染み抜き職人 日名川茂 ブログ

■着物しみ抜き・和服染み抜きで鍛えたこの腕で、洋服の染み抜きも3代目染織補正職人日名川茂は、繊維製品品質管理士(TES)を元に、極めました。 どこに出してもできなかったシミ抜きをさせてください。人のできないことを可能にすることに生きがいを感じています。

悉皆やっかい なんのその わたしゃ 頑張るあなたのため!    ■津山にて、明治41年、日名川百太郎が「大阪屋染洗店」洗い張り、染み抜き、染物を立ち上げ、私の父日名川信夫が昭和20年戦地から津山に帰り、それを受け継ぎ、昭和30年クリーニング併設、そして、私、日名川茂は和服洗い張り、染み抜きを専門として、日本の文化を守るために、三代目としてがんばっております。 ■私は、昭和53年東亜染織美整所、太田義臣氏に弟子入りし5年間の就業の後、昭和58年より、久米郡美咲町にて営業しています。 ■本来、美絹糸院という名で、美術館・呉服問屋様・呉服店様の商品管理、染色補正をさせていただいていましたが、時代の流れの中、一般の方を対象を主体にと転換いたしました。 先代からの技術、東亜で教えていただいた、染色補正の技術を元に、和服だけでなく、皆様が普段愛用されている洋服の染み抜きを、染色補正で培った技術を基に、繊維製品品質管理士(TES)のライセンスをとりながら素材の研究、縫製の研究を、独自に開発し現在に至っております。 とにかく、職人が好きです。技術が好きです。手先のことが好きなんです。 人にできないことを可能にすることに生甲斐を感じています。修復して、補正して、納品させていただくとき、お客様が喜んでくださる笑顔が好きななんです。 とにかくしみ抜きが好きなんです。よろしく腕を見てやってください。お願いします。 ■自分の腕を試すために、他県に行って、染み抜き専門店に出されて、除去できなかった染み抜きをさせて下さいと、秋田・山形県・大阪・兵庫・岡山県南・広島・愛媛・福岡・長崎・佐賀・鳥取と宮本武蔵がやったように、私も腕を試すため、道場破りをして参りました。 自慢じゃないけど無敗です。本当ですよ。

2010年07月

http://hinaya.sub.jp 
今日も雨が続いています。九州地方では、大雨が降っているようです。気をつけてくださいよ。
 さて、これだけ降ると、タンスの中の着物が心配です。肌がカラッと感じたら、タンスの扉を開けるだけでもいいです。空気の入れ換えをしてやりましょう。
最近きた染み抜き品IMG_14677
DSCF177

【お客様へ】


http://hinaya.sub.jp

7月に入り 夏物を検査していると、脇の箇所などに、黄色くなっているシミはありませんか。これは、脇の汗分をしまわれる前にきちんと、汗抜きをされていないために発生する、脇汗の変色です。これは、もう一度その部分をスポット的に、水生処理して、生地に、地色に許される範囲の漂白剤で、変色部分を脱色するしかありません。そのあと、色合わせにて修復します。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

http://plus.harenet.ne.jp/~hinaya/   

http://hinaya.sub.jp


 クリーニング店様 呉服店様 シミ抜き専門店 など、どこに出しても、除去できなかったシミ これを私は、残念シミと命名しています。 そんなシミありませんか。 
 一度わたしにさせてみてくれませんか。60歳一歩手前ですが、いい味出しますよ。 
着物にこだわりません。顔のシミ抜きは無理ですが、そのほかのものなら、なんとか発想をうかばせなんとかしてみせます。 お困りの物がありましたら、どうぞ お電話なりメールなりでご連絡ください。一緒にいい方法を考えましょう。 
0868-66-2016 
洗い張り・染み抜き・悉皆 専門店
   「ひな屋」 日名川茂

http://plus.harenet.ne.jp/~hinaya/
siminuki_01
CIMG3604これから、いろんな染み抜きの事例、問題品などをアップしてみようと思います。



http://hinaya.sub.jp

続きを読む

http://plus.harenet.ne.jp/~hinaya/
o0480080010186458415この写真は、某呉服店様のイベントで、着物シミ抜き相談と歯ブラシとベンジンで衿汚れを落としましょう実演をしているところです。

続きを読む

↑このページのトップヘ