染み抜き職人 日名川茂 ブログ

■着物しみ抜き・和服染み抜きで鍛えたこの腕で、洋服の染み抜きも3代目染織補正職人日名川茂は、繊維製品品質管理士(TES)を元に、極めました。 どこに出してもできなかったシミ抜きをさせてください。人のできないことを可能にすることに生きがいを感じています。

悉皆やっかい なんのその わたしゃ 頑張るあなたのため!    ■津山にて、明治41年、日名川百太郎が「大阪屋染洗店」洗い張り、染み抜き、染物を立ち上げ、私の父日名川信夫が昭和20年戦地から津山に帰り、それを受け継ぎ、昭和30年クリーニング併設、そして、私、日名川茂は和服洗い張り、染み抜きを専門として、日本の文化を守るために、三代目としてがんばっております。 ■私は、昭和53年東亜染織美整所、太田義臣氏に弟子入りし5年間の就業の後、昭和58年より、久米郡美咲町にて営業しています。 ■本来、美絹糸院という名で、美術館・呉服問屋様・呉服店様の商品管理、染色補正をさせていただいていましたが、時代の流れの中、一般の方を対象を主体にと転換いたしました。 先代からの技術、東亜で教えていただいた、染色補正の技術を元に、和服だけでなく、皆様が普段愛用されている洋服の染み抜きを、染色補正で培った技術を基に、繊維製品品質管理士(TES)のライセンスをとりながら素材の研究、縫製の研究を、独自に開発し現在に至っております。 とにかく、職人が好きです。技術が好きです。手先のことが好きなんです。 人にできないことを可能にすることに生甲斐を感じています。修復して、補正して、納品させていただくとき、お客様が喜んでくださる笑顔が好きななんです。 とにかくしみ抜きが好きなんです。よろしく腕を見てやってください。お願いします。 ■自分の腕を試すために、他県に行って、染み抜き専門店に出されて、除去できなかった染み抜きをさせて下さいと、秋田・山形県・大阪・兵庫・岡山県南・広島・愛媛・福岡・長崎・佐賀・鳥取と宮本武蔵がやったように、私も腕を試すため、道場破りをして参りました。 自慢じゃないけど無敗です。本当ですよ。

2012年05月

夏の名古屋帯 マジックの色移り  

検査の段階です。 どこかで障ってあります。

 №1ikeda_obi01  №2ikeda_obi02
裏側 ↓                    障ってあり 生地がつぶれている


 
№3ikeda_obi03

№4ikeda_obi04  №5ikeda_obi05
 
            試験的にソーピングして 部分漂白をしてみました。

№6ikeda_obi06  №7ikeda_obi07
部分漂白の箇所を地直し(染織補正)したところです。生地を障って つぶれているので
修復には限度があります。こお写真ではわからないように見えますが、クリックして拡大して見てください
多少わかります。これは、以前障られて出来ている傷がきついため、どうしようもないことです。
よろしくご理解くださいませ。しかし、着用には差し支えないように思います。


【総柄の袋帯】

 №8ikeda_obi08 №9ikeda_obi09

シミ長期放置のための シミ変質 生地変色です。これを試験するには タレの部分を解かないと出来ません。というのは、先染めの糸、表の白地部分の裏は、黒の場合があります。このシミの場合水溶性のシミなので、水を主体に使います。すると、水溶性のシミ抜き剤で糸の色が出ると白地のしたの色が表に移るとことが往々にしてあるのです。
そこで、観点を変えて悉皆業務的に考えたことがあります。お電話いただければ 折り返しこちらからお電話してご説明させていただきます。

 №10ikeda_obi10  №11ikeda_obi11

タレ先などが破れています。また その横あたりも破れています。
多少短くなってもしめられるなら、織り込んで中に縫い込めばいいと思います。それも一案です。

 №12ikeda_obi12

奈良県のお客さま

お茶のシミが 後ろから 付いた
別にシミ抜きには関係ないので どうやって付いたのかは あえて聞きませんでした。
でも なんとなく興味はありました。


ko-to06
  ko-to02


ko-to01  ko-to05

ko-to04  ko-to03

ko-to07





【加工料金】

  加工料・技術料  10000円 + 消費税 
  

ありがとうございました。


【お問い合わせ】                                                    
和服染み抜き専門店 ひな屋 
洋服シミ抜き専門店 ひな屋
悉皆業務専門店 商工会シフト ひな屋










スポーツウエアーに入っている 銀色のロゴマークが、除去できないかということです。
南のほうで いろいろと業者さん5件ほどおききになったところ
どこも できないと 断られたそうです。
そこで ネットでみたのでどうでしょうか ・・・ いいですよ させて下さい



先日、朝早く行くよと言われ、9時ぐらいにご来店くださいました。

ランニングの上 そして 下 

待っている間に 試験したところ 部分的に 9割5分除去できました。
この程度でよろしかったら 3500円でさせて頂きます。と言ったところ
下の方から もう一つ 下トレーナーもあるんです。

ということで 5000円でさせて頂くことになりました。

ちょっとバイクみせて と言って外に出ると
KWASAKI 750CC  650CC

ちなみに女性の方が 750CCでした。

↑このページのトップヘ