ブログネタ
新聞の購読勧誘の粗品 に参加中!
また、新聞購読の勧誘員が来ました。
何度か来ている勧誘員で顔を覚えてしまいました。

すでに購読の予約(3ヶ月)を予約しているのに、さらに先の予約を欲しいと言うのです。
ですが、「そんな先の予約は必要ない!」と断りました。

追い返すように、強く言ったのですが、「他社に予約をされては困る!」と帰りません。
そこで、「何かいつもの以上に置いていくだろうな!」と言ったら、「がんばります!」と。
頑張りが足りなければ追い返すだけです。

首都圏のベッドタウンの住宅地などでは、多くの折込チラシが入ってきます。
新聞販売店は、織り込みチラシの部数が多いことで業績が左右されます。
もちろん、新聞の配布部数が多いことが条件になります。
で、相変わらず新聞購読勧誘が活発なわけです。

通常、首都圏のベッドタウンの住宅地などでは、3ヶ月予約が通常です。そのはずです。
そうすると、年間に4回購読の予約をすることになります。
全国紙の場合、通常朝刊だけで、月に3,517円です。

で、3ヶ月分の予約で、どれだけの粗品をゲットするかです。
以前は、ビールであって、ビールでない「金麦(350ml)」をいただいていました。

最近では、「スーパードライ(350ml)」に格上げです。
壇れいは、かわいいですが、「金麦」はいけません。竹内結子のビールがいい。
なんてこと考えながら、「スーパードライ(350ml)」です。

「スーパードライ(350ml)」は、1ケース、おおよそ4,300円。
今回は、それでは不足ですので、そのほかに、・・・。
トイレットペーパーと洗剤(1kg)2箱。

どこに基準があって、どれが標準かわかりませんが、
朝刊だけの3ヶ月予約で、この程度は常識のようです。
いや、まだまだ上があるかもしれません。


検定・試験 





にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村