メールマガジン「サービス業探検隊」の配信が始まり、
配信記念として、冊子「便利屋を楽しむ!」を無料でお送りしています。

応募期限は6月15日ですが、先着35名様に達し次第終了です。

冊子・プレゼント

お送りする冊子のテーマは、便利屋の経営ですが、・・・
これからは、独立自営の時代です。

企業に自分を委ねる時代が終わるからです。
便利屋でなくてもいい、自立です。

できれば、サービス業から・・・

時代は変わって、終身雇用が終焉を迎えています。
それなのに、定年を60歳から、65歳になり、70歳にまで伸ばそうとしています。

労働者をまだまだ枠の中で働かせようとしています。
少子高齢化で年金財政が不足するからです。

働かせて、消費税を上げ吸い上げる算段です。
巷では消費税25%まで言われる始末です。

企業に自分を委ねる時代が終わると・・・・
自由に生きる人たちが増えてきます。

田舎に行けば自然の中で収入が少なくても生活できるからです。
空き家の賃料は安いし、新鮮な食材は身近にあります。

少ない収入でも、支出が少なければ十分気楽に生きていけます。

収入が無ければ所得税を取れません。
消費してくれなければ消費税が取れません。


自立して事業を自分で始める人、田舎で自然と共に生きる人。
そのような人が多くなれば、労働者はさらに少なくなります。

人口減少に拍車をかけて労働者が減ります。

都会では、労働者の争奪戦が始まっています。
企業やお店は、労働者の引止めるのに必死です。

で、時給が上がり始めています。
都内では、1,000円以下ではほとんど応募がありません。
郊外でも着実に時給は上がっています。

話は変わって、便利屋は面白い商売です。
皆さまは便利屋をどのように定義しているかわかりません。

が、何をしても他人の手助けをすれば便利屋です。
難しく考えないで、投資をしないで、気楽に便利屋です。

そして、独立自営です。
もう、企業に縛られる生活とはお別れです。