経営者の金庫の扉

サービス業の品質を高めると・・・今までとは違うお客様が来てくれるようになります!

タグ:規模崇拝

大きな会社は、ただ大きいことだけで消費者は安心度を高めています。

しかし、個人事業や小さな会社は、小さいというだけでなんとなく不信感を抱かれています。
これも大きな会社と個人事業や小さな会社との大きな違いです。

その理由は簡単です。
消費者は総じて規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の熱烈な信仰者だからです。

大きい会社だから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。

実際には、安心の根拠は特にありません。

ただ、大きいから安心、有名だから安心、実績があるから安心なのです。
このことはほとんどの個人事業や小さな会社の経営者は知っています。

知っていますから、経営者は対応策として背伸びをして大きく見せようとします。
背伸びすれば消費者の視線が向いてくれると思ってしまうようなのです。

でも、背伸びですからとても不安定です。
ちょっとの振動でも倒れてしまいます。

倒れてしまえば消費者の視界から個人事業や小さな会社の存在は消えてしまいます。
消費者は、倒れるような会社には興味がありません。

で、消費者は、倒れるような安心できない会社であることを再認識します。
個人事業や小さな会社は、スタート地点に戻れればいいのですが、はるか手前まで戻ってしまうことになります。

汚点や失敗が不信感になって残ってしまうからです。

例えば、日本有数の自動車会社が数十万台のリコールをしたとします。
一旦は大きなニュースとして流れますが、すぐに過去の話になってしまいます。

そしてその自動車会社は、何もなかったかのように大量生産を続け、順調に販売をし、その会社の自動車は道路を走り回っています。

ところが、個人事業や小さなお店は、ちょっとしたミスでも致命傷になってしまいます。

飲食店などでは、食中毒で閉店です。
再開の目途が立ちません。

当然、同じ場所では同じような商売はできません。

あるレジャー施設の温泉風呂がレジオネラ菌の発生で閉鎖されました。
閉鎖が決まったころ、会社は「この温泉風呂は二度と開業することはありません!」と発表しました。

その新聞記事は今でも残っています。

その後、数年経ったでしょうか。
桜花舞い散る季節の露天風呂は大盛況のようです。

温泉風呂は活気に満ちています。
経営も依然と同じ会社です。

これらものことも、基本にあるのは消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰です。

信教の自由な国ですから消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を非難するわけにはいきません。

結果的に消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝は、大きな会社のためにあります。
この信仰は、個人事業や小さな会社には利用できません。

この信仰を個人事業や小さな会社が利用しようとするとほとんどが失敗します。
大きくはなく、有名ではなく、実績がない小さな会社だからです。

個人事業や小さな会社は、利用できないことを知って頑張ります。
そのまま大きな会社に戦いを挑むこともできません。

このままでは消費者を奪うこともできません。

消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝に関しては、個人事業や小さな会社は完敗です。
個人事業や小さな会社は、負けがわかっている領域には出ていきません。

この消費者が規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝の信仰者であることは、個人事業や小さな会社の経営者は絶対に忘れないことです。

ただ、個人事業や小さな会社は、消費者の規模崇拝、権威崇拝、数字崇拝を逆説的に利用することは不可能ではありません。
この話は、後述します。


便利屋など訪問サービス業者に依頼しようとするとき、お客様が困っていることは大きく2つあります。

1つ目は、業者の選別に対して不安があることです。
業者の選別を間違えてしまうと、お客様自身が不満を抱くことになるからです。


少し話を変えて、商売では「集客」が大切と言います。

お客様が来て、商品を購入したりサービスの依頼をしてくれなければ商売になりません。
やはり、お客様に来ていただく必要があります。

お客様に来ていただくとして、「業者の選別」と「集客」とでは全く異なった意味があります。
それは、主体が業者の側にあるか、それともお客様の側にあるかの違いです。

この違いに気付いていない小規模事業の経営者はとても多いようです。
逆の発想をしてお客様に来ていただこうとしても成果が出ません。

事業規模や職種、商売のやり方によって主体が逆転するからです。

通常、事業規模が大きく、知名度があれば、消費者に何らかのお得や情報を振りまいて「集客」をします。
主体は企業側にあります。

ところが、事業規模が小さく、知名度が低ければ、お客様に主体があって、お客様が業者を選別して行動を起こします。
いわゆる、お客様によって「業者の選別」が行われるわけです。

となれば、、「業者の選別」と「集客」とでは全く正反対の方法で広告宣伝を行う必要があります。

事業規模が小さく、知名度が低い業者は、大きな会社とは全く違った広告宣伝が必要です。

それは、安易に安い価格で商品やサービスを販売しないことです。
事業規模が大きな会社は、元の価格に戻せますが、事業規模が小さな会社は軽薄に価格を変動させればお客様は逃げていきます。

それは、基本的に消費者は規模崇拝、権威崇拝の信仰者であって、規模が小さな事業者に対しては常に不信感を持っているからです。

事業規模が小さな事業者は、おまけや割引でお客様に来ていただくことは、先々怪我をすることになります。
小規模事業者に対しては、その費用の出所を疑ってしまうのです。

便利屋など訪問サービス業者は、一般的に小規模な事業者です。
ですから、大規模事業者と同様の広告宣伝はできません。

以上のことを考えれば、お客様による「業者の選別」がいかに大切なことか理解できるはずです。
「業者の選別」は、お客様が主体で行われていることも肝に銘じておく必要があります。


便利屋検定

このページのトップヘ