姫路ばら園便り

5
今日は昼前にパラパラと雨が降り出したものの、すぐに持ち越し…と思ったらまた大粒の雨。のち薄曇りのちパラパラ。という1日でした。
ただ、薄曇りの方が薔薇達は本来の色合いでくっきりと見えるので、ここ数日お伝えしている『鑑賞日和』とはまた違った鑑賞日和だったと思います。


本日の画像は【インドラ】です。
IMG_7606
HT
日本
寺西 菊雄 作出
2011年

花付き良し、花保ち良し、咲き進んでも褪色しない、雨に当たっても目立つダメージがない、耐病性に優れている、そして華やか。
画像の辺りはこの薔薇が咲くだけで目を惹きます。
花弁数が多いので満開時にはやや俯き加減になる傾向があります。
花名はインドの雷の神の名前に由来。


次の画像は【フラミンゴ】です。
FullSizeRender
HT
ドイツ
Kordes作出
1979年

別名 マーガレット サッチャー
  
花名は花色のイメージから。
いつ何時でもシャキーン!としています。
このシャキーン!と、ステムが長い事から毎年春の花バケツの際に活躍する薔薇。
雨に当たると花弁が傷み、水玉模様のようになります。
FullSizeRender
葉量が多いので画像だと花が少なく見えますが実際の目で見ると相当な花数です。

5
今日も朝から好天に恵まれ、鑑賞日和そしてイベント日和の1日でした。
IMG_7531

秋の開園も残り1週間です。
今春に発行した入園割引チケットをお持ちのお客様、今秋初めに御招待印を押したチケットをお持ちのお客様、御招待ハガキをお持ちのお客様、期限は今秋のみですのでお忘れなく。


〜今日のイベント〜
キラキラgirl'sフェスタ/ 企画 Big forest
FullSizeRender
​Big forestの大森さん​が朝ササッとこんな看板を書いて下さいました。

IMG_7555
2階でドレスに着替えヘアメイクをしてもらい、園内で撮影をしてもらいます。
FullSizeRender
みおちゃん 5歳
FullSizeRender
なおちゃん 7歳
FullSizeRender 
2階の部屋はワークショップの出店です
IMG_7562
IMG_7569

今日はキラキラgirl'sフェスタのお客様が多く、園内は賑わっていたのですが、店内はゆっくりとしていたので、迷子になった碧櫻(あお)くんとスタッフで楽しくお話ししたりいつもとは違う雰囲気のばら園でした。

大森さん、いつも企画をありがとうございます。
また来春も宜しくお願い致します。


本日の画像は【バンクーバー ベル】です。
IMG_7284
S
カナダ
Brad Jalbert作出
2004年
春はもっともっと浅いピンクで外側は白に近い色合いですが、秋は満開時になると全体がピンク色で開花します。 
春も秋も遅咲きながら次々と房咲きで開花してくれる薔薇。


次の画像は【ヴェルシーニ】です。
IMG_7050
S
フランス
Guillot作出
1998年

青空にとても映える花色。
花名はフランス ヴェルシーニ城の名前を冠しています。
IMG_7520
花付きも抜群なので開園時からずーっと咲いています。
この薔薇を紹介する際にいつもこの同じ事を書いていますが→目立たない場所に植えてあるので見つけるのは簡単ではないかもしれません。

この場所にこんな薔薇がある事を知らないスタッフが居る可能性さえあります。

5
今日も朝から綺麗な青空で、気持ちの良い秋晴れの一日でした。
引き続き明日も鑑賞日和となる予報で、今年は本当にお天気に恵まれすぎている状況です。

​《本日のイベント》
mica  with Youichi ライブ
FullSizeRender


FullSizeRender

普段は姫路から大阪までライブやイベントに出演されています。

3月に2枚目のCDがリリースされました☆

【音楽のかけら】

FullSizeRender

当園の秋の雰囲気にピッタリの音楽でした。




本日の画像は【ゴールデン ボーダー】です。
IMG_7466

F
フランス
Meilland作出
1987年

とても花つきがよく、春から冬まで絶え間なく開花し、棘も少ない薔薇。
カップ咲きで黄色〜薄い黄色に変化するコロンコロンとした花がブーケ状の房咲きになります。
直立性ですが、この花付きの良さからフロリバンダというよりもランドスケープとして扱う事で人気があります。


次の画像は【イブ ピアッチェ】です。
FullSizeRender
HT
フランス
Meilland作出
1984年

花弁の先に切れ込みが入るのが特徴で、ダマスクの濃厚な強い香りを放ち、巨大輪でシャクヤク咲きになった姿はゴージャスそのものです。
スイスを代表するジュエリーブランド《ピアジェ社》の会長に捧げられた薔薇。

1982年 ジュネーブ国際コンクール金賞+芳香賞受賞/ 
1982年 バガデル国際コンクール芳香カップ賞受賞など。


〜明日11月11日のイベント〜

キラキラgirl'sフェスタ 

10:00〜16:00


5
今日は心配していた雨も予想外に弱く、飛び飛びで降ってくれた事と飛び飛びの間に陽射しがあったお陰で大きなダメージもありませんでした。
夕方に一周した際はこの時期にまだこんなに綺麗で花数も多く、また更に開花待ちの蕾の多い事に驚きました。
秋のばら園も残り9日間。
今週末は暖かな陽気となるようなので、是非秋バラを眺めにいらして下さいね。

今日はゆったりとしていた事もあり、お客様と楽しいひと時を過ごす事ができました。

当園近くの企業で英語講師をなさっている息子さん夫婦、イギリスから来日されたお父様とお母様。
FullSizeRender

ダイアナ元王妃のバラがある事をとても喜んで下さいました。

写真を撮らせて頂いた後にゆっくりお話を伺っていたのですが、スーザンさん(お母様)のお母様はローズさんというお名前なんだそうです。
そしてスーザンさんのお姉様もとても花が大好きな方なのですが、残念ながら飛行機が怖くて来日できなかったとの事。
是非、写真とカレンダーで当園の思い出話をして頂きたいな〜と思います。

当園の感想を伺ったところ『highly recommend』→非常におススメ『hidden gem』→隠された宝石、秘宝  。直訳するとこんな感じです。

以下、お嫁さんが通訳して下さった内容です↓

11月という花の少ない時期にこんな素晴らしいバラが見られて幸せ。バラだけでなく色んな場所に像がコンプリートされているのが素晴らしい。ショップも安くなく高くなく、ティールームも紅茶とジャムが美味しかった。

ここはいつも混んでいると聞いていたけれど今日はゆっくりと観れて嬉しかった。


そしてお話を伺っている最中に、私の事を『ビューティフルフェイス!』と言って下さった事が本当は1番嬉しかったコメントで、思わずthank you〜!!とハグしてしまいました(笑)

とにかく褒めて下さる事ばかりだったので本当は全てブログで書きたいくらいなのですが、とっても長文になるのでこれぐらいにしておきます。
沢山お話を聞かせて頂きありがとうございました☆


本日の画像は【パープル タイガー】です。
FullSizeRender
F
アメリカ

Jack E. Christensen作出

1991年

花色は赤紫に白の絞り模様。

気温が低いと紫が濃く出ます。

絞りの薔薇は全てそうですが、一輪毎に絞りの分量が違うので異なる表情が楽しめます。

 FullSizeRender


5
今日は予報通り朝からずーっと暖かな1日でした。
明日が雨の予報だからか、昼過ぎはいつもよりお客様が多くみられ、何となくザワザワとした雰囲気の園内でした。

どれくらい薔薇達に影響があるのか明日の雨の降り方が気になるところです。

本日の画像は【エレクトロン】です。
FullSizeRender

HT
イギリス
Samuel Darragh McGredy IV作出
1970年

別名 マラード ジュビリー

花色は濃いローズピンクでダマスク系の強い香りを放ちます。
大輪で花付きも良く、耐病性に優れ丈夫な薔薇です。

次の画像は【ジャスト ジョーイ】です。
IMG_7255

HT
イギリス
Cants of Colchester作出
1972年
 
2日前にブログで紹介したドフトボルケを親にもつので香りは強香です。
秋は濃いアプリコットオレンジになり、優雅に波打つ花弁が大輪になるのでとても存在感のある薔薇。
花名は作出者の夫人ジョアンナさんに因みます。
1994年 世界バラ会議殿堂入り品種


《イベント告知》
11月10日(土)
Mica with Youichi ライブ
11:00〜 /13:30〜


11月11日(日)
キラキラGirl's フェスタ
10:00〜16:00
FullSizeRender
FullSizeRender

企画 Big forest 
 お問い合わせは 090-7355-2007 大森迄




5
今日も朝からずーっととても暖かなお天気でした。
金曜に雨の予報が出ているのが心配ですが、明日も引き続き暖かな予報ですので、是非とも多くの皆様に見に来て頂きたいなと思っています。

本日の画像は【ラ ドルチェ ヴィータ】です。
IMG_7127
F
フランス
Delbard作出
2013年

 Delbard社のスヴニール ダムール(愛の夢)シリーズのひとつ。
今春に、植えて初めての開花でここまで花付きが良い!とブログで紹介しましたが、今秋は更に深く鮮やかに開花してくれています。
コロコロとした花姿がとても愛らしい薔薇。

フランス生まれですが花名はイタリア語で『甘い生活』を意味します。


次の画像は【薫乃】です。
FullSizeRender

F
日本 
武内 俊介 作出(京成バラ園芸)
2008年

花弁が薄く、雨に当たると即座に傷みが出るのでとてもデリケートな薔薇。
作出者の武内俊介さんはこの薫乃の香りを「幸せの香り」と仰っています。
2005年 JRC香り部門 金賞受賞

FullSizeRender
その香りの素晴らしさから、トワレ、練り香水、ハンドクリームなどが発売されているほどです。
秋の開園前に京成バラ園芸さんがご挨拶にお見えになった際に頂いたハンドクリームです。
右が薫乃で左は夢香

5
今日も朝から青空で、陽射しの強さもあり暑いと感じるくらいでした。
それでも春とは違い一気に開花が進んでしまう心配もなく、景色は引き続き見頃の状態を保っています。

FullSizeRender

IMG_6934


本日の画像は【ドフトボルケ】です。
FullSizeRender

HT
ドイツ
Tantau作出
1964年
別名 フレグラント クラウド

花弁数の多い大輪の花を咲かせ、花色は朱色を含んだ赤。
"香りのバラ"の中でも名品種と言われており、数々の品種の交配親になっています。

1981年 第五回世界バラ会議殿堂入り品種


次の画像は【花ぼんぼり】です。

IMG_7007
F
日本
武内 俊介 作出
2011年

とにかく愛らしさ全開といった雰囲気。
柔らかな桜色の花が房咲きになり、春も秋も次々と開花してくれるので1シーズンに何度も撮影してしまう薔薇。
1房でこれぐらい花がつきます↓↓
IMG_7085

特に日陰になった時間帯が私のお気に入りです。
データとしては中香とされていますが、結構強く香り、越後丘陵公園の『第五回 国際香りのばら新品種コンクール』銅賞を受賞しています。




5
今日は季節が戻ったかのような気候です。と、天気予報で言われていた通りポカポカ陽気の1日でした。


今朝花ガラ切りをしているとカメラを持った紳士に声を掛けられました。

秋にこんなに沢山咲いてるとは思ってもなかったです。この歳にしてやっと秋バラの良さを知る事ができました。ありがとう、本当に感動してます。と。

そんな言葉を掛けて頂けて私の方こそ本当に嬉しかったです。

前々日にも、こんなに楽しませて貰えるとは思ってもなかったです。遠くから来た甲斐がありました。と、御夫婦から声を掛けて頂きました。

完全に自慢話になりましたが、こういった言葉は私達の励みになります。

お客様の反応はとても気になるので。

春に比べると寂しいですね。と言われると、そうですねぇ(笑)と答えながらも実はかなり落ち込みます↓

秋バラの良さを一人でも多くの方に知って欲しい、正直言って春は誰にでも咲かせられる。でも秋にこれだけ咲かせるのがどれだけ大変な事なのかわかって貰いたい。そして春の花と秋の花との違いを感じて貰いたい。

これは当園オーナーが常々口にしている言葉です。

秋は紅葉の季節なので仕方ないのかもしれませんが、見頃の今、是非秋バラを見て頂きたいなと思っています。


本日の画像は【ブルームーン】です。
FullSizeRender

FullSizeRender
HT
ドイツ
Tantau作出
1964年

青バラの歴史的銘花。
ダマスクの香りに柑橘系の香りを加えたような香りを放ちます。
大輪〜巨大輪で強権。
隣に写る女神像は割と大きなものなのですが、大体この顔の辺り〜上で開花する程に背が高く育ちます。
ブルームーンの花言葉は【決してあり得ない事】【幸せの瞬間】といわれています。


次の画像は【プリティ ジェシカ】です。
FullSizeRender

 ER
イギリス
David  Austin作出
1983年

繊細な花弁が幾重にも重なるロゼット咲きで透明感のあるピンク色の花姿。
フルーティなオールドローズ香を放ちます。
ボーリングしやすいといわれている品種ですが、特に気になる程ではありません。

5
今日も暖かくて気持ちの良い1日でしたね。
昨日もですが、お天気の良い休日という事で、春のイメージがあり過ぎるせいか電話でのお問い合わせで『もう今の時間だと園内はごった返してますか?』や『駐車場入れそうにないですよね?』といった質問がありました。
『全く混んでませんよ』とお答えすると驚かれる事もしばしば。

見頃の日曜日でも春の平日程度ですので秋は本当にゆったりとしています。



​〜今日のイベント〜
​《バラの園芸相談/ 浅見 均》
FullSizeRender

​《筆文字"伝筆"》
円尾さん
FullSizeRender

守屋さん
FullSizeRender

《Star Dod Cafeさん》
​今日は快晴だったのでソフトクリーム日和でした。
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender
ダニエル&キャサリン
いつもお世話になりありがとうございます。
そしてごちそうさまでした!
また来春にお会いできるのを楽しみにしています☆



2階で写真展に出展して下さっている​藤井 法子さん​が、お客様が減った今日の夕方に当園をザッと撮影して下さいました。
是非閲覧してみて下さい。


本日の画像は【スープレス】です
FullSizeRender

HT
ドイツ
Tantau作出

切り花品種なのでこれ以上の詳細不明ですが、日当たりの良くない割と湿地で毎シーズン綺麗に開花しています。
弁先がほんのりピンクに染まり、上品なイメージの薔薇。
切り花品種らしくステムが長くシャキッとしています。

次の画像は【ティノ ロッシ】です。
FullSizeRender
HT
フランス
Meilland作出
1990年

程々の樹高ですがやや横張りです。
有名なシャンソン歌手の名を冠し、フルーティーなダマスク香を放ちます。

1989年  バガテル国際コンクール芳香カップ受賞

5
今日は肌寒かった昨日とは違い、とても暖かな1日でしたね。


今日は​産経新聞さん​が朝刊に掲載して下さいました。
FullSizeRender

​産経新聞さん、どうもありがとうございました。

今日もログハウスで​Star Dog Cafeさん​が出店して下さいました。
​ダニエル&キャサリン
FullSizeRender
明日も出店して下さいます☆

そして​筆文字『伝筆』ワークショップ/ 守屋さんと円尾さん​です。

FullSizeRender

​伝筆教室  生徒募集中です!!
IMG_6692




2階で11月10日まで開催されている​姫路ばら園の写真展
本職の合間を縫って小まめに来園して下さっている​藤井 法子さん​のブースです。
FullSizeRender
当園のメニューの宣伝までして下さっています☆


本日の画像は【イングリッシュ ヘリテージ】です。
FullSizeRender
ER
イギリス
David Austin 作出
1984年

蕾の時はアプリコット色。開花につれ優しいピンク〜外弁からだんだん白っぽくなってゆきます。
中輪カップ咲きで透明感のある印象の薔薇。
強香でフルーツ香を含む強い香りを放ちます。

ヘリテージとは『 代々残すべきもの/ 遺産』を意味します。

次の画像は【プリンセス チチブ】です。
IMG_6722

F
イギリス
Harkness作出
1972年

花色は内側がラベンダーピンク、外弁は濃い紫をおびたローズピンクの覆輪。
秋は春よりも一層濃く深い色合いになります。

直立性で耐病性に優れた強健種。

その名の通り、故 秩父宮勢津子妃殿下に捧げられた薔薇。


​明日11月4日(日)のイベント
筆文字『伝筆』ワークショップ
守屋 くみこ
10:30〜15:00
参加費 500円

バラの園芸相談
10:30〜15:00
講師  浅見 均

このページのトップヘ