石拾いの日記

北海道のアンモナイトを中心に化石のことについて綴る日記。(^_^)

 こんばんは。いや~先週末は最高でした! というのも土曜はりんぞうさん主催の焼肉に参加させていただき、人生史上最高級の美味しい思いを~♪ そして、日曜は道北のお気に入りの沢でぽつぽつとよさげなものを拾うことができました。しばらくイイことが無いかもしれません。笑 先週末のことについてはまた今度、記事にいたしますね。

 さて今夜は、今月13日の戦果についてご報告いたします。13日といえば、fossil1129さんとZX9-Rさんと、Ashi別の秘境に入った日です。最上流部に用があったのですが、そこまで辿り着くのに難儀いたしました。昨年も1度入った沢でしたから、要領はわかっていたつもりでしたが……
BlogPaint
 ここに立って写真を撮る頃には、けっこう疲労気味でした。笑 一呼吸おいてから沢入り。キャライコの破片が数多く見られました。私がキャライコの破片に気をとられている間に、ZX9-Rさんは上を目指してズンズン進んでいったようで、fossil1129さんはキャライコを2つも確保なさっていました。遅れをとっちゃあいられないと思い、Zさんを追い始めると……
BlogPaint
BlogPaint
 まずオキナエビスを発見。
 少し押されてますが、殻付きです♪

 その後まもなく、
BlogPaint
 キャライコを発見! 
 殻の一部が見えた石をつついて、
 1周巻いているのを確認した場面です。
 やや脆いとはいえ、
 一応ノジュール化してました♪

 この日の戦果は以上の2つだけ。
 キャライコの破片は数多あっても、
 巻いたもの、イイものは少ないです。
 しかしその一方で、
 ユーパキやキャナドよりもよっぽど
 得易いのでは? とも思います。 
 一言で感想をまとめるならば……
 「キャライコはところにより普通種」
 です。

 休憩中、中巻が気になりすぎて
 現地クリーニング!
BlogPaint
 ぱこん♪
 タガネを忘れたため、
 チゼルハンマーの鋭い方を当て、
 数回叩くと意外と簡単に外れました。
 流石にこれ以上つつく気は起きず、
 この状態でお持ち帰り。

 帰宅して仕上げてみると……
BlogPaint
 全体で1巻半ちょいの……
BlogPaint
 ↑キャライコセラスsp.(22㎝、セノマニアン)
 アカントセラスsp.だそうです。汗
 いやぁ、何が「アジアチカムでしょうか?」でしょうね☆ まさかキャライコですらなかったとは……これだから私のような素人の判断はアテになりません。笑 (ベテランの方が教えてくださり、助かりました! ありがとうございます!)教わらなければ、殻の剥がれたキャライコという捉えのままだったことでしょう。汗
BlogPaint
 殻と本体の隙間に水が浸み込んでいたためか、殻は剥がれてしまいましたけれども……縫合線が見やすい標本ということで、殻剥がれについては目を瞑ることにいたしました。表面の保護のため、今回は初めてパラロイドの塗布にも挑戦いたしましたよ。化石がやや脆いためしっかり固めたい→とはいえパラロイドを濃く塗るとテカり過ぎてしまう→そこでアセトンを用いて少し落とすなど、不慣れな私にとってはその加減が難しかったです。まぁ、わりとイイ感じに仕上げることができたのではないでしょうか。
BlogPaint
 こんなふうにも立ちます。
 今年1発目の家宝級♪
 次は殻付きのものをと思ってましたが、
 アカントセラスらしいということで……
 今一度、キャライコも欲しくなりました!
 私もなかなか現金なヤツですね。笑
 
 まぁしかし!
 次はマンテリを狙います。
 ここは変わりませんよ(^_^)♪


 読んで頂き、ありがとうございました!

 こんばんは。先週13日は、fossil1129さんとZX9-Rと一緒にAshi別の秘境へ入りました。倒木を越え林道崩落を越え…目的の沢までが大変でしたが…各々イイものを持ち帰ることができましたよ♪ 私が何を持ち帰ったか? 今夜はそのことについて、書きません笑 それは来週にさせてください。(^_^; 今夜は、5日に御笠のお気に入りの沢へ入ったときの戦果についてご報告いたします。
 5日の朝、私がその沢のゲートに到着しますと、ちょうど或る御方が出てきたところでした。当然、私は少し困惑しましたよ~。笑うほかございませんでした。 何故って、直前にベテランの御方が偵察に入った沢でイイものが拾えるだろうか?(望めないよなぁ)…イイものを拾うには別の沢へ入るべき?(しかしお気に入り沢に入りたい)…なんて、いろいろ迷いましたから。
 で、結局当初の予定どおり、お気に入りの沢へ入ることに。「そういうこともある」「先行者が何人入っていようと大して関係ない、石があるときはある、ないときはない、それだけの話である」「人によって見る石は違うはず」そのように自分に言い聞かせて、取り組みました。
BlogPaint
 ↑ハウエリセラス・アングスタム(83㎜、サントニアン)
 ハウエリを拾うと何だか嬉しくなります♪
 他に3~4枚見かけましたが、
 保存がよくなかったため、見逃し。
 私も贅沢になりましたね。

 そして、
BlogPaint
 ↑ユーパキディスカスsp.(35㎜、サントニアン)
 擦れているし中巻がずれているし、
 良品ではございませんが、
 パキ好きの私にとってはお宝です♪
 デカいアナパキの入った石に付いてました。
 アナパキも、手のひらサイズで、
 綺麗なものならお持ち帰りですが……
 質のよくないものばかりでしたから、
 全部見逃しました。
 次は10㎝くらいのを増やしたいですね♪
 本当に贅沢になったものです。笑

 それから、
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
 ↑ネオクリオセラスsp.(19㎜、サントニアン)
 私の初ネオクリは御笠のものでした。
 トゲは側面に1対、背に1対あるようで、
 計4列発達していたようです。
 3列分は視認できます。
 まぁ全部イボになってしまいましたが。汗
 石側にもう1列あるようでして、
 にしてもなんというか……
 御笠でも出るんですね?
 次は大きいのも狙いたいです。
BlogPaint
 ポロポロンと出たものはお持ち帰り。
 まぁまぁ拾えたのではないでしょうか。
 5日も楽しかったです♪


 読んで頂き、ありがとうございました。

 こんばんは。皆さま、GWはいかがでしたか? イイの、採れました? 4月末からGWにかけて、「パキを拾った」「テシオだった」「イッポ」「2リヌパ」「メタプラノジュール」……あちこちからオイシイ思いをしたという話を耳にして、刺激を頂きまくっているhntです。私はというと、GWに3日間だけ活動してまいりました。3日と4日はアルビアンさんたちとAshi別、5日は父と御笠と、道央三昧でしたよ。
 今夜は、3日と4日の分をご報告いたします。……とはいえ、必死になって石を探していて産地の様子を撮る余裕もなかったため、産地画像が1枚もございません。笑 淡々とした報告となりますが、どうかご覧ください~。

 ◯3日
 大勢でAshi別のチューロニアンの沢へ。
 が! 正直に申し上げまして……
 大したものは拾えませんでした。笑
 楽しかったんですけどね~……残念。(^_^;
 
 焼肉パーティーも楽しかったですよ♪
 交換会で得たのは、これです。
BlogPaint
 ↑アーケオパス(マーストリヒチアン)
 実は、狙っておりました♪
 手足が揃っているのであれば、
 カニもエビもウェルカムですからね。
 もう少し手を加えて仕上げてみようかな?

 もう1つは、これ。
BlogPaint
 ↑ノストセラス・ヘトナイエンセ(マーストリヒチアン)
 重ねて配置してみました。
 淡路の三大アンモの一角だそうですね。
 貴重な化石をありがとうございました!
 ぼちぼちお返し用ノジュールを拾います~。

 ◯4日
 大勢でAshi別のセノマニアンの沢へ。
 昨年10月に訪れたのを最後に、
 ずっと行きたいと願っていた産地でした。
 この日のベストは、これ。
BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
 ↑ゴードリセラスsp.(上33㎜、下27㎜、セノマニアン)
 一見すると、サントニアンの沢を歩けば100個くらい拾えそうなゴードリセラス。しかし、これはセノマニアンのものです。時代的には希少なのだとか。思えば、確かに昨年は欠片も見かけませんでした。それが、2個も採れたのはラッキーでした♪
BlogPaint
 ↑マンテリセラス・サクシビイ(83㎜、セノマニアン)
 現地でZX9-Rさんから頂いちゃいました! ありがとうございましたm(_ _)m!多少変形しておりますが、私からすれば良品ですよ。マンテリにしては薄く、螺環が高いため、サクシビイと判断。次こそジャポニカムを拾いたいですねぇ(^_^)!

 ネタは次々増えていきます。
 今週末もバリバリ活動いたしますし、
 記事化されない石が数多く出そう……
 ということで、ネタ解消のためにも、
 次は17日(木)に記事投稿いたします。


 読んで頂き、ありがとうございました!

↑このページのトップヘ