文章の書き方(自己PRなど)

 「自己PRの書き方が解りません。」

今まで何にもの新卒さん達から投げられた質問です。

ほぼ全ての学生が疑問に思っている部分だと思いますが、

そもそも、この質問の趣旨が人事採用と直結していると

私は思えないのですが…。

前にも話しましたが、書き方よりも内容が重要だからです。

見た目、丸々と大きく、ツヤツヤなスイカでも、

まったく甘味がなければ食べる気がしないですよね。

何となく解ってもらえました?



 さて、「自己PRの」は置いておいて、「文章の書き方」について

少し話をしたいと思います。

大前提は、第三者が読むものです。

丁寧・綺麗には当たり前なので省略。

第三者がどれくらい理解できる内容かが問われます。
(面白みは置いといて)

起・承・転・結

5W2H

など、書き方についてのマニュアル的なものはありますが、

私が思う、もっとも良い文章とは、

読み手が、頭の中で映像としてイメージできる文章

これがもっとも良いと考えます。


内容の面白みの重要さもありますが、

文字がいつしか映像に変わる文章

つまり読み手に映像として記憶させる文章

そんな文章がいいのではないでしょうか。


学生が陥りやすい罠として、

丁寧→真面目→硬い→つまらない

の方程式があります。

これを

丁寧→真面目→硬い→面白い

に変換する事も出来ます。

 

その方法とは?

答え全ては教えませんが、基礎部分だけ覚えましょう。


 (絃呂鯢要文字数の3倍以上書く

◆´,諒絃呂鬘格の1に圧縮する

 △諒絃呂貌永源数程度、追記する

ぁ´の文章を2分の1に圧縮する

ァ,海諒絃呂鯤絃脇睛討帆瓦接点のない人に読ませる

Α‘匹鵑誠佑棒睫世覆靴罵解してもらえたら◎


まずはやってみて下さい。 



人気ブログランキング




himetono_soulhimetono_soul  at 14:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 新卒採用