経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

タグ:経営

大きな会社は、ただ大きいことだけで消費者は安心度を高めています。

しかし、個人事業や小さな会社は、小さいというだけでなんとなく不信感を抱かれています。
これも大きな会社と個人事業や小さな会社との大きな違いです。

その理由は簡単です。
消費者は総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の熱烈な信仰者だからです。

大きい会社だから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。

実際には、安心の根拠は特にありません。

ただ、大きいから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。
このことはほとんどの個人事業や小さな会社の経営者は知っています。

知っていますから、経営者は対応策として背伸びをして大きく見せようとします。
背伸びすれば消費者の視線が向いてくれると思ってしまうようなのです。

でも、背伸びですからとても不安定です。
ちょっとの振動でも倒れてしまいます。

倒れてしまえば消費者の視界から個人事業や小さな会社の存在は消えてしまいます。
消費者は、倒れるような会社には興味がありません。

で、消費者は、倒れるような安心できない会社であることを再認識します。
個人事業や小さな会社は、スタート地点に戻れればいいのですが、はるか手前まで戻ってしまうことになります。

汚点や失敗が不信感になって残ってしまうからです。

例えば、日本有数の自動車会社が数十万台のリコールをしたとします。
一旦は大きなニュースとして流れますが、すぐに過去の話になってしまいます。

そしてその自動車会社は、何もなかったかのように大量生産を続け、順調に販売をし、その会社の自動車は道路を走り回っています。

ところが、個人事業や小さなお店は、ちょっとしたミスでも致命傷になってしまいます。

飲食店などでは、食中毒で閉店です。
再開の目途が立ちません。

当然、同じ場所では同じような商売はできません。

あるレジャー施設の温泉風呂がレジオネラ菌の発生で閉鎖されました。
閉鎖が決まったころ、会社は「この温泉風呂は二度と開業することはありません!」と発表しました。

その新聞記事は今でも残っています。

その後、数年経ったでしょうか。
桜花舞い散る季節の露天風呂は大盛況のようです。

温泉風呂は活気に満ちています。
経営も依然と同じ会社です。

これらものことも、基本にあるのは消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰です。

信教の自由な国ですから消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を非難するわけにはいきません。

結果的に消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝は、大きな会社のためにあります。
この信仰は、個人事業や小さな会社には利用できません。

この信仰を個人事業や小さな会社が利用しようとするとほとんどが失敗します。
大きくはなく、有名ではなく、実績がない小さな会社だからです。

個人事業や小さな会社は、利用できないことを知って頑張ります。
そのまま大きな会社に戦いを挑むこともできません。

このままでは消費者を奪うこともできません。

消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝に関しては、個人事業や小さな会社は完敗です。
個人事業や小さな会社は、負けがわかっている領域には出ていきません。

この消費者が規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者であることは、個人事業や小さな会社の経営者は絶対に忘れないことです。

ただ、個人事業や小さな会社は、消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を逆説的に利用することは不可能ではありません。
この話は、後述します。


「繁盛店を目指すな!」が販売されています。

商売人にケンカを売るようなタイトルです。

でも、個人事業や地域のお店にとってはとても重要なことです。

もちろん、読んでいただければおわかりいただけますが・・・

品質協会の冊子

冊子の概要を簡単に・・・

通常、繁盛店を目指すと大量集客や大量販売を意識して広告宣伝をして、事業経営をします。
しかし、これって、大きな会社やチェーン店が得意とするところです。

大きな会社やチェーン店が得意なのですから、同じ土俵で戦ったら個人事業や小さなお店は簡単に負けてしまいます。
事業規模がはるかに違うし、広告投資の額も尋常ではありません。

ですが、個人事業や地域のお店には、大きな会社やチェーン店が得意にする大量集客や大量販売の情報しか入ってきません。
それは、個人事業や地域のお店の経営者でありますが、一方では消費者だからです。

昨今、消費者が目にし、耳にするのは、お得とキャッシュレス化の情報ばかりです。
それらについても、大きな会社やチェーン店の方が得意です。

そのようなことで、個人事業や地域のお店の経営者が目指す場所が見つかりません。

結果、「キャッシュレスの端末を用意しなければダメかなあ!」になってしまいます。

何となく「大きな会社やチェーン店を真似てはいけない!」と考えるのですが・・・
方向が見つけられないで・・・

そして、頑張ってはいるのですが、客足が減って・・・
さあ、どうしましょう?

個人事業や地域のお店が繁盛するためのヒントが見つけられるかもしれません。

気になりましたらお買い求めください。

おかげさまで、冊子「便利屋で効果的に稼ぐ」が売れています。

便利屋検定を受験するためのテキストにもなっています。

冊子「便利屋検定・テキスト(2019年版)」のテーマは、・・・

「便利屋で効果的に稼ぐ!」です。


この冊子は、便利屋検定に合格することだけでなく、
便利屋で効果的に稼いでいただくことを目的に編集しています。

簡単に「便利屋で、効果的に稼ぐ!」と書いていますが、
お客様(利用者)からの支持が無ければ稼ぐことなどできません。

もちろん、お客様に迷惑をかけているようでは支持されることなどありません。

どのようにして便利屋を運営するか、
どのようにしてお客様の支持を得るか、など・・・

品質協会の冊子

さらに、便利屋経営は、とても特殊です。
そして、とても面白い商売です。

特殊で面白い商売ですが、一方でサービス業経営の原点的な要素が詰まっています。

意外にも、便利屋経営の奥深さを実感できる小冊子です。

この冊子は、「個人事業者へのすすめ」でもあります。


便利屋など訪問サービス業者に依頼しようとする人が困っていることがあります。

お客様が業者に対して困っていることは大きく2つあります。

残念なことに、便利屋などがメジャーになった今日でも解決できていません。

そして、さらに残念なことは、ほとんどの便利屋など訪問サービス業者が気が付いていないことです。


お客様が便利屋など訪問サービス業者に依頼しようとして困っていること・・・

あなたは、どのようなことだと考えていますか?

業者としては、この2つのことを認識できていないと、いつもお客様とのミスマッチに苦しむことになります。

お客様とのミスマッチがあれば、当然お客様は満足してくれません。

と言う以上に不満を抱えたまま取引を終了することになります。


便利屋検定


どうでしょう?

これは、便利屋など訪問サービス業者だけでなく、多くのサービス業者にも共通しています。

実際には、お客様が業者に対して困っているこの2つのことの中には多くの事業運営の間違いがあるのです。

それは、便利屋など訪問サービス業としての特殊な事情があるからです。


この先、便利屋に限らず、サービス業全般について、記事を進めさせていただきます。

「便利屋検定」の試験趣旨が、訪問サービス業者(便利屋、遺品整理業者、ライフサポート業者、生活支援サービス業者、家事代行業者、廃品回収業者、修理リフォーム業者など)の経営技術、お客様対応、作業態度、社会性、関係法令などの知識や技術の習得度を判定することになっています。
その「便利屋検定」を自宅で気軽に受験していただくためにオンラインでの受験ができるようになりました。

現在、「便利屋検定実施案内(オンライン)」を無料でお送りしています。
興味がある方は、お気軽にご請求ください!

*********************************

「便利屋経営標準」がジュネットジャパンから販売されることになり、先行して見本誌を読ませていただきました。

「便利屋経営標準」は、便利屋経営の要点や効果的に稼ぐためのポイントなどが詳細に紹介されています。
この「便利屋経営標準」を理解して実行すれば、地域の便利屋として確実に消費者に支持されると確信し、「便利屋検定」の参考書としての利用もお勧めすることができます。

便利屋の経営に興味があり、これから開業しようと考えている方には、ビジネス指導書としても利用できます。
なにしろ、「便利屋で、効果的に稼ぐ!」ことが基本のテーマになっているからです。

また、私たちが日ごろ気にして来なかったいろいろな事例が「便利屋経営標準」には書かれており、利用者として読んでも面白い内容になっています。
便利屋などとのトラブル回避などについても書かれており、この「便利屋経営標準」の利用価値は広いと思います。

この「便利屋経営標準」に興味がある方は、「ジュネットジャパン」のサイトをご覧ください。


このページのトップヘ