【CandyToy】スーパーヒーロータイム【2010年12月】【2010世界選手権】女子シングル代表選考【フィギュア】

2010年12月03日

仮面ライダーOOO【第12話】「ウナギと世界と重力コンボ」

仮面ライダーオーズ!前回までの 3つの出来事」



「1つ!有名になりたいという旅人、筑波の欲望からヤミーが誕生!」

2つ!Dr.真木は、後藤こそが世界を守るのに相応しいと唆(そそのか)した!」

後藤さんそそのかされたのかよ!

そして3つ!後藤が誤ってオーズを撃ってしまった!」

誤って…?
え?本当に?

「せいやーっ!―――ああっ!?」



※後藤さんのコレは狙ってやってます

ヤミーを斬り付ける瞬間、背後から後藤が撃ったバズーカの直撃を受けてしまったオーズ。



盛大なフレンドリーファイア!
一発だけなら誤射かもしれない

支援より私怨を晴らしてしまった後藤さん
どっかのボタン狩りみたいに

OOOの装甲はバズーカくらいなら耐えられる…っと
コレは貴重なデータですねえ

ダメージで負ったオーズを容赦なく攻撃するヤミー。



ウヴァに狙われ、ステージ上へ追い詰められた比奈。



衣装可愛い

飾られていたセットに手を掛けると。

「ふにゅーーー…!」



壊すなぁぁぁ

それを持ち上げ。

「やあっ!」



ひな対ウヴァw

投げつけられたセットを一刀両断してしまうウヴァ。



どう見ても紙製なのに何で金属音がしてるんだ

今度は近くにあった消火器で応戦。

「うわっ」



バラエティ番組かよw

薬剤が周囲を覆い、視界が閉ざされてしまうウヴァ。



地味に効いてる?
ウヴァさん消化器効くんだ…
すごい奮闘してるw

その隙に、ステージ下に逃げ込んで窮地を脱し。



めーた

煙幕の術!
ウヴァさん逃げられとるがなww
人間に翻弄されるウヴァさん

やっぱり
虫頭



化け物が二匹…
グリードにガチで対抗しやがった

「早く…映司くんに知らせなきゃ!」



声を出すなよ

空中から攻撃され成す術がないオーズに声を掛けるアンク。

「メダルを換えろ!これで跳べ、映司!」



「分かった」

トラとバッタのメダルを拾うと、ドライバーからカマキリとチーターのメダルを抜き装填。

えええええエイジさん!?
今メダル捨てちゃったぞ
横に投げ捨てるんだ…
アンクさん横で待機してるから大丈夫よ

タカ!トラ!バッタ!タットッバッ♪タトバ♪タッ・トッ・バッ♪



基本の子
久々にバッタレッグの出番!

タトバへフォームチェンジすると、脚部をバッタ状に変形させ跳躍。空中でヤミーを捉えボディにキック。



タトバ飛べるんかい!
バッタ大活躍!

しかし振り落とされてしまい、そのままヤミーは逃走。

また逃げられた

変身を解除し。



タトバそんだけかい
トラは替える必要なかったんじゃないか?
別にタカキリバで良かったんじゃ
トラちゃん頑張れよ…

後藤の元に。

「後藤さん。大丈夫ですか?」

助け起こそうとする映司。

自分を打ったやつでも心配するとか優しい
エージ、お前の方が大丈夫じゃないだろ

それを振り払い。

「お前の助けなど…要らない!」



自力で立ち上がると映司を睨み付ける後藤。敵対心を向ける後藤に驚く映司。

誤爆しといてなんか偉そう
後藤さんはまず謝んなさい
お前が撃ったせいでピンチになったんやぞ!

「何故、オーズを撃った?」



後藤の襟元を掴むアンク。

安喰さん食って掛かった

「オーズこそ俺の邪魔をした。それに…世界を守るのは、あいつじゃない。俺だ」



世界を守るのは俺だ(キリッ
開き直ったよ後藤さん
なぜそこまで偉そうにできるのかw

5103(死ねばよかったのに)
やっぱりわざとだろ

「ふん!どうやって守るつもりだ」
「俺にオーズの力があれば…!」



後藤さんダメダメすぐる…
後藤さん株がダダ下がり

「俺、後藤さんがオーズでも良いよ」
「何っ!?」
「俺は、今やれる事をやるだけ…そうだ!一緒にやろうよ!」



エージ、底抜けの良い人すぎる…

「お前…俺を馬鹿にしてるのか!?」
「この馬鹿!」



余裕のある台詞はイラつかせるだけ

映司に掴み掛かる後藤。映司の口を指で挟むアンク。

「何か、初めて二人の意見があったね」

思わず互いを見合わせてしまうアンクと後藤。



「ん…くっ。この…!封印を解いたお前以外、オーズには成れないんだよ!」
「えっ!そうなの!?」



まじで…?

また唐突設定が!?
1話で「ちょっと待て!きっと後悔するぞ!」ってカマキリさんが
言っていたのはこの事か

だからコンボ乱発でオーズになる人使い捨て作戦できなかったのか
地味に重要なこと言ったなアンク
封印を解いたってあの石塊からバックルにした時か?
じゃあ800年前の新品の状態ではどうやって登録してたん

そこに走って来た比奈。



「映司くん!筑波さんが大変!」
「えっ?」



主人公の助けなしに勝手に生還するヒロイン…!


楽しいお歌キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

要らない持たない夢も見ない

   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  < オーズ!オーズ!オーズ!オーズ!カモーン! >
   ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )


えにしごーおーそのここーろがー

人見早苗さん顔出しキタ---(゚∀゚)---!!
人見さんが顔出しで!

サゴーゾソング
「Sun goes up」
歌:火野映司(C.V.渡辺 秀)
作詞:藤林聖子
作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ

★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★

●【第13話】「シャム猫とストレスと天才外科医」



あの医者は怖そうだ



おおバースドライバーーーーーっ!!
ガシャポンドライバーでるのか

「時代遅れのグリードに先はない」



アンクさんボコボコだ



シャム猫ヤミーか
来週もサゴーゾにまたなってる…



そして後藤さん酷いことなってる!?

next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`

             ___
            /     \
            / ヽ、,, __ノ   ヽ
          _ ./ ( ●) (●)   ',
     /,-、`|  (__人__)     〉
       ///」〉ノ、\  ` ⌒´      ノ
   弋云少  ヽ ヽ 、   , - = ≦、
          ∨.  Y      ,:" `ヽ
            `{        ト、   \
              ! ,ィ ^ 、    `ー\   ヽ、
            ソ‐ \ ○\‐─`〈. ', rt`ヽ>
         /―― \ ○\― \{ノ {ハ ト'
         /     /´\○ノ     \`
       !     く´    弋      ヘ
       \    \     ヽ     ヘ
        (´_____ ___ノ      ヽ    ヘ
          ` ̄  ̄         ∨______`)


火野映司=渡部 秀
アンク(泉 信吾)=三浦涼介

・多国籍料理店クスクシエ(Cous Coussier)
泉 比奈=高田里穂
白石知世子=甲斐まり恵

・鴻上ファウンデーション
鴻上光生=宇梶剛士
里中エリカ=有末麻祐子
後藤慎太郎=君嶋麻耶
真木清人=神尾 佑

・グリード
ウヴァ=山田悠介(人間体、グリード体の声とも)
カザリ=橋本汰斗(       〃        )
ガメル=松本博之(       〃        )
メズール=人間体:未来穂香、グリード体の声:ゆかな

ナレーション=中田譲治
変身歌=串田アキラ

主題歌:大黒 摩季「Anything Goes!」
     作詞:藤林聖子 作曲:Tatsuo 編曲:Tatsuo・中川幸太郎
OPアンクダンス=足立夏海

筑波敬介=阿部進之介
売れっ子タレント=人見早苗
女性編集者=松山美雪
アゲハヤミー=声:細谷芳正


●A&Bパートはこちら→

★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★

Count The Medals!現在、オーズの使えるメダルは…



トークライブ会場にやって来た比奈と映司。



イベント企画した人かわいそう

「ここに昆虫の怪物と筑波さんが…?」
「そう!」





人間体のウヴァを見る筑波。

「もっと欲望を開放しろ」

それに頷くような素振りを。

ウヴァさん…



「筑波さん、何かに取り憑かれたような顔になってた」
「まさか…筑波さんからヤミーを…?」



妹ちゃんもすっかり場慣れして…

グリードの溜まり場。メダルを持ち帰ったガメル。

「オーズから、奪い返した!」
「私のコアメダル…」



おつかいできたよ!

メダルを受け取ったメズール。

「ああ…!」



朝から恍惚の吐息とか…
なんて俺得

それを吸収しグリード体に。

やた!エロい方のメズールさんだ!
ゆかなふたたび
声が一気にえろくなった

「偉いわよ、ガメル」



おかーさん
まじ
おかーさん

「でへへへへ…」
「いい子ね」



お母さんに褒められたよ!
めっちゃうれしそう
ガメルたんはかわいいなあ!!

そこに戻って来たウヴァ。

「ガメル、流石だな」

役立たずのウヴァさんだ!

「ウヴァ…何してた?」
「ヤミーでメダルを稼いでいたんでしょ?独り占め?」
「いや…オーズに邪魔された」



「オーズ、倒すの、俺!」
「じゃあ…私も行くわ」
「メズールは、休んでろ」



「そうだな。まだ身体が万全じゃない。オーズは俺とガメルで倒す!」



体戻らんのか
みんなに心配されるお母さん
お母さん想いの子達だなw

『もっとも、メダルは俺が一人占めさせてもらうが。ふっ』



仲間意識あっていいな
と思ったけどそうじゃなかった

ウヴァさんの頭でそれは無理じゃね
うう゛ぁさん慣れない悪巧みなんかすると…
虫頭さんに負けフラグビンビン

鴻上ファウンデーション、会長室。ハンドミキサーでボウルのクリームを泡立てている鴻上に謝罪する後藤。

「申し訳ありませんでした」



クリーム…
またケーキ作りっすか

「今回の彼の行動、流石に問題なのでは?」



今回の里中君のスカート、さすがに長すぎなのでは!?

「いや、素晴らしい…私に無断でヤミーを倒そうとするなんて。



※実際にはオーズを倒そうとしました

新しい後藤君の誕生だよ!ぅおめでとぉぉぉぉう!!」



ハピバァスデイ!!
おろ会長怒ってる?
キレてますよね?

「もしも…もしもメダルの力を制御出来るシステムがあるのでしたら、是非、私に!」
「後藤君への誕生プレゼント。それは…罰!」



項垂れる後藤。

×かよ!
ですよねー

「暫く謹慎。以上!」

しばらくて

泡立てを再開したクリームをハンドミキサーで掬うようにして後藤の顔にかける鴻上。



誰得ぶっかけ
やっぱ会長めちゃめちゃ怒ってるw
褒めてるのか怒ってるのかわかんねぇよ…

そりゃそうだよ後藤さん
悔しいのう悔しいのう

地下駐車場。自販機モードになっているライドベンダーを変形させる後藤。

謹慎中でもベンダー認証は有効か
自宅に帰るのにそのバイク使うなよ

【俺は、今やれる事をやるだけ。そうだ!一緒にやろうよ!」

映司の言葉を思い出し。

「あいつ…」

後藤さんが揺れてる

そこに現れた真木。

「自宅に帰って謹慎ですか。哀れですねえ…ふふっ」
「二度と俺に関わるな!」



笑いかたw

「メダルを制御するシステムを作れば、人間であっても使いこなす事が出来る。 その話をした時、後藤君は随分興味を持っていましたねえ」
「…出来たのか?そのシステム」
「だとしたら、どうします?」



なんでこの人人形に話しかけるんだ?

「俺にそのシステムを使わせろ!」
「君が相応しいと思えば。物事は全て終わり…結果で決まるのです」



なんか敵味方陣営で盛り上がってるけど、人間的に最低の旅ブログの人は…

編集者と打ち合わせ中の筑波。

「凄いですねえ~。雑誌、ネットコラムの連載が5つ。TV、ラジオの出演が3つ。 そして、我が社からは本も出版。まさに、「時の人」って感じで」



短期間でそこまで有名になるのは無理でしょ

「いや…まだ足りへん」
「えっ?まだですか?」
「まだまだや。もっと有名にならんと…もっと…」



大阪弁続行中なんやなw

文学賞、そして殺到するファンの光景を思い描き。

キャーツクバサーン

妄想が具体的ですね筑波さん

「そや…もっと…もっとや」
「筑波さん?」



2983暴走し始めた
なんて男だ
どこに行きたいんだよ

膨らむ欲望に蓄積されていくメダル。



クスクシエの屋根裏部屋。手持ちのセルメダルを数えると溜息を吐くアンク。

アンニュイアンク

「あのヤミー倒さないと赤字だ。だがどうやって倒す?」



収支計算とは…
赤字経営
メダルそんなに使ってたっけ?

1枚落ちたよ



重力を操ったガメルのバイソンヤミー。



「あの能力…それには、ガメルからコアメダルを奪わないとな」



ガメルたん狙われたー!?
アンクがガメルのコアメダルをウヴァう
これ以上コアメダル取ったらガメルさんが死んじゃう(見た目的に)

雑魚倒すために幹部にダメージ与えないといけないってどこか矛盾してる気がする

その階下のカウンターで筑波が載っている新聞記事を見ている比奈。

「何か、すっかり有名人になっちゃいましたね」
「今朝もラジオに出てたよ。比奈ちゃんの言ってたとおり、大阪弁になってた」



そこに現れた筑波。

「映司」



「筑波さん!何度も電話やメールしたのに、何で連絡くれなかったんですか?俺、心配してたんですよ!」
「頼みがあんねん。あのエピソード、俺にくれ。ほら、お前が内戦に巻き込まれた話、あったやろ?」
「えっ!?」



爆破トラウマバンクシーンか
これは酷い
最低だこいつ…

「ちゃうねん、ネタぎれやねん。おもろい話も、人を感動さす話も、もっと欲しいねん!」



おい、ネタパクるつもりか
2983「断りいれたら盗作じゃないねん」

「それって…映司くんの体験を、自分の話にするって事ですか!?」



「ええやろ?俺、有名になりたいんやし。なっ!?」
「…有名になって、どうするんですか?」
「見返したんねん。俺の事、バンコクに篭ってるだけの何もでけへん奴って、馬鹿にした奴を見返したんねん!」



うわぁちいせぇ
即答やし
小物すぎる

「もしかして、その為に世界放浪の旅に…?」
「おう。せやけど、世界放浪してる奴なんて、ごまんとおったんや。もっともっと有名ならんと、あいつらの事、見返されへんねん!」



そこに降りて来たアンク。筑波を見るなり。

「ヤミーの親が何故、ここに居る?」



「じゃあ、やっぱり…筑波さん。あなたは、グリードに利用されてるんです!目を覚ましてください!」
「えっ?何や?グリードって」

グリードとかいきなり言ってもわかんないよw
筑波「モバゲーがなんやねん」
3人「…」
形態ゲームもグリード

「映司、さっさとメダル稼いで来い。かなり溜まってるぞ」
「分かった!」



メダルを受け取り、出て行く映司。

「筑波さんも来てください」
「えっ?」
「見てもらいたい物があるんです」
「おっ…おお?何やねん?」



筑波を誘う比奈。

進んでバケモノを見せるのか斬新だ

東央撮影所。そこに現れたヤミー。

「ここには有名人とやらが沢山居る。丁度良い」



東映撮影所
大泉スタジオか

こんなのが出てきても
撮影所じゃスルーされそうだが

「お疲れ様でした」

スタジオ内から女性タレントが出て来ると、その目の前に急降下で着地。

「寄こせ。その輝きを寄こせ!」
「きゃあ!」



キャスティングにあった「人気タレント」ってこれかw
知名度をウヴァおうと…?

M字開脚
レイプ!!

体を張って守ろうとするマネージャー、しかし一撃でやられてしまい。

庇ったぞマネージャーすげえ
ジャーマネーーーーー!!!
かっこえええええ職務全うした

女性タレントを襲うとしたヤミーに、そこに現れた映司がタックル。



「変身!」
タカ!トラ!バッタ!タットッバッ♪タトバ♪タッ・トッ・バッ♪



そんなとこで変身していいのか?
変身見られてるよね
しかし人前でガンガン変身するな
正体ばれるぞ…

オーズへと変身、アゲハヤミーと戦う映司。



あらぶるトラのポーズ
トラちゃんガンバレー

撮影所で撮影
ここでなら怪人出ても驚かんだろ…

比奈に連れられ、戦闘を目撃する筑波。

「何やねん、あれ…?」
「多分、筑波さんの欲望から産まれた怪物」



戦場に一般人を巻き込むヒロイン

「俺の欲望から…?ほんなら、俺が有名になりたいって思ったせいで…?」



あっさり信じた…えー!?
筑波「俺の欲望からあんな3色モンスターが…新しいネタや!」(お、面白い話みつけたー!このネタ貰ったわ!)

タレントを庇いながら戦うオーズ。へたり込んでしまっていたタレントを助け起こし。

「早く…逃げて!」



トラ大活躍!
筑波さん「オレの欲望強いな。あのカッコいい方やろ」
あの女性にしたらどっちも怪物だろうなー

人見さんもう退場か
靴が気になるw
靴渡すのがエイジらしいw

タレントを逃すも、比奈と筑波が居る方へと吹き飛ばされたオーズ。

「映司くん!?」



比奈と筑波の背後に後藤さんも現れ。



後藤さんバズーカ持ってフレームイン!
なんでいるんだね誤バズーカ君
謹慎してろよ後藤さん…

筑波が居る事に気付いたオーズ。

「俺が内戦に巻き込まれた話、筑波さんの話にして良いですよ」
「えっ…?」



今その話かよ

「有名になる為でも何でも良い。争いがどれ程人を苦しめるか伝えられるなら。 大事なのは…何をしたかだと思うし」



そう言って、またヤミーへと向かって行くオーズ。

流石エイジさんや
間接的に5103にも説教
筑波「グリードを倒したのも俺の話にしてええか?」

『何をしたかだと…』



映司の言葉に衝撃を受ける後藤。

もうバズーカ見るだけで噴く

「あかん…俺、何もしてへん」



「えっ?どういう事ですか?」
「世界放浪の旅かて、ほんまは行ってないねん。行っとる気になって、ブログ書いてただけやねん」
『俺は世界を守る為に…いや…まだ何もしていない。世界を守っている気になっていただけ…』



まさかの展開
世界旅したつもり
世界護ってるつもり
なんというダメツインズな対比

エア放浪かよ
よくそれでブログ書けたな
でもマイペンライだよ

いや後藤さんはそこまでじゃないだろ
後藤さんは働いてるよ
世界を守るために配達のお仕事してたじゃないですか

「俺…実力も実績もないのに、成功した奴の事妬んで、背伸びしとっただけやねん」
『同じだ…俺も』



ダブル説教
一度に二人改心させるなんて
映司すごいな
緩いライダーなはずが
一番しっかりしてるライダーだったとは

【俺は今やれる事をやるだけ】



苦戦しているオーズの姿に、また映司の言葉を思い出し。

「俺も、今やれる事をやるのみ。それがやがて…世界を守る事に繋がる筈だ」



そう吹っ切れた後藤。

後藤さんが覚醒した…
後藤さんが綺麗になった!?



そこで外すの!?
バズーカ外れたじゃないですか

ヤミー目掛けバズーカを撃ち牽制。

オーズ「げっ!また狙いやがったな!」

そして。

「オーズ!新たなカンドロイドだ!」



新型のカンドロイドを投げ渡す後藤。

そういやまだ渡してなかったね

地面に落ちるとオーズの目の前で起動、電気ウナギ形態に。



それを見たオーズは―――。

「うわあーっ!俺、蛇苦手です!後藤さん!」



蛇だめなのかよ!
相変わらずしまらないなw

「馬鹿!それはウナギだ!」
「えっ?ウナギ?ほんとですか!?…信じますよ!」

うなぎならおk
定義上違えさえすればいいのか!?
この見た目じゃどっちもかわんねえ…
えーじ「わかりませんよ!」
信じろよw

ウナギカンドロイドを摘み上げ、空中のヤミーに投げつけるオーズ。



電気ウナギカンドロイドはヤミーの身体に巻き付くと放電。

ヤミー拘束とか地味にすごくね?

地面に落ちるアゲハヤミー。

「結構、使える!」



地味だけど効いてた!

ウナギとかエロイな
つーかヘビにしか見えんけど
このデンキウナギでメズールさんをレイプするのか
すごいな

喜ぶオーズの傍らに、いつの間にかバッタカンドロイドが。



研究室。バッタが中継する映像を見ている真木。

「後藤君がオーズを助けるとはね。人間は意外な行動をとる。だから観察は止められないのです」



うしろうしろー

「確かに、人って面白い」



真木の傍らには、何故か人間体のカザリの姿が。

うわっ!?
そこにいたのか
カザリ何してんだ

「私がグリードを観察したいように、グリードも人間を観察したいんですね」
「まあ、そうかも」

つるんでるー!?
カザリとドクターで手を組んでたのか!

「私は観察されたくありませんが」
「グリードだって同じだよ…



…ふふふ」



グリード体となるカザリ。

カザリさんなにやってんすか…

ヤミーに絡んでいたウナギを振り払うウヴァ。



ウナギちゃんがーーーっ!!
頭足りないウバさん北

再びオーズを攻撃するヤミー。ヤミーと連携し攻撃に加わるウヴァ。

最悪だなぁ



そのウヴァの背後を狙い、バズーカを構えるも。



またバズーカ
5103のバーズカ構える姿が笑える
バズーカより銃の方が良かったんじゃ

いきなりオーズの方に向かって投げ飛ばされてしまう後藤。

5103!!
あれは死んだ
下手にきれいになるからや

後藤を投げ飛ばしたのはガメル。

後藤さんの本体がガメルに!
一気に来たw

たぶん止めなくてもオーズに当たったと思う
5103「邪魔されてなければ今度こそあたっていたはずだ!!」




なんだいまの大吉ってのは
…ダジャレ?

大黒摩季
吉川

で大吉なのかw

★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★

「うわぁっ!」
「後藤さん!大丈夫ですか?」



後藤さん邪魔

「オーズ、倒す!」



「しっかり!」



後藤を気遣うオーズに突進するガメル。それに気付かないオーズの衿首を掴み引き戻すアンク。

「ボケっとすんな!映司」
「アンク!」



やるじゃん!
アンクさんナイス

そのまま壁に顔から突っ込み転倒してしまうガメル。

「ガメルからコアメダルを奪い取れ!」
「そう簡単に言うなよ!」
「早くしろ!」
「そんな事、言われたって…」



ニャー

アンクさんはお兄ちゃんの体から離れすぎ

「俺、一度勝った!俺の方が、強い!」



ガメルさんが調子にのってる

また突進して来るガメル。

「ふんがーっ!」

ガメルたん戦闘中でも可愛い

投げ飛ばされてしまうオーズ。



そこをウヴァが攻撃。交互に攻撃して来るガメルとウヴァ。

アタマ以外鎧残ってないのにつえええ
今回のオーズぼこぼこだね

反撃すべくメダジャリバーを取り出すとセルメダルを一枚装填。

メダジャリバーどっから出した
シングル!!
メダルケチった
1枚で節約って余裕だね

すると空中からアゲハヤミーも攻撃に加わり。



トラボッコボッコ
人間側と比べて連携いいね

3体による連携攻撃に成す術がないオーズ。



三対一とは…
これは厳しい
フルボッコすぎる

こんだけ劣勢なのは初めてだ
そりゃあオーズ倒すのもいいけどアンクさんぼこった方がコアメダルはもらえるんじゃ…

「止めだ!」
「駄目っ!」



止めを刺そうとしたウヴァをガメルが阻止。

稀に見る良連携と思ったら…

「ガメル、何をする!?」



「オーズ、倒すの、俺!」
「どっちでも良いだろうが!」



ウヴァさん正論

結局、ガメルに譲る結果となってしまうウヴァ。オーズに突進して行くガメル、それをカウンターで反撃。



ああああああああああ
ガメルたんのコアメダルが

ガメルのボディからメダルを奪い取るオーズ。

簡単に奪いすぎだこれー!
コアメダル外れやすいなぁ

「俺の、コアメダルが…」
「しかも3枚…」



 ズボン脱げた       トラの手柄

コアを奪われ、脚の装甲部分が消失してしまうガメル。

オーズは奪い取るの上手いんやな
スリ盗りレベル:10
エイジさんのスリ能力異常すぎる…

生足になった
ガメルさんが貧相になっていく…
とうとう頭だけに

「上出来!いや、それ以上だ」



「アンク」
「あ?」
「これって、メダルのコンボ…」
「おい!」

えええええ何そのラッキーボーイ
エイジの引きの強さは異常
ギャンブルとか強そうだな

また襲撃して来たヤミーに地面へと叩き付けられてしまうアンク。



「メダル、返せ!」

オーズに迫るガメル。

「待て!コンボはヤバい」



コンボの使用を考えるオーズを止めようとするアンク。

反省しないエイジ
ここでコンボは無理だろ
エイジは「メダル揃ったらコンボ使いたい欲望」を抑えないと…
やばいけど3vs1じゃ…

それを弾き飛ばし。

心配してくれてるアンクさんを弾き飛ばすとかひでぇ
アンクさんあいかわらずひどい扱い

「だけど、ここはやるしかない!」

ガメルのコア3枚をドライバーに装填しスキャン。

こんなボロボロでコンボ
エイジ命削ってんな

サイ!ゴリラ!ゾウ!サゴーゾ…サゴーゾ♪




さごーぞぉ・・・サッゴォォォゾォォォォ!!!

銀になった

サゴーゾコンボへフォームチェンジしたオーズ。

「うおーお!うおー!うお!」



ゴリラのように胸を叩くドラミング。

ドラミング、ゴリラか
どんどんサファリパーク



どんがどんがどんが
ドラミング無双

「うお!うお!うおーっ!」



飛行系にも効くのか!?

重力を操ってウヴァ、ガメル、ヤミーの周囲のみを無重力化、3体を浮遊させると。

音だけでかよ
音撃だああああこれ

今度は重力を増大、そのまま地面に叩き付けるオーズ。

ドラミングだけでコレかよ!?
初登場補正?

その衝撃で溜め込んだメダルの一部を放出してしまうヤミー。ウヴァもコアメダルを1枚出してしまい。

「こいつは儲けたな」

更にコアメダルGET!
ウヴァのメダルまで
クワガタ帰って来た?

「覚えてろ!」
「あっ、待って!」



捨て台詞を吐き、退散するウヴァ。その後を追って行くガメル。

グリードマジジリ貧すぎる…
散々だなほんと
ウヴァさんそれ以上取られたらそろそろ死ぬぞ

Sun Goes On!
また愉快な曲

スキャニングチャージ!



変身→即スキャニング

空中へと浮上すると、そのまま上空から地面へと垂直自由落下したオーズ。

なんか変なポーズw

地面を砕きつつヤミーへ向かって行くその衝撃波。足元の地面を崩され膝から下を挟み込まれてしまうヤミー。



発生させた引力で成す術なく引き寄せられて来たヤミーに、角を使った頭突きと両手でのパンチというサゴーゾインパクトを放つオーズ。



踏みつけるか飛び掛るのかと思ったら
なにげにサイも使ってるんだ
頭突きが必殺技のライダーは新しい

「せいやー!」



セルメダルとなって砕け散るアゲハヤミー。

今の技って、重力で敵を引き付けての無理矢理なカウンター?
相変わらずコンボの力はチートだなぁ
ライダーの重量級はどうしてこう反則級なんだ

サゴーゾは
衝撃波、震脚、頭突き、ロケットパンチか…
今日はロケットパンチなし

変身を解除すると、崩れ落ちる映司。

破壊された地面が修復された!?
道路舗装もする能力
色々な意味ですごい…

「ラトラーターに続き、サゴーゾにも耐えられる器とはな。



大漁だあ
ひさしぶりにまとまったメダルが
もうけまくったね

やっぱりお前には、メダル集めの才能がある」



両手にメダルを持ち、ご満悦のアンク。

一気に三枚盗むって本当にメダル集めの才能あるよ

楽しそうだな
久々の大儲けでウハウハのアンクさん
でも65%も持ってかれる

映司に歩み寄ると、手を差し出す後藤。その手を掴んで立ちあがる映司。



5103デレた!
和解すんの早ぇ
後藤さんが綺麗になった

「俺…後藤さんの事、嫌いじゃないですよ。何となくだけど…」



嫌いじゃないわ!→好きというわけでもない

自転車の脇に立っている筑波。その傍らには映司と比奈。

「ヤミーの被害者も、みんな元に戻ったんで安心してください」
「そっか…良かった。俺のせいでみんなに迷惑かけちゃって、ほんと何てお詫びしたら良いか…」
「マイペンライ」



本出したなら印税でしばらく金に困んないだろうな
まあお金は儲けたよね
元に戻ったから才能が全くないのが問題だけど

「ありがとう…俺、今の自分に出来る事からコツコツとやっていくよ。



取り敢えずは、北海道まで自転車旅行だ」
「頑張ってくださいね。新しい旅ブログ、知世子さんとチェックしますから」
「うん」



目標が国内旅行にシフトした
規模がだいぶちっちゃくなった
まず旅ってその思考をなんとかしろ
でも、有名になってたからネットとかマスコミとかが騒ぎそうな…

「あっ!これ、俺からの餞別です」



それを受け取り、広げてみた筑波。



パンツのプレゼントw

「明日のパンツです」
「ヘッ…ヘヘ。ありがとう」



ぱんつて…
パンツを送るな映司

自転車の前にパンツをつけるとペダルを漕ぎ出す筑波。



パンツ掲げて走るとか変質者じゃないですかー!?
絶対変質者で捕まるぞ
自転車にパンツ、前には女子高生

それを見送る映司と比奈。



いっぱい増えたね
今回緑も増えたし
しかもクワガタコア!

じりじりと不利になっていくグリード達
そして今回で手元にコンボが3種類…
もう最強だな

★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★`・ω・★

himesya at 13:22│Comments(0)TrackBack(0) 仮面ライダーOOO 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

【CandyToy】スーパーヒーロータイム【2010年12月】【2010世界選手権】女子シングル代表選考【フィギュア】