夏の名古屋帯 マジックの色移り  

検査の段階です。 どこかで障ってあります。

 №1ikeda_obi01  №2ikeda_obi02
裏側 ↓                    障ってあり 生地がつぶれている


 
№3ikeda_obi03

№4ikeda_obi04  №5ikeda_obi05
 
            試験的にソーピングして 部分漂白をしてみました。

№6ikeda_obi06  №7ikeda_obi07
部分漂白の箇所を地直し(染織補正)したところです。生地を障って つぶれているので
修復には限度があります。こお写真ではわからないように見えますが、クリックして拡大して見てください
多少わかります。これは、以前障られて出来ている傷がきついため、どうしようもないことです。
よろしくご理解くださいませ。しかし、着用には差し支えないように思います。


【総柄の袋帯】

 №8ikeda_obi08 №9ikeda_obi09

シミ長期放置のための シミ変質 生地変色です。これを試験するには タレの部分を解かないと出来ません。というのは、先染めの糸、表の白地部分の裏は、黒の場合があります。このシミの場合水溶性のシミなので、水を主体に使います。すると、水溶性のシミ抜き剤で糸の色が出ると白地のしたの色が表に移るとことが往々にしてあるのです。
そこで、観点を変えて悉皆業務的に考えたことがあります。お電話いただければ 折り返しこちらからお電話してご説明させていただきます。

 №10ikeda_obi10  №11ikeda_obi11

タレ先などが破れています。また その横あたりも破れています。
多少短くなってもしめられるなら、織り込んで中に縫い込めばいいと思います。それも一案です。

 №12ikeda_obi12