりました♪
おめでとうございます。

闘茶会の後では名人農家さんの小種金萱红茶なども皆様と楽しみました♪

いかがでしたでしょうか。今後も姫茶伝では面白いイベントを行って参ります。
次回は超貴重な白茶の会…?!
詳細は後日発表致します。
お楽しみに!

RIMG0989












 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
himechaden at 12:22|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告
  • 薬膳茶会の様子-ご報告