2010年09月06日

宮本茂対談<京都マンガミュージアム2010/09/05>

文化庁メディア芸術祭京都展のシンポジウムとして、
宮本茂さんと養老孟司さんの対談が
京都マンガミュージアムにて行われました。

忘れないうちに気になった話を覚え書きしておきます。
続きを読む

2010年06月24日

DS『ゴーストトリック』クリア感想

『ゴーストトリック』、楽しく一気プレイ。
シナリオ、ビジュアル、テンポのよいミステリーゲームでした。続きを読む

2010年06月17日

2010E3任天堂カンファレンス感想

任天堂 E3 2010情報

あまり期待してないとか言いつつ、
結局わーわー盛り上がりつつ、最後まで楽しく見てしまった。続きを読む

2010年06月02日

DSシリーズ値下げとDSi新色発表、他

ニュースリリース:2010年6月2日

DSiが3900円値下げで、15000円に。
DSiLLが2000円値下げで、18000円に。
値下げ幅がそれほど大きくないからあまりインパクトは無いね。
それよりこの発表で、
今年年末発売されるであろう「ニンテンドー3DS」の価格が、
18000円より上だということはほぼ確定したようなもの。
2万円を超えるかどうかって線かな。

DSiLLの新色は「ゲームボーイブロス」っぽくて、なんだか懐かしい。


ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜
公式サイトオープン。
自分の分身をマイユニットとして作成、戦闘に参戦できる。
GBA『烈火の剣』の軍師システムをさらに踏みこんだ感じか。

あと、今作から、キャラがやられても死なないモードが導入されるみたい。
やっとだねえ。


来場者を華麗な“トリック”で幻惑――『ゴースト トリック』完成披露パーティー催
DSi値下げに合わせて、発売日が6月19日に前倒し。
本日からニンテンドーチャンネルで体験版も配信されるとか。

僕は製品版をもう予約してあるので、それまで我慢することにしますよ。


絵心教室DS
公式サイトオープン。
DSiウェア版をプレイしましたが、
絵が超下手くそな僕でも、先生の指示にしたがって作業すると
なんかそれなりに見れる絵が描けました。
いいソフトだと思います。


■久々にブログを書いたぜー。
これまでも何度か書こうと思ったことはあったのですが、
ついったーが楽チンすぎるから、つい億劫になっちゃって駄目ですね。

2010年04月05日

DS『世界樹の迷宮3』プレイ感想

先週発売のダンジョンRPG、DS『世界樹の迷宮3』をプレイ中。
さすがに3作目なので、前作までのように
ズブハマりってわけではありませんが、やっぱり面白いです。
現在二層目の途中あたり。


■戦闘面が特によいですね。
職業一新の効果は絶大。
どのスキルを選ぼうか、スキルリストを見ているだけで楽しくて、
時間がどんどん経っていきますね。

今回は効果範囲が1列のスキルがけっこう多くて、
さらに多くのクラスが前衛後衛どっちもアリだったりするので、
だれを前列後列にするかも悩めます。
空いているスペースにビーストを召喚したり、
シノビの分身を発生させたりも位置重要だし。

条件を満たせば使えるようになるリミットスキルも
良いスパイスになっている。連携と絡めるとおいしい。

■探索面はちょい微妙。
微妙と言うか、新しくなった戦闘に対して、
探索は今までどおりなので、もうお腹いっぱい。
迷宮を徘徊するボス級モンスター「FOE」も
ちょっと見ただけで移動パターンがわかるし、
事故で出会っちゃうってことも全く無い。
全然驚きがないんですよねえ。
後半に入れば変わるのだろうか。

ダンジョンのマンネリへの対策が海かと思っていたんですが、
海はまた別要素で迷宮探索とは全く別物で肩透かしでした。
普通に海でも雑魚敵が出るものだと思ってた。


■新要素「大航海クエスト」が面白い。
パーティ5人中、1〜3人のNPCをつれて強敵と戦うのが「大航海クエスト」。
基本1戦だけでお手軽で、いつもと違った切り口の戦闘が楽しめる。

普段使わないクラスやスキルが見れて勉強になったり、
いつもと違うパーティで、意外な連携が発生したり、
クラスが重なったパーティで戦ってみたり。
色んな発見があって面白い。

プリンセスとプリンスのいるパーティで、
じゃぶじゃぶと自動回復をして、格上の敵を倒せたのは気持ちよかった。

これがNPCとだけじゃなく、
最大5人までワイヤレス通信でプレイできるっていうんだから、
絶対楽しいでしょうねえ。
やれる相手がいないのが残念。
クリアしたらオフ会とか探してみるかな。

2010年03月31日

Wii『METROID Other M』プレイ動画公開ほか

METROID Other M

プレイムービーが公開されました。
せっかくなのでブログにも貼ってみる。



うーむ、面白そう!
「プライム」シリーズもいいけど、
こういうキビキビしたアクションでもサムスを動かしたいよね。
発売が楽しみです。


■『ゼノブレイド』もニンテンドーチャンネルで動画が公開されてます。



べジータの声がかっこいい。


■明日は『世界樹の迷宮3』の発売日。



今回はパーティをちょくちょく入れ替えしつつ
全職をまんべんなく成長させようかと思ってます。

2010年03月12日

【DS】『ゴースト トリック』Web体験版公開!

ゴーストトリック 公式サイト

DS『ゴーストトリック』は「逆転裁判」シリーズの巧舟氏がおくる
新作アドベンチャーゲーム。
東京ゲームショウ2009で遊んで、「おおっ!」と思ったその体験版が
Webでも遊べるようになったので紹介します。
「逆転裁判」をホウフツとさせるテキストがとてもいい。



体験版が楽しめた人は公式サイトのプロモムービーを見るといいかも。
続きへの期待をうまく煽る、良いプロモです。


そして、発売日が6月24日に決定。
個人的に、新規タイトルでもっとも楽しみにしているタイトルなので
発売を楽しみに待ちたいです。

2010年02月16日

Wii『斬撃のレギンレイヴ』プレイ感想

もりもりとプレイ中。
感想といっても、基本的に体験版のプレイ感想で書いたとおりなんだけど。

ワラワラと集まってくるデカイ巨神を倒すのが爽快。
イチオシはやっぱりハンマー。
一振りで敵陣を崩壊させたときの気持ちよさたるや。

武器がいっぱいあってワクワク。
フレイヤ嬢のどんどん派手になる飛び道具はもちろん、
ちょっとパラメータが変わっただけのフレイの近接武器も
いちいち驚きがあるし、動かしていて楽しい。

敵キャラも豊富。
敵が巨人ということで、バリエーションに不安があったものの、
速いやつとか、小さいやつとか、空飛ぶやつとか、遠距離攻撃のやつとか、
その他いろいろいるので、問題なかった。

あと、ボイスも楽しい。
名台詞がポンポンと飛び出すので、戦闘中も別の意味で油断ならない。
このサンドロットのお家芸はどこまでゆくのか。


本当に期待を裏切らないゲームだなあと思う。大好きだ。
まだ全然プレイ途中だけど、
今年のWiiで一番面白いゲームはこれで決定だな。



2010年02月04日

社長が訊く『斬撃のレギンレイヴ』

社長が訊く『斬撃のREGINLEIV』
「レギンレイヴ」も社長が訊いてます。

『超操縦メカMG』後、すなわちWii発売前から作っていた大作であるとか、
Wi-Fiやモーションプラスへの対応が後から後からなされたとか、
そんなお話で、サンドロットの本気がうかがえます。


僕は体験版でその魅力に取り付かれた口なので、
このゲームにはぜひ成功してもらいたいですね。

Amazonのランキングを見ている感じでは、
体験版レンタル後は25位以内で安定しているけど、
Amazon専用特典をつけてその順位だから厳しいか。

できれば、次のスマブラでプレイヤーキャラとして登場できるくらいには
売れてほしいんだけど、どうかなあ。



2010年01月30日

Wii『ゼノブレイド』、『ラストストーリー』発表ほか

任天堂の決算説明会にあわせて、
2010年のラインナップがいろいろ発表されました。

XENOBLADE ゼノブレイド
去年のE3で『モナド』と呼ばれていたRPG。
「ゼノ」の冠がついてアピール度が急にアップしましたね。
公式サイトのBGMが気合入りまくりだなあ。光田さんだろうか。

THE LAST STORY(ラストストーリー)
FFの坂口さんの「ミストウォーカー」制作のRPG。
同じくミストウォーカー製の『ASH』が微妙すぎたので、
期待していいものかと思いますが、
タイトルはFFと対比しつつシンプルでいいですよね。

METROID Other M
チームニンジャ製の新作メトロイド。
BGMがとても「メトロイド」っぽくないなー。


■任天堂がこんなに早く公式サイトを作るなんて、
珍しいというかなんと言うか。
今度の『斬撃のレギンレイヴ』もアマゾンで特典をつけたり
ツタヤで体験版をレンタルさせたりしてるし、
ゲームファン向けのソフトの売り方を模索してる感じなのかな。


エキサイトバイク ワールドレース
背景がまんまWii『エキサイトトラック』だったんだけど、
作ってるところが同じ「MONSTER GAMES」で納得。

『ポケットモンスター』シリーズ完全新作 2010年内発売に向けて開発中!
「ダイヤ・パール」に続くポケモン新作も今年登場。

これらの他に『黄金の太陽』も今年発売予定なので、
今年の任天堂ラインナップはRPGがやたら多いですね。

2010年01月25日

Wii『斬撃のレギンレイヴ』体験版プレイ感想

2月11日発売のWii『斬撃のレギンレイヴ』の体験版が
TSUTAYAで無料レンタルできます。
さっそくレンタルしてプレイしてみました。

キャラと武器をいくつか選んで各ステージに出撃、
敵を全滅させたらクリア、
戦いで得たマナを使って新たな武器を作成、
またキャラと武器を選んで出撃、というのが基本的な流れ。


■超爽快
ひたすら巨大でワラワラ沸いてくる巨人族を
ボッコボコに粉砕するのがとにかく気持ちいい。続きを読む

2010年01月22日

「みんなのニンテンドーチャンネル みんなのおすすめセレクション」

みんなのニンテンドーチャンネル みんなのおすすめセレクション

ニンテンドーチャンネルの「みんなのおすすめ」で評価の高かったソフトが
2月25日に2800円で再発売されます。

パッケージはスリーブになっているらしいので、
箱のちゃちい見た目が気になる人も安心。

各ソフトの公式ページを見に行ったら、
「おすすめセレクションに選ばれました!!」とか書かれていて、
ベスト版とはまた違った雰囲気で良いね。
『アークライズファンタジア』にいたっては、
携わったスタッフの感謝コメントまで掲載されていて、素敵だ。

僕はドット絵が見たいがために『朧村正』を買いますよ。

社長が訊く「Wii・DSソフト おさがしガイド(仮称)」
こちらでも「みんなのおすすめセレクション」について触れられています。

2010年01月20日

DS『世界樹の迷宮3』が発売延期

「世界樹の迷宮 星海の来訪者」発売日変更のお知らせ
DS『世界樹の迷宮3』が発売延期。
3月4日から4月1日へ。

余裕で待てる。


Wii「斬撃のREGINLEIV」特集
『斬撃のREGINLEIV』の体験版が21日からツタヤでレンタル開始。

ツタヤのゲーム体験版レンタルって一度も利用したこと無いなあ。

2010年01月13日

DS『ドラゴンクエスト9』廉価版発売決定

「アルティメット ヒッツ」シリーズに「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」をはじめとした人気タイトルが登場!
DS『ドラクエ9』の廉価版が3月4日に発売されるようです。
税込み2940円。
他に『DQ4』、『DQ5』、『FF4』も同時発売。

『ドラクエ9』は去年の夏に発売されたので
廉価版の発売時期としてはかなり早いですね。
Wi-Fiクエストがまだまだ配信中だったり、
すれ違い通信がまだ成功したりしている状態なので、
なるべく旬なうちに遊んで欲しいってことなんじゃないかなと。


■僕も先日『ドラクエ9』買いまして、この3連休でクリアしました。
まったくいつもの「ドラクエ」に
素材収集&武器防具作成だとか、本筋に関係ない多数のクエストだとか、
今風の要素もしっかりプラスされていて、
次々にさまざまな目標が提示され、止め時が見つからない。
マルチプレイやすれ違い通信など、他人と絡む要素も面白い。

『6』以降の「ドラクエ」は、
クリアしたものの熱中はしなかった、という感じだったんですが
今回は久々に良い「ドラクエ」を遊んだ気がします。
戦闘のテンポが悪いとか、駄目なところももちろんありますけど。

クリア後もやることがいっぱいあって、
むしろクリア後こそが本番とか言われているので、
もうしばらく楽しみたいです。

2010年01月08日

Wii『TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS』アイちゃん参戦ほか

CAPCOM:TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS 公式サイト
「ヤッターマン」のアイちゃん参戦。
前作のときから使いたいと思っていたキャラなのでうれしい。
参戦キャラはこれで全部っぽいですね。

任天堂が全国ゲーム大会 Wiiで日本一目指せ!
『NewマリオWii』のコインバトルは本気でプレイしたら、
かなり殺伐になると思うんだけど、絵的に大丈夫なのかな。

DS接続サービス拡大へ 任天堂社長「Wiiは再加速」
DS後継機について、初の言及?
今年のE3で発表、年末発売で来そうだなあ。

2010年01月01日

2010年1月1日

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

N.O.M 2010年1月号 No.138 : 『ラストウィンドウ 真夜中の約束』開発スタッフ女子座談会
主人公「カイル・ハイド」の魅力とは何ぞや、ってことなんだろうけど。
少なくとも、ゲームだからこそのキャラクターだとは思う。

■DS『ゼルダの伝説 大地の汽笛』クリア
前作ほどの驚きは与えてくれませんでした。
いいところもいろいろあるんですけどねー。

2009年12月30日

2009年を振り返る

なんだかいろいろありましたけど、
今年は自作ゲーム『彼と彼女のバラバラ劇場』の年だったなー。

今年を振り返るために、手帳を1月1日からパラパラめくってみたんですが、
いろんな仕様、プログラム、はたまた会話の内容などなど、
ほぼ毎日、なにかしら『バラ劇』のことが書いてありました。
没になったことも含めて、いろいろ考えていたことが思い出されます。

そんな感じで頑張って考えて作った結果、
東京ゲームショウのSOWNにも呼んでいただけました。
これはすごくいい経験になりましたね。
手伝ってくれた方や、SOWNスタッフの方たちには感謝の言葉もありません。

ただ、SOWN以降めっきりやる気が落ちて、現在の制作は停滞気味です。
まだまだ考えていますので、これからに乞うご期待というところです。


■『バラ劇』に注力した分、とくに夏前から秋にかけて、
ほとんどゲームがプレイできていないんですよねー。
『ドラクエ9』、『Wiiスポリゾート』、『トモコレ』あたりは
確実にフォローしておきたいなと思ってます。

今年のゲームプレイの思い出を強いて挙げると

・『NewマリオWii』のマルチプレイがすごく楽しかった
・『モンハンP2G』に今さらハマった
・『スパロボK』、『スパロボNEO』にがっかりした

こんな感じかな。全然ゲームやってないのが丸わかりですな。

そういえば、今年こそHD機をどっちか買うだろうと思っていたんですが、
結局買いませんでしたね。これも『バラ劇』のせいということで。
来年はさすがに買うでしょう。


■そんなところで今年のブログを締めさせてもらいます。
それでは、良いお年を。

Wiiウェア『逆転裁判 蘇る逆転』体験版配信ほか

■Wiiウェア『逆転裁判』体験版配信
プレイしてみましたが、公式サイトにあるものと同じですね。
何度遊んでも、この1話の導入は面白いわー。

「逆転裁判」はさっさと『5』が出ないかな。
『4』のモヤモヤを早く解消してほしい。

■「SaGa Series 20th Anniversary サガ クロニクル」を読む。
SaGa Series 20th Anniversary サガ クロニクル
サガ20周年を記念して発売されたサガ資料集。

シリーズの攻略本や設定資料集を全部持ってるようなサガファンには
ちょっともの足りない感じ。
もっとスタッフインタビューや未公開イラストを多めにしてほしかったな。

■DS『ゼルダの伝説 大地の汽笛』そろそろ終盤。
楽しくプレイしているんですが、
前作からあまり変わらないのが残念。

2009年12月25日

Wii『斬撃のレギンレイヴ』Amazonオリジナル特典ほか

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
Amazonで『レギンレイヴ』を買うとオリジナル特典が付くみたいです。
うーむ、ますます任天堂らしくない展開。
これは楽しみだ。


Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2010年 02月号 [雑誌]
■ニンテンドードリーム最新号を買った。
付録の「ゼルダの伝説アートコレクション」につられて。

やっぱ『風のタクト』がすごいなー。
見てるだけでワクワクしてくる。
もう7年前のゲームだけど、全然古くならないし。

ゼルダ全作品のイラスト集なんて
雑誌の付録じゃなしに、普通に売れるやんと思うんだけど、
任天堂(の特に内製のタイトルで)はそういう商売をしないなー。
こんなちっさな付録じゃなく、大きな絵で見たいし、
中野さんやらイラストレーターのコメントも読みたい。

2009年12月24日

Wii『斬撃のレギンレイヴ』公式サイトオープンほか

斬撃のREGINLEIV
公式サイトオープン。

「モーションプラスがあればより快適に操作できます」かあ。
『Wiiスポーツ リゾート』を買っておかないと。
ローカルでのマルチプレイはあるのかな。

ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
■DS『ゼルダの伝説 大地の汽笛』プレイ。
といっても、まだ2時間ほど。
最初のダンジョンにも到達できず。

一番驚いたのは、漢字をタッチすれば読み仮名が出ること。
地味だけどすごいなー。えらいなー。
会話を送りたいときに読み仮名が出て送れないのはうっとおしいけど。

特典の羽タッチペンはまあ良いですね。
愛用のタッチペンが駄目になっちゃったので
とりあえずこれをメインで行きます。
透明なのでどこに置いたかパッとわからなかったりするのが
ちょいと面倒なところ。

心臓が止まるほど感激する子どもたち…涙のプレゼント〜Wii編〜
なんだかこっちまでうれしくなるね。

ブログ内検索 WWW
プロフィール
ひも
・任天堂ソフトを特に好む
・特に『メイドインワリオ』がすごい
・趣味でゲーム作ってます
『彼と彼女のバラバラ劇場』製作ノート
・「SOWN2009」でプレゼンしました
センスオブワンダーナイト2009
月別
最新コメント
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)