2018年04月19日

明日はきらめき春コース、スタート♪(^O^)/

明日はいよいよ春コース第1回目
今週のきらめきクラブ
大変お待たせいたしました


いいお天気になりそうやね
みんなに会えること
今からワクワク


絵本は何しようかな
わらべうたは
何にしようかな?


お久しぶりのお友だち
初めましてのお友だち


みんなの笑顔を想像して
遊びのネタを用意してます


お母さんたちにも会えるのを
楽しみにしてるよ〜


まってるよっ
54932f42


himeji_kirameki at 15:54|PermalinkComments(0)

2018年04月18日

「よそはよそ。ウチはウチ」も迷いながら

子どもが年齢を重ねてくると
行動範囲も広がり
友だち関係も広がる


子どもの世界の国際交流してるようなもので
いい交流もあれば
カルチャーショックを受けることもある


「よそはよそ。ウチはウチ」
そう言って
バッサリハッキリしていければいいのだが…


うわ〜どうしようと
すぐに答えを出せないものもある


もうね
葛藤の連続やわ


内心は
ヒヤヒヤ、ドキドキ、ザワザワする


親はしっかりしとかなアカンもの
そう思っていたけれど


気持ちを軽くしてくれた
一文がありました


 ー葛藤を抱え続けられるというのが「おとなの条件」ー

心理学者、河合隼雄さん『こころの子育て』より




悩みや迷いがあるのが問題なのではなくて
問題があるのにちゃんと悩んだり迷ったりしないことが問題


迷いを持ちこたえる力を「葛藤保持力」と言い


学校のようにすぐに正解を求めなくていい
家庭は矛盾や葛藤を学ぶところ


いろいろな葛藤を持ちながら、グッと耐えて持ち続ける
それが、おとなの定義




そっか
葛藤があるからこそ
大人なのかも


自分の親だって
「よそはよそ。ウチはウチ」と言いながら
葛藤してたのかもしれないな




ウチはこれがいいんだ
B9zbTEPCMAA4P-2


himeji_kirameki at 21:13|PermalinkComments(0)

2018年04月17日

雨風の登下校、心配は中高生も続くのさ

長靴を履いてくれるのは
小学1年生ぐらいで


進級するうちに
長靴を履かなくなる


そんなもんで
ずぶ濡れの運動靴を
また明日も履かないアカンとなると


ウチでは
新聞紙をクシャクシャに丸めて
それを靴の中に詰める


濡れたら
新聞紙をまた詰めなおす


何回か繰り返すうちに
翌朝には乾くのだけど


取り替えることを
よく忘れるんだな〜これが



それでね
雨や風の登下校の心配は
大きくなっても続き


中学生になっても
高校生になっても


替えの靴下は持っていったか
カバンをちゃんとタオルで拭いてるんだろうか
自転車通学なら
滑って転んでいないだろうか


ずぶ濡れで帰る学生さんを見ると
大丈夫だろうかと
ついつい心配の目で見てしまう




成長するにつれて
行動範囲が広がって


学校以外にも
部活や習い事や塾もある


そうそう、遊びの時も
大雨だろうが
平気で自転車で出かけてしまう


雨風だけでなく
様々な状況が出てくる
その中で


子ども自身が考え試して
知恵を付けていく
それが底力になる


幼いうちは
できるまでに
何度も何度も繰り返すのが
大変やのにね〜


いつか
子ども自身が
考え動いてくれるようになるんだなぁ




まってまって〜
11f30689


himeji_kirameki at 17:47|PermalinkComments(0)

2018年04月16日

雨の日も風の日も、自分の力で歩く

今週は
晴れが続くといいな


入学式前後って
雨になることが多くて


登校初日から雨となると
本当に心配


重たいランドセルをしょって
傘もさして


学校目指して歩く子どもたちの
おぼつかない姿


学校に着いてからも
傘をちゃんと畳めただろうか
傘立てに立てたんだろうか
靴下は濡れてないだろうか


上級生や先生も気を付けて
見ててくれるんだけどね




その準備に
入学するまでに
雨の日さんぽで
慣れとこうか


レインコートに傘をさして
長靴をはいて
雨の中
歩くことに慣れる


アスファルトの道
泥の道に水たまり
グチャグチャに
濡れてもいいやんね


そのうちに
傘のたたみ方も
ちょっとずつ
覚えとくといいね





雨や風の日の道のりを
登下校することは大変だけど


子どもたちの
底力を作ってくれるんだろね



雨、降らないかな
リスと傘



himeji_kirameki at 18:44|PermalinkComments(0)

2018年04月15日

今週のきらめきクラブ〜春コースがスタートするよ☆

お待たせしました
今週いよいよ
春コースが始まりますよ〜


みんなに会えることを
めちゃめちゃ
楽しみにしているよ



きらめき2018☆春コーススケジュール



CIMG1134






はなきた

春コース第1回
4月20日(金)


【場所】
花北市民広場2階 小ホール

増位新町2-12
JR野里駅前

駐車場 エレベーターあり

2階小ホールへは
玄関すぐの階段を上がり
そのまま真っ直ぐ
目の前のお部屋です
トイレもその隣にあります


【毎回用意するもの】
お茶 名札 タオル

名札は
おうちにあるものや
作ったものでかまいません

きらめきでも1個140円で
販売しています



【Aクラス】
1歳半頃以上のお友だち
10:00〜11:00


第1回
はじめましての会です

引き続き参加の方も
初めての方も
一緒に楽しんじゃいましょう


【Bクラス】
0〜1歳半頃のお友だち
11:20〜12:20


ふれあい遊び
わらべうた遊び
絵本などのお話し
手遊び
体操
ママお一人お一人との
子育て相談タイム
などなど



【参加費】
お子さん1人…500円

きょうだい2人…800円
(下のお子さんが
1歳半以上から)


パスポート制度あります
1人10回分が
5000円→4000円になります
(2回分お得になります)


お問い合わせや
初めての方は
こちらへどうぞ
090-6963-5353
担当としかげまで

himeji_kirameki at 13:49|PermalinkComments(0)

2018年04月14日

うちの子、猫かぶってます(=^・^=)

次男の家庭訪問では
毎年言うことが決まってました


「うちの子、猫かぶりますから
気をつけてください」


ニコニコしといたら大丈夫
ちょっとぐらい
やらかしてもかまへんやろ〜みたいな


二人兄弟の末っ子次男だからなのか


次男のこんな面もあるんだと知ったのが
幼稚園でのこと


以前にも書いたかな
友だち何人かと一緒に
階段の踊り場から1階のフロアに向かって
園のスリッパを投げ散らかして
先生に叱られたことがあり


先生に言われたのが
「やっぱり次男なんやね」


それ以来
「コイツは油断できない」と思った私


気をつけてはいるんだけど
たまにね


魔がさすんでしょうか
やらかしてましたな


そのたびに
叱られ説教され
反省する次男なのだが


やってみて
どうなるのかを
しっかり理解する


子どもって
そういうとこあるんだよなぁ




今日だけ、お願い
ねこお願い


himeji_kirameki at 14:53|PermalinkComments(0)

2018年04月13日

家庭訪問は、子どものことを共有する時間

黄色いカバーのランドセルの列
その行く先には

お母さんたちが
我が子の帰りを待っている


大丈夫だったかな?
疲れてないかな?


無事に帰ってくると
ホッとするね


来週あたりから
家庭訪問があるのかな


私が勤めていた保育園も
家庭訪問がありましたが
今は園によって違うのかな


家庭訪問の一番の目的は
子どもを送り届けなければいけないなどの緊急時に
担任が住所と位置を確認しておくため


そして次に
家での様子、学校の様子など
子どもさんの情報を
ご家族の方と共有することです


うちの子はどんな風に過ごしてるのかな?
先生はどんな感じかな?
学校で気を付けてもらうこと
家で気を付けること


先生にとっても
クラスが始まったばかりなので
家での様子もすごく参考になります


短時間だけど
大事な時間です




はい、お静かに〜
4aab438b


himeji_kirameki at 18:27|PermalinkComments(0)

2018年04月12日

脇役も、ええもんだ

息子たちが大きくなってるので
今、まさに脇役してます


小学校の卒業式のあと
子どもたちも親も混じって写真をとったり
おしゃべりしたり
親子で忙しかったのが


中学校の卒業式にもなると
子どもたちと先生が中心で


式の後に
わいわいと
写真とりあってる姿を
ちょっと離れたところから見る親たち


私だって息子と一緒に撮りたーい
けど、そんなすき間なし


親が知らない、子どもの世界があるんだな
寂しくもあり
嬉しくもあり
たくましくもあり
うらやましくもあり…


あぁ、これが脇役っちゅうことなのね




子どもたちがそれぞれの場で
色んな人と出会って
色んな経験から学んで
さらに成長する


親ができることなんて
しれてるな


周りの人のおかげで
成長させてもらってるんだと
つくづくそう思う



もう、どいてくれへん?
a2dad307


himeji_kirameki at 17:57|PermalinkComments(0)

2018年04月11日

小さい頃は親が主人公。大きくなったら子どもが主人公。

以前テレビで
あるお母さんのこんな言葉を聞きました


「子育ては
子どもが小さい頃は
親が主人公。


子どもが大きくなってくると
子どもが主人公。
親は脇役になる。」


うまいこと言うなぁ



小さい頃は
ずっと一緒の時間が多かったのが


友だちや先生の関わりなど
親の見えない時間が増えてくる


自分で考えなきゃいけないことも出てくる


親の知らないところで
なにやってんだかっていうことも出てくる


こうなると
もう、信じるしかない


何があっても
母ちゃんがいるよ
親は覚悟するしかないんだよね




子どもは
そうやって
色んな経験して
色んな失敗して
いつか、独り立ちする




はじめは
小さなことからなんだよね
コップでお茶を飲んだり
靴をはいたり
服を着たり


そんな小さなことを
少しずつ任せながら


親も少しずつ
脇役になる準備をしていくんやね




母ちゃん、ずっと押しててよ〜
70452335


himeji_kirameki at 16:56|PermalinkComments(0)

2018年04月10日

「いっぱい勉強できていいなぁ、いっぱい楽しいこと待ってるなぁ」

はじめての学校
はじめての園


子どもたちを送るとき
心配でドキドキするね


帰ってきたら
「どうやった?」
聞きたくなる


あれこれ心配事もいうぶん
ワクワクする魔法もつぶやいておきましょか


「ええなぁ
いっぱい勉強できていいなぁ」
「いっぱい楽しいこと待ってるなぁ」


お母さんが言ってるんだから
勉強っておもしろいのかな
なんか楽しいことがあるらしい
と思わせちゃう


習ってきたこと
遊んできたことを
話し始めたら


「そうか〜へえ〜」と
聞いていく


大人はすでに分かってることでも
この子には
一生のうちのはじめてのこと


新しいことを知る楽しさ
はじめてのことをやってみる楽しさ


これから
小学校、中学校、高校へと
子どもたちのはじめては続くから
余計なプレッシャーをつけない


考えすぎてしまう子ほど
自分でハードルを上げて
はじめから無理って決めてしまいがち


それを
楽しいことがある方へと
意識を向ける


言葉の魔法で
楽しいこと探しの旅に出発や〜




なに?何があるん?
a1be972d


himeji_kirameki at 23:01|PermalinkComments(0)