星の絵の具箱

おうちの周りの生物たちを紹介したり、ときには創ったものも出てくるかも(・・)

ちびカタツムリちびちびキノコちびキノコ   月下美人の花     月夜谷で・・・



 カタツムリのおちびさんたち

 少し前、お天気の悪い日が続いていました。台風もこの辺りをかすめながら北上していったようです。
 雨の日にはブロック塀や門扉の辺りにカタツムリ(ミスジマイマイ)がたくさん出てきます。殻の直径が3~4ミリのの子カタツムリたちも門扉のあちこちを這っていました。

2094-17 ちびカタツたち1





























2094-18 ちびカタツムリ2




























2094-1 ちびちびカタツムリ




























 陽射しのない日が続くとキノコたちも出てきたくなるようです。
 月下美人の根元にまた黄色いキノコが顔を出していました。

2094-4 ちびキノコ1



























 月下美人の太い茎を挟んで、向こう側にもちびちびキノコの家族みたいなのがひょっこり。

2094-2 ちびちびキノコ3人家族


























 夜になっても変わらずそこにいましたが。。。

2094-3 ちびちびキノコ3人家族2夜


























 こちら側のはほんの少し伸びたような・・・
 でも、翌日は良いお天気になり、キノコたちは成長しないまま消えてしまいました。

2094-4,5 ちびキノコ2



























 今年最後の月下美人の花 ( たぶん )

 雨の日が一区切りして、夏の暑さが戻ってきた日に月下美人の蕾がグーンと膨らんで、夕方には開花の準備に入ったようです。
 
 くるくる巻いたガクと花びら

2094-6 月下美人 蕾から



























 夜の7時を過ぎた頃には少しづつ開き始め

2094-7 月下美人蕾がちょっと



























 9時過ぎにはだいぶ開いていました。
 だんだん朝晩が涼しくなってきてからは蕾の膨らみも気温に合わせているような気がしました。夏の暑い盛りには蕾が上を向いてきて、だいぶ膨らんできたと思ったら、その晩に咲いて翌朝には萎んでいたりしましたが、今回は蕾が上向きになってから何日か経って、気温が上がるのを待っていたようにグーンと蕾が膨らんで開花に至ったのでした。
 まだいくつか蕾がついていますが、ごく小さいので成長はしないかな???

2094-8 月下美人開いたよ






























 車で30分ほど山の方に入った元久瀬村の小津の林道を入った辺りに滝があるというので行ってみることにしました。
 が、結局滝の場所はわからずに、帰りの途中の道を入ったところにある月夜谷ふれあいの里にヤギがいるらしいというので、ちょっと気になって寄ってみました。
 が、ヤギは残念ながらいませんでした。夏休みも終わった平日ですからね。訪れる人ももうそういないので・・・

 月夜谷の小さな水路で苔を見つけました。ジャゴケのようです。葉の表面にヘビの鱗のような模様があるので蛇苔です。ジャゴケと確認したのは初めてのことです。 

2094-9 ジャゴケ



























 
 原っぱの中で見つけたショウリョウバッタのオス

2094-10 ショウリョウバッタ♂


























 少し離れたところにショウリョウバッタのメスもいました。8㎝以上あったような。

2094-11 ショウリョウバッタ♀


























 何の木だかわかりませんが、木の上の方の花の周りで交尾中の虫が飛び回っていました。
 
2094-12 なんだろ?1


























 少しアップにしてみると・・・・・    何の虫でしょうね???変なの~~
                     
2094-13 何の虫交尾中


























 今年になって、暖かくなり始めた頃から、ルンピコは外にばかり行ってしまいます。特にピコはほとんど外猫です。
 これからは少しずつ涼しくなりますね。もっと寒くなったら、やっぱり家の中にいたくなるのかな・・・・・ 

2094-16 ピコ























                                      ではではまたね~



きのこがきのこがきのこが・・・・・


 庭の片隅にフワフワのキノコが生えて、その後ろにもまた別のキノコが生えましたが、このキノコは翌日見ると、かじられてこんな風になっていました。美味しいキノコなのかもしれませんね。
 チョコレートのトリュフみたい?本物のキノコのトリュフ(食べたことはないですが・・)よりも美味しそう???
                
2093-1 かじられキノコ

























 その2日後、前のキノコから30㎝ほど離れたところに、今度は白いキノコの幼菌が顔を出していました。

               ダンゴ虫君もそわそわ・・・・・
2093-2 新しいキノコ1

























 次の日の朝見ると、頭部がツルっとしてのっぺらぼうのこけしよう。小さな露の玉をたくさんつけて、きれいな立ち姿をしています。

2093-3 新しいキノコ2


























 お昼ごろには傘が開いて

2093-4 新しいキノコ3 



























 ちょいと落ち葉をめくってみると、中にはキノコの本体である綿のような菌糸の塊 ( 菌糸体。キノコの本体 ) がごっそり。
 また近くからキノコが生えてきそうです。

             めくった葉っぱの下にはコオロギが・・・    
2093-5 新しいキノコ4土の中の菌糸



























 次の日の朝には色も褪せて萎みそうになっていました。

                 ダンゴ虫はお食事中?
2093-6 キノコにダンゴ虫



























 夕方には変色が進み、萎んで倒れていました。
 
2093-7 キノコ萎む




























 最初の白いキノコが萎んで、2日ほどするとまた幼菌が出ていました。
 しょぼんとお辞儀をしているおじいさんみたいな幼菌でしたけど・・・

2093-8 次のキノコ1

























 その日のうちに、いつの間にか傘が開いていました。やっぱりしわしわのまま・・・

2093-9 キノコ拓く

























 翌朝にはまた別のが出てきていました。

2093-10 また新しいキノコ



























 お昼頃にはきれいに傘を開き、翌日には萎んでいました。
 白いキノコは1週間ほどの間に3本生えてきました。この前に生えてきたキノコたちも結局名前はどれもわかりませんでした。
 日本には4千種類以上のキノコがあるそうです。色々なキノコの菌糸が土中で縦横無尽に広がって、出番を待っていることでしょう。
 この夏はとても湿度の高い日が多かったので、キノコが生えるのに良い条件が揃ったのでしょうね。

2093-11 傘拓く


























 最後の白いキノコが萎んだ翌日、月下美人にお水をあげようと、ふと見たら根元にキノコが・・・
 ほんの少し飛沫がかかっただけで、くねっと軸が折れてしまいました。すまんすまんm(__)m
 以前にもこの鉢にはたぶん同じ種類のキノコが生えました。黄色の綺麗なキノコです。鉢の中にはキノコの菌子が残って出番を待っていたのでしょうね。

2093-12 月下美人の鉢キノコ




























 キノコの向こう側に写っているのは月下美人の蕾です。この翌々日花が咲きましたが、またしても花開いている姿は見逃してしまいました。

2093-13 キノコと月下美人の蕾

























 が、気温がだいぶ下がったせいか、朝7時過ぎになってもまだ完全に下を向かずに花を閉じかけた状態でした。
 まだもう一つ7センチほどになっている蕾があります。順調に育ってくれたらいいなぁと思います。
 今年最後の花になるかも・・・
 ~~このお花はまたいただくことにいたしいましょう~~ と思って、後で冷蔵庫に入れました。
       
2093-15 朝の月下美人























今年の夏はあまり夏らしい日がなかったです。朝晩はだいぶ涼しくなって、なんだか寂しい・・・・・





                         ではでは、またね~~~

最近出会った昆虫 初めて食べた花 変なキノコ おまけ



 今年も梅雨時にはたくさんのハグロトンボが庭を舞っていましたが、最近ではだいぶ数が減って
2~3匹がひらひらとあっちにとまりこっちにとまりしています。

                ハグロトンボ ♂  ~ドクダミの葉っぱに~

2092-2ハグロトンボ2♂

























                ハグロトンボ ♀  ~ツユクサの葉っぱに~

2092-1 ハグロトンボ♀


























 ハグロトンボを撮影中、目の前のミズヒキの茎にサッととまりました。

               ムギワラトンボ(シオカラトンボ♀)

2092-3 ムギワラトンボ(シオカラトンボ♀)























 
 シオカラトンボがとまっているミズヒキの上の方の小さな花の辺りにアブ(ハナアブの仲間?)がとまり、すぐに飛んでいってしまいました。
 ハエやカ、アブ、ガガンボなどは羽が2枚しかないように見えます(双翅類)が、見えているのは前羽で、後ろ羽は飛ぶときの平衡を保つ平均棍(へいきんこん)に変化したそうです。昆虫として最も高度に発達した一群だということです。小さな昆虫も凄いものですね。

2092-4 アブの仲間


























 今年最初に咲いた月下美人の花を見たのは明け方の萎みかかった姿でした。
 2回目は3つの蕾が育ちました。2回目の花が開く4,5日前のこと、月下美人の葉っぱに、うちの庭ではお馴染みになったフタナミトビヒメシャクの幼虫見つけました。
 月下美人の葉っぱはわりと好きなようですが、いっぺんに見つかる個体は2匹か多くても3匹までなので、葉っぱが穴だらけになることはないようです。他の植物の葉っぱも食べるみたいです。

2092-7 フタナミトビヒメシャク2




























2092-8 フタナミトビヒメシャク3






















 


 月下美人の花にもいました。花も食べるのかな?

2092-6 フタナミトビヒメシャク1
























 
 3つの蕾のうちの2つが先に咲き、次の日に3つ目が咲きました。
 最近また、ひとつですが少し育ってきた蕾を見つけました。3回目も咲いてくれると嬉しいです。
 花が終わった次の日にお浸しにして食べてみました。サッと茹でて、細かく刻み、ポン酢におろししょうがを加えたものをかけて食べました。粘りがあってちょっとメカブみたいな感じで美味しかったです。  

          最新の月下美人の花 (8月16日午後10時ごろ)

2092-5 月下美人の花 最新


























 触るとフワフワなキノコ

 庭の木陰にこんなキノコが生えました。このキノコ、ふつうのキノコのようなヒダヒダはなく、傘?の上の部分も軸の部分も乾いた土をまぶしたような感じです。調べてみましたがキノコの名前はとんとわかりませんでした。
 触ってみるとフワフワでした。近所の子が持っていたフワフワのお菓子のおもちゃと同じ感触・・・


2092-9 キノコ1























 
 ちょこっと棒で叩いてみたら、ほわほわっと煙のようなものが立ち上りました。

                              
                                            ↓
2092-10 キノコ2
























 そして、ごく最近、フワフワキノコは萎んできたようですが、向こう側に新たなキノコが生えているのに気が付きました。これからなにか変化があるでしょうか???

2092-11 キノコ3
























おまけ

 先日、近くのショッピングモールで小さな小さな水族館をやっていて、義母と娘と3人で見てきました。展示は10種類ほどで、本当に小さかったです。カブトガニ、ウツボ、カニ、数種類のクラゲとクリオネ(温度管理のされた小さな水槽の暗いところにいてよく見えなかったです)古代の魚もいました。

 クラゲの水槽のひとつに展示されていたカラージェリーフィッシュ 

                  宇宙の中を泳いでいるみたい・・・
カラージェリーフィッシュ























 こちらは空の水族館? 空の動物園??

空のクラゲたち





















夏もピークを越えたあたりでしょうか?ちょっと寂しい気もしますけど・・・・・


                                     ではではまたね~





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ