2012年06月23日

コクリコ坂から。


ものっそい久々な更新です。



タイトル通り、『コクリコ坂から』を観賞しました。

DVDが出たということで、レンタルして観たのですが、思えばジブリを好きになってから劇場へ観に行かなかったこと自体久しぶりな気がします。

まあ、自分の中では『ハウル』あたりから作品を追うごとに「あれ?」っていう感じが増してきているんですけど……



で、実際に観てみて。



まあ、悪くはない、かなあ……?

でも、悪くはない、っていうレベルなんですよね。

なんていうか、人に自信を持って勧められるものではないかなあ、と。



やはり目立つのは、話の薄っぺらさ、ですかね。

『アリエッティ』よりかは幾分マシになりましたが、それにしてもストーリーに重さがない印象を受けます。

本作は純粋な恋愛モノで、アクションとかホラーとかに期待できる「画面の派手さ」というものは基本的にないです。

なので、普通はストーリーを厚くしていかないといけないはずなのですが……



以下、いくつかガッツリネタバレが入ります。

加えて、大半が叩きです。

「『コクリコ坂から』大好き! 感動した!」って人以外、かつネタバレ大丈夫な方のみどうぞ。



まずいただけないのは、冒頭部分。

メインキャラの一人である風間くんが、屋上から池めがけて飛び降りるシーンです。

直前に出てきたシーンとまったく違う外見だったため、飛び降りたのが風間くんだと判別するのも一苦労でしたが……

それ以上に、主人公の海ちゃんが池に落ちた風間くんの手を取ったカット、あれがイミフメイ。

なぜか一人で池に駆け寄る海ちゃん、なぜか二人見つめ合って、なぜか風間くんが手を差し伸べる。

もしこれが互いに一目惚れしたシーンなのだと言うなら、描写があまりにぎこちなさすぎるでしょう……完全に顔だけで惚れてるやないですか……行動とかそういうのに惹かれる部分はないのだろうか?

おそらくは二人の最初の顔合わせという意味で描かれたシーンなのでしょうが、この部分にそこはかとなく現れているショボさは、屋上から飛び降りてくるという動きのインパクトに頼りすぎた結果のように感じます。



次に、話のかみ合わせ。

ストーリー全体が「海ちゃんと家族」と「カルチェラタンでの出来事」という二つのパートに分けられているのは、これは良いです。
ちなみに、風間くんとの恋愛模様は物語の展開上「海ちゃんと家族」の方に含むものとします。

しかし問題なのは、これら二つのパートがあんまりお互いに作用しあっていないという点です。

端的に言ってしまえば、「カルチェラタンでの出来事」は「海ちゃんと家族」の問題が進展していないときのつなぎの役割しか果たしておらず、ハッピーエンドに華を添える程度の働きしかしていないのです。

必要性が感じられたのは、海ちゃんが初めて週刊カルチェラタンの編集室にたどり着くまでの間、ストーリー序盤の演出として、見知らぬ複雑怪奇な建造物の中へと進むことのワクワク感を盛り上がりの一つとした、これだけのように思います。

風間くんが海ちゃんを避けるようになった演出はカルチェラタンの中で何回か起きていますが、これは校門での号外配りの際にあったように、別段カルチェラタンがらみでなければできない演出ではなく、むしろやや執拗な感すらありました。

理事長へ直訴に行ったシーンも、結局直訴が終わるまではメガネで紳士の水沼くんが一緒だったので、二人の間に変化はまったくなく、やっと二人きりになったと思ったら設定にもその後にも響かない進路の話をして1カット使うわ、二親等なのが何も解決していないのに告白するわで、もう何がなんだか。

……えー、進路とか告白とかの話はちょっとベクトルがずれましたが、カルチェラタン自体は作画もかなり作りこまれており、いろんなイベントが起こせそうな背景であっただけに、この扱いの適当さは残念さがぬぐえません。



「俺たち、本当は兄妹だったんだ」という最近ではギャルゲやらなんやらのせいで珍しくない設定も、なんだか迷走してしまっていました。

「死んだお父さんが自分の代わりに風間くんをよこしてくれた」と考えることにしたはずなのに、その直後に風間くんにふつうに告白してしまう海ちゃん。

お父さんの代わりなんだから少なくとも兄か弟か、話としては難しいがここは家族愛へのスイッチがあるべき流れなのでは?

物語を恋愛で解決しようとする限り、結末はスキかキライの二元論が原則で、ハッピーエンドを想定するならほぼスキ一択しかない、ここまでは誰でも納得できるでしょう。

しかし、誰でも納得できるということは、当然誰でもその結末を予測しうるということなので、これでは話に盛り上がりが欠けてしまうことになります。

やはり兄弟姉妹での恋愛を取り上げる以上、その二元論を打ち壊す要素が物語のラストに必要なことは明らかだと思います。

少なくとも僕はこの映画を観ていて、途中から「この恋愛はどんな意外さで終結するんだろう」という期待をしていたので、「俺たち、本当は兄妹だったんだ」→「俺たち、本当は兄妹じゃなかったんだ」というこのオチには正直落胆してしまいました。そりゃそもそもの前提をひっくり返すんだったらどうとでもなるだろうよ。



もちろん、他の観点から擁護を試みることはできます。

主人公がたとえ兄妹でもこの愛を貫くというある意味悲壮な決意を固め、その覚悟に対する報酬として兄妹だと思っていた相手が本当は血がつながっていなかったという新事実が与えられる、これ自体はよくある流れですが、王道という意味では決して悪い流れではありません。

ただ、それをやるなら、最初の「実は兄妹だったんだ」のくだりは完全にジャマになってしまうのではないでしょうか。

観客からすれば、もともと他人だと思っていた二人の間柄について、映画を作った側が「こいつらは兄妹だ」という新たな設定を出してきたことになるわけですから、その後のどんでん返しの要素に「こいつらは兄妹じゃなかった」という設定を出すと、「ごめんやっぱさっきの設定ナシ」とでも言うのでしょうか、一回出した設定をただ引っ込められただけのように感じてしまうのです。

結果として観客的には「当たり前の状態に戻った」としか思えないわけで、そんなことでは感動もへったくれもないだろう、と。



他にも、中盤から終盤に入るあたりで海ちゃんが見た夢の内容であったりとか、海ちゃんが友達から名前とぜんぜん関係のない呼び名で呼ばれていたりとか、あるいは全学討論会で唐突に歌いだしたのは何がしたかったのかとか、さらに言えば直訴の帰りに風間くんと海ちゃんが二人で電車に乗っているところでなぜ『上を向いて歩こう』をBGMに使ったのかとか、突っ込みどころは多々ありました。

逆に下宿先の女性が描いた絵、これはEDのスタッフロールの背景としても使われていましたが、これについてはうまい解釈が考えつかず、僕の思考の至らないところもあったとは思います。というかこれに明確な意図がなかったらさすがにクソ映画だ!

ただまあ、それでもやはり明確になっている欠点が多すぎるので、総合評価としては「わざわざ劇場に行かなくてよかった」というのが正直なところです。



懐古厨と蔑まれても仕方ありませんが、やはり僕は昔のジブリ作品の方が好きですね。

一番好きと断言できるのは『耳をすませば』。こればっかりは譲れません。

『火垂るの墓』に始まる、リアリティに基づいた世界観を追った時代の中でも、とりわけ好きな作品です。

そしてそれゆえに、同じジブリの中で少年少女の恋愛のみにスポットを当てた作品となると、どうしても比べてしまうんですよね……



本作では久石譲が音楽担当でなくなったこともあり、スタジオジブリは変わってしまったなあと痛感せずにはいられない一本でした。



ではでは。

hino_door at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記。 | えいが。

2012年05月02日

最終アライブ。


例によって、思いつきの羅列です。



以前このブログで紹介したデッキに、【異星の最終戦士】というものがありました。

サイトの検索ワードでも常に上位をキープしており、《異星の最終戦士》がとても素晴らしいカードであるということを共有していただける閲覧者の方がいらっしゃることを、管理人としても少なからずうれしく思っております。



で、今回はその【最終戦士】の派生系・・・というか、出張系?

こんなクソ重いカードがどうやって他のデッキに出張するんだとお思いでしょうが、まぁ、パーツが共有できればわりかしなんとかなるものなのかもしれません。



では、以下レシピと主なカード紹介です。



【最終アライブ】

モンスター13
E・HERO エアーマン
E・HERO プリズマー×2
E・HERO バブルマン×2
ダークヒーロー ゾンバイア×2
魔力吸収球体
召喚僧サモンプリースト×2
沼地の魔神王×3

魔法24
死者蘇生
大嵐
サイクロン×3
増援
E-エマージェンシー・コール×3
ヒーローアライブ×3
戦士の生還
融合×2
ミラクル・フュージョン×2
月の書
禁じられた聖杯×3
禁じられた聖槍×3

罠3
神の宣告
強制脱出装置×2

エクストラ
異星の最終戦士
E・HERO The シャイニング×2
E・HERO アブソリュートZero×2
E・HERO エスクリダオ
E・HERO Great TORNADO
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
交響魔人マエストローク
H-C エクスカリバー
機甲忍者ブレードハート
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
CNo.39 希望皇ホープレイ







hino_door at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記。 | ゆーぎおー。

2012年04月29日

JDCトライアル。


お久しぶりです、管理人です。



二ヶ月かそれぐらいぶりの更新になりますが・・・


今日はCS規模の大会に行ってきましたよ!

タイトルにもありますが、「JDC(ジャパンデュエリストカーニバル)トライアル」という大会です。

使用デッキは【アライブラビット】。

なんだそれ? ってなる人もいると思いますが、ご安心を。

僕もわかってませんから。



まぁ、悔しがるまでもないレベルで惨敗でした・・・



謎構築だし輪をかけて引きもひどいしで、とてもじゃないですがまともな試合ができませんでした。

ほんとなんでこんなデッキで出たんだろう・・・


素直にヴェルズラギア作っていけばよかったです。

大会ナメてました。



まぁ、メインの話題は僕がボロ負けしたことではなくてですね。



一緒に行った友人が、【スキドレギアバレー】で決勝トーナメント出場を決めたんですよ!



200人以上いる大会で、本戦に勝ちあがれるのはわずか8名。

マイナーデッキでそこまで勝ち進めたというだけでも、十分に価値のあることだと思います。



エントランスにレシピが載ったりしたら面白いのに。



ちなみに、この友人がやってるブログが、リンクの上のほうにある『ファンデッキ視点』というやつです。

最近はもっぱらギアバレーについての考察ばかりで、ファンデッキのほうはご無沙汰みたいですが・・・

いろいろ参考になる記事が載ってるので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。



次はちゃんとしたデッキを組んで行こう。



ではでは。

hino_door at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記。 | ゆーぎおー。