経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

カテゴリ: サービス業で稼ぐ

昨今の消費社会、気になることばかりです。
お店などでのお客様対応では、好感が持てないことも頻繁に目にします。

サービス業の精神が見えない!

どこに行ってしまったのだろう!
あの気遣い、気配り・・・・思いやり・・・

消費者は、総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者です。
このことは、頻繁に私が言っていることです。

ほとんどのお客様は、お店や商品、サービスの選択においてこれらの信仰を基本にしています。
選別が楽になりますし、まったく間違っているとは言えないからです。

これを事業者側の論理で考えると、大きな会社やチェーン店は絶対に有利です。
大きいだけで有利です。

そこに有名な会社であればなおさら、実績があれば非の打ちどころがありません。
お客様の選択は、規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝で、ほぼ間違いはありません。

ところが、

大きな会社やチェーン店にとって絶対に有利な消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝ですが、ときどき間違いが生じます。

寡占や独占などによる弊害です。
公正取引委員会が監視していますが、入札における談合などもあります。

私たちは、規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者だからと言って、甘い選択をしていてはいけません。
私たちが浮かれている間にどんどん事業者優先の社会になっているのです。

ですが、簡単に抵抗できるものではありません。
自分たち消費者は、総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者だからです。

寡占や独占が良くないことと理解しつつ、実際には応援しているのです。
場合によっては、「強いのだから仕方がない!」と容認してしまうこともあります。

サービス業の精神についても同様のことが言えます。
人口知能(AI)の進化、デジタル化、高速化などで、サービス業の精神が軽視される傾向になっています。

スピード優先、便利さ優先、効率化優先です。
消費者は、その消費社会に巻き込まれている過程にあります。

ある人は、「日常の不満やストレスを非日常で癒せ!」と言います。
消費社会の不満やストレスを、気遣い、気配り、思いやりがない旅行などの非日常の行動で癒せと言うのです。

その割に、収入が増えない・・・・

大きな会社やチェーン店が、サービス業の精神から逃げている雰囲気が伝わっているでしょうか。

今回の消費税率変更の対応策・・・
ポイント還元、対応レジの導入などで、小さなお店までも巻き込んでいます。

スピード優先、便利さ優先、効率化優先を消費者に押し付けるだけでなく、個人事業や小さな会社にも押し付けようとしています。


消費者のすべてが、今日のようなスピード優先、便利さ優先、効率化優先を期待しているわけではありません。

ある人は、消費社会から逃避して自然の中で自給自足の生活に挑戦しています。

ある人は、個人事業や小さな会社を応援しています。

応援する理由は、心地良い居場所が欲しいと考えているからです。

この「経営者の金庫の扉」は、2011年ころのブログの名称です。
ところが、何年かしてブログサービスが終了して記事は消滅してしまいました。

悔しかったですが、一部はプリントアウトして残っています。
読み返してみると実に素直に表現していると、自分ながらに感じています。

私が成長していないのか、大手企業と個人事業や小さな会社の構図が変化していないのか、読み返しながら頷く個所の多さにびっくりしています。


「経営者の金庫の扉」の復活です。


個人事業や小さな会社には、独自の経済学や経営学があります。

そして個人事業や小さな会社の領域には、大手が介入できない部分があります。
その大手が介入できない部分を利用しない手はありません。

効果的に活用できれば、「効果的に稼ぐ!」ことができるようになります。
実際、多くの経営者が大きな会社を真似していることが不思議です。

なぜ個人事業や小さな会社にしかできないことを見つけられないのでしょうか。
最初に発信して約8年、少し進化した「経営者の金庫の扉」を配信したいと考えました。

先日、短期アルバイトの体験研修に参加しました。
参加者は、たぶん100名ほどと思います。

短期のアルバイトを100人以上も募集をするのですから、興味がありますよね!
覗いてみたくなって応募しました。

何をしているのか・・・

どのような扱いを受けているのか・・・

素人を相手にどのような教え方をしているのか・・・

結果、やはりアルバイトレベルの労働者ではダメです。

短期のアルバイトということで時給は多少高くなっていましたが、非正規のまま、労働者の梯子をするような人間を作っているようなものです。

短期アルバイトがうまく機能していないのは仕方がありません。
短期アルバイトだからです。

ですが、このような労働を仕事と解釈しないで欲しいと思いました。
このような職場で塩漬けされてしまうと、新鮮な人間も変わってしまうのでしょうね!


ちょっとの志があれば、独立です。 自営です。
規模は大きくなくても大丈夫です。

ですが、個人事業や小さな会社であれば、独自の経営学があることを知っておいて欲しいものです。

知られているように、起業して5年以内に90%以上が失敗していると言われています。

なぜ起業して、失敗に突き進んでしまうのか?
不思議で仕方がありません。

竹籠を覗きます。

暗い方を向いて竹籠を見ても穴の存在が良くわかりません。
しかし、明るい方にかざして竹籠を見ると、いくつもの明かりがはっきり見えます。

裏返してみると全く違った社会、経営が見えてきます。

経営と言う言葉は同じでも、大きな会社と小さな会社では、内容が全く違っています。
すべて、大きな会社が勝っているかと言うとそうでもありません。

個人事業や小さな会社では、社長が商品を買ってくれたお客様に、直接「ありがとう!」と言うことができます。
しかし、大きな会社では、社長が商品を買ってくれたお客様に「ありがとう!」と言える機会はほとんどありません。

会社、経営、社長、言葉は同じでも、異質なものです。
このことを知ると、とても商売が面白くなってきます。

小さな会社で当然と思っていることが、大きな会社ではできないことがあると・・・
もちろん、その逆もあります。

ブログのテーマは、「個人事業や小さな会社で効果的に稼ぐ!」です。

あなたの成功のヒントの一端になれば幸いです。

おかげさまで、冊子「便利屋で効果的に稼ぐ」が売れています。

便利屋検定を受験するためのテキストにもなっています。

冊子「便利屋検定・テキスト(2019年版)」のテーマは、・・・

「便利屋で効果的に稼ぐ!」です。


この冊子は、便利屋検定に合格することだけでなく、
便利屋で効果的に稼いでいただくことを目的に編集しています。

簡単に「便利屋で、効果的に稼ぐ!」と書いていますが、
お客様(利用者)からの支持が無ければ稼ぐことなどできません。

もちろん、お客様に迷惑をかけているようでは支持されることなどありません。

どのようにして便利屋を運営するか、
どのようにしてお客様の支持を得るか、など・・・

品質協会の冊子

さらに、便利屋経営は、とても特殊です。
そして、とても面白い商売です。

特殊で面白い商売ですが、一方でサービス業経営の原点的な要素が詰まっています。

意外にも、便利屋経営の奥深さを実感できる小冊子です。

この冊子は、「個人事業者へのすすめ」でもあります。

便利屋など訪問サービス業者に依頼しようとするとき、お客様が困っていることは大きく2つあります。

1つ目は、業者の選別に対して不安があることです。
業者の選別を間違えてしまうと、お客様自身が不満を抱くことになるからです。


少し話を変えて、商売では「集客」が大切と言います。

お客様が来て、商品を購入したりサービスの依頼をしてくれなければ商売になりません。
やはり、お客様に来ていただく必要があります。

お客様に来ていただくとして、「業者の選別」と「集客」とでは全く異なった意味があります。
それは、主体が業者の側にあるか、それともお客様の側にあるかの違いです。

この違いに気付いていない小規模事業の経営者はとても多いようです。
逆の発想をしてお客様に来ていただこうとしても成果が出ません。

事業規模や職種、商売のやり方によって主体が逆転するからです。

通常、事業規模が大きく、知名度があれば、消費者に何らかのお得や情報を振りまいて「集客」をします。
主体は企業側にあります。

ところが、事業規模が小さく、知名度が低ければ、お客様に主体があって、お客様が業者を選別して行動を起こします。
いわゆる、お客様によって「業者の選別」が行われるわけです。

となれば、、「業者の選別」と「集客」とでは全く正反対の方法で広告宣伝を行う必要があります。

事業規模が小さく、知名度が低い業者は、大きな会社とは全く違った広告宣伝が必要です。

それは、安易に安い価格で商品やサービスを販売しないことです。
事業規模が大きな会社は、元の価格に戻せますが、事業規模が小さな会社は軽薄に価格を変動させればお客様は逃げていきます。

それは、基本的に消費者は規模崇拝、権威崇拝の信仰者であって、規模が小さな事業者に対しては常に不信感を持っているからです。

事業規模が小さな事業者は、おまけや割引でお客様に来ていただくことは、先々怪我をすることになります。
小規模事業者に対しては、その費用の出所を疑ってしまうのです。

便利屋など訪問サービス業者は、一般的に小規模な事業者です。
ですから、大規模事業者と同様の広告宣伝はできません。

以上のことを考えれば、お客様による「業者の選別」がいかに大切なことか理解できるはずです。
「業者の選別」は、お客様が主体で行われていることも肝に銘じておく必要があります。


便利屋検定

今年から「ここち検定」が始まります。
テーマは、「消費者がサービス業コンサルタントになる!」

ここち検定で、商品やサービスを正当に選別する知識や技術を身に付け、
さらには、「サービス業コンサルタント」になる道を作ります。


実施は、サービス業関連の検定一筋の「全国サービス業品質協会」です。

サービス業は、小手先の改善・改革では、業績向上の道筋を描くことはできない時代になっています。
単に接客や接遇を変えたところで、お客様は満足しません。
それは、すでに当然のことだからです。

根本のサービスのシステムから変える!

満足だけでなく、心地良く商品やサービスを手に入れる!
そのシステムがうまく機能していなければ、お客様は来てくれません。

すでに消費者は、小細工された広告宣伝には、うんざりです。
クチコミ情報も商品の表示も信用できません。

では、何を変えるかです。
割引、おまけ、ポイント!?
消費者は、利用するときは、利用します。

ですけど、もうそれに振り回されることはしません。
商品やサービス、そして業者の選別をする知識や技術が高まれば、大丈夫!

ですから、消費者に得になることは、どんどん出してください。
そんなサービスで勝負をしたいなら、持ち堪えられるまで、頑張ってみてください。
でも、消費者に本音を見破られたら一巻の終わりです。

「消費者がサービス業コンサルタントになる!」

方向を掴むだけでも生き方が変わります。
無造作に生きることから脱出できます。

商品やサービスを真剣に観察しなければ、そして評価できなければ、
コンサルタントにはなれないからです。
それを学ぶ入り口「ここち検定」で自分の実力を確認します!


このページのトップヘ