イントラレーシック

June 12, 2011

イントラレーシックをしてから1年が経過しました。
「右目が霞み、見えづらい 」と主張すると、お医者様は「様子を見ましょう」と言う事が多いようです。
1年間様子を見て確信した事は、この右目の状態は改善しないということ。
これからは、この右目とどのように上手く付き合っていくかが大切になってきます。

私が受けたクリニックでは、手術を受けてから5年以内なら再手術を無料で行ってくれます。(要検査)
なので、まずこの右目を再手術するかどうか、の決断からしなければいけません。
私の場合、思い当たる節があります。
手術の時に、たいていは右目から始めますが、緊張して目が泳いでしまったのです。
左目の時には、開き直っておもいきり目を開けて頑張りましたが、右目の時は、恐怖があり、目がきょどってしまったのです。思い当たる節があるだけに、お医者様にも検診の際に細かく質問しましたが、
担当医は「様子を見ましょう」の一点張り。

私の場合、右目も左目も視力検査では1.5という数値がでます。
しかし、目のゆがみ(高次収差)が左右で違ってしまうと見え方が違ってしまう場合があるそうです。
私の右目の症状は以下の通り。

1、寝起きに右目のみ霞む。
2、右目のみ目やにが出る。
3、近くのものがぼやけて見える。(左目はくっきり見えるので余計気になる。)
4、眩しさに敏感
5、瞬きをすると、光の反射のような、白っぽい斑点のようなものが横切る。
6、薄い白い膜みたいなものがかかっている感じ
7、左目を隠して右目だけで文字をみるとくっきり見えるが、逆はぼやける
8、近くのものが特に見えづらい。(本、コンピュータなど)
9、左目と右目の見え方のバランスが悪いので気になる。

こうしてまとめてみると、私の主な問題は右目と左目のバランスの悪さにあると言えます。
なので、もし右目を左目と同じようなレベルに持って来れる再手術があるなら、是非受けてみたいと思います。視力はあるし、生活する上では困るといったレベルではないため、クリニック側は再手術はあまりおすすめしないとは思いますが、セカンドオピニオンも含め、考慮したいなと思っています。

また再手術をする際には追記します。

これからレーシックをやろうと考えている皆さんには、
手術中は、目を動かさずに、目を見開いて、割り切ってレーザーをあてましょう!
というのがアドバイスでしょうか。。。
現代の技術では、失敗するほうが稀になっていると思います。
受ける人が正しい知識と、正しい行動をとれば、レーシック手術は生活を快適にしてくれる素晴らしい手術だと思います。


himewld at 21:35コメント(0)トラックバック(0) 

November 13, 2010

イントラレーシックを受けてから術後5ヶ月も経ってしまいました。忙しくしているからか、時間のすぎるのが早い。。。ただ年とっただけか。
前から言ってる右目の調子ですが、やはりみづらい。
もしかして私ってレーシック難民ってやつ?と思うくらい。

最近気づいた事なんだけど、(というか前から疑っていたが、認めたくなかった為、現実逃避してただけなんだけど)この右目は遠視が残ってるとかそういう話ではなく、ただ、手術の結果としてこういうふうに見えてしまっているだけで、つまり、見え方はなおらないということ。

左目とのギャップがあるだけに辛いのだけど、こればっかりは仕方ない。
色彩が少し失われた感はあるけど、病院にいくら文句を言っても今彼らが出来る事は何もないのだよ。
再手術はリスクが高いため、今の私くらい視力が出ていれば病院側も再手術をしたがらない。
それに私にとっても再手術は負担が大きすぎるし。

周りのレーシックを受けた知人たちは全然問題がなさそうなんだけど、、、本当に問題がないのか、問題があると認めるのが嫌だからか分からないけど、なぜ私だけ。。。と思うとちょっと悲しい。

でもまぁこれも仕方ないか。3ヶ月検診の時の医者の話だと、若いうちにイントラレーシックをすると、状態も1年2年と経過していくうちに見え方もだんだん変わってくるとのこと。だからまぁとりあえず様子を見てくださいだって。様子を見るっていつまで見ればいいんだよ、と思ったけど。繰り返しになりますが、術後彼らが出来る事は本当に少ない。言ってみれば手術中が本当に大切ということ。
皆さんもイントラレーシックを受ける際には納得した病院で受けることをおすすめします。


himewld at 15:51コメント(0)トラックバック(0) 

October 29, 2010

遅くなりましたが、イントラレーシック3ヶ月検診についてのブログをアップしたいと思います。
結論から言うと、3ヶ月検診も問題なくクリア。
個人的には納得がいかない部分はたくさんあるけど、眼科医の検査の結果が問題ないんだから、これ以上文句を言っても仕方ない。というか、今の状態で出来る事は何もないのだよ。
再手術はリスクが高いし、かといって目薬等を差し続けて良くなる問題でもなし。
私的には、右目の状態がやはり見づらいというか、白っぽくチカチカなるというか、、、
左目が非常にくっきり見えるだけに、右目のとのギャップは実際よりも大きく感じるのだよ。不同視とまではいかないけど、若干のがちゃ目な気分。

さらに視力は両目とも1.5出ているため、「見えてるじゃん」と思われがち。
しかし、視力は出ていても、右目と左目の見え方が違うと、不愉快に感じるもの。

何かに熱中して作業している時や、色がはっきりしているものを見る場合にはあまり気にならないので、生活にどれだけ支障が出ているかと言えば、まぁ贅沢な悩みかもしれないけど。
コンピュータの前での作業が多い人にとってはきついかなぁと。

イントラレーシックした事に関しては、本当にわずらわしいコンタクトレンズから解放されて、旅行中など便利になった。手術をして良かった?と聞かれれば、まぁYESと答えるけど。
後悔はまったくしてない?と聞かれれば、YES AND NOとなるだろう。

これからイントラレーシックの手術を受ける人へのアドバイスとしては、手術中は、怖がらずに、必死で目を見開いてレーザーを受け止めること!かな。
びびって目を閉じようとしたり、恐怖で目玉が泳いでしまったりすると、いくら機械のトラッキング機能が発達したと言っても、データでは出にくい微妙な誤差が出てしまうもの。(と私は思っている。)
だからやると決めたら覚悟を決めて、動かないこと!



himewld at 10:29コメント(0)トラックバック(0) 

August 04, 2010

1カ月検診に行ってきました。
まずは屈折度検査で近視、乱視、遠視の度数をはかる。
0が完全矯正の状態で、プラスが遠視、マイナスが近視をあらわす。
(コンタクトレンズによく書いてある−4.75とは近視が4.75ということ。)

次に角膜曲率半径測検査。角膜の曲率半径と、湾曲の軸の測定です。(乱視の軸の方向を測定する検査。)
次は眼圧検査。私がまばたきをしてしまったせいか、測定する人が下手なのか、左右両目で10回以上測定した。風がひゅっと出てくる瞬間がちょっと怖い。

そしてお決まりの視力検査。
この視力検査ってかなり曖昧だと思うのだけど、一般的に1.2あれば見えてるじゃん!と思うが、問題はクオリティーだと思うのだよ。
そして私、右目、左目、ともに1.5ありました。
あれだけ散々「霞みがひどく、気になるんです!」と言っていただけに、そこまで視力が出ると、ちょっとバツが悪いね、うん。
視力検査の人も「うん、見えてますね」だって!!
だっ、だから!!問題はクオリティーなんだってば、く、お、り、て、い!!

最後に先生の診断。
フラップのエッジは綺麗に問題なく、くっついていて、見た目の経過は良好とのこと。右目が見ずらいことを伝えると、まだ右目に遠視が少し残っている為でしょう、だって。ピントが合わせづらく、見づらいことがあるかもしれないけれど、最低3カ月は様子を見てください、だって。
さすがに今日は調子が良かったし、(天気が良いとやはり調子が良い)
あまり喰いついてもなぁ、、、と思い、目の霞みについては3カ月検診まで様子を見ることにしたのだよ、うんうん。

先生についでに気になっていたアスフェリック(Aspheric)照射について聞いてみた。普通、レーザーをあてて角膜を削り視力矯正する場合、レーザーを当てた部分が凹む。
アスフェリック照射モードだと、できるだけもとの角膜の形状を保ちつつ、レーザーをあてましょう、ということらしい。角膜の形状負担が従来に比べ少ないために、夜間の見え方がスタンダードのものに比べて良いのだそうだ。
ふーん。。。なるほどね。

つまり、まとめると、
フラップも問題なく、くっついていて、この状態までくれば、フラップの中まで異物が入ることはまずない。
化粧水も好きなだけぬって構わないし、シャンプーが目に入れば洗ってOK,塩素がきついプールに入っても大丈夫、だって!!
乱視度数と、遠視が少し残っているのが気になるが、まぁこれも3カ月様子を見ようではないですか。

クレーマーなみに問い合わせをしていたせいか、今回はかなり丁寧な説明だった。
今日も視力は良好です。
大騒ぎして、今となっては少し恥ずかしいのだよ。


himewld at 19:02コメント(0)トラックバック(0) 

July 25, 2010

左目はだいぶ回復。文字などもはっきり見えるようになってきた。
問題は右目。霞みはまだあり、特に本などを読んでいると、右目が非常に気になり、読みづらい。

白地に黒の文字が全体的に読みにくいのだけど、(私の場合は映画の字幕のような黒地に白い文字というのは問題ない)左目と右目を比べてみると、明らかに右目のほうが文字がうすくみえる。
うすくみえるというか、ぼやけるというか、とにかくはっきり見えない。本だけではなく、普段過ごしている時もそれは気になるんだけど、特に細かい字を追っている時は、気になって仕方ない。

先日コストコに行ったのだけど、ここのように倉庫っぽくて照明がイマイチはっきりしない場所に行くと、視界がとーーーーっても悪くなることが判明。2時間くらい居たけど、最後のほうは目が疲れて疲れてとりあえず早く外に出たかった。
現象としては、いつもの症状がひどくなった感じで、まずは霞み。ぼやけ。今はステロイド系の目薬を4時間ごとに点眼しているのだけど、”目薬の時間まだかな〜〜”と早く目薬が差したかった。1週間検診の時に、私はドライアイじゃなかったのかマイティアは処方されなかったんだけど、一応欲しいね。。。
というか市販の目薬って差していいのか?これも一ヶ月検診の時に聞かなくては。

その他気になる所。
斜めのものが見づらい。
読書の時に文字の色が一定に見えない。
ちょっと乱視なのでは?と疑い気味。
コンタクトを装着しているようなゴロゴロ感は朝イチにあり。
視界のクオリティーは已然、コンタクトの時のほうが良い。


今後、ちゃんと回復してイントラレーシック手術前のようなクオリティーで見えるようになれば良いけれど。今となっては、コンタクト装着時の見え方良く思い出せなくなってきた。文字は絶対にもっとよく見えていたと思うんだけどなぁ。



 

himewld at 22:18コメント(0)トラックバック(0) 

July 18, 2010

丁度2週間が経過。
目の霞みは、だんだん良くなってきた。
近くが見づらく、遠くは見やすい。特にはっきりとした色、緑、赤、茶色などはくっきりと見えるが、薄い色(特に白がひどい)は相変わらずぼやっとした感じ。たまたま私の家が白基調なのもあるのだけど、一度気になってしまうとずっと気になってしまう為、色々その他の仕事をしたり、外にでかけたりして気を紛らわす。

私が行ったイントラレーシックはAspheric(アスフェリック)モードと言って、目の角膜の表面が非球面、瞳孔が大きい若者向けのもので、夜間の視力が従来のものよりも向上する特性があるという。

暗い所では瞳孔が大きく開くため、フラップと瞳孔が重なり合って(?)見づらくなるのだけど、このAsphericモードだと、その問題点を比較的和らげることができるのだそうだ。標準モードと照射範囲が違うのか、エネルギー量が違うのか、よくわかっていないのだが。。。お医者が言うにはとりあえず夜間視力が若干向上するらしいのだよ。

その施術法のせいなのかは分からないけど、逆に昼間などの明るい場所では敏感に感じる。仕組みがイマイチ理解できていないので、何故今、自分の目がこんなに霞みがひどいのかよく分からない。
視界は他人のものと比べるわけにもいかなく、比較が難しいけど、夜間視力が若干良いという特性がある割には、ハロははっきりとあります。これは自信を持って断言。
ハロの度合いがどれくらいかというと、クリニックに行くと良く”ハロの例”といって画像が添付されているケースがありますが本当に、あの通りに見える。

私の場合、オレンジ系の光の場合のほうがハロが出やすくて、蛍光灯だと、ものすごい明るくてしっかりした光なら見やすいけど、安っぽくて、光のエネルギー量が少ない蛍光灯だと、全体の視界がとても悪くなります。霞みがひどく、目もとても疲れる。

3ヶ月は不安定な状態が続くとは言っていたけど、私の周りの人は1週間ですでにクリアに見えていて全く問題がなさそう。
個人差があると言われればそれまでだけど。。。ちなみに知り合いの知り合いは術後暗い所で本とか読んでいたらすぐ近視戻りがでてしまって、現在は0.7くらいだとか。うーん、私の霞みも問題だけど、近視戻りはもっとショックかも。
 

himewld at 20:02コメント(0)トラックバック(0) 

July 16, 2010

朝起きると、ちょっと乾いた感じがして、目薬を慌ててさす。
朝の乾燥感は今まで無かったので、ちょっと焦る。

1週間過ぎたということで、お化粧解禁!
ということで、昨日は日焼け止め、ファンデーション、アイカラー、マスカラをつけていたのです。一番気をつけないといけないのが、マスカラ。
間違っても目の中に入るようなミスはしてはいけません。

つける時も細心の注意が必要なんだけど、メイクを取る時はもっと大変です。私はシュウウエムラのオイルクレンジングを使っていますが、水で洗い流す時などは、少量の水がどうしても目の中に入ってしまうような。。。洗顔の時も同じです。
まぁあまり細かい事は気にせず、目に水や石鹸水が入らないように、注意を払いながらメイクをしたり、落としたりしています。 
しかし、ふと思ったんだけど、万が一入ってしまった場合はどうするんだろ?クリニックから貰ったマニュアルブックには”気をつけるように”とは書いてあるが、入ってしまった時のその後の対処法などは書かれていない。まさか水で洗い流すわけにもいかないだろうし、、、書かれていないってことは、そんなミスをする人がめったにいないってことなんだろうけど、気になるぜ。
 

himewld at 08:39コメント(0)トラックバック(0) 

July 15, 2010

まだ術後11日かぁという感じ。個人的には、特にこの1週間凄く長く感じたので、近視を矯正してから11日しか経っていないのは不思議な感じ。目のゴロゴロや、乾燥はあまり無い。

気になる白っぽい霞みはまだ残るけど、御丁寧にクリニックの方から電話を頂いて、やはり遠視の可能性が高いとのこと。
遠視が残っていると、家の中にいたりするとなんだか視界がもやっとすることがあるそう。色々と細部に渡って質問できたので良かった。クリニック側に説明責任は必ずあるのだから、ひるまずにちゃんと聞くことが大切って分かってても、聞きづらい事はある。そんな時のクリニックの真摯な対応はとても大切だと思う。

なんとな〜〜〜〜くだが昨日よりかは回復している気がするので、とりあえず今は様子を見よう。(色々質問に答えてもらって、気が済んだっていうのもあるが。やっぱり直接答えてもらうと、安心するのが患者の本音だね。)

そういえば、外に出る時は紫外線保護の為にサングラスをして出かけるのだが、サングラスをした時のほうが視界がクリアな気がする。ってことは、自覚症状は無いんだけど、やっぱり光に敏感になってる、ってことかな?そういえば、薄暗い所、というか中途半端に明るい所にいると、全体がハロってみえる。デパートの中とか、本屋とか、カフェとか、光があまり強くない所は視界全体がハログレ状態で、なんだか幻想的。。。っていうか見にくい!!
ハロ、グレア現象は3ヶ月も経てば無くなるらしい。。。
ということはやっぱり3ヶ月くらい様子をみないといけないのかぁ。
暗い所だけじゃなくて、普通な明るさの時にも全体的がハロハロ状態になるなんて聞いてないぜ。

愛用のサングラス。もうちょっと顔にフィットするやつが欲しい。。これだと大きめなので、下を向くと落ちてきちゃいます。鼻が低いのが駄目なのか。。。
P1010912




ちなみに貰った遠視用眼鏡をかけると手元どころか遠くも見やすい感じはある。全体的に見えているものがぐわっ、と前に出てきている感じ、と言えば分かりやすいかな。





himewld at 16:23コメント(0)トラックバック(0) 

July 14, 2010

術後10日が経過したが、相変わらず白っぽいもやは残っている。
視力が安定するまで1ヶ月〜2ヶ月程かかるらしいので、今は様子を見るしか無い。実際にレーシックを受けた病院に聞いても”とりあえず様子を見ましょう”の一点張り。

同じクリニックでイントラレーシックを受けた友人らは術後も満足しており、経過も良好な様子。
う〜ん、もしかして自分が神経質なだけかも?
1週間検診でもカルテ上は何の問題もなく、遠視がちょっとだけ残っているらしい。遠視だと、人によっては少し白っぽい視界になるらしく、私の場合それかも?

どっちにせよ今出来る事は限られているので、まず1ヶ月様子を見て、それでも症状が改善しないようなら他のクリニックにセカンドオピニオン外来に行こうかと考えている次第。
その前に状態が良くなって、笑い話になるのがベストだけど、
こればっかりは分からない。
今はとりあえず不安のほうが大きいのだ。

レーシック難民があふれているとは噂には聞いていたが、まさか自分が予備軍になろうとは、全くの想定外。
視力は1.2出ているので、他人からは「どこがどう見づらいの?」と言われる始末。むき〜!とりあえず見づらいの!と言い返すしか出来ない自分。なんて無力なんだ。(爆)




himewld at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 

July 12, 2010

1週間前ほどになりますが、イントラレーシックを受けてきました。
受ける前は不安がかなりありましたが、コンタクトレンズと眼鏡のわずらわしさからどうしても抜け出したかった為、思い切って手術を受ける事に。

フラップを作成する機械は
INTRALASE iFS(イントラレース iFS)、

エキシマレーザーは
TECHNOLAS 217P(テクノラスP) 

を使用。現時点で最新と言えるものらしい。
FEMTO LDV+アマリスのコンビネーションとも迷いましたが、症例数も多いイントラレース+テクノラスに決めました。

手術自体は皆さんが言う通り10分程で終わりました。
フラップを作成する時は、目を固定するために、かなりの圧迫感がありましたが、 とりあえず無事終了。
別室にて10分ほど待っていると、呼ばれいよいよレーザーの照射です。開眼器で目を大きく開いている状態で、赤い点滅した点を見てくださいと指示されますが、光がたくさんあるためどこを見てよいか迷います。しかも恐怖で目玉が泳いでしまう。。。

いざ先生がフラップをピンセットのようなものでめくります。
フラップがめくられると、ぼやけがひどくなり、真っ白に近い状態になります。レーザーにはトラッキングシステムがついており、目がある程度泳いでも大丈夫とは言われていますが、やっぱり恐いので、見えないながらにも必死に一点集中!!!
照射時間は女性のスタッフが教えてくれるので、”あ〜、あと10秒か〜”と、心の中でカウントできます。

照射が終わると、待合室で2時間程目を閉じて休みます。その間も定期的にスタッフが目薬を差しに来てくれます。
個人差があるらしいのですが、私の場合は涙が結構でました。
目は特に痛くはありませんが、タマネギを切った時みたいにしみる感じはあります。(個人差があるらしく、人によっては全然平気な人もいるらしい。)
 
この時点で結構見えてますが、白くかすんだ感じです。
当日検診の時にも「じょじょに良く見えてきますよ」と言われ、無事帰宅。
夜の時点ではかなり見えるようになっていました。
しかし相変わらずしろっぽいもやのようなものは消えません。

2日後、やはり白っぽくかすむのが気になりますが、視力はかなり回復。遠くも見えるし、近くは少し見づらいですが、術後は遠視になると聞いていたので、近くを見る時は、遠視用眼鏡をかけてしばらくは生活。 コンタクトなしでかなり快適は快適なのですが、唯一白いかすみが気になります。私が神経質なのもあると思いますが、どうしても気になるので病院に電話をして聞いてみたところ、しばらく様子を見てくださいとのこと。この際に気になったのが、「担当医の先生が、〜さんは白いもやが残るかもしれません」と言っていた、と電話で女性スタッフが言った事。
”え?!残るってしばらくってこと?それとも一生ってこと??”と思いながらも、とりあえず1週間検診まで様子を見る事に。

一週間検診になっても相変わらず白っぽいもやは取れないので、先生に聞いてみると、フラップを作ってレーザーあててるので、表面が多少ざらついているのでクリアに見えないのでしょう。とのこと。えっ、でもそれってフラップが固着していけばなおるんですか?!って感じだけど、とりあえず3ヶ月は様子を見てください、だって!!!
視力は両目とも1.2出ているので、なんとも難しいのだが、というか、自分の視界を他人に伝えるのは結構難しい。
でも気になるものは仕方ない。

現時点で病院側が出来る事は何もないと分かったので、追加の目薬を貰って退散。
う〜ん、様子を見るしか無いか。個人差、個人差って言うけど、フラップを作ったのは先生、あなたじゃありませんか!!もうちょっと細かく説明してほしいのだが。。。
同じ病院の同じ先生で手術を受けた友人は全く問題が無いようなので、もしかしてみんなこんなふうにみえているのか?!とも思うが、やはり気になる。。。この白っぽいもや。。。 

ググってみると、視界が白っぽくなる人は結構いるみたいで、3ヶ月経ったら良くなった、という人もいれば、未だになおらなくて苦労している人もいるみたい。

ちょっとした疑問なのだが、先生は診察した時に、眼球の表面を見て”あ〜、この人のフラップはちょっとなめらかじゃないなぁ。きっと見えにくいだろうなぁ”とか分かるのか?

診察の時は炎症が出てないかとか見ていると思うんだけど、自分の眼球の表面とかフラップの表面とか見てみたい気もする。てか言ったら見せてくれるのかな?1ヶ月検診の時に聞いてみよう。

まぁ視力は良くなったが、クオリティーは悪くなったね。
今後どのように回復していくか、まだ分からないけど、あまり目を酷使しないようにきをつけねば。
人によって術後の症状が違うのは分かったけど、何か特徴は無いものかね?例えば、こういった人は過矯正になりやすい、とか、こういった人は白っぽいもやができやすい、とか。個人差って言われるだけじゃ、どうも納得がいかん!そのへんの相関性、誰か知ってる人が居たら教えてください。 

himewld at 18:02コメント(3)トラックバック(0) 
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 累計:

  • ライブドアブログ