2007年02月

2007年02月21日

b82afdc4.bmp軸上1m特性は超ワイドでフラット。
L.P.では写真のように重低音域に盛り上がりがある。
以前のように低音が部屋を満たす感じが控えめなのは、超低音にブーストがないのが原因か?


hinumachan at 00:06コメント(4) 
訪問記 

2007年02月20日

1268ed41.bmpAE86邸
システム構成は複雑過ぎるため、http://www2.plala.or.jp/takatsugu/SYSTEM.htm
を参照のこと。最初、スクリーン(TH-AE1000)でWOWWOWのアニメを見せてもらったが、さかずさんは3管の画だと思ったらしい。そのくらい綺麗。

オーディオの方は、前回から変更部分が多い。YLのミッドバスが撤去され、代わりに208ESがミッドバスに、VOLTの25cmユニットがウーハーを担当。SWから25cm×2、ウーハー25cm、ミッドバス20cm、10cm、5cm、2cmという6way構成である。
46cmウーハーが目立つが、オーディオには使用されていない(←ここがミソ)。
音はいつものピラミッドバランスには違いないが、津波のような質量感と押し出し感のある低音はまるでBassを+10dBブーストしてあるのではと思うほどで、普通のスピーカーしか聴いたことがないマニアが聴いたらびっくり仰天すると思う。これだけ質量感があるのに立下りも速く、市販スピーカーでは再現できない低音と言ってよい。中高音は前回感じたクールな感じが影を潜め、温かみが加味され、全域にわたる繋がりがさらに向上している。やはり人の声の帯域は金属より紙が良いのかもしれない。
いつもは音量を下げることはあっても上げることはなかったが、あまりの気持ちよさにボリュームを上げた(おそらく110dBはいっている筈)ところ、一つ上の住民は不在なのか、何と二つ上の階の住民から苦情の電話が来た。
18畳のリビングだが、もはやシステムが部屋を完全に上回ってしまった感じで、これはもう天井をぶち抜くしか手はなさそうだ。
何処かのアトラクションのような、良質な映画館のような音で、普通のオーディオのイメージとは全てが違う。政治家で言えば、「コンピュータ付きブルドーザー」田中角栄のような音。

hinumachan at 23:43コメント(0) 
訪問記 

2007年02月17日

2a4d4d96.bmp音は劇的に変わっていた。MFBウーハーの後という不利な状況にも関わらず、低音の形が非常に良い。量感や厚みは前回と同様に十分だが、さらに今回は箱臭さや紙臭さがグンと減り、カッコイイ低音になっていた。フュージョンは迫力十分で100dBくらい出しても全く五月蝿くなく、むしろ爽快だ。コントラバスマリンバもアタックは少し柔らかいが、超低音まで伸びているらしく、壁がビリビリ言っていた(ウーハーには軽く30W入っていた)。
中高域は、コーン、ドーム、リボンという異質な振動板の組み合わせとは絶対に思えないほどシームレスに繋がっていた。金属系とソフト系のどちらにも偏っていない。
おそらく、繋がりは前回の3wayよりも良いと思う。TE27さんは最後の最後まで全てのユニットが鳴っている(5way)とは思わなかったらしく、あとで伝えたら驚いていた。このシステムをブラインドで聴いて5wayだと見破るのは極めて困難ではないだろうか。
質的には、前回のATCの濃厚さは無いし、TAD TD-4001のハイトランジェント感や微粒子感も無いのだが、中〜低音が変わったため、全体としては大きくグレードアップしている。このシステムを聴くと、中〜低音がいかに重要かが良く分かる。
このシステムの中心はFW-305ではなく、FE-168EΣにあって、それが良い方向に作用している。

またC-AX10とDF-45を使用しているため、通常のシンプルなシステムよりもAD、DA、AD、DAと4回も余分なデジタル・アナログ変換が行われていることになるが、決して悪いことはなく、音をうまく整理してくれる方向に働いているように思えた。

DF-45は高価だが、自由自在に調整できるので非常に有利。
できれば、FF-85Kから上の3本をMG-850でカバーしたオールFOSTEX 3wayも聴いてみたい。(←自分でやれってか)

L.P.での特性は30cmバスレフとしては驚異的なワイドレンジで、なだらかな右下がり特性。大音量、至近距離試聴ではこのくらいのバランスの方が聴きやすい。

最後にメインスピーカーの上に乗っている10cm2wayダブルバスレフも聴かせてもらったが、こちらも立派な音で驚いた。


hinumachan at 01:13コメント(0) 
訪問記 
a8cbf5ff.bmp炭山先生邸
前回同様、デジタルチャンデバDF-45と6chパワーPX-600をコアとしたマルチアンプシステムだが、3wayから5wayへとユニットが増えたのでPX-600は2台に増えている。
マルチプレーヤーのDV-AX10が故障のため、貸し出されたDP-100+DC-101に変更されていた。
スピーカーの構成について詳しくはAUDIO BASIC 40号(P.214の下段)を読んでもらうとして、ポイントだけ言えば、
1)FW-305のクロスを500Hzから130Hzに下げてミッドバス(FE-168EΣ)を導入。
2)ATCの超高級ソフトドームスコーカーをFF-85Kに変更。
3)モレルの高級ソフトドームツイーターの上を切って、超高域をオーラムカンタスG2で再生。
ということになる。

モレルとオーラムカンタスは高級品だが、他の3本はFOSTEXの標準品である。FF-85Kに至っては3570円と格安だが、FE-168EΣと同様に逆ホーンの箱に収められておりケアーは十分。さて、音はどうだろうか?

(前回は日記2005/12/25↓)
http://www.geocities.jp/hinumachan/page011.html

hinumachan at 01:10コメント(0) 
訪問記 

2007年02月16日

19777570.bmp1m軸上特性では200Hz周辺の谷が綺麗に埋まっていた。これはネットワークやクロスの調整によるものだろうか。

L.P.では予想どうり、前回あった超低音の上昇が無くなっている。これはSPのセッティングやソファーの変更などによると思われる。
重低音域の上昇だけは残っているが、全体としては超ワイドレンジでフラットだ。

hinumachan at 00:18コメント(0) 
訪問記 
d2a8f2c9.bmpD3邸
前回(日記2006/8/27)との外見上の違いはクロックを追加したこと。クロック追加直後はめちゃくちゃなバランスになったそうだが、さすがはプロ、何事も無かったかのようなまとまりを見せる。クロック以外はネットワークの調整、セッティングやケーブルの引き回しのような微調整のみとのこと。
綺麗な写真は↓
http://audiodiary.exblog.jp/4732714#4732714_1

高音は前回感じられたサラサラ感が影を潜め、そのかわり密度が上がってクッキリした感じがある。中低音は大きく変わり、超低音のブースト感が消え、よりフラットでパワフルになった。奥行きも深くなった。
以前は2本のDDDに対して30cmウーハーが弱く感じられたが、今回はむしろウーハーの方が目立っていて、僅かに音色が褐色がかっているように思えた。これはウーハーの音色なのか、それともDDDを被っているネット(いたずら防止?)の影響か?
それにしてもMFB制御ウーハーの低音は素晴らしい。詰まった感じが無く伸び伸び鳴る上に、ブレーキングも効いている。
さかずさんもオーディオでこれほど生に近い音は聴いたことがないと絶賛だった。

hinumachan at 00:04コメント(0) 
訪問記 

2007年02月15日

e857e97d.bmpTE27邸
前回(12/18の日記)から2ヶ月ぶりの訪問になる。時間がなく30分くらい聴かせてもらった。
SCD-XA777ES、DAC-64、窪田式プリ(電源別)、自作-6dB/octチャンデバ、B-2105MOS(208ES用)、SM-6100SA×2(GOTOユニット用)で超強力ユニットの3wayを鳴らしている。
今回も20cmBHとは絶対に思えない非常に質量感のある低音に耳がいく。目を閉じると大型フロア型SPが鳴っているにちがいないと錯覚する。とても分厚い音だ。
この立ち上がりの速い分厚い低音は数年前のAE86邸に似ているが、ちょっと音が残る感じがあり、208N×4本のSWを使っていた時のタイトな低音とは180°違う。TE27さんはいつの間にかこういう低音になったと言っていた。BHをハイカットすると低音がグンと出てくる(悪く言えば耳に付く)ようだ。
バランス的にはハイ落ち、ローブーストなのだが、力と勢いがあるので眠くはない。
測定はしたのだが、写真を保存するのを忘れてしまった。
軸上1m特性は超低音は出ない(あたりまえ)が、他はかなりフラット。L.P.(リスニングポジション)ではGOTOの指向性が効いてきてハイ落ちになっている。1KHzあたりが凹んでいるに違いないと予想したが、完全に外れた。


hinumachan at 23:35コメント(0) 
訪問記 

2007年02月13日

昨年の関西オフ会(9軒)につづいて、関東でのオフ会。
今回はプロ(セミプロ)、アマ混在の無差別オフとなった。もちろん不躾スペアナは持参。
今回、プロとアマとの間には歴然とした境界線が存在することを痛感させられ、事実上、オフ会という名の勉強会と化してしまったのだが、ここはやはり鏡を見ずにいつもの調子で感想文を書いてみようと思う。
なので、ちょうど受験生が予備校講師を評価している感じに思ってもらえるとありがたい。
なお、コメントをいただくのはありがたいが、専門的な話はご遠慮願いたい。
このブログがプロ同士の論争の場になるのは悲しいので、プロはそれなりの場所で議論をお願いしたい。

順序は1日目:OZ邸>TE27邸      
   2日目:D3邸>炭山先生邸>AE86邸
   3日目:音場小僧邸>京都人(弟)邸>ダーヤン邸

hinumachan at 20:53コメント(0) 
訪問記 

2007年02月08日

af7ee877.bmpTA-1120F

hinumachan at 01:04コメント(2) 
コンポ