ブログネタ
巷のサービスの品質 に参加中!
サービスは、度が過ぎるとお節介になってしまう。

「余計なお世話だ!」になってしまうのです。

実際、干渉されるものがないことほど爽快なことはない!とても気楽である。

自分だけの時間、自分だけの空間を壊さないで欲しい。入り込んで来ないで欲しい。

考え事をしているとき、声をかけないで欲しい。干渉されない。干渉しない。

日本人は、そっとしておいていただくサービス(干渉しないサービス)が好きなのかも知れません。

強く主張しないけど、拘束もされたくない!

多くの人が結婚しない理由もそんなところにあるのかも知れない。

事情はいろいろあるでしょうが、無縁死、孤独死も似たようなところがあります。

人間は、しがらみがあるから成長します。

干渉しないサービスを上手に活用することが必要です。

干渉しないサービスを通常化すると、サービスの品質が低下する可能性を持っているからです。

ファミレスなどのドリンクバーやテーブルの呼び鈴の普及はその証です。