経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています、ご協力を!

メールマガジン「サービス業探検隊」の配信が始まり、
配信記念として、冊子「便利屋を楽しむ!」を無料でお送りしています。

応募期限は6月15日ですが、先着35名様に達し次第終了です。

冊子・プレゼント

お送りする冊子のテーマは、便利屋の経営ですが、・・・
これからは、独立自営の時代です。

企業に自分を委ねる時代が終わるからです。
便利屋でなくてもいい、自立です。

できれば、サービス業から・・・

時代は変わって、終身雇用が終焉を迎えています。
それなのに、定年を60歳から、65歳になり、70歳にまで伸ばそうとしています。

労働者をまだまだ枠の中で働かせようとしています。
少子高齢化で年金財政が不足するからです。

働かせて、消費税を上げ吸い上げる算段です。
巷では消費税25%まで言われる始末です。

企業に自分を委ねる時代が終わると・・・・
自由に生きる人たちが増えてきます。

田舎に行けば自然の中で収入が少なくても生活できるからです。
空き家の賃料は安いし、新鮮な食材は身近にあります。

少ない収入でも、支出が少なければ十分気楽に生きていけます。

収入が無ければ所得税を取れません。
消費してくれなければ消費税が取れません。


自立して事業を自分で始める人、田舎で自然と共に生きる人。
そのような人が多くなれば、労働者はさらに少なくなります。

人口減少に拍車をかけて労働者が減ります。

都会では、労働者の争奪戦が始まっています。
企業やお店は、労働者の引止めるのに必死です。

で、時給が上がり始めています。
都内では、1,000円以下ではほとんど応募がありません。
郊外でも着実に時給は上がっています。

話は変わって、便利屋は面白い商売です。
皆さまは便利屋をどのように定義しているかわかりません。

が、何をしても他人の手助けをすれば便利屋です。
難しく考えないで、投資をしないで、気楽に便利屋です。

そして、独立自営です。
もう、企業に縛られる生活とはお別れです。



「サービス業の品質を高める!」

サービス業は、私たちの正当な評価でますます品質が向上します。

私たちが社会生活を健全に営むための大切なテーマです。

昨今、安価競争が激しくなっています。
商品やサービスの評価は、安価であることが重要ですが、安価を求め続けることによって、何かが失われています。

「安いから仕方がない!」

「安くしなければ買ってくれない!」

確かにそうかもしれませんが、追求するあまり表示偽装や産地偽装が横行しています。今も偽装がどこかで行われています。たぶん・・・

”偽装”と言う言葉は、耐震偽装の建築士のおかげで広まりました。

今までも数多くあったと思われる偽装に対して警鐘を鳴らすきっかけを作ってくれたのかもしれません。

商品価値は、安価が重要な要素であることは間違いありません。
しかし、その安価は、何かを壊しています。

まず、消費者が商品やサービスを正当に評価する知識や常識を壊しています。

私は、いつも不思議に感じているのですが、日本におけるソフトや芸術の評価は、いつも外国人です。

芸術は、多くが外国で評価されてから日本に戻ってきます。

”おもてなし”も、外国人に絶大な評価を得ています。
が、日本人は、無頓着です。

日本人は、いつも事件や事故が起きてから慌てます。

毒入り餃子も尖閣諸島も北方領土の問題も、多くのことが問題になってから意識し始めます。
それまでは、まるっきり蚊帳の外です。

今、多くの食品は、外国で作られ、輸入しています。
もちろん、日本のブランドです。

私たちが口に入れている食品の多くが日本ブランドの外国製です。

製造工場が国外逃亡しています。
日本の失業率が高くなり、就職難のはずです。

ですが、一方で人手不足です。
大手企業が外国人を積極的に受け入れています。

私たち日本人って、いったい・・・

そんなことも考えながらのサービス業の品質です。
サービス業の品質ですから、従業員の接遇や接待を評価するのではありません。

日本のあらゆるシステムの欺瞞や小細工を暴き、消費者が安心して正当に評価・選択できる社会を目指しています。

ちなみに、「サービス業の品質」とは、
たとえ高額な販売価格であったとしても、お客様に積極的に買っていただける環境を言います。


2010年の記事を修正してアップしました。



昨今の消費社会、気になることばかりです。
お店などでのお客様対応では、好感が持てないことも頻繁に目にします。

サービス業の精神が見えない!

どこに行ってしまったのだろう!
あの気遣い、気配り・・・・思いやり・・・

消費者は、総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者です。
このことは、頻繁に私が言っていることです。

ほとんどのお客様は、お店や商品、サービスの選択においてこれらの信仰を基本にしています。
選別が楽になりますし、まったく間違っているとは言えないからです。

これを事業者側の論理で考えると、大きな会社やチェーン店は絶対に有利です。
大きいだけで有利です。

そこに有名な会社であればなおさら、実績があれば非の打ちどころがありません。
お客様の選択は、規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝で、ほぼ間違いはありません。

ところが、

大きな会社やチェーン店にとって絶対に有利な消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝ですが、ときどき間違いが生じます。

寡占や独占などによる弊害です。
公正取引委員会が監視していますが、入札における談合などもあります。

私たちは、規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者だからと言って、甘い選択をしていてはいけません。
私たちが浮かれている間にどんどん事業者優先の社会になっているのです。

ですが、簡単に抵抗できるものではありません。
自分たち消費者は、総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者だからです。

寡占や独占が良くないことと理解しつつ、実際には応援しているのです。
場合によっては、「強いのだから仕方がない!」と容認してしまうこともあります。

サービス業の精神についても同様のことが言えます。
人口知能(AI)の進化、デジタル化、高速化などで、サービス業の精神が軽視される傾向になっています。

スピード優先、便利さ優先、効率化優先です。
消費者は、その消費社会に巻き込まれている過程にあります。

ある人は、「日常の不満やストレスを非日常で癒せ!」と言います。
消費社会の不満やストレスを、気遣い、気配り、思いやりがない旅行などの非日常の行動で癒せと言うのです。

その割に、収入が増えない・・・・

大きな会社やチェーン店が、サービス業の精神から逃げている雰囲気が伝わっているでしょうか。

今回の消費税率変更の対応策・・・
ポイント還元、対応レジの導入などで、小さなお店までも巻き込んでいます。

スピード優先、便利さ優先、効率化優先を消費者に押し付けるだけでなく、個人事業や小さな会社にも押し付けようとしています。


消費者のすべてが、今日のようなスピード優先、便利さ優先、効率化優先を期待しているわけではありません。

ある人は、消費社会から逃避して自然の中で自給自足の生活に挑戦しています。

ある人は、個人事業や小さな会社を応援しています。

応援する理由は、心地良い居場所が欲しいと考えているからです。

個人事業や小さな会社の経営者は、まずお客様に好かれるべき!
そのように教えられることは多い。

すでに書きましたように、お客様に好かれようとすると・・・
カッコよく見せ、大きく見せ、優位に見せ、背伸びする。

経営者の多くは、販売促進的な広告に似たような行動をします。
そのようなことでしか、お客様に好かれることを知らないからです。

経営者がお客様に好かれる!

その大前提にあるのは・・・・

「お客様に嫌な思いをさせない!」

ことです。

言われてみれば簡単ですが、商売をやっていると意外と気が付きません。

今日では、大きな会社やチェーン店では、嫌なことに頻繁に出会います。
もちろん、個人事業や小さなお店でも嫌なことに出会います。

それは、「お客様に嫌な思いをさせない!」という考えが定着していないからです。

商品を売るお店の従業員は、売ることが仕事・・・
私の仕事は、カッコよくお客様に買っていただくこと。

「床に落ちているごみを拾うのは私じゃない!」

「いらっしゃいませ!」や「ありがとうございました!」は、マニュアルに書いてあるから・・・
マニュアルに「お客様には『ありがとう!』と言いましょう!」と書いてあるから、言ってるだけ・・・

「どうのようにして言葉に心を込めるのよ!」
「言葉に心を込める方法を教えてよ! 先輩!」などと、言われてしまいます。

残念ながら、それでも商売は成り立っています。
多くは大きな会社やチェーン店だからです。

「お客様に嫌な思いをさせない!」などと言う考えは、さらさらありません。
大きな会社やチェーン店だからです。

大きな会社やチェーン店の従業員は、「お客様に好かれる!」なんてことも考えない。
決められた仕事だけをして、時間の経過で賃金をいただいて、・・・・それが仕事だからです。

嫌ならすぐに辞めて・・・
人手不足の原因を作ります。

従業員の悪口ではありません。
今や世間の多くの会社やお店の従業員の常識なのです。

常識なのですから、間違っていません。
違う考えで余分なことをしたら怒られる時代です。

「お客様に嫌な思いをさせない?」なんて、とんでもない。
まず、「従業員に嫌な思いをさせない!」ことが先になっています。

なぜかすっきりしませんが、そのような時代です。

そうであれば、サービス業の品質を高めれば、大きな会社やチェーン店を恐れることはない。

そのように思えませんか?

個人事業や小さな会社は、経営者自身が会社であり、会社は経営者の色そのものです。

個人事業や小さな会社が効果的に稼ぐためには、・・・

お客様に好かれる経営者になることです。

そう、お客様に好かれるようになれば、・・・お客様がお店に来てくれるようになり、儲かるようになります。

通常では、そんな感じで講義が終わります。



えっ!

そうじゃないんですか?

「お客様に好かれる経営者になろう!」とすることで、何か問題でも?

問題どころか、大問題なのです。

お客様に好かれるようにするために、経営者はどのようなことをしますか?
まず、カッコ良く見せようとします。

大きく見せます。
信用できる会社のように説明します。

知識人で博学者のような振る舞いをします。
専門用語を羅列して説明するようになります

お客様に好かれるようにするために・・・・
しかし、これらのことはほとんどが逆効果です。

あなたの広告を確認してみてください。
必要以上に大きく、優位に見せるようなキャッチコピーを書いていませんか?

押しつけがましくなっていませんか?
上から目線になっていませんか?

お客様に好かれるようにしたことの多くが、お客様に嫌われる原因になっています。
理由は、多くが上から目線、押し付けになってしまうからです。

私たち人間は、上から目線、押し付けは大嫌いです。
たぶん、あなたも嫌いなはずです。

嫌いなのにお客様に押し付けている。
これが商売人のよくないところです。

商売人になったからって、偉いわけではありません。
良く言うじゃないですか!

「実るほど頭を垂れる稲穂かな!」

できる人間ほど頭が低いということです。
私たちは、謙虚な人を好む傾向があります。

書きましたように、お客様に好かれようとすると・・・
カッコよく見せ、大きく見せ、優位に見せ、背伸びする。

経営者の多くは、販売促進的な広告に似たような行動をします。
そのようなことでしか、お客様に好かれる方法を知らないからです。

「お客様に好かれる経営者になろう!」を意識する前に必要なこと、大切なこと・・・
ありますよね!

私が書きたいと思っていること、気が付いちゃいましたか!

では、次回に・・・・

大きな会社は、ただ大きいことだけで消費者は安心度を高めています。

しかし、個人事業や小さな会社は、小さいというだけでなんとなく不信感を抱かれています。
これも大きな会社と個人事業や小さな会社との大きな違いです。

その理由は簡単です。
消費者は総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の熱烈な信仰者だからです。

大きい会社だから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。

実際には、安心の根拠は特にありません。

ただ、大きいから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。
このことはほとんどの個人事業や小さな会社の経営者は知っています。

知っていますから、経営者は対応策として背伸びをして大きく見せようとします。
背伸びすれば消費者の視線が向いてくれると思ってしまうようなのです。

でも、背伸びですからとても不安定です。
ちょっとの振動でも倒れてしまいます。

倒れてしまえば消費者の視界から個人事業や小さな会社の存在は消えてしまいます。
消費者は、倒れるような会社には興味がありません。

で、消費者は、倒れるような安心できない会社であることを再認識します。
個人事業や小さな会社は、スタート地点に戻れればいいのですが、はるか手前まで戻ってしまうことになります。

汚点や失敗が不信感になって残ってしまうからです。

例えば、日本有数の自動車会社が数十万台のリコールをしたとします。
一旦は大きなニュースとして流れますが、すぐに過去の話になってしまいます。

そしてその自動車会社は、何もなかったかのように大量生産を続け、順調に販売をし、その会社の自動車は道路を走り回っています。

ところが、個人事業や小さなお店は、ちょっとしたミスでも致命傷になってしまいます。

飲食店などでは、食中毒で閉店です。
再開の目途が立ちません。

当然、同じ場所では同じような商売はできません。

あるレジャー施設の温泉風呂がレジオネラ菌の発生で閉鎖されました。
閉鎖が決まったころ、会社は「この温泉風呂は二度と開業することはありません!」と発表しました。

その新聞記事は今でも残っています。

その後、数年経ったでしょうか。
桜花舞い散る季節の露天風呂は大盛況のようです。

温泉風呂は活気に満ちています。
経営も依然と同じ会社です。

これらものことも、基本にあるのは消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰です。

信教の自由な国ですから消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を非難するわけにはいきません。

結果的に消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝は、大きな会社のためにあります。
この信仰は、個人事業や小さな会社には利用できません。

この信仰を個人事業や小さな会社が利用しようとするとほとんどが失敗します。
大きくはなく、有名ではなく、実績がない小さな会社だからです。

個人事業や小さな会社は、利用できないことを知って頑張ります。
そのまま大きな会社に戦いを挑むこともできません。

このままでは消費者を奪うこともできません。

消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝に関しては、個人事業や小さな会社は完敗です。
個人事業や小さな会社は、負けがわかっている領域には出ていきません。

この消費者が規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者であることは、個人事業や小さな会社の経営者は絶対に忘れないことです。

ただ、個人事業や小さな会社は、消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を逆説的に利用することは不可能ではありません。
この話は、後述します。


大きな会社やチェーン店、そして個人事業や小さな会社との違いを確認してみます。

「そんなこと誰でもがわかっていることです!」とほとんどの人が言います。

でも、ほんとうに知っていれば、個人事業や小さな会社が大きな会社の真似はしません。
真似をして、同じ土俵で戦ったら、明らかに負けるからです。

ですが、やっぱり真似て、個人事業や小さな会社が行き詰まっています。
知っているようで知らない大きな会社やチェーン店と個人事業や小さな会社との違い、です。

知っていても、真に認識できていない大きな会社やチェーン店と個人事業や小さな会社の違いです。


差し当たり大きな会社と小さな会社の違っている部分を確認します。

まず、事業規模が違います。

単純に大きい。
何が大きいかと言っても、すべてが大きいのです。

大きいことは信用です。信頼です。
大きければ、単純に消費者が信用してくれます。

さらに、大きいことで安心感を持ってくれます。
商品を並べれば、通常であれば大きい会社の商品を多くの消費者は選びます。

そして、従業員の数が違います。

学力や能力がある人が多くいます。
たぶん学歴のある人も多いはずです。

専門の研究員がいるかもしれません。
事業を企画・計画する専門の人がいるかもしれません。

統治能力に長けた人もいます。
大きな会社であれば、小さな国ほどの人材と能力があるかもしれません。

次に資金力が違います。

大きな会社は、事務所や工場、店舗など多くの不動産を持っています。
それを資産だと考えれば素人的には安心です。

そうそう、お金があれば優秀な人材を集めることができます。
他人の能力も利用できます。

コンサルタントを雇い、社外からの知恵もいただきます。

さらに資金力で発揮できるのが広告宣伝です。
大きな会社やチェーン店は社会変えてしまうかもと思えるほどの広告投資をします。

消費者を大量に動かすことなど簡単です。
資金と広告宣伝力をもってすれば消費者は容易に動きます。

人、もの、金です。

企業にとって基本の基本として必要なものです。
大きな会社やチェーン店と比較すれば、すべてにおいて個人事業や小さな会社が負けています。

そもそも事業経営における基本的な部分ですべて負けています。
少しばかりじたばたしても大きな会社やチェーン店に勝てるものなどありません。


個人事業や小さな会社が生き延び効果的に稼ぐ!

そのためには、大きな会社やチェーン店との違いを明確に認識できていることです。

違いがあり、簡単に追い付けないことを自覚することです。

残念ながら、個人事業や小さな会社で行き詰まる根本的な原因は、大きな会社やチェーン店との違いを自覚していないことです。

個人事業や小さな会社の経営者自身が実際に立っている場所がわかっていないのです。
雲の上で商売をしていれば、踏ん張れません。

流れがある川では、簡単に流されてしまいます。
大きな波が来れば巻き込まれます。

そのような状況の中で、精一杯の費用と熱意で広告を出しても、消費者がこちらを向いてくれません。

個人事業や小さな会社はいつも空回りです。

個人事業や小さな会社は、足場の良くないところで商売をしているのです。


今回のまとめ

個人事業や小さな会社は、事業経営に基本的な部分で大きな会社やチェーン店とは違っていることを経営者として自覚します。

理解しているようで、実は多くの経営者は理解していません。

個人事業や小さな会社の失敗を自らが作っているようなものです。

この「経営者の金庫の扉」は、2011年ころのブログの名称です。
ところが、何年かしてブログサービスが終了して記事は消滅してしまいました。

悔しかったですが、一部はプリントアウトして残っています。
読み返してみると実に素直に表現していると、自分ながらに感じています。

私が成長していないのか、大手企業と個人事業や小さな会社の構図が変化していないのか、読み返しながら頷く個所の多さにびっくりしています。


「経営者の金庫の扉」の復活です。


個人事業や小さな会社には、独自の経済学や経営学があります。

そして個人事業や小さな会社の領域には、大手が介入できない部分があります。
その大手が介入できない部分を利用しない手はありません。

効果的に活用できれば、「効果的に稼ぐ!」ことができるようになります。
実際、多くの経営者が大きな会社を真似していることが不思議です。

なぜ個人事業や小さな会社にしかできないことを見つけられないのでしょうか。
最初に発信して約8年、少し進化した「経営者の金庫の扉」を配信したいと考えました。

先日、短期アルバイトの体験研修に参加しました。
参加者は、たぶん100名ほどと思います。

短期のアルバイトを100人以上も募集をするのですから、興味がありますよね!
覗いてみたくなって応募しました。

何をしているのか・・・

どのような扱いを受けているのか・・・

素人を相手にどのような教え方をしているのか・・・

結果、やはりアルバイトレベルの労働者ではダメです。

短期のアルバイトということで時給は多少高くなっていましたが、非正規のまま、労働者の梯子をするような人間を作っているようなものです。

短期アルバイトがうまく機能していないのは仕方がありません。
短期アルバイトだからです。

ですが、このような労働を仕事と解釈しないで欲しいと思いました。
このような職場で塩漬けされてしまうと、新鮮な人間も変わってしまうのでしょうね!


ちょっとの志があれば、独立です。 自営です。
規模は大きくなくても大丈夫です。

ですが、個人事業や小さな会社であれば、独自の経営学があることを知っておいて欲しいものです。

知られているように、起業して5年以内に90%以上が失敗していると言われています。

なぜ起業して、失敗に突き進んでしまうのか?
不思議で仕方がありません。

竹籠を覗きます。

暗い方を向いて竹籠を見ても穴の存在が良くわかりません。
しかし、明るい方にかざして竹籠を見ると、いくつもの明かりがはっきり見えます。

裏返してみると全く違った社会、経営が見えてきます。

経営と言う言葉は同じでも、大きな会社と小さな会社では、内容が全く違っています。
すべて、大きな会社が勝っているかと言うとそうでもありません。

個人事業や小さな会社では、社長が商品を買ってくれたお客様に、直接「ありがとう!」と言うことができます。
しかし、大きな会社では、社長が商品を買ってくれたお客様に「ありがとう!」と言える機会はほとんどありません。

会社、経営、社長、言葉は同じでも、異質なものです。
このことを知ると、とても商売が面白くなってきます。

小さな会社で当然と思っていることが、大きな会社ではできないことがあると・・・
もちろん、その逆もあります。

ブログのテーマは、「個人事業や小さな会社で効果的に稼ぐ!」です。

あなたの成功のヒントの一端になれば幸いです。

ご無沙汰しています。

半月間ほど実際に体験しての労働環境の調査・研修をしています。
ある事業所の作業において、臨時に招集したアルバイトが効果的に作業を遂行しているかの体験確認です。

アルバイトが効果的に作業を遂行できなければ、精神的な余裕は生まれません。
余裕が生まれなければ、自主的に行動できる体制はできてきません。


短期のアルバイト招集ですから時給は多少高くなっています。
今回は、基本的に短期のアルバイト招集で素人です。

その素人が機能的に行動できるようになるためには、作業方法の指導がとても重要です。
ですが、実際には約5日を経過していますが、アルバイトが効果的に作業を遂行しているようには見えません。

少し高い時給で募集をすれば短期のアルバイトは集まります。
しかし、その短期のアルバイトはあくまでも素人集団です。

少し時給を上げて募集をすれば、人は集まります。
まだまだ究極的な人手不足ではありません。

ただ、せっかくアルバイトを集めても、活かせなければ価値がありません。
今までのところの評価では、この事業所では効果的に短期アルバイトを動かしていません。

見たところ、指導者に問題がありそうです。
指導者もまるで素人集団で、アルバイトを募集する以前に作業の指導者の教育が必要に思います。

事業所には、何人かの作業指導者がいます。
作業指導者は、全般的に高齢で、60歳代の後半から70歳代のアルバイトもいます。

聞き取り調査によれば作業指導者もアルバイトで、短期アルバイトよりも時給が安いと言っていました。
作業指導者の若返りと待遇改善が必要です。

アルバイトであろうが、パートであろうが良い指導者のもとで自信を持って働ける環境が必要です。
作業を効果的に遂行できる環境を作り、その先に「サービス業の品質」があります。

例えば、飲食店で、アルバイト店員の作業が未熟で、思うように作業が遂行できなければ、お客様への配慮などできるはずがありません。
お店の汚れやゴミがあっても目に入りません。

事業所の作業でも同様です。
効果的に作業を遂行できる環境ができなければ、結果的に素人集団のままで終わってしまいます。

良くない労働環境や作業の不効率が労働生産性を高められない原因のようです。

OECD加盟国の中で、労働生産性では日本は20位と報告されたようです。
何となくわかるような気がします。

新しい元号が、明日発表だということで、そわそわしています。
何となくそわそわしてしまうから不思議です。

平成が終わり、今度はどのような元号になるのでしょう!


まあ、区切りとは言っては何ですが、メールマガジンを無料配信が始まりました。
プレゼントの企画なども用意しますので、興味がありましたら画像をクリックして登録してください。

メルマガ・サービス業探検隊

テーマは、「サービス業と経営」です。

私自身、すべての事業にサービス業を組み込むことをお勧めしています。
官庁も自治体も・・・・です。

関係者に消費者や利用者の感情や意向を気にして欲しいからです。

昨今の事業所は消費者にやさしくありません。
やさしくなければ、何も高く買う必要はありません。

コンビニの店員から、「いらっしゃいませ!」や「ありがとう!」は不要です。
どうせ視線はどこかに向いているからです。

できる限り安価で買うことを考えます。
だから、コンビニでの買い物は少なくなります。

ドリンクならスーパーの方が安いし、・・・
緊急時の間に合わせでしかないような気がします。

コンビニが便利さだけで生き残るのは無理があります。

消費者が必要としなくなったら、入れ替わります。
格差社会の中では、コンビニの存在は似合わないような気がします。

悪口ではなく、そろそろ入れ替わりの時期が来ているような気がします。
コンビニ経営の歪が露呈しているからです。

公共料金の支払いのためだけのコンビニの存在など・・・





このページのトップヘ