2007年08月

2007年08月26日

11cb030f.bmp9年目のハリアーが壊れて(なんとミッション交換)、代車として7年落ちのカルディナと2年目のヴィッツ(これはレンタカー)をそれぞれ2週間使った。
これまでにトヨタ車はセルシオ、クラウンなども運転したことがあるが、今回、ヴィッツに乗ってみて、「トヨタは小型車も高級車もすべて同じ」だということを実感した。むしろ1〜2人乗りならトータルでヴィッツが一番良くできているんじゃないかと感じる。この辺の田舎では街中でもヴィッツとマーチだけで1〜2割以上占めているんじゃないかと思うほど走っているが、売れて当然だと思う。特にスーパーには白やシルバーのヴィッツが必ず駐車してあり、帰りに間違って鍵を開けそうになる。
高級車しか乗ったことがない人は高速で飛ばしているヴィッツをみて「無理してる」と思うだろうが、実際に運転してみると、上り坂は確かに厳しい時もあるが、平坦な道では気がつくと1○0km/hr(○は皆三の想像におまかせします)に達してしまう。
昔のリッターカーは高速では緊張して手に汗握り、足の指に力が入って疲れてしまったものだが、今のヴィッツなら楽勝だ。7年落ちのカルディナより静かで剛性感があるし、前列シートは十分広い。燃費もハリアーより倍近く良い。あと、トヨタ車はグレードに関係なく、年々足回りがしっかり(堅く)なってきているようだ。やはりドイツ車は正しかったということか?
トヨタというのはオーディオでいえばマランツやソニーのようなもので、高級機も廉価機もたいして変わりがなく、むしろ廉価機の方がまとまりが良い。それだけ管理がしっかりしているということだが、これでは高級車が外車に流れるのも仕方ないと思う。高級車には高級車なりの個性が必要だろう。オーディオもまたしかり。
また車内の騒音をスペアナで測ってみたが、アイドリング時80dB、走行時90〜100dBといったところで、ハリアーとは数dBしか違わないが、感覚的にはかなり違う。これは仕方がない。
オーディオは9年前のハリアーJBLサウンドシステム(と言ってもOEMだろう)の方が遥かに音が良いが、これは車内の広さやバッテリーの違いかもしれない。純正オーディオでもバッテリーで音が大きく変わるのは周知の事実。やはりオーディオは部屋と電源で決まる?

hinumachan at 04:28コメント(5) 

2007年08月21日

ce41f632.bmp積もり積もって20本
KAWASAKIのOFC1.25、2.0SQが多いが、ベルデン(海外製品に付属?)もある。
STEREO 8月号(福田先生)によると、accuphaseの付属電源ケーブルには2ランクあり、上級ケーブルは良いらしい。「ネズミにかじられて・・・」のアドバイスには降参。

hinumachan at 02:48コメント(0) 
アクセサリー 
0fd1ba9d.bmp散らかっていたケーブル類をやっと片付けた。するとTE27さんから借りたケーブルが次々と・・・試聴して返却しなくては・・・

これまで、NBS、PAD、クリスタルケーブル、プラチナ・・・と世の高級ケーブルをたくさん聴くことができたが、最近は一種の調味料でしかないように思う。高級なケーブルは一本入れるとシステム全体がその味に染まってしまう。
で、いつの間にかSAEC系ばかりになってしまった。
ベルデンも分かり易い音で悪くはないが、ちょっと大味。

記憶に残っているのはFOSTEXの試作品で、WAGC302の二倍くらいの太さのバランスケーブルで、これは断トツだった。

hinumachan at 01:30コメント(0) 
アクセサリー 
d7f3a2f0.bmp実物は写真よりも綺麗。世界に一つの宝物。

専心庵HP↓
http://www4.ocn.ne.jp/~p10sob/index.html#

hinumachan at 00:42コメント(0) 
訪問記 
9d981809.bmpJBL LE8T+077
平行面なし、吸音材なし
痛んだエッジはセーム皮キットで修復、ネットワークはコイズミ無線に相談されたとのこと(コイズミはえらい)。
音はクールで繊細で、心が浄化されるような感じがする。

hinumachan at 00:34コメント(0) 
訪問記 

2007年08月09日

567089d9.bmpHARD OFFにて購入、懐かしい同軸2ウェイ
http://www.pluto.dti.ne.jp/~lusye/odio/tecni/sp/sb_rx30.htm
返品決定

hinumachan at 21:21コメント(2) 
コンポ 
dbb935ad.bmpここではFT-28Dの勝ち

hinumachan at 21:17コメント(0) 
訪問記 
b0e76e5e.bmp曲線がかわいい

hinumachan at 21:12コメント(5) 
コンポ 
c49635e8.bmp三島市

hinumachan at 21:09コメント(0) 
訪問記 

2007年08月06日

高橋先生から伺った話を中心に・・・

動電型スピーカーは、そのダイアフラム(振動板)が前後に(厳密には3次元方向に)振動することによって音が出るわけだが、その反作用としてマグネットの側には同じだけのエネルギーが加わっていることになる。例えば、振動板が前に動けば、マグネットには後ろ向きの力がかかるというような感じだ。

このため、振動板の正確な動作を保証するためには、m0と支点(マグネット側)との質量比を大きくする必要がある。当然、m0を小さくすることは極めて重要だが、それはメーカーに任せるとして、ここでは支点であるマグネットの側にどのようにして質量をかけるかということを考えてみたい。

まず、マグネットがフレームという構造体によってバッフルと連結されていると考えれば、エンクロージュアに重しを乗せると良いのではないかと思われるが、実際のところ100Kg載せてみても劇的な効果はない(効果はあるが少ない)。これはフレーム自体が剛体でなく、しかもそれを木製のエンクロージュアに螺子で留めているだけなので全質量が効いてこないからだという。
また何トンもある床とエンクロージュアを螺子留めして床の質量まで効いてくるのなら皆がやっているはずだが、そういう話は聞いたことがない。
さらにフレームが重いものに付いていれば良いのであれば、車なら1トンくらいあるし最高のはずだ。だからカーステは音がいい?(うそ)
話はそう簡単ではない。
で、20年くらい前、パイオニアが「マグネットをフレームで支えて底板に固定する」という方法(ミッドシップマウント)を提案した。考えてみればコンプレッションドライバーは昔からこれと同じ支持方法だったわけだが、これをみた僕は「凄い。絶対に主流になる!」と興奮したことを覚えている。しかし実際には長続きはしなかった。なぜならこれもマグネットをバッフルで支えるか、底板で支えるかの違いでしかなく、効果は大きくなかったからだ。
また、DIATONEはマグネットとフレームを一体化するために、DMMという方式(フレームの強化)を開発した。
時は流れて最近の流行はエンクロージュアを100Kg、200Kgある金属で作ってフレームと一体化させ重量を効かせようとしたもので、確かにその音には静けさと金属独特のクールな質感が感じられる。

このように様々な方法が試みられてきたのだが、結局のところ、最も良い方法は何だろうか?・・・複雑な構造で質量を付加しても効果が少ないとなれば、答えは実に単純で、反作用の生じるすぐ近くに質量を持ってくる、つまりマグネットに10Kg、20Kgの真鍮や鉛を取り付けて支持するのが最も効率が良いということになる。これがデッドマスである。

オンキョーのウーハー固定方法→http://page.freett.com/knisi/scepter5001.htm
パイオニアのミッドシップマウント→http://page.freett.com/knisi/s-3000.htm
TRIO LS-1000→http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/ls-1000.htm
KURELL→http://www.axiss.co.jp/fkrell.html
GoldMund→http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/ultimate/epilogue.html

hinumachan at 23:38コメント(0) 
使いこなし