トップページ » 新卒採用 

新卒採用 


 新卒採用シーズンだ。

最近、「面接の受け方」なるもをよく目にする。

新卒ナビなどによくある「あれ」だ。


 何年間も、何社もの、何サイトもの「あれ」を見てき。

「なるほどなぁ…。」と思う事がよくある。



 いやいや感心しているわけではない。

むしろその反対であるから。



 一応、媒体各社の名誉の為に言っておくが、新卒にとってはどれも大切な内容だ。

 ・エントリーシート編
 ・履歴書編
 ・自己PR編
 ・面接編

知らないよりは知っておいた方が良いのは当たり前だろう。

これくらいの基礎知識はあって当然だからである。

よーく勉強してもらいたい。




 では、なぜ私が「あれ」に感心できないのか…。




 簡単である。


 そもそもピントがズレている。







 私が思うに新卒採用は、

書類選考、面接の前にほとんど結果が決まっている

ということだ。


何をどの様に表現するか、が重要ではなく

何をどの様に行ってきたか、が重要である。


つまらない事しかしてこなかった人がいかに文章を上手く書いても

面接で上手く話せても、面白みはない。


面白い事を沢山行った人の文章が下手でも

面接で上手く表現出来なくても、私達は理解できるだけの能力を持っている。



つまり、「あれ」の教えを忠実に実行しただけでは目的地にはたどり着けないことが

最初から解っているのである。



ただ勘違いして欲しくない。

「あれ」の教えが間違いだと言っている訳ではない。

本来、その能力があって当然だという事である。

常識として持っていてもらいたいものなのだ。




常識はある日突然に身に付くものではない。

常に意識する事、が大切である。



人気ブログランキング










トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星