分かっていたことだが、亀井氏の反自民党政治の反動で、
沈没寸前なのだ。
ここにきてさすがの亀井氏もお手あげの状態なのだ。
いかに個人的な恨みがあろうとも、
政治家たる者信念に従い国民のために政治をするから、
尊敬されるのです。
彼はその点が欠けていて、民主党と手を組んだのが間違いの始まりでした。
彼の政治生命もここにきて尽きたと言うしかないようだ。
早く手を切らないと大やけどを負いますね。