気まぐれ草子☆がらしゃの瞳

美味しい話、素敵なこと、ほのぼのすることなどあれこれ日記

2006年05月

今夜のご注文は?

夕方テレビを見ていたら、吉本の女性芸人さんが「イタリアグルメ旅」するという番組をしていました。
それを一緒にみていたかの方がポツリとこう仰った・・・
「トマトクリームソースのパスタ、美味しそうだな。食べたい・・・」と。
「お家でもそれなりのものは出来るかもしれないけど、どうかなぁ」とつぶやくと、
「じゃあ、作って。」とお願いされました。
丁度、使い残りの生クリームがあるので、では・・・と思い立ち、あんまりレシピを詳しく知らなかったのですが、トマトソースが出来たらなんとかなるでしょうと・・・。
で、何とかなるものですね〜。
なすとベーコンのトマトクリームソースを作ってみました。まろやかソース♪あとでちゃんと調べてみたら、作り方はほぼ当たっていました。
香りだけが頼りで作ったものですが、本当になんとかなりました。
それをきれいに食べてもらえて、嬉しかったです。
お料理は楽しい。作っているときの一つ一つが面白いです。
これからもやっぱり美味しいものを作りたいです。楽しみながら。
まあ素人が作る料理ですから、プロには負けますけど、お家ならではの味になったのではないかと・・・(笑)。
スープとスティックタイプのサラダを添えて・・・晩御飯でした。




その後のデザートは、昨日買った「京栗菓匠 若菜」のわらびもちです。
ぷるる〜ん♪もっちり、ぷるぷる・・・なんとも楽しい食感でした。別添えのきな粉をちょっとかけたのですが、わらびの香りもしっかりしていて美味しく、味がきな粉に負けてないですね。
パスタのあと、爽やかな(?)和のデザート・・・なかなかいい組み合わせです。


美味しい週末をまた過ごすことが出来ました。
感謝。

美味しい京都

今日はちょっとぶりに京都へ行ってきました。
いっぱい出かけたいところがあって、出かけられるときはいつも迷うのですが・・・なのにまたまた京都。いいんです。好きだから、京都が(笑)。
お昼過ぎに到着して、まずはランチの場所へ・・・。
春頃に来たときには「お惣菜のお店のランチ」を食べたのですが、今日はそのお店はランチタイム内だったのですが既にランチが売り切れていて、ランチ営業は終わりになっていたので、別のお店へ・・・。
で、迷って悩んだ挙句に入ったのは・・・錦市場の通りをちょっと横にそれたところにある「イ ラティーニ」へ。
ここは前回の散策のとき、「お店を見てただけ」だったのですが、今日は思い切って入ってみました。
入って手前はカフェコーナー。ジェラートやケーキなどがいただけるようになっています。
そして、奥にレストランコーナー・・・。
坪庭を眺めながらお食事が出来るようになっています。

いい感じ・・・町家をとても素敵に利用しています。
行ったときはちょっと空いてきたときだったので、お店の中をじっくり眺めさせていただきました。
ほっこり出来る空間です。







ランチは前菜もメイン(パスタかピザ)も選べる「プリフィックス・ランチ」か、「本日のおすすめ」を集めたランチコースになっていました。
私達は「プリフィックスランチ」に・・・。
でも、「物足りない方へ追加メニュー」というのがあり、かの方はプリフィックスにそれをプラスしましたが(笑)。
(こういうスタイルはジャンカルドに似ていますね)
で、私が選んだ前菜は「前菜盛り合わせ」です。
色とりどりの前菜♪
トマトソース煮込みのホタテ、海老のマリネ・オレンジソース、蒸し鶏のロール、ニンジンのムースです。
どれもいい味わいですが、ニンジンのムースには本当に驚きでした。
ニンジンのムースがとても甘くて、優しい味なんです。感動しました。






パスタは、新ジャガのペンネ・アンチョビ風味です。
優しい味のパスタ出てきたお皿を見てまた驚き。お芋が2色なんです。クリーム色のはジャガイモってすぐにわかったのですが、白っぽい芋はなんだろう・・・と思っていたら、山芋でした。ジャガイモはほっくり、山芋はかすかにしゃっきり・・・でもほくほくしていて美味しい組み合わせでした。
ペンネのアンチョビソースが想像していたよりもクセが無くていい味でした。
今日はついてる〜、美味しいものに出会えたから・・・って思いました






その後、すぐそばに憧れていたケーキ屋さん「オ・グルニエ・ドール」で焼き菓子を買いました。カフェをするにはあまりにも人が並んでいて・・・とても簡単に入れそうにはありませんでした。
「お持ち帰りの方は列に並ばず、お入りください」という看板を見て、入りました。
タルトやケーキはどれも女性が好みそうな、優しげで美味しそうなものばかりでした。焼き菓子は種類がたくさん・・・というのではありませんでしたが、どれも美味しそう・・・ってことで、オーソドックスなもの、フィナンシェとマドレーヌとダクワースを購入。
それから錦小路をさらに歩きました。

続きを読む

ご注意ください

もうずっと以前からある手口なのですが、最近またニュースで取り上げられている事件・・・
「未公開株を買いませんか?近々上場予定なので今買えば必ず儲かりますよ。損はさせません。」
こんな勧誘にはご注意ください。

未公開株の販売等を行うことが出来るのは、当該未公開株の発行会社や登録を受けた証券会社に限られますので、その他の者からの勧誘については十分ご注意下さい。
・・・何よりも、証券会社では、株式の取引(これに限らず、証券会社での取引全般)をしたことがない方に、いきなりそのような勧誘はしません。
うっかりと話にのらないようにお願いします。
もしも、このような勧誘があったときにはこちらを参考に冷静に対処してください。





今夜のごはん

穴子丼〜昨日明石を食べ歩きしたときに買った焼き穴子・・・。半分は昨日使って、まだ半分残っていたので、今夜はそれで「穴子丼」を作りました。
丼のタレを思いつきで作ってみました。
みりんとお酒を合わせて小鍋に入れ、火にかけて煮きったところで醤油を適量入れて、また軽く煮詰めます。
小さい泡が立ち始めたら火を止めてしばらく置きます。
で、卵を焼いて錦糸玉子を作り、穴子も軽く焼いて・・・丼に盛った炊き上がりご飯の上に、タレをちょっとかけて、錦糸玉子・穴子をのせて、またちょっとだけタレをかけて出来上がりです。

明石食べ歩き

昨日の日曜日、午後からまたまた明石へ行ってきました。
何回行けば気が済むの?と言われそうですが、でもでもやっぱりきになる明石の美味しいモノ!
今日はちょっと変化球です。
というのも、いつも利用している「魚作」がランチには遅い時間にも関わらず満席で入れなかったので、うろうろ迷って、うろうろ歩き回って・・・明石焼きのお店へ。
で、熱々の明石焼きをはふはふ食べて・・・(あ、あの有名なお店はこれまたとてつもない行列だったので行ってません。)その後、三ツ星蒲鉾さんで天ぷらを買いました。
でも、「お腹にまだちょっと余裕がある」とおっしゃるかの方と魚の棚をお散歩して、偶然見つけたのが餃子のお店。
商店街を横にちょっとそれたところにそのお店はありました。
ごま油のいい香り・・・。でも、そのお隣のコーヒーハウスからもコーヒーのいい香りが・・・。
で、ここでハタ!と考えたのです。
コーヒーハウスでブルーベリータルトセットを食べるか、この餃子でもう少しお腹を満たすか・・・。じゃんけんで私が勝ったらコーヒーのお店、かの方が勝ったら餃子・・・
あっさり勝負がついて、餃子のお店へ。
でもここ、正解!
以前は尼崎で営業されていたそうで、お店を明石に移して営業されているとのこと。
お店の名前は「南平」。
一口サイズの餃子のお店なんですが・・・ご存知の方ももしかしたらいらっしゃるでしょうか?

餃子は10個か15個というのがあり、二人とも10個入りのをオーダーです。
待っている間に出されたのがビール。
ビールがついてきたよ今の期間だけなのか、ランチタイム内だからなのか、そのへんは伺ってないのでよくわかりませんが、グラスビールがついてきました。(お好みでワインも・・・だそうです)
お昼間にビール・・・滅多にないことです。でも、これって美味しいですね。






さて、焼きあがった餃子です。

外はぱりぱり、中はジューシー食べやすい大きさで、さっくり軽いです。噛むとジューシーな中身が・・・。
これなら、いくらでも入りそうです。
あっという間に消えたのは言うまでもありません(笑)。






魚の棚で、またちょっとお買い物です。
目当ては、かの方の大好きな焼き穴子。
焼き穴子〜♪明石に何度も来ているのに、焼き穴子を買うのはこの日が初めて。なんたること。
「大善」というお店で、クシ焼きに出来なかった不揃いなのを盛り合わせている「かたくずれ」というのを買いました。結構大きなサイズの穴子が一盛り4〜5匹なんですが、これで十分美味しいです。





昨日の晩御飯はこの焼き穴子を半分使って「穴子散らし」を作りました。
あまり彩り良く出来ませんでしたが、味は保証します(笑)。
穴子散らし〜♪「大善」さんの穴子はさっぱりした醤油タレをちょっとつけただけの焼き穴子なので、穴子の味がしっかり楽しめていい感じです。
これはもうやみつきになりそうです。


ということで、やっぱり明石は面白い。
歩くほどに楽しいものに巡り会えます。
また行きたいものですね。
楽しい一日でした。

旅のグルメ2

ハウステンボスをあとにして、一路、三川内へ。
はまぜん祭りに向かう途中で道の駅に立ち寄り、地元のおばちゃんが作っているお惣菜&おにぎり&栗入り赤飯を購入しました。
お昼ごはんはこれに決まりです。
写真は・・・ありません。あっという間に消えましたから(笑)。


はまぜん祭りに行った後、北九州市八幡へ。
スペースワールドすぐそばのホテルに宿泊したときのお料理がこれ。

響灘の幸

目の前に広がる響灘で獲れた魚介・・・やっぱり九州はどこへ行っても海の幸があるのが素敵です
このお刺身はどれも美味しくて最高でした。








アマダイのけんちん焼き
アマダイの皮目はパリッと焼かれて身はふっくら。
アマダイの身が包んでいるのは裏ごし豆腐とすり身。この中にニンジンやゆりねが入ってます。ちょっと変わったお料理ですが、これは美味しかったです。









筍まんじゅう♪
筍がこりこりしゃくしゃくしていて、ほっこりと優しい味の、筍まんじゅう。
刻みわかめの出汁あんが筍といい相性でした。これも美味しいですね。










マロングラッセがかくれんぼ

デザートに頂いたのが、マロングラッセの入ったフルーツグラタン。
洋酒がちょっときいていて、これはちょっと大人のデザート・・・という感じです。
感激です。

美味しいお料理が今日もいただけて、本当に感動の連続です。
勿論、美しい景色もご馳走です。








さてさて、最終日。
小倉城を訪れた後、門司へ行きましたが・・・。ここでのグルメは「ハヤシライス」でした。
ガイドブックの隅の隅に書かれた小さな記事に「昔ながらの空間の『喫茶 放浪記』のフミコ・ハヤシライスが・・・」とあり、これがまた妙に気になったので、お店を探してみることにしました。ネーミングがちょっと寒いなとは思ったのですが、何故か気になって(笑)。

地図では大通りをちょっと中へ入ったところ・・・だったのですが、結構入り組んだ路地にそれはありました。

選んだのは私は「フミコ・ハヤシライス」で、かの方は「カツ・ハヤシ」です。どちらにもサラダが付いています。
たっぷりサラダ〜








写真はカツ・ハヤシです。(フミコ・ハヤシライスはごく普通のハヤシライスです)
ノスタルジックな香りがします

ベースはデミグラス。カツをかの方から一切れいただきましたが、さっくり揚がったカツに仄かに酸味のあるソースがじんわりとしみて・・・しみじみ美味しい。
ハヤシライスって、カレーほどの華やかさはありませんが、でもたまに食べたくなります。なんだろう・・・。カレーとはまた違う次元に存在する懐かしいものですね。

門司で美味しいのは門司港ホテルとか商船三井のカフェが有名ですが、そこまで有名でないかもしれないけど、ここはなかなか侮れないお店です。








建物は相当古いもので、店内もなかなか風情がありますね。
古きよき時代が偲ばれ・・・

そんなこんな、いろいろ面白いものに出会えるのも旅の醍醐味・・・とでもいうのでしょうか。たまには足を伸ばすのもいいものですね。








最後の最後。
その後、高速に乗って走っていると事故で通行止めになっているところがこの先にある・・・というので、時間的には早かったのですが、宮島SAで晩御飯です。
このときはまだ7:00くらいでしたが、SAのレストランが混雑しないうちにと思って。で、通行止めによる渋滞を回避するために今夜はここで休息&睡眠をとることにしました。
晩御飯に頂いたのは「カキカツ定食」です。
旅の〆のグルメ大粒の牡蠣を3粒ずつを一まとめにして揚げています。なるほど、だからカツなんですね。
ご飯は穴子ご飯。あさりの澄まし汁がついて魚介尽くしでした。








美しい風景に出会い、美味しいものに出会う・・・素敵な旅行になりました。
事故に巻き込まれなかったこと、事故を起こさなかったこと、お天気もよく、いろんなものに触れられて・・・全てに感謝。

旅のグルメ1

龍野のSAにて
「旅行でのグルメは?」と聞かれたので(笑)、今更なのですが・・・載せることにします。

いろいろあったのですが、とりあえず画像があるものを・・・。

まず、旅行最初のグルメですが、これは兵庫県龍野のSAにて晩御飯をいただきました。
ご当地グルメの「そうめん・揖保の糸」を使ったにゅうめんと釜飯のセット。なかなか美味しかったです。SAも頑張ってますね。
画像はちょっとピンボケしてますが、お許しください。






宿泊2日目のランチ。
ハウステンボス・パーク内の悟空にて、皿うどんと点心のセットです。
やっぱり皿うどん

このお店は、外国の方にも人気が高く、お昼も遅い時間に利用したのですが、入るのに行列で混雑していました。
皿うどんの具も多くて、美味しかったです。
お手軽・お手ごろなところも人気なんですね。



あ、ハウステンボス到着の日のランチはドムトールンというタワーの中にある和食のお店で天丼を食べ、夜は売店で「角煮ばってら」というのを購入し、ハウステンボスのワールドバザールで買ったドイツビールとで「持ち込みメニュー」となりました(笑)。


さて、2日目の夜は豪華にホテルの和食レストラン「雲海」で会席をいただきました。
「お祝い会席」というコースを選んだのですが、地元の食材、中でも大村湾の幸を堪能することができました。
あわびさん♪
わ〜い、伊勢海老♪







伊勢海老の具足煮、とっても美味しかったです。海老がぷりぷりしていて、噛むほどにじゅわ〜っと海老の旨味がほとばしる・・・美味美味
お凌ぎは蒸しあわびの握り寿司なのですが、これも美味しかったです。
こんな凄い食材がある大村湾は素晴らしい


そして、牛肉の木の芽味噌焼き。
お食事は酒蒸し鯛のせ紅白ご飯。木の芽味噌がね・・・
ご飯と止め椀
牛肉の木の芽味噌焼きは、木の芽味噌の香りもとてもよかったのですが、何よりも、お肉が美味しい。本当に美味しくて、食べている間は頬がゆるみっぱなしでした。
美味しいものを食べていると、笑顔になりますよね。
ご飯は、お赤飯と白ご飯に酒蒸しした鯛をのせて・・・。
手まり寿司くらいの大きさなので食べやすかったのですが、鯛がこれまたとても美味しいのです。味付けはほとんどしていません。ホンの少しのごま塩とか梅肉をちょこっとだけです。いい素材はあまり手を加えなくても十分に美味しいです。

・・・ということで、遅ればせの旅グルメ。続きはまた改めて。

イチゴ狩り

今日は、かの方のブログに遊びに来てくださるやすさんがご自身のブログで紹介されていた、富田林市の田中農園に行ってイチゴ狩りをしてきました。
開園が朝9:00ということもあり、予約が出来ず開園からその日のぶんのイチゴがなくなるまで・・・ということなので、開園前に現地に到着出来るように、今朝は5:30に起きて(早い《笑》)家を7:00に出ました。
到着したときはじゅうぶんに余裕のある(ありすぎるくらい)到着だったので、開園までちょっと時間つぶし。
あいにくの雨ですが、ハウスなので安心してイチゴ狩りが楽しめました。
イチゴはきめられた範囲内で・・・。「食べ放題で、お持ち帰りあり」というシステムです。決して十分に元が取れたというのではありませんが、やっぱり楽しいですね。自分の手で摘む・・・って。
イチゴもいい味してましたし、たまにはこういうのも面白いでしょう。
色もつやも香りも、スーパーで売られているものとは全然違いますね。大きさは不ぞろいですが、いいイチゴです。
摘みたてイチゴ〜♪









イチゴ農園を離れるときに、受付に「採ったばかりのキュウリ」が販売されていて、思わず買ってしまいました。
とげとげがピンとしていて、触るとちくちくしました。
とげがチクチク!新鮮だからね










イチゴ農園の帰りに立ち寄った、南河内郡河南町にある「道の駅 かなん」にて、地元の野菜を購入です。
隣接する、大阪唯一の村・千早赤阪村の特産物なども販売されています。
地元河南町のパン屋さんで「米粉」を使ったパンを作っている「まいむ《米夢》」のレーズンパンを買いました。
ふっくら柔らかくて、なんともいい香りです。

もっちり&ふっくらして・・・♪












千早赤阪村の「さしみこんにゃく」です。
余分なものが一切入ってない、手作りのこんにゃくです。千早赤阪村の「おらが村の自慢」













富田林〜南河内郡あたりも歴史散策するには面白いところです。
こちらからだと飛鳥が近くなるせいか、やはり万葉時代の足跡がちらほら・・・。
今度は、このあたりの歴史探訪もしてみたいですね。



さてさて、イチゴ狩りが早く済んだので、お昼すぎには武庫之荘に戻ってこれました。
で、ランチは久しぶりのジャンカルドにて。
私は「骨付き豚ロースランチ」です。追加でドルチェ&コーヒーを頼みました。
今日の前菜。
今日の前菜










スープはカボチャの冷製スープでした。カボチャが甘くて美味しいスープでした。
なすのトマト煮込みもいい味です。


メインの骨付き豚です。
脂身がさほどしつこくなくて、とても芳ばしいのです。塩加減もばっちり。

やっぱりこれは美味しい〜♪









やっぱり美味しいですね〜。さすがに「お奨め」になるだけのことはあります。
かの方は「メインが選べるランチ」のメインを1品追加でオーダーです。


オレンジタルト♪








私が選んだドルチェは「オレンジタルト」です。
タルト外側のサクサクした生地は大好きです。スライスオレンジがオーブンでこんがり焼けているのも美味しかったです。・・・でも、このタルトの中の生地はアーモンドプードルの入ったものではなかったと思うのですが、あの生地はなんだったんだろう・・・気になります。(シェフさま、教えてくださいませ)

・・・ということで、お出かけもグルメも楽しんだ一日となりました。
楽しいところに連れていってくださって、今日もありがとう。

旅の続き・・・

小倉城ハウステンボスを2泊して、翌日は三川内の「はまぜん祭り」を経由して、北九州市へ。
八幡で宿泊して、帰る道々、小倉と門司へ立ち寄りました。
小倉は私が小学校のときに3年ほど住んでいた場所。
懐かしいな。
「送り火」で有名な、京都の大文字山に対して、小倉には「迎え火」の小文字山があります。このときは立ち寄ってはいませんが、いつかまた行けたらいいな。
まずは小倉城。楚々とした感じのお城です。
小倉城は「細川ガラシャ」のご主人である「細川忠興」が、ガラシャが亡くなった後に築城したお城です。このときに「小倉祇園太鼓のお祭り」が出来たのだそうです。ここに十数年住んだ後に細川氏は熊本へ移り、姻戚関係の小笠原氏(播磨国明石)が小倉城主となります。



小倉城の入り口付近に飾られている虎の絵。

虎・・・












今にも飛び掛りそうなほど、勇壮な姿です。
こっちの「トラ」もこれくらい睨みを利かせてくれたらな・・・。
(旅行の間も野球のトラが気になって気になって・・・《笑》)



お城の敷地内にある庭園です。こちらにはお茶室もあり、別料金で立礼式の茶の湯も楽しめます。・・・で、こういうのはやっぱり体験したいので、楽しみましたが。
庭園1
庭園2












いい感じの庭園です。書院造の建物も、いい感じでした。




お庭から小倉城を見ると・・・

庭園からお城を望む













さてさて、小倉の次に訪れたのは・・・門司です。
行ったときはちょうど「門司港レトロ」のお祭りがあり(ゴールデンウィーク中はどこも地域のお祭りが多いですね)、想像以上の人ごみになっていました。
門司レトロ

門司レトロ2














大通りを歩いて、ちょっとはずれてみると、そこにはまた「昔の匂い」が残っているエリアに遭遇したりします。
摩訶不思議な空間













ここは最終日のランチを食べたお店なのですが、何を食べたか・・・は、また改めてネタにします。



レトロな空間だけでなく、「アヤシイ」ものもたくさんありました。
よくみてビックリ!!

怪しすぎる














バナナマンと一緒に写真を撮る人もいましたが、さすがにそれはちょっと・・・

北九州もいろいろ面白いです。

旅のあれこれ

ボーベンディクセン♪旅に出ると現地のいろいろなものが欲しくなります。写真は、デンマークのイラストレーター、ボーベンディクセンがデザインしたハウステンボスオリジナルのタオルです。
このさりげない可愛らしさが好きで手に入れました。
一面に柄があるものよりも、ワンポイントでちょこっと模様がある・・・というのが好きです。








宝物・・・JR全日空ハウステンボスホテル10周年記念で制作された、ホテルオリジナルのテディベア。
実はこれはホテルをチェックアウトするときに、かの方がこっそり購入してくれたものです。
思いがけないプレゼントにビックリです。
ありがとう・・・








優しい表情の器ハウステンボスから近くの、三川内(みかわち)で手に入れた「三川内焼き」の器です。
佐賀の有田焼きの陶器市は有名ですが、三川内も「はまぜん祭り」という焼き物祭りをしていて、そこで見つけたものです。
この作者は「陽山窯」という窯元さんの、中里直美さんとおっしゃる女性作家さんです。
お話を伺ったところ「伝統に則ったものも美しいですが、もっと使いやすい、柔らかい絵柄のものを手がけたくて作りました。」とのことです。
穏やかな笑顔の優しい方です。
「昔、男ありき・・・」で始まる伊勢物語からヒントを得た絵柄のものを作製したり、自然の草花を模したり・・・勿論、伝統柄も手がけていらっしゃいます。
ここで悩んだすえ手に入れたのは、すずらんの柄のお皿と葡萄の柄のカップ&ソーサーですが、おまけに、写真中央奥にある椿の絵のお皿をつけてくれました。(ちなみに手前にあるお茶碗が伝統的な三川内焼きの絵柄です。)
嬉しい〜。
「またいらしてくださいね。」・・・そのお言葉も嬉しいです。

というわけで、宝物がまた増えました。本当に嬉しいな。

ハウステンボス再び・・・2

素敵なお屋敷とお花畑〜♪

この花畑とお城のようなお家がなんとも言えず素敵。
これだけでも外国にいるような気分です。
ハウステンボスは「1000年の都をめざして」造られたそうですが、大切にすれば、本当に1000年は十分にもちこたえそうな感じです。大げさかもしれませんが(笑)。










運河のほとり
水辺の風景も素敵なんです。
水がゆるやかにたゆたうのを見ているのも落ち着くというものです。
カナルクルーザーでハウステンボスの中を半周するのもいいですよ。(1周コースもあります)
水面から建物を見上げる形なんですが、目線がかわると面白いです。
大村湾の海水がもろに入ってきているので、海の魚が運河で泳ぐ・・・という光景もみられます。









豪華なシャンデリア♪
ギヤマンミュージアムの絢爛豪華なシャンデリアです。
カトリック教会のような天井が高い造りなので、こういう華やかなシャンデリアも素敵に映ります。
結婚式で貸切になって入れないこともあるそうです。










可愛いね

小さな寄せ植えですが、いい感じですよね。
見ていて、自然に笑みがこぼれます。こういうのがいっぱい置けるお家って憧れます(笑)。









ホテルの部屋から見た風景です。

窓から見えるものは・・・
このお家の群れはワッセナーという別荘群です。
同じような形に見えるお家ですが、よく見ると一つ一つに表情があって、みんな違うんですよね。

ハウステンボス・パーク内のホテルには未だ宿泊したことはないので、それらのホテルから見える風景がどういうものかは知りませんが、この伸びやかな風景はハウステンボス入り口にあるJR全日空ハウステンボスホテルならではのものでしょうね。

美しい風景、ありがとう。

ハウステンボス再び・・・1

のんびり歩こう
今年もやっぱり行ってしまいました。長崎はハウステンボスへ。
造られた街なのですが、もともと外国の文化がいち早く根付いた場所だということもあり、やはり魅力がありますね。










風車のある風景












この風車を見ると「ああ、旅してきたんだなぁ」って思えます(笑)。




パレスハウステンボスです。

私の宮殿・・・って言いたいけれど














パレスの裏にある手入れの行き届いたお庭。
まるで「不思議の国のアリス」が迷い込んだところみたい。

アリスの迷路みたいでしょ













この姿・・・とても好きです。

威風堂々








ということで、今日はここまで。
続きはまた明日にでも・・・。

今更ですが、バイブルカフェ

ちょうど一週間前、神戸長田教会で久米小百合さんのバイブルカフェがありました。
聖書をもっと判りやすく楽しく!というコンセプトで行なわれています。
大好きな久米さんのお話はとても楽しくて、いつも「あっというま」に時間が過ぎてしまいます。
いつもいろいろとテーマがあり、いろんな角度から聖書を学べます。
今回はイースターに関する話。
イースターに隠された謎については本当に興味深いお話が伺えて面白かったです。
さて、
バイブルカフェの前には、みのりん&武楽ブラザーズバンドのミニライブがありました。
ミニライブ?いえ、立派なライブです。今回はシタールも加わり、教会でシタールが聞けるというなんとも貴重な体験をしました。

そして、久米さんのお話のあとで、アロマセラピストみねさんによる「ルームスプレー」体験です。
好みのアロマオイルを使って、ルームスプレーを作りました。
みんな、それぞれに自分にあった香りを選んでいて、とても面白いですね。
私が選んだ香りは、まずはクローブの香りです。
アロマオイルのクローブは仄かな甘みのある芳ばしさで、これは何となくいいなと思ったのでした。でも、これをメインにしたのではなく、これに合うもの・・・と考えたら、やはりフルーツの香りがいいかなと思ったので、グレープフルーツをメインにして組み合わせてみました。引き締めの香りにブラックペッパーを選んでブレンドです。
出来上がった香りは、「スパイスクッキー」みたいになってました(笑)。
お菓子作りが趣味の私にはぴったりすぎ?
「そのまんま!」というお声があちこちからかかりました(笑)。

写真はアロマスプレーを作っているときの写真で、モデルはバンドメンバーぜんあんさんです(笑)。

ぜんあん博士の怪しい実験室?



ぜんあんさんの左後ろにぼんやり写っている影はとっちゃんさんです。
まるで心霊写真ですね(笑)。

実は携帯でこれを撮影したのですが、このぜんあんさんを撮影したときから携帯の画面にあるSDカードのマークの色が変わってしまったのです。昨夜まで気にせずにそのままにしていたのですが、画像を携帯からパソに取り込もうとしたときに、SDカードにガードがかかっていて取り込むことが出来ませんでした。
もしかして、ぜんあんさんを撮ったから???
・・・気になります・・・。

本当ならもう少し早くこちらにアップしたのですけど・・・。
まあ、無事にプロテクト解除できたら改めて載せたいと思います。
プロフィール

himehime12

Recent Comments
Recent TrackBacks
長岡京のみどころ (レンタサイクルの達人、ゆかりが行く!(阪急レンタサイクル公式ブログ))
ああ!わが愛しき勝龍寺城〜細川ガラシャの足跡を辿る〜
逸翁美術館2011早春展 「古筆と平安の和歌 −料紙と書の美の世界ー」 (レンタサイクルの達人、ゆかりが行く!(阪急レンタサイクル公式ブログ))
雅なる古筆をたずねて 
麻呂さま&歴女夫婦はこれからブレイク!? (ゆかりのエコトレイン&エコバス&エコサイクリング)
読み比べるほどに面白い
二年点検 (シャングリ・ラ&るばいの研究所)
2年点検でした
コルプさん邸(建築中)訪問 (シャングリ・ラ&るばいの研究所)
コルプさん邸へ・・・
ワインデート♪ (みっちーの食べ歩き放浪記。)
ワインdeデート♪
薪ストーブの餌。 (こうづき工房〜自然派家具とオーガニック野菜のブログ)
薪を調達しました♪
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ