「サービス業の品質を高める!」

サービス業は、私たちの正当な評価でますます品質が向上します。

私たちが社会生活を健全に営むための大切なテーマです。

昨今、安価競争が激しくなっています。
商品やサービスの評価は、安価であることが重要ですが、安価を求め続けることによって、何かが失われています。

「安いから仕方がない!」

「安くしなければ買ってくれない!」

確かにそうかもしれませんが、追求するあまり表示偽装や産地偽装が横行しています。今も偽装がどこかで行われています。たぶん・・・

”偽装”と言う言葉は、耐震偽装の建築士のおかげで広まりました。

今までも数多くあったと思われる偽装に対して警鐘を鳴らすきっかけを作ってくれたのかもしれません。

商品価値は、安価が重要な要素であることは間違いありません。
しかし、その安価は、何かを壊しています。

まず、消費者が商品やサービスを正当に評価する知識や常識を壊しています。

私は、いつも不思議に感じているのですが、日本におけるソフトや芸術の評価は、いつも外国人です。

芸術は、多くが外国で評価されてから日本に戻ってきます。

”おもてなし”も、外国人に絶大な評価を得ています。
が、日本人は、無頓着です。

日本人は、いつも事件や事故が起きてから慌てます。

毒入り餃子も尖閣諸島も北方領土の問題も、多くのことが問題になってから意識し始めます。
それまでは、まるっきり蚊帳の外です。

今、多くの食品は、外国で作られ、輸入しています。
もちろん、日本のブランドです。

私たちが口に入れている食品の多くが日本ブランドの外国製です。

製造工場が国外逃亡しています。
日本の失業率が高くなり、就職難のはずです。

ですが、一方で人手不足です。
大手企業が外国人を積極的に受け入れています。

私たち日本人って、いったい・・・

そんなことも考えながらのサービス業の品質です。
サービス業の品質ですから、従業員の接遇や接待を評価するのではありません。

日本のあらゆるシステムの欺瞞や小細工を暴き、消費者が安心して正当に評価・選択できる社会を目指しています。

ちなみに、「サービス業の品質」とは、
たとえ高額な販売価格であったとしても、お客様に積極的に買っていただける環境を言います。


2010年の記事を修正してアップしました。