姫路ばら園便り

今日は雨もスッキリあがり朝から快晴だったので、穏やかな昨日とは違い600人弱の来園者様で終日賑やかでした。
昨日の雨で傷んだ薔薇を切った為、見頃の全盛期に比べて少し花数は減りました。

本日の画像は【ラ ドルチェ ヴィータ】です。
FullSizeRender

1株で凄い花数です。
FullSizeRender
S
フランス
Delbard 作出
2013年

スヴニール ダムール(愛の夢) シリーズです。
昨日の雨に当たり、花数の多さに加えて更に重みが増しましたが傷みはそうありませんでした。
コンパクトサイズなので鉢植えにすべきか思案しましたが、テラス席やパラソル席でこの高さを眺めるのもいいかなと思い、直植えでこの場所にしました。
花色はオレンジがかったイエローで、コロンとして可愛い印象の薔薇です。

次の画像は【アメジスト バビロン】です。
IMG_1116
Cl
オランダ
Interplant 作出
2013年

原種のロサ ペルシカを改良した新系統のバビロン シリーズ。
バビロン シリーズはパンジーの様に中心に赤いブロッチが入ります。
花自体は大きくありませんが、房咲きでこの花色なのでとてもボリュームがあり華やかな印象。
花付き抜群で花保ちの良い薔薇です。

今日は予報通り朝から雨。
1日を通して雨の予報も出ていたので前回の雨の時と同じく約200名弱の来園者数で、何かとゆっくりとしたばら園でした。
朝園内を一周した時はまだ花弁も傷んでいませんでしたが、夕方に一周した時には花弁に雨がしみて透明になっていたり
IMG_1063
IMG_1064
枝がしなやかなものは雨の重みでかなり傾いていました。

今季初めて販売し、好評の商品を紹介します。
​《薔薇のパイ》
FullSizeRender

FullSizeRender

当園がお世話になっている京都の株式会社 智光さん・岐阜県のお菓子工房 優華さん製造で、関西では岐阜の花フェスタ記念公園さん、播磨中央公園さんと当園でのみ販売しているとの事です。

本日の画像は【ザ ピルグリム】です。
FullSizeRender

ER
イギリス
David Austin作出
1987年

花色はレモンイエローで、開花につれ特に外側が強く白に近いクリームイエローのロゼット咲きに変化します。
ロゼット咲きで花弁がギュウギュウという事で1輪の重みも結構あるのに、画像の様に大量の房咲きになっても枝がとてもシッカリしているので傾かずに顔を見せてくれます。
花名はジェフリー・チョーサーのカンタベリー物語「ピルグリム』に由来します。
ピルグリムとは巡礼者の意。

次の画像は【アブラカダブラ】です。
FullSizeRender

HT
アメリカ
Warriner 作出
1991年

花色は覆輪でクリーム色・ローズピンク 開花につれ様々に変化し、どの段階でもグラデーションが美しい薔薇です。
早咲きで育てやすい強健種。

同じアブラカダブラという名前で絞りの切花品種が存在します。

今日も朝から快晴で、暑さを感じる一日でしたね。
少し穏やかな時間帯もありましたが、それでも650人の来園者数でした。

今日は朝一番、甲本喜胤先生を発見!先週は挨拶だけで撮影に行った時にはもうお帰りになられていたので、今朝は『後で写真撮らせて下さい!』と予約し、撮影させて頂きました。

FullSizeRender

FullSizeRender
私がまず背後から絵を撮影すると先生は『写真撮らせてくれって。俺じゃなくて絵の写真かー』と(笑) 勿論です。先生のお姿を撮りに来たんです。
いつも快く撮影させて下さってありがとうございます!

そして今日はNHKさんが撮影に来てくださいました。
IMG_0950
随分ガゼボに接近しています。
IMG_0955
更に侵入です
IMG_0961
一体何を撮影していたのでしょうか
IMG_0960
この子でしたー ブラン君です
IMG_0963
毎シーズン撮影に来て下さったりテロップを流して下さったり、いつも気に掛けて下さって本当にありがとうございます。


本日の画像は【かおりかざり】です。
FullSizeRender

日本
Rose Farm Keiji 作出
2012年

咲き始めはアプリコットピンク。咲き進む毎に花色が変化しロゼット咲きになります。

昨年とても綺麗に開花していた日にブログで紹介したかったのですが、想像していた色と全く違う濃いピンク一色で…まさかこのバラ…植える時に名札を付け間違えた??と思い、躊躇して紹介しなかったという経緯がある薔薇です。
ブーケのように房咲きになりますが、花枝がしなやかなのでもう少しすると花の重みでやや俯きます。


今日も朝から快晴で気持ちの良いお天気!
風があり涼しかったのですが日差しは強く、喫茶では土日とは違い冷たい飲み物・アイスクリーム・シャーベットが人気でした。

平日ですが約800人の来園者数で春らしい雰囲気の1日でした。


本日の画像は【フレンシャム】です。
FullSizeRender

F
イギリス
Norman 作出
1946年

ヒラヒラとした半八重の房咲きで、緋赤の花弁と蕊のバランス、これは間違いなく白壁に映えると思い、元々あった薔薇を他に移動させてまでこの場所に植えた薔薇です。


次の画像は【クロード モネ】です。
FullSizeRender

S
フランス
Delbard 作出
2012年

フランスの印象派の画家「モネ」に捧げられたDelbard社のペインターシリーズ。

花色はピンクにオレンジイエローの絞りで、やがてロゼット咲きになるのですが、私はこの画像の段階が愛らしくて好きです。
ややスパイシーでフルーティーな強い香りを放ちます。
先程のフレンシャムとは壁を隔てた位置に植えてあり、こちらもプロバンス風の小屋の白壁に映えると思い昨冬に植えたものです。
植えたのは勿論真冬、そして日当たりの悪い場所に独断で強引に植えたため、何となく責任を感じて毎日様子を見に行き贔屓してひっそりと水遣りをしたので妙に愛着がある薔薇です。

もうあちこち咲きまくっています!
ドーム/ カマクラ/ 秘密の花園  
IMG_0910

東側パーゴラ
IMG_0880

風見鶏
IMG_0878


今日は朝から快晴ですが涼しい1日だったので、まさに鑑賞日和!!
という事で予想通り1900人もの来園者様で大変な賑わいとなりました。
何度か周辺道路が渋滞し、多数の方々に御迷惑を御掛けしてしまい申し訳ありませんでした。
 

今日の各種イベントです。

​薔薇に大切な土の診断/ 木下 博
FullSizeRender
お昼休憩も取らず、沢山のお客様の相談にお応え頂きました。

​17番地のライブ 
FullSizeRender
FullSizeRender
姫路出身の福永 顕史さんと藤田 綾さん。
ライブハウス、野外イベントでジャンルを問わず御活躍されている御夫婦です。
17番地さんのFacebook


ハーブ占い/ 生田 まゆみさん
FullSizeRender


そして​Star Dog Cafe​の​ダニエル氏
FullSizeRender
次の土日も出店して下さいます。

今日の画像は【ダフネ】です。
FullSizeRender
S
日本
木村 卓功 作出
2014年

柔らかなフリルとソフトな花色で、可憐な少女の様な印象です。
まだ若い苗なので誘引などは全くしていませんが、親のホーム アンド ガーデンを初めて植えた時と同じ様に、いずれ背後にある柵に絡ませたいなと思いテラス前に新たに花壇を作って植えてみました。

次の画像は【ディズニーランドローズ】です。
FullSizeRender

F
アメリカ
Jackson&Parkins作出
2003年

アメリカのディズニーランドの為に作られた薔薇。
咲き始めは濃いオレンジ色。やがて縁から鮮やかなピンク色が混じり、だんだん明るいピンク色に変化してゆきます。
2006年ローズヒルズFL部門金賞受賞

この薔薇は何年も前に植えるかどうか悩んで先送りしたままでしたが、一昨年に仲の良いお客様から『うちの庭に植えてるけど凄く花数が多くて可愛いから植えたらー?』と教えて貰い、取り寄せたものです。

雨は日付が変わる辺りでスッキリ上がってくれました。
ただ、ここ数日凄く暑かったのに今日は冷たい風が吹き、寒さを感じる一日でした。

今朝、神戸新聞さんの朝刊に掲載して頂きました。
FullSizeRender
※上記はデジタル版です。

毎年20日前後は何があっても見頃なので、大袈裟な表現ではなく本当に目が回る忙しさという認識、土曜の新聞に掲載して貰ったという事で間違いなく忙しい日だと覚悟していましたが、拍子抜けしたかの様に落ち着いた1日でした。
自分自身の感覚で今日は600人ぐらいかな?と思っていましたが、1100人もの来園者数でした。《忙しい》という感覚が麻痺してしまっているのかもしれません。


本日の画像は【パパ】です。
FullSizeRender

HT
日本
浅見 均 作出
2001年

イエローベージュで縁にほんのりピンクが混じる…?何色と言葉で表現し難い花色。
今日5月19日は姫路ばら園 創設者の上野 修の命日です。
その上野 修に因んで《パパ》と名付けた薔薇。

命日に合わせたかの様に見事な花数です
IMG_0728


次の画像は【ホワイト ライトニン】です。
FullSizeRender

凄い数の房咲きです
IMG_0763

F
アメリカ
H.C.Swim&J.E. Christensen 作出
1980年

ややクリームがかった白で、親のエンゼル フェイス似の波打つ花弁がとても優しい印象の薔薇。
柑橘系の香りがあります。
当園では果樹と桜の木の影響で日当たりがとても悪い場所にひっそりと植えてあります。
そのお陰なのか昨日のあの強い雨の翌朝、白バラなのにほぼ傷みが見られません。

今日は​Star Dog Cafe​さんがログハウスで出店して下さいました。
FullSizeRender

キャサリンです
IMG_0711
明日もログハウスにて出店して下さいます

《明日20日のイベント案内》
​◉薔薇に大切な土の診断/ 講師 木下 博
10:00〜12:00/13:00〜15:00
御自宅の土を一握り持参して頂くと、その場で詳しく検査し何が足りないのかなどを診断して下さいます

◉17番地  福永 顕史&藤田 綾
11:00〜/13:00〜
ギター&ボーカルユニットで幅広いジャンルの演奏

​◉ハーブ占い/ 生田 まゆみ
◉四柱推命/ 平海 美穂
◉禅タロット/ 楠田 依映
10:00〜15:00
問い合わせ先 090-3717-1384
各15分1000円

数日前までは雨の予報でしたが晴れました!
おまけに暑い1日で予想外でした。
その予報が出ていたからかどうかはわかりませんが、見頃を迎えた今、約400名の来園者数で『ヒマやな』という会話さえ出た程です。
ただ、夜になり降り出したこの雨の影響がどうかな…と心配です。

今日は池田奈月さんが来て下さいました。
IMG_0651

FullSizeRender

【なつき】
HT
日本
浅見 均 作出
2017年
たまたま同じ名前の薔薇。という訳ではなく、奈月さんの名前を付ける前提で浅見先生がまだ命名していない新種の薔薇の2種からこれを選び【なつき】と決めました。

先日、開花状況を教えて下さい。27日28日だったら行けそうなんですがその頃だとどうでしょう。と、問い合わせの電話があり、一頻り開花状況を説明した後に…実はハイポネックスの吉田と申します。素直に教えて下さってありがとう。と名乗られ私はパニックでした。何か失礼な事を言わなかったかな…と不安で。
そしてお聞きしていたより遥かに早い今日来園して下さり、よくよく思い起こすと…きっと私は27日28日しか予定が…と言われたにもかかわらず『今が綺麗なので1週早くできませんか?』的な事を言った様な気がします。
私見を押し通してしまったせいで、御多忙の中わざわざ予定を前倒しにして頂き、本当に申し訳ありませんでした。

当園に来てくださったのは、後日【ひょうごローズクラブ】での講演で話す参考にしたいからとの事でした。

そして園内の感想や様々な事を少しの時間ですがオーナーと共にお話しさせて頂きました。
『密度が凄いですね〜』
密度…これはお客様からもよく言われる言葉です。かつてお客様のブログで『薔薇のジャングル』と表現されていた事もあります。
新たに植えたい薔薇が出てくると、充分なスペースがなくても『日当たり悪くなるかな…かと言って古い薔薇も抜きたくないし…ま、あかんかったらその時考えよー』と、いつも短絡的に考え、間隔は無視して強引に割り込ませた結果です。
要するに、しっちゃかめっちゃかで無計画なのです。でも植えたいものはどうにかして植えたいからしょうがない。 
これが個人のバラ園の醍醐味。と、開き直っています。

そして今週日曜のイベント【薔薇に大切な土の診断】を開催して頂く木下先生とはお父様の代から親交があるそうです。


画像は【マウント シャスタ】です。
FullSizeRender
Gr
アメリカ
Swim & Weeks 作出
1963年

160cmの私が手を伸ばしても大概上手くフレームに収める事ができない薔薇です。
今日は程々の高さで開花していました。
それもそのはずで、銘花クイーン エリザベスの子供です。親同様にとても強健種。
クイーン エリザベスはいつも椅子の上に昇り、更に手を伸ばして撮影しています。

ミネラルウォーターのクリスタルガイザーの源泉として知られている、カリフォルニア州のシャスタ山に因んだ花名とされています。

今日の園内の様子
IMG_0667
IMG_0664
IMG_0641

今日は青空ではありませんでしたが、湿度を感じる暑さの1日で、喫茶コーナーは昨日よりも冷たいもののオーダーが多く出ていました。
今日は約650人の来園者でしたが、なぜか昨日よりも忙しく感じました。

本日の画像は【ヨーク アンド ランカスター】です。
IMG_0179
IMG_0172
白の分量が多いもの

IMG_0171
ピンクの分量が多いもの


O
ベルギー
1576年以前 
別名 ロサ・ダマスケナ・ベルシカラー

白あるいは淡いピンク色で、その2色が不規則に絞り模様として表れるのが特徴。
1455年から1485年まで続いた英国のバラ戦争といえばとても有名で、赤バラの紋章をもつ"ランカスター家"と白バラの紋章を持つ"ヨーク家"が戦った事に基づき名付けられました。
一季咲きで花数もトゲも多く、ダマスクの香りを放ちます。


今日の開花状況です。
IMG_0623
IMG_0606
IMG_0600
IMG_0542
IMG_0544



今日は初夏の様な気温でしたね。
喫茶コーナーも冷たい飲み物やアイスクリームのオーダーがとても多かったです。
明日以降お天気が下り坂だからなのか、今日も平日にもかかわらず約700人の来園者様でした。
今日は神戸新聞社さんが取材と撮影に来て下さいました。
毎シーズン気に掛けて下さりありがとうございます。


本日の画像は【サリー ホルムズ】です。
FullSizeRender

HMsk
イギリス
R.Holmes 作出
1976年

1993年グラスゴー国際コンクール 芳香賞受賞
第16回世界バラ会議殿堂入り品種

大きな一重の花がブーケのように房咲きになり、ボリュームのある花姿も素敵ですが、画像の右上に少し写っている開花直前の色付いた蕾段階までも愛らしい薔薇です。

次の画像は【ニューウェーブ】です。
IMG_0466
HT
日本
寺西 菊雄 作出
2000年

波打つ花弁と、青みがかったパープルグレーのグラデーション加減で、とても上品な印象の薔薇。 
当園では隣にアイスバーグを植えてあるせいか、あまり背は高くなりません。
花数が多いので時に枝がしなる程です。

今日の開花状況です。

一箇所だけ緑のままに見える場所はかなり遅咲きの品種で、アップにしてみると夥しい数の蕾が見えると思います。
IMG_0505

IMG_0509

ガゼボももうかなり開花しています。
IMG_0502


今日も朝から快晴でした。
気温も上昇したので夕方には水切れでションボリしている薔薇もいくつか見られました。
来園者様は昨日よりも100人も多い650人でした。

本日の画像は【スイート ドリーム】です。
IMG_0354


FullSizeRender

Cl
イギリス
Gareth Fryer 作出
1987年

1株でも凄いボリュームです。
丸みをおびたカップ咲きの可愛い花を次々に咲かせてくれる品種。
開園の一週間前には開花していましたが、まだまだこの花数は保ってくれそうです。

次の画像は【バーナビー】です。
FullSizeRender

HT
カナダ
J.H.Eddie 作出
1953年

花色はやや黄味がかったクリーム色で、弁数が多い剣弁高芯咲き
一時はコンテストでも大活躍した名花です。

今日の開花状況です。
IMG_0416
IMG_0417

その他の場所の開花状況
IMG_0411
南の木のトンネル

IMG_0374
西側パーゴラ



このページのトップヘ