2011年09月04日

ブログ移転のお知らせ

今となっては誰も見てくれてないと思いますが、通りすがったあなたにお知らせしちゃうぞ♡


新ブログ 建築系男子のトリセツ
http://kentoshichiki.blog136.fc2.com/


こちらの方に新しくブログを書き始めましたので、良かったら遊びに来て下さい。
よろしくお願いします。

<こーたろー> at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常に挑む 

2011年02月25日

すっごい行きたかった会社にあとちょっとって所で落ちてみて。。。

久々々々々々々々々々々々々々々々々々々々の更新!!

もはや誰も見ていないことが好都合だと思うので、1人徒然と就活というか

今日の面接について書くことにする。



まあ、すっごい行きたいと思える数少ない会社の1つに落ちた訳ですよ。僕は。

まあ、ブログ書いているくらいなんだから、そこまで落ち込んでねーのかって思うかもしれないけど

今、めっちゃ凹んでるからね。かわいい女の子がすっごい親身になって優しくしてくれたら

コロっといくからね。

なので、かわいい女の子(一六茶のCMのようなガッキ―みたいな子)、僕を慰めてくれても構わないですよ?



という願望はさておき、今日の面接である。

面接の形式的にはグループ面接だった。

まあ、たぶんそれまでの選考に残った12人くらいを3グループに分けて、時間別におじさん大勢と面接をした感じだったから

3〜5人くらいに絞られたと勝手に予想してる。



で、もうね、すっごい優秀な奴がいた。おそらくそいつが通ったと思われる。俺がいたグループの中では。

だから、まあ仕方がないというか、もうやってられないというか、

この先、他の会社でもこんな優秀な人がいたらどうしようというか

そんな感じなんだけども、そんな現実から目を背けても仕方がないのも、これまた事実なわけで、

こうして頭おかしくなりながらも、反省しようと筆を握ったというかキーボードを叩いているわけです。




そんなわけで、今日の自分の出来栄えとしては100点中50点って感じ。厳しめで?

まあ、低い点数をつけることが果たして自分に対して厳しいのか甘いのかというのはちょっと疑問だけど、

今日の面接は個人的にはこんな感じ。ん〜でもやっぱ60点かな?

僕、そんな伸びしろねーっすww

まあ、そんな感じなので、反省としては、しっかりと80〜100点は出せるようにできなきゃ意味ないというわけです。そこからです。

ただ、正直今日の優秀な人に、俺が例え100点の出来栄えの面接を行えたとしても勝てるか微妙。

これがね、20〜30人採るような職種だったらそんな人に勝とうとしなくてもいいわけだけど

僕が行こうとしているところは大抵が多くて3人、まあ基本1〜2人しか採らないってところなので

そういった人に勝つ気でないと、たぶんこの先やっていけないと思う。



じゃあ、まあこれをどう100点にしていくかっていうところがこれまた問題なわけだけども、

とりあえず、しっかり面接の練習はして望まないと駄目だな。(当たり前や・・・

今までそんなことしないで選考進んできて、今回の面接で初めて練習して

臨んだんだけど、基本的に実力が足りていないのはよくわかったから

もっと面接の練習して臨まないと駄目だな。

誰か練習相手になって下さい。。。(北川景子みたいなかわいい女の子限定で)



ということで、まずしっかりとプレゼンするってところをできるようにする。

ただ、ここはあまり伸びしろがなくて、しっかりできても5〜10点アップって感じ。

問題は、質問力と切り替えし能力、あと瞬発力って感じ。

要は想定されていない質問に対してどのように答えるかってことなんだけど

これもまずはしっかり想定される質問を事前に考えておくってのが大事なんだろうね〜

ここらへんの能力が圧倒的に欠けている。

そこで知識・考えの浅さであったり、思考能力のなさが露呈してしまっている感じ。

もうこの辺を、短期間でどう伸ばすかなんだけど、どう伸ばせばいいんですかね?

基本的に書類は確実に通っていて、業務外のことをESに書いてしまっても通ったところをみると

おそらくポートフォリオの出来栄えは基本的に良いんだと思う。

けど、そのポートフォリオのレベルに実際に会ってみた俺の印象が追い付いていないってところが結構大きかったりすると思う。

じっくり考えて、ちゃんとしたことを言える、提案できはするんだろうけど

咄嗟の判断力、思考力が足りてない。頭悪い。そこです。

あと、瞬発力ね。今日「最初に発表したい人いる?」っていきなり聞かれて

すぐ手を挙げられなかったからな。そこも大事。食い気味に挙げてみよう。




結局反省といっても、じゃあそれをどうすれば解決すればいいのかって所まで

思考が及んでいない自分の駄目なところが露呈してしまっている記事ですが、

とりあえず、課題点を列挙し、可視化してみました。

その結果・・・更に凹みました\(^O^)/

とりあえず、実力が足りていない。人より準備を心掛けて臨むことが肝要ってことを肌で実感できたってだけでも収穫ってことにして

今日の記事はここまでにしよう。


もう人気ブログランキングとか貼るのめんどくさいっすねww

<こーたろー> at 19:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日常に挑む 

2010年10月11日

一人旅日記 その2

3日目

よくわからんが、チェックアウト時に朝からサービス料やら朝食代やらで17ユーロとられたorz

そんなとられると思わなかったわー

気を取り直して、この日はマインツから列車でケルンに行く予定をたてた。

この日は土曜でバスもあまり通っていなかったので タクシーで駅へ!(まあホテル⇔駅2往復中3回はタクシーだったけど何か?

運転手のおっちゃんは気のいい人で、僕が今日はケルンに行ってくることを言ったら

マインツからライン川をくだってケルン方面に行く船が出ているからそれに乗って行くといいよ 的なことを言われたが、

それ昨日やろうとしたんだけど乗れなかったんだよ! 今日はケルン大聖堂見に行きたいから早く着ける列車で行くの!

と頭の中では言っていたが、英語で咄嗟になんていうか出なくて 「Uh.Uh.」 とただ繰り返していた。

そして、気のいいおっちゃんは若干遠回りして少し料金をちょろまかしていた。

俺はわかってたぞ!ジャパニーズなめんな!!まあ何も言えなかったけど。

チキンw

645
































そんなこんなで、ケルンへ!

大聖堂を横目に荷物を置きにホステルへ。

若干周りが廃れていて怖いところにあったけど、 いい感じのユースホステルで良かった。

これが、人生初ユース。

RIMG0237















そしてケルン大聖堂へ。

RIMG0159




























RIMG0165





























RIMG0167
















いっぱい人がいてうるさいんだけど、うるさくない印象を受けた。

静寂と雑然が入り混じってる感じ。さすが世界遺産。

ケルン大聖堂内でぼけーっとしたり、

怖いけど(高所恐怖症)大聖堂を天辺まで登ったりして時間が過ぎる。

そして、ピーター・ズントーの美術館。

RIMG0205















中でおじいちゃんに建築好きなの?って聞かれたから、好きっす!この建物はピーター・ズントー作ったんですよね!

的なことを言ったつもりなんだけど、伝わっていなかったのか、「そうだったんだ?」ってじいちゃんが驚いたのかわからんが、

ニコッと笑って誤魔化されたw

その後はケルン内を気ままに散策。 セグウェイの集団がいてビビる。



RIMG0230

















つづく

<こーたろー> at 20:55|PermalinkComments(3)TrackBack(0)旅に挑む