星の絵の具箱

おうちの周りの生物たちを紹介したり、ときには創ったものも出てくるかも(・・)

  新年のご挨拶


2100-1 2018年賀状













































 うちの猫どもが、一言ずつ新年のご挨拶を申し上げます。
 いつもは影が薄いおちびから・・・


  「今年はみんなで仲良くしようね~~~」 おちび

2100-2 おちび







































  「今年も宜しくお頼み申します!」 ルーン

2100-5 ルーン
























  「今年も外猫になっちゃうぞ~~」 ピコ

2100-3 ピコ







































  「今年もいっぱい暴れまくるにゃ~~~」 ツナ

             家じゅうで一番大きな顔をしているツナです。今年もきっと・・・
2100-4 ツナ























        ではでは、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます



雪が降った日に      4ねこごあいさつ

 今月半ばをちょっと過ぎた頃、朝起きると家の周りが真っ白になっていました。この冬初めての積雪、と言っても家の周りの雪はすぐに消えてしまいましたけど・・・
 もう少し奥に行ってみたらどのくらいの雪があるのか、出かけてみることにしました。
 この町に越してきてから、パパが前年度、前前年度と通っていた職場の辺りです。

 天文台と同じ敷地内にプラネタリウムのあるお城もあるのですが、撮ったつもりが撮ってなかったみたい・・・
2099-1 天文台雪景色























 冬期は休館なので、駐車場も使われていなくて、一面に雪が波のように積もっていました。
 風の造形??
 
2099-2 雪の波























 着いたばかりの時には青空も少し見えていました。

2099-3 木に雪の花























 が、まもなく空はどんより。木についた雪の花も寂しそう。

2099-4 大きな雪の花





















 

 大きな石垣のところどころに生えていました。ちょっとにょろにょろみたいで可愛い植物・・・

2099-5 ヒメノキシノブ























 シダの仲間だろうと思って調べてみました。
 ヒメノキシノブというシダ植物です。絶滅危惧種に指定している県もあるそうです。よく似た仲間のノキシノブは葉の長さが30センチほどになるものもあり、葉先が尖っていますが、ヒメノキシノブは葉の先端は丸く、葉の長さは3~8㎝と小振りです沢山の苔が生えるような場所に生えているようです。
 後で気が付いたのですが、写真の左下の方に葉っぱの裏側が見えていて、胞子嚢のポツポツが写っていました。胞子の茶色の塊の集まりをソーラス(胞子嚢群)と呼び、名前を調べる手がかりにもなるそうです。

2099-6 ヒメノキシノブのソーラス























 ツタのことも「ナツヅタ」と「フユヅタ」があることを今年初めて知りました。
 
 ナツヅタ(ブドウ科ツタ属の落葉広葉樹)のようです。紅葉していますね。これから葉っぱが落ちるのかな?普通ツタと言えばナツヅタを指すらしいです。

2099-7 ナツヅタ紅葉
























 フユヅタ(ウコギ科の常緑木本)
 フユヅタの名前はナツヅタに対して呼ばれるもので、本当の名前はキヅタ。ヘデラ(アイビー)<セイヨウキヅタ>に近いそうです。 

2099-8 フユヅタ(キヅタ)























 ヨロイゴケの仲間のようです。
 
 地衣類はあまり資料がないのでよくわからないんですけどね・・・・・ 
 地衣類も昔は苔と同じように思われていたのでしょう。名前にコケのつくものが多いですね。   
        
2099-9 ヨロイゴケ1























 沢山の苔と一緒に。
 地衣類は日常どこでもよく見かけます。普段はあまりきれいな感じがしなくてよく見ることもないのですが、空気の良い所で見るとちょっと新鮮できれいに見えました。

2099-10 ヨロイゴケ2























 エアコンをつけると猫たちが暖かな風に誘われていつの間にかやってきます。
 おちびもたまにですがみんなの中に入ってきます。
 元気過ぎるツナのおかげで、ルーンとピコは外に行ってしまうことが多くなり、おちびはツナに追いかけまわされたり、獲物のように狙われたり(ツナは遊んでいるつもり??)して、逃げていってしまいます。結局いつも誰にも遊んでもらえずにつまらなそ~なツナです。
 おちびはおどけた顔をしています・・・。
 来年もたまには登場することと思いますが( ^ω^)・・・よろしくお願いします

4猫集合



























 今年もあとわずかとなってしまいました。 
 1年間本当にありがとうございました。
 また来年もよろしくお願いいたします。 
 みなさまよいお年をお迎えください!

      
                                              ではでは

上野の森美術館「怖い絵展」 園内散歩   車窓の富士山

 先日、実家に行った際、上野の森美術館で開催されている(12月17日まで)「怖い絵展」に行きました。
 上野の森美術館は上野駅の公園口から出るとすぐの横断歩道を渡って3分ほどのところにあります。

 園内のあちこちの木々の葉っぱが綺麗に紅葉していました。

2024-1 上野の森 紅葉1

























2024-2 上野の森 紅葉2

























2024-3 上野の森 紅葉3






















 平日だというのに80分待ち。時々進んではボケッと待つのみ・・・
 久しぶりに東京の美術館に入りました。近くには西洋美術館や東京都美術館もあります。
 上野の森美術館は初めてかも・・
 美術館にに入るのに1時間以上も並んだのは初めてのことです。
 「怖い絵展」といっても、見るからに怖い絵がたくさん展示されているのではなくて、絵が描かれた時代背景や絵にまつわる物語に怖さがあるということのようです。私は読んでいませんが、ドイツ文学者の中野京子さんの『怖い絵』という美術書がもとになって開催されることになった絵画展です。
 19世紀前半フランスで活躍した画家ドラローシュが描いた「レディー・ジェーン・グレイの処刑」がやっぱり目玉でしょう。この絵を借りることができなかったら、この展覧会が開催されることはなかったのでは、ということが言われていたようです。
 写真の左下端にある絵がジェーンの絵です。横幅は3メートルもあります。一番最後にこの絵は掛けられていました。この絵の実物を見たら、館内に入るのに長いこと並んだことも忘れて帰った人が多かったことでしょう。

2024-4 上野の森美術館 怖い絵展

























 美術館を出ると、もう14時を過ぎていました。公園内にあるお土産&フード店に寄り、サンドイッチと紅茶を購入して、外のベンチで一休み。座るそばからスズメたちが寄ってきました。色んな人から食べ物をもらい慣れているのでしょうね。
 月曜日(12月4日)なので、他の美術館も博物館も動物園もみんな休館です。 なので、怖い絵展をやっている上野の森美術館の周辺以外は人の姿も疎らでした。

2024-6、5 上野の森のスズメたち2

























 ハトもやってきました。寒々しているように見えますが、私が東京に行っている間はまだそれほど寒くはありませんでした。

2024-5 上野の森のスズメとハト

























 「自由な女神」という題がつけられていました。東京芸大の学生さんの昨品だそうです。他にもいくつかの作品が置かれていました。

2024-8 上野の森の自由な女神
























 「怖い絵展」で買ったお土産です。中身は黒豆とうきびチョコです。北海道の「白い恋人」は有名ですね。        「黒い恋人」は怖い絵展のために「白い恋人」のパロディーで作られたと思っていましたが、そんなことはないようです。旭川産の黒豆を使ったとうきびチョコで、札幌グルメフーズさんが作った、北海道のお土産として、なかなか人気のあるお菓子だそうです。サクサクの触感で美味しかったですよ。

2024-9 上野の森のお土産


























 実家のある駅の改札脇で売っているたい焼きもお土産に・・・このたい焼きも美味しいです


                       「怖い絵展」の図録と・・・
2024-7 図録とたい焼き




































 
 帰りの新幹線の中から眺める富士山。良いお天気で、二人掛けの座席に座れて車内も空いていたので、気兼ねなく写真を撮ることができました。

2024-10 帰りの新幹線の中から





















 新富士駅を過ぎたあたり??

2024-11 富士山























 新幹線から眺める富士山さんはこの辺りからが一番好きです。
 下の方に見えているのは富士川??

2024-12 富士山2




















 一段と寒くなってきてしまいました。
 冬眠の時期が近いかも・・・・・・・・



                                       ではではー


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ