経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

タグ:温泉

ブログネタ
資格・免許・検定に挑戦! に参加中!

オーシャンビューの宿で、疲れを癒す!
とは言ったものの、あまり疲れてはいません。

仕事は、気楽に気楽にやっていますので、あまり疲れません。
疲れていたのでは、いい仕事ができないからです。

いつも気楽に、余裕を持って・・・。
窓からの眺めです。

p1202nishiura005

三河湾に浮かぶ岩に立つ小さな灯台が夜には赤い光を放っていました。

これが宿の客室です。
新しくはありませんが、それなりです。

p1202nishiura001

灰皿が気になります。
時代が変わって、そろそろ灰皿の無い客室もよろしいかと・・・。
ビジネスホテルは、禁煙室もあるのに・・・。

p1202nishiura002

玄関からの写真です。
この下は、露天風呂付き客室の階です。

暖かい季節になれば、露天風呂で沈む夕日を眺め、飛行機の点滅を追うのもいいでしょう!
そんなロマンチックな状況では、余計に疲れてしまいそうです。

p1202nishiura003

そろそろ夕日が沈みますが、雲が邪魔をしています。
困った雲です。

これも客室からの眺めです。

夕食は、食事どころですが、個室です。
隣の個室では、熟年のご夫婦が食事中です。

p1202nishiura006

膳には、順次料理が運ばれてきます。
お品書きが見えますが、読めませんね!

ときどき、楽しそうな声が聞こえてきます。
仲居さんが、隣で「鮑の酒蒸しです!」と言いました。

ですが、こちらの部屋に鮑はいません。
サザエに変わっているようです。
料金は、1000円違いのようです。

安価な旅行!
とても、満喫させていただきました。


<冊子「サービス業品質判定士試験・傾向と対策(平成24年版)」が、2月20日から販売開始!>

冊子「サービス業品質判定士試験・傾向と対策(平成24年版)」が、2月20日から販売開始になります。

この「サービス業品質判定士試験・傾向と対策」は、もちろん受験対策の冊子ですが、いろいろな商売の事業経営者にも役立つ内容になっています。
それは、事業経営には、常にお客様が存在し、サービス業の品質が重要な位置を占めているからです。

「受験者だけでなく、経営者に読んでいただきたい!」
そのような内容の冊子です。

サービス業品質判定士試験・傾向と対策


にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村



ブログネタ
資格・免許・検定に挑戦! に参加中!

愛知県の温泉地から帰ってきました。

オーシャンビューの露天風呂は、冷たい風にさらされて、楽しむ余裕がありませんでした。

客室から海に沈む太陽を眺め、薄暗くなって飛行機の点滅を追いました。

当然のように、ビールを飲み、冷酒もいただきました。

宿のチェックアウトのとき、夕食時にいただいた冷酒の代金が漏れていました。

で、自己申告し、清算しました。

私以外の人は、どのように対応するのかわかりませんが、

宿の女将さんは、私の行為をどのように感じていたのでしょう!

お酒をたくさんいただき、温泉で身体を癒し、・・・。

「いいなあ!」・・・・温泉。

今回の旅行の詳細は、後日ご報告させていただきます。

また、次の温泉計画をはじめています。



ブログネタ
巷のサービスの品質 に参加中!

土曜日から、九十九里、白子温泉に行ってきました。
ナトリウム塩化物強塩泉の泉質で、切り傷や疲労回復に効果があるようです。

p1201kujyu005


さて、その宿で気がついたこと!
サービス業の品質評価と言っても、結果的には不満の羅列になりそうです。

p1201kujyu003

温泉宿に行くときの常備品です。
商品のメーカーがどうのこうのではありません。

何が臭うのかと言うと、客室内のタバコの臭いです。
温泉宿に共通した特徴ですが、タバコの臭いは、心地良さを壊してしまいます。

で、消臭剤や芳香剤などをいつも持ち歩いています。
残念ですが、今回のホテルもタバコの臭いには鈍感のようでした。

とかく高齢者はタバコのにおいに鈍感です。シーズンオフの白子温泉は、その高齢者のお客様を集めていますから、当然館内のすべてがタバコ臭くなってしまいます。

p1201kujyu006

この張り紙を読んでください。
「階段を使用しないで欲しい!」と書いてあります。

エレベータ横の階段の入り口扉です。
宿にとっては、意味がある張り紙なのでしょう!

『他のお客様のご迷惑となりますので・・・』とも書いてあります。
「ほう、他のお客様への迷惑も意識してくれている宿なんだな!」と・・・。

廊下から大きな会話が聞こえてきました。
高齢者が客室で酒盛りをしているようです。

客室入り口の扉を開け、会話の内容まで聞こえ、噴出してしまいました。
で、その会話と一緒にタバコの煙が流れてきます。

タバコの臭いが染み付いた廊下に、さらにタバコの煙です。
一目散にエレベータに乗り込みました。
すると、エレベータの中もタバコ臭くなっています。

タバコの臭いを異常に嫌悪しているように書いていますが、私も数年前までヘビースモーカーでした。
ですから、多少のタバコの臭いは許すことができます。

その私でも、吐き気を感じるほどのタバコの臭いです。
で、消臭剤と芳香剤がとても役に立ちました。

『他のお客様のご迷惑となりますので・・・』
タバコの臭いは、迷惑にはならないのでしょうか!

もうひとつ、不満ばかり書いてゴメンナサイ!
温泉宿のサービスの品質向上のために、参考になればと・・・。

建物は、鉄筋コンクリート造6階建て。
築年数はわかりませんが、適当に使い込んでいる宿です。

p1201kujyu007


客室入り口のドアです。
このドアは、内開きになっています。

ドアを内側に直角に開けると、一段上がった床の縁(框)にすれすれです。
下足入れは、開いたドアの右側にあります。

私は、土足のまま一旦床に上がり、ドアを超えてから右側の踏み込みで靴を脱いで、下足入れに靴を入れました。
この内開きドアの不備は、蝶番を逆の位置にすると解決します。

さらに、このドアは、防火対応で鉄製になっており、少しドアが下がっています。
そのため、閉めるとき、開けるときに必要以上の力を必要とします。

で、思い切り押したり、引いたりすると、大きな音が出てしまいます。
『他のお客様のご迷惑となりますので・・・』を意識すると開けることができません。

この宿には、土曜日にもかかわらず安価な料金で利用させていただきました。
でも、安価だからという理由で許せるサービス業はありません。

宿のパンフレットをいただいてきました。
ページのタイトルを並べてみます。

「どんな旅が始まるだろう。」
「この心地良さ」
「美味なるかな」
「美肌の湯あり」
「充実のひと時」
「みどころ多彩に」

綺麗な花があちこちに掲載されているパンフレットを見て、うれしくなってしまいます。

不満や悪口ばかりを書いていると人間が歪んでしまいますので、良かったところも書いておきます。
温泉が良かった。久しぶりに3回も入ってしまった。

もうひとつ、歯ブラシが日本製であったこと。
多くのホテルや旅館は、中国などのアジア諸国で作られた歯ブラシを使用しています。
歯ブラシは、口に入れるものですから、日本製であることで安心します。





サービス業品質判定士試験


にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村

このページのトップヘ