経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

タグ:無料

メールマガジン「サービス業探検隊」の配信が始まり、
配信記念として、冊子「便利屋を楽しむ!」を無料でお送りしています。

応募期限は6月15日ですが、先着35名様に達し次第終了です。

冊子・プレゼント

お送りする冊子のテーマは、便利屋の経営ですが、・・・
これからは、独立自営の時代です。

企業に自分を委ねる時代が終わるからです。
便利屋でなくてもいい、自立です。

できれば、サービス業から・・・

時代は変わって、終身雇用が終焉を迎えています。
それなのに、定年を60歳から、65歳になり、70歳にまで伸ばそうとしています。

労働者をまだまだ枠の中で働かせようとしています。
少子高齢化で年金財政が不足するからです。

働かせて、消費税を上げ吸い上げる算段です。
巷では消費税25%まで言われる始末です。

企業に自分を委ねる時代が終わると・・・・
自由に生きる人たちが増えてきます。

田舎に行けば自然の中で収入が少なくても生活できるからです。
空き家の賃料は安いし、新鮮な食材は身近にあります。

少ない収入でも、支出が少なければ十分気楽に生きていけます。

収入が無ければ所得税を取れません。
消費してくれなければ消費税が取れません。


自立して事業を自分で始める人、田舎で自然と共に生きる人。
そのような人が多くなれば、労働者はさらに少なくなります。

人口減少に拍車をかけて労働者が減ります。

都会では、労働者の争奪戦が始まっています。
企業やお店は、労働者の引止めるのに必死です。

で、時給が上がり始めています。
都内では、1,000円以下ではほとんど応募がありません。
郊外でも着実に時給は上がっています。

話は変わって、便利屋は面白い商売です。
皆さまは便利屋をどのように定義しているかわかりません。

が、何をしても他人の手助けをすれば便利屋です。
難しく考えないで、投資をしないで、気楽に便利屋です。

そして、独立自営です。
もう、企業に縛られる生活とはお別れです。


今日では多くの商売で、割引クーポンを配布し、ポイントを付与しています。

これは、集客効果を高め、販売を促進させるためには効果的なようです。

しかし、割引クーポンを配布し、ポイントを付与での集客が慢性化すると、お客様は飽きてきます。
場合によっては、さらにお得な割引クーポンやポイントを求めるようになります。

万が一割引クーポンを配布し、ポイントを付与のレベルが低下したときは、お店に行かなくなってしまいます。


ある全国チェーンのラーメン店があります。

ときどき「餃子無料」のクーポンがチラシに印刷されて配布されます。
もちろん、そのお店を利用するときは、「餃子無料券」を使います。

無料ですから、使わない手はありません。
「餃子無料券」が手元にないときは、そのお店を利用することはありません。

ところが、あるときから「餃子無料券」が配布されなくなってしまいました。
理由は、わかりません。

当然のことですが、「餃子無料券」がありませんので、そのお店を利用することはありません。
別のお店があり、必ずしもその店を利用しなくても空腹を満たすことができるからです。

そのお店に行かなくなって半年ほどになります。
そのお店の看板が外されていました。

ブログネタ
資格・免許・検定に挑戦! に参加中!

「金持ちになる男、貧乏になる男」という本が売れているようです。

そこで、資格や免許を取得しようとする人の意識を考えてみます。
① 学歴がないから、資格や免許で、実力の証を作りたい。
② 仕事をやるためには、その資格や免許を取得する必要がある。
③ 社会に必要な人間としての実力を確認したい。
などがあると思います。

その先の目標がどこにあるのかわかりませんが、多くの人は、「金儲けをしたい!」と考えているようです。
しかし、資格や免許がその人の人格や資質を決めているのではないと思います。
また、儲けることが確約されているのではないと思います。

その本の宣伝には、『金持ちになる男は、「金持ちにふさわしい人物になろう!」と考える!』と書いてあります。
私は、資格や免許の取得は、自分自身を高めることに価値があると思っています。

資格や免許を取得するときに得る知識などよりも、受験が人間形成に役立っていると思います。
実際、資格や免許を取得しても、そのままの知識で仕事はできません。
中途半端な知識や技術だけでお客様と関わったのでは、お客様に迷惑をかけてしまうからです。

資格や免許を取得しようとする気持ちは大切です。
試験に関わろうとするだけでも価値があります。

でも、即仕事に結びつけることは、危険です。
資格や免許を取得することと、商売とは異質なものだからです。

「資格や免許を取得したら儲かる!」のであれば、資格者は、みんな金持ちのはずです。
しかし、実際には、金持ちは、資格や免許とは関係ありません。

商売とは不思議なもので、資格や免許を保持していることを隠していた方が儲かる場合もあります。
知識や技術は必要ですが、資格や免許が邪魔をしてしまうこともあります。

また、資格や免許をもっているために、自分の人生を拘束してしまう場合があります。
特に難易度の高い資格や免許などですと、それを使わないことへの心の葛藤が生じます。

資格や免許の所得は、「社会の一員としてふさわしい人間になろう!」でいいと思います。
持っている資格や免許に拘束されていたのでは、少し怖いような気がします。

資格や免許の受験で習得した知識や技術は、自分自身の生活や社会に活かす!
私自身、まだまだ資格や免許の受験に挑戦しています。
それは、最低限、脳ミソの活性化のために!


検定・試験


便利屋経営マニュアル(見本版)無料プレゼント


 ↓ ランキングに参加中!応援してください。
にほんブログ村 資格ブログ 民間試験へ
にほんブログ村

このページのトップヘ