判断と行動

 貧乏暇なし

決して良い言葉では無いような気がするが、私にぴったりかもしれない。

ありがたいことだ。

忙しい毎日がある。

仕事がある。

私事はない。



あれから一年経った。

世界大恐慌…。

バブル経済の落下速度は恐ろしいものだ。

それにマスコミが加速を付ける。

消費の激減。

「不景気だ」 「不景気だ」 の呪文の連呼に身構える日々。

マスコミの呪文は恐ろしいものだ。



企業レベルではほんの少しずつではあるが、

最近になって前向きな話が聞けるようになった。

雪解けの雫が一滴ほど。

まだまだ雇用の回復には程遠いが…。



思い返せば、自民党の政策が的を得ていたと思う。

新人だらけの新与党はいかがだろうか?

もし運良く景気が回復傾向に向かった場合、

この新人は自分達の力だと勘違いをしていまうだろう。

その後を想像すると、非常に恐ろしい。


しかしながら、その選択をしたのは私達国民だ。

投票をしていなくても、他の候補者に投票していても

選択をしたのは私達国民だ。


もう、動き出してしまった。


あの時に聞いたマニフェスト。

自民党の負の情報。

政権交代。

マスコミの呪文。


似てはいないか?

一年前と。

似てはいないか?

世界大恐慌と。


選択したのは私達国民だ。

責任を取ろう。

「我慢しろ」と言う意味ではない。

正確な情報を持って、的確な判断をしよう。

現政権を応援するべきだと思う。

しかし、私達が選択した政権が「間違いだった」と思ったとき

的確な判断をして、行動を起こそう。

それが選択した私達国民の責任だ。



雪が解けるのと、雪を溶かすのは

大きく意味がことなる。





人気ブログランキング



himetono_soulhimetono_soul  at 00:21  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! 管理者より