経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

カテゴリ: 嫌な思いをさせない

個人事業や小さな会社の経営者は、まずお客様に好かれるべき!
そのように教えられることは多い。

すでに書きましたように、お客様に好かれようとすると・・・
カッコよく見せ、大きく見せ、優位に見せ、背伸びする。

経営者の多くは、販売促進的な広告に似たような行動をします。
そのようなことでしか、お客様に好かれることを知らないからです。

経営者がお客様に好かれる!

その大前提にあるのは・・・・

「お客様に嫌な思いをさせない!」

ことです。

言われてみれば簡単ですが、商売をやっていると意外と気が付きません。

今日では、大きな会社やチェーン店では、嫌なことに頻繁に出会います。
もちろん、個人事業や小さなお店でも嫌なことに出会います。

それは、「お客様に嫌な思いをさせない!」という考えが定着していないからです。

商品を売るお店の従業員は、売ることが仕事・・・
私の仕事は、カッコよくお客様に買っていただくこと。

「床に落ちているごみを拾うのは私じゃない!」

「いらっしゃいませ!」や「ありがとうございました!」は、マニュアルに書いてあるから・・・
マニュアルに「お客様には『ありがとう!』と言いましょう!」と書いてあるから、言ってるだけ・・・

「どうのようにして言葉に心を込めるのよ!」
「言葉に心を込める方法を教えてよ! 先輩!」などと、言われてしまいます。

残念ながら、それでも商売は成り立っています。
多くは大きな会社やチェーン店だからです。

「お客様に嫌な思いをさせない!」などと言う考えは、さらさらありません。
大きな会社やチェーン店だからです。

大きな会社やチェーン店の従業員は、「お客様に好かれる!」なんてことも考えない。
決められた仕事だけをして、時間の経過で賃金をいただいて、・・・・それが仕事だからです。

嫌ならすぐに辞めて・・・
人手不足の原因を作ります。

従業員の悪口ではありません。
今や世間の多くの会社やお店の従業員の常識なのです。

常識なのですから、間違っていません。
違う考えで余分なことをしたら怒られる時代です。

「お客様に嫌な思いをさせない?」なんて、とんでもない。
まず、「従業員に嫌な思いをさせない!」ことが先になっています。

なぜかすっきりしませんが、そのような時代です。

そうであれば、サービス業の品質を高めれば、大きな会社やチェーン店を恐れることはない。

そのように思えませんか?

個人事業や小さな会社は、経営者自身が会社であり、会社は経営者の色そのものです。

個人事業や小さな会社が効果的に稼ぐためには、・・・

お客様に好かれる経営者になることです。

そう、お客様に好かれるようになれば、・・・お客様がお店に来てくれるようになり、儲かるようになります。

通常では、そんな感じで講義が終わります。



えっ!

そうじゃないんですか?

「お客様に好かれる経営者になろう!」とすることで、何か問題でも?

問題どころか、大問題なのです。

お客様に好かれるようにするために、経営者はどのようなことをしますか?
まず、カッコ良く見せようとします。

大きく見せます。
信用できる会社のように説明します。

知識人で博学者のような振る舞いをします。
専門用語を羅列して説明するようになります

お客様に好かれるようにするために・・・・
しかし、これらのことはほとんどが逆効果です。

あなたの広告を確認してみてください。
必要以上に大きく、優位に見せるようなキャッチコピーを書いていませんか?

押しつけがましくなっていませんか?
上から目線になっていませんか?

お客様に好かれるようにしたことの多くが、お客様に嫌われる原因になっています。
理由は、多くが上から目線、押し付けになってしまうからです。

私たち人間は、上から目線、押し付けは大嫌いです。
たぶん、あなたも嫌いなはずです。

嫌いなのにお客様に押し付けている。
これが商売人のよくないところです。

商売人になったからって、偉いわけではありません。
良く言うじゃないですか!

「実るほど頭を垂れる稲穂かな!」

できる人間ほど頭が低いということです。
私たちは、謙虚な人を好む傾向があります。

書きましたように、お客様に好かれようとすると・・・
カッコよく見せ、大きく見せ、優位に見せ、背伸びする。

経営者の多くは、販売促進的な広告に似たような行動をします。
そのようなことでしか、お客様に好かれる方法を知らないからです。

「お客様に好かれる経営者になろう!」を意識する前に必要なこと、大切なこと・・・
ありますよね!

私が書きたいと思っていること、気が付いちゃいましたか!

では、次回に・・・・

このページのトップヘ