経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

タグ:会員

便利屋経営士会では、、「便利屋経営士・会員ページ」を発信しています。

「会員ページ」の内容は、「便利屋経営士」を名乗って事業運営をする基本ルールの徹底もありますが、
登録して活躍している便利屋さんなどが、さらにステップアップしていただくことが理由です。

「会員ページ」では、便利屋を運営するための商材の会員優待販売なども予定しています。

「便利屋経営士」の登録には、「便利屋検定」に合格していることが必要です。
「便利屋検定」に合格して、まだ「便利屋経営士」の登録がお済みでない方がいらっしゃいます。

過去に「便利屋検定」に合格された方の優先登録を行っています。
この機会に登録されることをお勧めしています。


最後になってしまいましたが、便利屋に依頼しようとお考えの皆様、
ホームページなどで「便利屋経営士」のマークを見つけたときは、相談対象の1社に加えてください。

他の便利屋さんとは違うやさしさや的確さを見つけていただけると思います。

便利屋経営士


ブログネタ
資格・免許・検定に挑戦! に参加中!

このブログでは、「サービス業品質判定士」や「便利屋検定」の案内や受験対策の情報をご案内しています。

訪問サービス業(便利屋など)を開業するためには、資格や免許は要らない!
しかし、訪問サービス業(便利屋など)がお客様からお受けしている作業などのほとんどは、資格や免許が必要です。例えば、業者の車で荷物を運べば貨物運送業、人を運べば旅客運送業の免許が必要です。

などと考えながら、ふと、訪問サービス業(便利屋など)のホームページやブログに書いてある『お墨付き』を追っかけてみました。
で、「〇〇〇協会」会員とか、所属とか、加盟店とか。まるで、その「〇〇〇協会」にお墨付きをいただいているような感じです。
会員とか所属していると、信用でき、信頼できるように自分で書いているのです。

フランチャイズチェーンの加盟店なら加盟店表示も理解できるのですが、どうもFCの加盟店でもないらしい。
本部の名前を大手検索エンジンで追っかけてみました。
そして、「〇〇〇協会」なるものを分類してみました。(FC加盟店の表示は、除きます)

① 本部のホームページもなく、どうもホームページ作成会社が勝手に「〇〇〇協会」なるものを表示して、ホームページの作成を募集しているようです。訪問サービス業(便利屋など)へのお墨付きとはまったく関係がないようです。
② 本部のホームページが単なる便利屋のリンク集とか小型の検索エンジンで、特に訪問サービス業(便利屋など)のお墨付きではなく、そのサイトに登録していることの表示だけのようです。
③ 本部のホームページがあり、それなりの理論や運営方法に関すること、消費者への注意喚起が記載してあるものの、登録している会員数が少ないのが特徴です。

これらを考察すると、訪問サービス業(便利屋など)のお墨付きは特になく、多くが業者の自己満足的な宣伝であることがわかります。まじめに運営している本部であっても、会員数が少ないところを見ると、健全化の活動に積極的ではないのかもしれません。
また、訪問サービス業(便利屋など)の業者が会費などを支払ってでも健全経営などについて学ぼうとしていないのかもしれません。

これらを考えると、これからも訪問サービス業(便利屋など)の業者との取引において、まだまだトラブルや事故がなくなりそうもありません。






便利屋検定


にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村

このページのトップヘ