今までありがとうございました。感謝を込めて・・・

これが最後のブログとなります。
今までリンクをしてくれたお友達、そしてコメントをくれたお友達、ブログを今まで読んでくれていた方、今までおつきあいくださいまして本当にありがとうございました。

このブログは不妊治療を始め、なかなか授からなくて心がもやもやしているとき体外受精を決意したときに記録を残そうと始めたものです。
当時は不安で仕方なかったけどたくさんの同じ立場の方たちとお友達になり、お互いに情報交換、ときには励ましあってなんとか乗り越えてこれました。
初めての体外受精で妊娠したものの4ヶ月目で流産という悲しい出来事もありましたが、「私は絶対赤ちゃんをあきらめない!」という強い意志を持ってがんばってこれたのもこのブログで知り合ったお友達がいたからだと改めて感謝しています。

私の経験した治療以上にもっともっと長く辛い思いをされている方もたくさんいらっしゃることと思います。
「赤ちゃんが欲しい・・。」という思いは女性ならほとんどの人がささやかに願うはず。
誰もが簡単に授かることができない現実があるということ。

不妊治療も自分の人生の中の一部・・。
ある日、そう思ったらすっと受け入れることができました。

幸い体外受精3回目の移植で再び妊娠・出産することができ、この上ない幸せを感じています。
ただいま育児の真っ只中!日々成長している息子がかわいくて仕方ありません。
過去を振り返る余裕などないくらい忙しい毎日です。

ブログ更新も間々ならなくなってきたのと、ブログの趣旨がそろそろ違うのではということもあり、これを最後に終わりにしようと思いました。
新しく育児ブログの立ち上げも考えたのですが、今の所未定です。
でも、これから気が向いたらまたブログを始めるかも知れません。
お知らせはしないと思いますが、どこかで読む機会があったらよろしくです

最後に・・・。
これを読んで下さっているみなさまのもとにかわいい天使が一日も早く舞い降りてくることをお祈りしています。


hina4524hina4524  at 14:20  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

思えば・・・・

 ママ体調:睡眠不足 チビ体調:便秘

チビは5ヶ月になりました。っていうかもうすぐ6ヶ月。離乳食も少しずつ始めてます
成長を感じるたびに幸せを感じる。
今のこの生活が夢見たいで・・・

思えば28歳で結婚し、34歳で妊娠、35歳で出産。その前には流産も経験しました。
そして長い不妊治療(4年)のことを今でも振り返ります。
一番つらかった時期は32歳頃・・。治療をしていても結果が出なくて、このままずっと私は子供を持つことができないのでは・・?と不安になったりしたのを覚えています。
当時ネットで不妊ブログを読んで知識を増やしていました。
でもまさか自分が不妊治療をするなんて・・。まして体外受精をするなんて・・。
結婚したころは夢にも思わなかった。

このまま子供がいなくても夫婦2人仲良く、子供がいたらできないようなことをたくさん楽しんだらいいって思って過ごしていました。ちょっと高級なおしゃれなレストランでの食事、季節ごとの旅行、エステ、・・etc 。
自分を磨いて素敵な年の重ね方をできればいいなって。
仕事から帰ってきて疲れていれば夫と一緒に飲みに行ったり、ジムで汗を流したり、そんな生活をしてました。

そうやってなんとなく目をそむけていたんですね。
でも、子供が欲しいという気持ちはずっと消えませんでした。
夫は何も言わなかったけど夫だって年齢的にも社会で”お父さん”という立場になりたかったはず・・。
何よりも夫をパパにしてあげたかった

治療は長い長いトンネルのよう。
リタイヤして地上に出ることもできたけど、一旦歩きはじめたら出るのが怖かった
絶対に赤ちゃんを授かるまでがんばるって思っていた。

今あの頃の自分に会えることができれば、伝えてあげたい。
「未来のあなたは幸せだよ」って

そして命の尊さに気づかせてくれた不妊治療や流産の経験も今思えば私にとって必要な経験だったのだと思います。

hina4524hina4524  at 17:43  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後5ヶ月  

出産効果

 ママ体調:良好 チビ体調:便秘

最近会う人一様に言われることがあります。

自分で言うのも何なのですが
きれいになったね」と・・・。

自分では育児に奮闘し、髪もぼさぼさで睡眠不足がたたってクマできているし、
女を捨てているように思っていたのですが、意外にも周りの方からきれいになったと言われると不思議な感じがします。
だって体重だってまだ元にもどってないからぽっちゃり体型だし・・・。

でもみんなにそういってももらえると素直に嬉しいものです(*´∇`*)

これも出産効果なのかなぁ・・

確かに仕事をしていたときのストレスはないので表情は少し穏やかになったかも。
仕事をしているとやはり殺伐としたものはあったし、それがなければ仕事は成り立たないとこもある。なのであの頃の私は常に戦闘態勢でした。

母として子供の成長を見守り、育児することが幸せと感じている今私の中のホルモンに作用しているとしたらオーラみたいなものが出ているのかもしれません。

チビは驚くほどの早さで成長してます。
最近は寝返りもできるようになったし、もうすぐ離乳食も始まります。
人見知りも少々。
よく笑って、よく寝る。
私も母親として成長中です。



hina4524hina4524  at 11:19  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後4ヶ月  

追跡調査

 ママ体調:良好 チビ体調:良好

久々にチビは朝からぐっすり寝てくれて。。。
いつもこんなだったらいいのに。

最近不妊治療を受けたクリニックから体外受精を受けた人のその後を調べる「追跡調査」という目的の電話がかかってきました。

前回流産したときもかかってきたのですが、この追跡調査って電話で答えるものなんですかね。
私は協力するつもりはないのでなんだかんだ理由をつけて電話を切ってしまいましたが・・・・。

国で小学校上がる前まで追跡調査を実施するとは聞いているけど、こういうやりかたって嫌ですね。
体外受精をするときに同意を得るとか、サインをするとかそういうふうにするべきだと思う。
これに協力してしまうとなんだかずっと監視されているようで気分悪いです。
それにこれってかなりプライベートなこと。
電話で安易に行うのではなくもっと慎重にやるべきなのでは・・・?

うちでは他に体外受精をしたこと言っていないし、言うつもりもありません。
もちろん子供にも言うつもりはありません。

どんな方法で授かろうと、私たち夫婦が望んで望んでやっと生まれてきた存在であることには変わりありません。


チビはすくすく育っています。
それだけで幸せです。
もう、治療は終わったのだからそっとしておいてください。


hina4524hina4524  at 09:40  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後3ヶ月  

2人目?

 ママ体調:良好 チビ体調:便秘気味

毎日暑い日が続いていますね。
最近はエアコンを一日中、夜も熱帯夜だったりしてつけています。
チビがあせもだらけになったらかわいそうなので。。。
でも、やっぱり体調崩しました。体が冷えてしまって下痢気味に・・・。
今は夕方涼しくなってから散歩にでかけたりして、代謝を良くしたり、お風呂で温まるなど努力しています。

PCにゆっくり向かえるのはこんな早朝のみ。
昼間はチビの相手をしてあげたいので、夫の手があるうちに起き(朝5時起床)、炊事・洗濯・掃除など一通りやってしまいます。
そうすると夫とチビが起きて来るまで30分ほど自分の時間が作れるのでPCやったり、本を読んだり・・。
すっかり朝方人間になってしまいましたが、早朝に家事を終えるのって気持ちいい!!
チビが大きくなってからもがんばろうかな?


さて、この間2回目のベビーマッサージに参加してきました。
病院で一緒だった友達も来ていて、久々にいろいろおしゃべり。(総勢5名)
みんな少し育児ストレスがたまっているのか、ベビーマッサージの教室が終わってからも残っておしゃべりしていました。

そのとき私と同じ年のお友達が「もう、2人目を考えている。」と言っていたのでびっくりしました。

理由は”年齢”。

今年36歳になるし、時間がない。2人目を作るのなら早いほうがいい。
だから、来年の年明けくらいからまたがんばるのだとか。

ん〜すごすぎる
私は不妊治療を長い間やってきているし、しかも流産を経験しているのでこの子を授かっただけでも満足というか感謝しているんですよね。
それに出産後間もないので育児に夢中で、はっきり言って次の子の予定なんて考える余裕なんてない

でもその友達の言葉を聞いて、なんだか2人目という言葉が頭から離れなくなってしまった
私の場合また治療しないとすぐにできないんだろうなぁ。
しかもまたさらに年をとっている。
しかし不妊治療の大変さを知っているので、今の所またやろうという気にはなれず。
でも、チビに兄弟をつくってあげたいかも。
もう少し、若かったら2〜3年後に・・なんて言えたんだろうけど。

チビを授かったとき、神様に
「どうかこの子を無事に生まれるようお守りください。私はこの子が元気に生まれ、成長してくれれば他は何も望みません。お願いします。」と祈りました。
だから、2人目を望むなんて・・・。

でも、人間欲が出てきてしまうんですね

不妊治療中はあれほど一人いればいいんだって思っていたのに。

今はチビのことだけを考えよう私はこの子が元気で笑ってくれていればそれだけで幸せなのだから・・。





hina4524hina4524  at 06:42  | コメント(6)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ベビーマッサージ

 ママ体調:良好 ベビ体調:良好

チビ体重も増えてきて、抱き心地もだんだんしっかりしてきたように思う。
そしていままでのお腹がすくと泣く、居心地が悪いと泣くという欲求に加え、抱っこして!の甘え泣きが始まりました

もう、毎日へとへと
料理を作っていても中断されることが多くて。。。
この前は泣いているけどほっといて料理を作っていたらだんだん声が大きくなり、作り終えて見に行ったら(5分くらい)、すっかり泣きはらした目をしていて泣き止みません。その顔を見たらかわいそうになってしまって・・・。

私の母の世代はいわゆる「抱きぐせ」をつけないようにと育児をしてきています。
なので私の場合初めての子というのもあるのですが、泣くとすぐに飛んで抱っこしてしまうため、そのたびに「抱きぐせ」がつくからしばらく放っておきなさいと言われてしまいます。

でも、今の育児は泣いたら抱っこが基本のようです。

それが愛情の証。やがて成長したときに子供にはその愛情がしっかり残っているそうです。やはり「愛されている」という体験がとても重要なのだそうです。
可能な限り抱っこしてあげる・・・私は抱きぐせを心配するよりも(っていうかもうついてしまったけど)たくさんの愛情を注いであげたいな

チビとの生活もだんだん慣れてきたら、家にこもっているのが苦痛に感じるように。。
ベビーカーデビューもして散歩したり、フィットネスに参加したり、私なりに外出もがんばってしています。

この間はベビーマッサージに参加。これも病院でお友達になった方に誘われて一緒に参加してみたんだけどなかなか楽しかった。

チビはオイルを塗ると途中嫌がっていたけど授乳したり、あやしながらなんとかマッサージを終えました。(上半身が特に嫌がっていました)

今回は低月齢の赤ちゃんがほとんどだったので、ママたちとの情報交換もリアルで良かったかな。

マッサージは赤ちゃんがかなり体力を使うようで、終わったあとの水分補給(授乳)はかなりの勢いで吸っていました
もちろんそのあとはぐっすり
これはいいかも

うちは夫の帰りが遅いので最初のころは毎日イライラしていました。
沐浴も遅くなっちゃうし(二人でやっていたので)、私は夜中の授乳でかなり疲れていたので夫に八つ当たり
そのころに比べると今は自分でお風呂入れたり、ご飯もさっと食べれるよう工夫したりしてかなり進歩したみたい。
夫を当てにしているからダメだったのよね。

今はだいぶ自分で解決するようにおかげさまでなりました

hina4524hina4524  at 22:52  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後2ヶ月  

フィットネス

 体調:背中痛・腰痛

もうすぐチビが生まれて2ヶ月が経つ。
早いなぁ。。。私的には育児もだいぶ楽になってきたように思います。
チビの成長は日々目に見えて感じられるし、チビが寝たすきにPCや家事をやれるようになってきて母親としても成長してきました。

さて最近、産院の教室で知り合ったお友達からのメールで毎日の生活が単調だと聞かされました。家にこもって赤ちゃんと向き合っている生活に少し退屈さを感じている様子だったので、産院でやっているフィットネスに誘ってみました。

ここだったら赤ちゃんと一緒に参加できるし、退院のときに1回分の無料券をもらっていたのでちょうど良いかと思って・・。

早速先日参加してみました


バランスボールを使った1時間のフィットネスは産後の体には結構きつかった
情けないことに腹筋はゼロに等しいくらいなくなっていました

それにしても、スタジオ内に赤ちゃんを連れてあやしながら運動できるのはありがたい。
妊娠前に通っていたフィットネススタジオにもあればいいのになぁ。
インストラクターの方もうちのチビがぐずったりすると抱いたりしてくれて私も運動に集中することができました。
増えてしまった体重とくずれてしまった体型を戻したい!
妊娠してからというもの運動らしい運動をしていなかったので久々かいた汗に爽快感を感じました。

お友達にも誘ってくれてありがとうと言われ、お互いに赤ちゃんの情報交換もできたし、気分転換にもなってほんとに良かった
ここにくればいろんな月齢の子もいるし、ママ同士の交流もできる。
自宅からはちょっと遠いので頻繁には来れないけど、月に2回くらいだったら行けるかも。
お友達にも次回の約束をして帰りました。

よく、育児ノイローゼなんて聞くけど解決していく努力をすればきっと乗り越えられると思う。
確かに赤ちゃんとの生活は楽しいだけじゃない。
夜中なんて何をしても泣き止まないとほんとにしんどいし、ましてだんなさんがクークー横で寝ていたりしていたら怒り心頭!です。

育児はつくづく1人じゃできないと感じています。
それは夫だったり、両親・義両親、ママ友、友人、ご近所さんなど周りの人のサポートに支えられているなーと思う。

たくさんのお祝いをいただいてうちのチビはほんとに幸せ者です。

私もまだまだですが、まわりの方のサポートに感謝をしつつチビとともに成長していきたいと思っています。


















hina4524hina4524  at 14:23  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後1ヶ月  

子育て

 体調 睡眠不足 悪露ほぼなくなる 頭痛

出産後、わけも分からず突入する子育て。。
初めての子育ては手探り状態で、結構大変です

特に夜の授乳がこんなにもしんどいなんて・・・。
私は母乳が最初あまり出なくてチビの体重がぜんぜん増えませんでした。
ただでさえ早産で小さめに生まれてきたのに、どんどん減ってこれ以上減ったら退院できないというところまできてしまいました

それで完全母乳はあきらめ、ミルクを足すことに。
そしたら少しずつ体重が増え始め、1ヶ月検診の頃には生まれたときの体重から1kgぐらい増えました

そして今は、混合での授乳に落ち着きました。まぁ、混合って結構面倒なんだけどいいほうに考えれば、母乳の栄養も取れるし、ミルクに慣れておけば人に預けることも可能なのでかえって良かったかもしれない。

最近はPCに向かえる日は週に2日くらい。抱いていないと寝ないので寝るまで抱っこしてそうこうしているうちに次の授乳時間がきちゃってまた泣かれ・・・。
なので1人だとまともに食事もとれず、毎回片手でパンかじったり、ごはんを流し込んだりしてます。(ゆっくり食事したい〜)
極めつけは、夜中眠くてしょうがないのにやっとの思いで起きて、おむつ交換しているとウンチとおしっこを飛ばされ、泣く泣くシーツや肌着を総取っかえしたり・・。


子育って考えていたより、壮絶です世の中のママたちはすごいなぁなんて今更思ったりしています。
そして私自身も自分の親にこうやって育てられたかと思うと感謝の気持ちでいっぱいになりますね

しんどい〜と思ったときは治療のことを思い出すようにしています。
精神的にも、肉体的にも子育てよりもたいへんな思いをしてやっと授かった我が子。

忙しいながらも幸せな毎日なのだと感じている今日この頃です。











hina4524hina4524  at 11:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 生後1ヶ月  

出産レポート 2

 産後1ヶ月

複数の点滴、尿管につながれて、下半身麻酔が効いていたので複数の看護師さんに担架で自分の入院している部屋に連れて行かれる。

13:00 夫、母親、妹が待っていた。私の姿を見て母親が涙を流す。私も涙

下半身はまだぜんぜん動かない。今日は1日ベッドに寝たまま過ごすそう。
だんだん背中が痛くなってきた。
しばらくして赤ちゃんを部屋につれて来てくれた。
帝王切開のため、今日は母子同室で過ごせない。残念に思ったけど、今思えばあさってから始まる壮絶な母乳育児の前の静かな時間だった。

15:00 義両親が来てくれた。

結構元気な私・・・。寝たきりだけどみんなとおしゃべりを楽しめた。

夫が泊まってくれるはずだったのに帝王切開の人は完全看護になるため、1日目の家族宿泊はできないことを知らされる。・・残念。

看護師さんが1時間ごとくらいに来て、点滴の様子、子宮の戻り具合、悪露の様子をチェック。お腹を押されると痛い。
医師の診察もあった。

身動きがとれないのでますます背中が痛くなってきた。しんどい。

19:00 義弟家族が来てくれた。

赤ちゃんとの静かな時間。やっとなんだか実感が沸いてくる
長い間赤ちゃんがいなかったから夫との間に自分たちの子供がいるという現実になかなか慣れないかもしれないけど、少しずつママとパパになっていけばいい。
穏やかな時間が流れる・・・。

こんな穏やかな気持ちになれたのすごく久しぶりな気がする。

かわいい。赤ちゃんはかわいい。我が子はホントにかわいい

夜中痛み止めがきれてきたのかお腹が痛い。座薬を追加してもらう。
普通分娩との違いはやはり産んだ後のこの痛みだろう。
後陣痛と傷の痛みのダブルパンチで夜はあまり眠れなかった。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


次の日の朝、尿管をはずされ、1階の診察室まで歩いて診察に行った。点滴をガラガラと引きずりながら1歩1歩ゆっくり歩いた。
かなりスパルタな病院だと思ったけど、そのほうが回復が早いのだそうだ。がんばろう。
経過は順調。内診は少し怖かったけど、それほど痛くなかった。それよりも歩いたり、咳などをして腹筋に力を加えると激痛が!!

トイレも一人で行ったけど座るときお腹の傷が痛い。
でも、普通分娩の人のように会陰部分がヒリヒリ痛いということはないので尿や便を出すことは怖くない。
食べていないので便はさずがに出なかったけど・・。

おならが出ていれば今日の夜から流動食、あさっての朝はおかゆ、お昼からは普通食となる。腸が動き始めたってことなのね。



普通分娩と帝王切開とどっちもどっちなのかな?やはりお産はたいへんなものだと実感しました。






hina4524hina4524  at 12:11  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

出産レポート

 産後1ヶ月

自宅に戻ってきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
バタバタと慣れない育児をしています

出産のお祝いコメントありがとうございます皆さんの所にはまた改めて遊びに行かせていただきますね。

さて、出産までのレポートを忘れないうちにまとめておこうと思います。

それは36週の10ヶ月目の定期健診でのこと。

いつものように血圧・体重・尿検査を済ませ、36週から始まるノンストレステスト(NST)の部屋へ連れて行かれました。
お腹は大きかったものの出産まで約1ヶ月あるし、胎動も感じるし、心にはまだ余裕がありました。
このNST検査では赤ちゃんの心音や陣痛がいつごろ来るのかチェックする機械を装着します。約20分ほどそれをつけているとグラフになって心音や陣痛の波などが出てくるのですが、私の場合なんだかグラフの波が弱い感じ・・・。

とても不安だったけどお腹に装置の貼る位置を変えたら、波も元気に振幅してきました。

「赤ちゃん寝ていたみたいね。」

なんて看護師さんに言われて笑っていたのもつかの間、
医師の診察で、

「○○さん、このNSTの結果ちょっと気になるんだよね〜。赤ちゃんの体重もあるし、出しちゃおうか。あっ、でも心配しないで。赤ちゃん自体は元気ですから。ただ、このまま様子を見ていてもいいんだけど万が一のこともあるから、今のうちにだしてあげたほうが安全だと思う。今日、入院してね。」

私「え〜っ!先生、私心の準備がまだ・・

医師「心の準備って、もうしていなくちゃいけない週数だよ。まぁ、帝王切開になるか、陣痛促進剤を使って産むかまだ分からないけど院長先生と相談して決めましょう。」

ということに・・。

私自身が一番びっくりしていました。一緒にいた夫も大慌てで私の荷物を準備する羽目になりました。
このとき赤ちゃんの体重はすでに推定2800gを超えていたし、出産しても何の問題もないとのこと。正期産より2日ほど早いので早産になってしまうけどね。

出産って何が起こるかほんとに分からないんですね。

8日はそのまま入院し、NSTを装着し、院長先生の判断で明日出産しましょうということになりました。
出産って陣痛がきてさんざん痛い思いをして・・というようなことを想像していたのでなんだか拍子抜け。

9日になりまたNSTを装着。やはりときどき心音が乱れているよう。
ちょっと心配になる。
普通分娩にするか帝王切開にするか、ちょっと考えたけど先生の判断に任せることにしました。

そして私自身がそれほど普通分娩にこだわっていないこともあって帝王切開に決定しました。普通分娩だと胎児がストレスに耐えられないかもしれないということ、体外受精で結婚8年目でやっとできた子であるということ、そんなことも理由にあげられました。夫も安全第一で産める方でということで同意してくれました。

この日帝王切開をする予定の人は私を含めて3人。私はトップバッターでした。


手術室にて:

予定より早い11時45分。手術台へ。怖い。

横向きになり、背中から麻酔をうたれる。それほど痛くない。

そのままの状態で尿管を入れられる。少し不快感。

麻酔が効いてきて下半身はまったく動かない。

胸の辺りから頭にかけて布をかけられ、手術の様子はまったく見えなかった。
下半身麻酔なので意識はあるものの頭の中は少しボーっとしている。

手術が始まって20分くらいたった頃、泣き声が聞こえた。
「はい、産まれましたよ〜!元気ですよ〜。」と看護師さんが言いながら私の顔のところまで赤ちゃんを見せに来てくれた。
そして赤ちゃんの頭を私の顔にくっつけられた。

「終わった・・。」と安心したのと同時に涙が自然に流れた。
出産ってすばらしいと心から思った。
小さな命が今横にある。なんともいとおしい存在。
私はこの子に会うために不妊治療もがんばってきたのだ。
嬉しくて、幸せで言葉にならない。


そのあと赤ちゃんはすぐに連れていかれ、洗ったあと夫のもとに連れて行かれて抱っこしたそうだ。

元気な泣き声が遠くから聞こえる。
それだけで安心した。

普通分娩だとこのままカンガルーケアができて、2時間ほど一緒にいられるけど私の場合は部屋に戻るまで赤ちゃんには会えなかった。赤ちゃんのことが気になってしょうがない。
あとで聞いた話だが、一応早産ということで保育器に入っていたそうだ。
でも、元気なのですぐに出されてしまったみたい。

複数の点滴をされ、尿管もしていた私。鼻からは酸素の管。
下半身はまったく動かないのでその日は寝たきり状態。
絶飲、絶食の始まりである。


出産レポート2へつづく

































hina4524hina4524  at 12:58  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!