ゆる旅touristの日常

国内外の旅行記や、日々のいろいろをゆるく綴るブログ。 どうぞゆるりとごらんください。 写真や記事の転載はご遠慮くださいませ。

モロッコで買ってきたものを紹介します。

まずはフェズの革なめし工房で買ったバブーシュ!
外履きできるタイプ。
IMG_2968
完全なる一目ぼれ。
デザインすごーく種類が多かったのに、これはたった一足しかなかったの。
画鋲で刺したような穴が開いてたり、色がかすれて左右違ったりしたけど、
いいやーと思って買ってしまいました。


続いてフェズの陶器工房で買った、タジン鍋!
料理に使うのは大きいので、小さいのは小物入れなどに使う飾りです。
石鹸置きがすごくかわいくて、買おうと思ってたのに、すっかり忘れてしまいました・・・。
ショック。
タジンは帰国してから蒸し料理に大活躍しています。
IMG_2965

裏には工房の名前が入ってます。
IMG_2966


途中立ち寄ったバラの産地で買った、ロールタイプの香水と、
おまけでついてきた緑の口紅みたいなやつ。
これも塗るタイプの香水らしいです。
ほのかにいいにおい。
IMG_2973


アルガンオイルと石鹸。
IMG_2970


マラケシュの市場でどうしても買いたかったミントティーグラス。
色とかかすれてるし、チープ感否めないんだけど、
店の強面おじさんは、これはオリジナルで貴重なもので、
底にシリアルナンバーも入ってると大嘘抜かしてきたので笑いそうでした。

完璧に求めていたデザインではなかったんだけど、
たくさんお店見てこれが一番近かったので決めました。
箱に入ってたけどものすごくホコリまみれで、グラスの中にまでホコリたまっていたので、
ホテルの水道で洗い、箱はゴミ箱に捨ててきました。
フロントで古新聞はないか聞いたんだけど、noってそっぽ向かれた。
いいさ、自分でも梱包材持参したしw
もうグラス買う気で来たので、プチプチたくさん持ってきたんです。
securedownload

翌日の市場30分自由時間で買ったのがこれ。
安くはないけど、かわいいからいっかー。
IMG_2975



そしてスーパーで買った品々。


ナッツ。
値段は日本でアメリカ産とか買うのとそう変わらない。
IMG_2977


缶詰。
ツナ缶、最初のスーパーで2パック買ったのに、残金合わせで行った2軒目のスーパーで
3パック買うと割引だったので、計5パックになってしまったw
これ抱えてホテルまで徒歩20分、きつかったーw
日本の粉々になってるツナ缶と違ってパッケージ写真みたいにけっこう形が残ってます。

イワシの缶詰はね、味はさっぱりレモン風味なんだけど、
うろこが全部ついたままなの。
箸でこそげとって食べました。お土産として渡した友達にも事前に注意しときましたw
IMG_2978


配ったお菓子と調味料。
真ん中のチキンにまぶすスパイスがおいしかったー。
左はクミン。
ちょっとさ、量多いよねw
どうやって使いきろうか・・・。
IMG_2979


なぜかこの写真だけ回転できず、さかさまでごめんなさい。
これも配り用のお土産。
チャイのティーパックと、ミントティー用の茶葉も買ってきました。
IMG_2981


本編にも書きましたが、
モロッコはすごーく雑貨が安いというわけではなかったので、
一部屋モロッコになるぐらい雑貨とインテリアを買いまくりたいという私の夢は叶いませんでしたw
でも買い物楽しかったー!

これでモロッコ旅行記すべて終了になります。
読んでくださりありがとうございました。
また別の旅行記もぜひご覧ください。




↓よければポチッと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バス移動が長かったモロッコ旅。
ずっと窓から外を眺めていたのですが、あるとき、

P5122132


え!!!巨大なアスパラ生えてる!?!?!?

っていうのを見つけてしまいまして。
アスパラが気になって気になっていつも探してしまうようになりまして。

ガイドさんに聞けばよかったんだけど、なんとなく恥ずかしいし。
アスパラ探しすぎて、どういう植物の周りに生えてるとか、
こんなかんじの土地に生えてるとか、だんだんカンでわかるようになってきてしまったw

ぽつりぽつりと生えてるのは見かけたものの、なかなかシャッターチャンスがなくて、
カメラに収めたいという変な頑張りがわいてきてしまいました。

ヴォルビリスに向かう途中、

キター!!!!
P5122128

またキター!!!!
P5122134


あまりにも連写していたので、
車内の人にあいつなに撮ってんだ?と怪しまれないよう、カモフラージュに普通のサボテンも撮る。

P5122138


ガイドさんが偶然このあたりの植物を解説し始めて、
結果サボテンの一種だとわかりました。
やっぱりね。そうだと思ったよ←
でも誰もアスパラだねって言ってなかった。


似てるよね!?

いよいよマラケシュのホテルを出発して、
最後の観光地、カサブランカに向かいます。

カサブランカでは、ハッサン2世モスクとムハンマド5世広場へ行きました。
モロッコで最大、世界で3番目に大きなモスクで、建物内には2万5千人、
外の広場を合わせると8万人が入れるそうです。


美しいですよねぇ・・・。
P5172946

P5172952

P5172954

P5172960

P5172964

P5172966

どこを切り取っても美しい。
やっぱりモロッコの職人さんはすごいなぁって思いました。
アリの悪夢に始まった朝でしたが、最後に美しいものが見られてよかった。

お昼はバスの中で、行きと同じパッサパサのパンとフルーツ。
カサブランカ空港で、ずっと同行してくれた現地ガイドさん、
優しい運転手さんとはにかみ笑顔がかわいいアシスタント青年さんとお別れ。

カサブランカから飛行機に乗ると、
なぜかマラケシュに逆戻りして1時間機内待機。
その後ドーハで乗り継いで無事羽田に帰って来ました。
疲れてたからたくさん寝て、帰りは行きより早く感じました。

大自然のモロッコ、
やっぱり一番は砂漠が感動しました。
シンプルに暮らしている遊牧民の姿が見られたり、
職人さんの技もたくさん見ました。
ツアー初参加で、個人旅行より忙しかったけど、
いろんな方との出会いもあり、よい思い出になりました。
旅に関わってくれた方に感謝。

モロッコ旅これにて終了です。
番外編をいくつか出す予定なので、
よければぜひ見てくださいね
ありがとうございました。


↓よければポチッと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いよいよモロッコ最終日の朝。
目覚ましで優雅に起き、ベッドルームから裸足でトイレに向かった私。
視力が0.04以下の超ど近眼なのですが、寝ぼけてメガネかけないで行ったんですね。
で、便座に腰かけた瞬間、足元がぞわぞわぞわってしたんです。
え?なに???と思って目を近づけるとなんと。















無数の小さなアリ。





床一面にアリ。





慌てて持ち上げた自分の足にも超いっぱいのアリ。




パニック。



とりあえずシャワーで足を流して、
バストイレ室のドアを閉めました。


添乗員さんに内線で電話。
ちょっともう洗面所に入りたくないし、まだ顔も洗ってないので、
代わりに使える部屋とかありませんか?と。
すると、わかりました、交渉します、と電話が切れ、待ちぼうけ。
ドアは閉まってるけどいつベッドルームにアリが押し寄せてくることか。


昔台湾にホームステイしたとき、
もらった棒つきキャンディーを舐めてる途中で寝ることになり、
一応包みに戻してサイドテーブルに置いたんです。
翌朝、ベランダからアメまで一筋のアリの行列が。
トラウマになったよねw
室内に大量のアリが入り込んでくるなんて、日本ではそうそうないでしょ。

なんかそのことを思い出した。
でも洗面所には甘いものなんて何一つ置かなかったし・・・。

考えてるとインターホンがなり、ホテルスタッフと添乗員さんが。
ドアをあけ、中を見て2人とも絶句。
床一面のアリ。
話を盛ってるわけじゃなくて本当にうじゃじゃびっしりだったんだもの。
写真も撮れないほどのパニック具合。

ドアを閉めると2人はまたどこかへ行ってしまい、
今度は客室担当のボーイさんぽい人が来ました。
ドアを開け、バスタオルや足ふきマットを重ねて山を作り、
ブルドーザーのようにアリを端によけたのです。

「イッツオーケー。」


んなわけあるかい!!!
もう山越えてきてるやん!

いやいや、私は顔洗いたいし歯磨きもしたいんだよ、頼むよと言ったんだけど、
ものの数分だろ、顔洗うくらい大丈夫だよと言い残して行ってしまった。

そしてホテルスタッフから内線。
アラビア語で全く何言ってるか分からなかったんだけど、
英語の話せるスタッフと代わり、
もう大丈夫だろ的なことを言ってきた。

えぇー。
無理だよー・・・。
もうやだよー。
虫嫌いの私、涙目。

すると添乗員さん再び。現地ガイドさんも一緒に来てくれた。
洗面所を見て、これはこのままじゃありえない!!全然対処できてない!と
怒ってくれ、電話でスタッフに言ってくれたようです。
添乗員さんは、他に空き部屋がないようなので私の部屋でよければ使ってくださいと、
部屋を空けてくれました。

最終日の朝から本当にドタバタしてしまいました。
荷物整理を夜のうちにやっておいて本当によかった。
朝食会場に向かったけど、もはや喉を通らずw

ガイドさんもいて、
すみません、モロッコはまだ観光サービスが途上なんですと慰めてくれた。
いえいえガイドさんがいてくれて頼もしかったです。

環境上なのか、アリが発生したことは最悪しょうがないとする。
ただ、ホテル側からごめんねとか、大丈夫?とか、
一言あるだけでも全然気持ちが違うのにね。

しかし旅にハプニングはつきものです。
ええ、本当に。
濃い体験すればするほど、記憶に残るけどね。
いいんだか悪いんだかw

つづきます


↓よければポチッと応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランチが終わるとこの日の観光はもうおしまい。
スーパーに寄ることになりました。
待ってました!
海外旅行に行ったら私必ずスーパーに行きます。
現地の暮らしが分かるし、現地らしい調味料とか買って、
帰ってからもローカルフード作ってみたりします。
モロッコ人が断食明けに必ず食べるという、砂糖漬けなつめやし。
P5162933

ナッツ類。
P5162934

カートと一体型のかご。
深いので、レジに出すとき難しかった。
P5162936

友達に配るお土産などをようやく買うことができました。


早めにホテルに戻り自由時間。
明日は最終日で、ほぼお金使う場所がないので、
今日使いきるように言われました。
ホテルから歩いて20分のところにショッピングモールもあるとのことで、
行ってみました。
40度はあろうかという暑さのなか、朦朧としながら20分歩き、汗だくで到着。

初めにレモンシャーベットで体を冷やしました。
P5172939

モール内をうろうろしてみたけど、あまりほしいものがなく。
ふら~っときれいな店員さんに釣られて化粧品のお店へ。
きれいな店員さん「ボンソワ」
フランス語ですか!?
おしゃれや・・・もはや響きがおしゃれや・・・
私、すっぴんだったのですけど、いろいろな化粧品を紹介してくれて、
特にマスカラ部門の時なんて、お姉さんのなが~~いまつ毛をガン見しちゃったら、
お客様にはこちらのマスカラですねと、最大級のボリュームとカールが出るものを
おすすめされましたw
最終的にアイシャドウとマスカラを買っちゃいました。
トルコのメーカーでした・・・。

お金がまだあまってるので、
モールに併設されたスーパーへ。
そこでギリギリまで買って残金調節し、
なんだか大荷物抱えてまた20分、ホテルまで歩きました。

ホテルは連泊だったので、広々ベッドでぐっすり寝られました。
つづきます

↑このページのトップヘ