2008年07月

2008年07月30日

b3e8c53d.jpgついでに戻ってきたヤマハPC-4002
430W+430W、43Kg。

最初の10秒くらい聴いて既にビクターとは排気量が倍くらい違う様子で非常にゆとりがある。またバスレフのバフバフした付帯音も少ない。
中〜高音は業務用だと言うのに軽くシルキータッチで品が良い。ビクターやソニーではなくて、テクニクスや最近のマランツに似た感じと言えばよいか。

ゆとりがやたらとあり、しかもシルキータッチと言うことで爆音でもうるさくならないアンプの筆頭だろう。
全域でなく、低音にだけ使えば不満は出ないはずで、民生用の100万クラスより良いと思う。
B&Wの800シリーズなどタイトなウーハーを駆動してみたい。

このアンプでは、モガミとサエクの違いは殆ど感じなかった。


hinumachan at 07:59コメント(3) 
コンポ 

2008年07月29日

10050d87.jpg天板を開けてみた。
音から予想した通りMOSではなくTrの4パラプッシュプル。
ヒートシンクは櫛が下を向いており、後方のファンから風が送られてフロントのダクトに逃げる設計。
電源部はコアサイズ140×85×60mmのEIトランスが中央に1個、フィルターコンデンサーは径30×60mmと極小さなものが片チャン6本基板についている。
大きなトランスと小さなコンデンサーの組み合わせは業務用アンプに共通して見られるもので、民生用ではゴールドムンドが同じようである。
コンデンサーが大きくなると低音はゆったりたっぷり出るが、小さくなるとオーディオ的な量感が減り硬くタイトな感触になり、スイッチング電源は更にハイスピードになるようだ。


hinumachan at 08:14コメント(0) 
コンポ 

2008年07月28日

79c049b9.jpgメインで使う機器以外は殆ど残らず処分して部屋が片付いたと思ったのもつかの間、一台処分すると必ず一台入ってくる。

これはD3さんのパワーアンプで、ビクター製、300W+300W、実測重量20Kg。
ファンノイズは大きく、まわりが静かだと3m離れても聞こえる。

まずはプリ→パワー間をD3さんのRCA/フォン変換ケーブルで繋いでみた。線材は江川三郎実験室のモガミ(2497)で懐かしい。

これはアクースタットから切り替えると、すっきりくっきりとした薄味で分かりやすい音がする。品位は高くなく、安っぽい感じだが、低音の締まりや押し出しは非常に良い。
ケーブルをSAECのバランスに交換すると、少しワイドレンジになり品位が上がるが、接触不良なのか音が途切れたりする。
ビクターの業務用アンプにはMOSもあるらしいが、これは音からしてバイポーラTrだと思う。

hinumachan at 23:55コメント(2) 
コンポ 

2008年07月13日

c069dca4.jpgリアパネルの左右の入出力端子が点対称に配置されているのが珍しく、出力端子は1.25SQがやっと入るかどうかという寂しいもので時代を感じさせる。
電源スイッチを入れると、数秒間スピーカーから「ブーン」と音がする。さらに電源インジケータは場末の呑み屋の看板のようにチカチカと点滅している。
そんな具合でマトモな音がするとは到底思えないのだが、とりあえず聴いてみる。
まず他と一番違うのは密度感で、バランス的には中低音に十分な厚みがある。
一聴すると、ハイ落ちに感じるのだが、メタルパーカッションの輝きはよく出るというのが不思議。いわゆるS/Nの良い感じがするが、冷たさはない。

一般にMOS-FETはTrに比べて高音特性と微細音の再現に優れると言われるが、実際の音調は製品によってまちまちで、第1世代のLo-D HMA-9500は大好きだったが、第2世代のサンスイは低音が弱く凄みが薄れてしまった。
第3世代のアキュのA級はぬるいし、ソニー TA-N1もデッドでつまらない音だった。
http://blog.livedoor.jp/hinumachan/archives/2006-07.html

アクースタットのMOSは第1世代だが、音は9500とは全然違うし、PASS アレフシリーズに似た濃厚さがあるようで、しかし高音は違うような不思議な感じがする。

ここ20年でアンプは何が進歩したのだろうか?


hinumachan at 12:19コメント(6) 
コンポ 

2008年07月12日

7b46b118.jpg倉庫にパワーアンプがもう一台あった。

[マランツ SM-17SA]
発売はテクニクスと同時期。定価9万、出力はテクニクスと同じだが、5Kg重く非常に立派なつくり。マランツの中で最もデザインが良いと思う(買った理由はそれ)。

フラット指向のテクニクスと比較して、こちらは中高音が張っていて明るく元気一杯。価格から想像がつかないほど堂々とした鳴りっぷり。質的にはビクターより少し粗く、輪郭を強める傾向にあるようだ。

最近のマランツはテクニクスに似た女性的な音だが、一昔前のマランツはこんな感じだった。



hinumachan at 22:15コメント(0) 
コンポ 

2008年07月11日

ffe129a4.jpgアクースタットで某モニタースピーカーを鳴らしてみたが、傾向がよく掴めないので、ストックのパワーを出して聴いてみた。

[テクニクス SE-A1010]
1999年発売、定価8万、10Kg、80W×2、新開発のTAKE競灰鵐妊鵐機爾特徴。中古相場は3万強。
ビクターAX-M9000と比較して全身脱力系、どの帯域にも強調感がなく、キメが細かく大音量でも圧迫感がない。
軽量級なので低音は緩いかと思いきや、軽いタッチでダブつかない。低音ははんぺん、中、高音はラムネみたいだ。

大型メーターが美しいし(買った理由はそれ)、中高音用には良いと思う。




hinumachan at 01:53コメント(0) 
コンポ 

2008年07月09日

8c908a37.jpgD3さんが持ってきた20年以上前のアクースタットのパワーアンプ。第1世代CAN型MOS-FETの3パラ、200W×2。次から次へと珍品が持ち込まれ、聴いている暇がない。


hinumachan at 00:47コメント(0) 
コンポ 

2008年07月08日

15198bfe.jpg大型のJBLオーナーを観察しているとひとつの定型があることに気がつく。

・・・憧れの名器を手に入れたという感動が薄れてくると、まずは15インチウーハーから期待するような低音が出ないことに愕然とする。先輩マニアに「コイルが悪い、JBLはマルチが基本」などと煽られてウーハーのネットワークを外してマルチアンプにするのが泥沼の第一歩だ。
しかしそれで激変したと喜んでいられるのもつかの間、やはり低音が鈍いことに変わりはないことに気づく。ここからはスピーカー台を吟味する人(これは正攻法だ)、アンプを交換する人、ウーハーを交換してしまう人とに別れる。更に一部はじゃじゃ馬JBLはもうウンザリだとスピーカーを換えてしまう。
その後、スピーカーを交換せずに我慢し続けていた人も、時を経て専用ルームの大音量再生が可能になると文句を言わなくなる。一件落着というわけだ。
不思議なことに、その段階に達したマニアは皆、「JBLのネットワークは良くできているからマルチは不要だ」と口を揃えるのだ。・・・

もうロジックがメチャクチャで、ブランドに惚れ込んでいないと理解できない世界なのだが、結局のところポイントは「15インチウーハーは普通の音量では鈍い音しかしない」ということなのだ。
15インチウーハーの真価を発揮するためには最低でも90dBくらいの音圧が必要、パワーで言えば最低でも1Wくらいはぶちこまないとはリニアに動いてくれない。これは重い振動板とそれを支えるためにタイトに作られたサスペンションが原因である。こればっかりは大口径ウーハーの宿命でどうしようもない。

同じことは業務用ドライバーやフルレンジユニットの中高音にも当てはまる。「生と同じ音量まで上げないと良い音がしない」などというのはシステムのローレベルのリニアリティの悪さを誤魔化すための詭弁に過ぎない。
一言で「生と同じ音量」と言っても、録音現場(マイク)の音圧はソフトに書いてないし、6畳間で生と同じ音量を出して音場感と相似関係が保たれるか甚だ疑問である。

リアルな音を出したい。その為にスピーカーのリニアリティの良い大音量で勝負したのが長岡先生で、箱庭的にローレベルの反応をとことん重視したのが江川先生である。
前者の方向なら高能率スピーカーに広くて頑丈な部屋が必要となる。仕掛けが大掛かりになるわけだ。そのかわりわりあい容易くリアル感が出せるし、方法論としては実に正しい。正攻法だ。
しかしながら、専用の防音室を持てないマンション住まいにとっては、どちらかというと後者のアプローチの方が近道である。
極端な話、スピーカーに耳を近づけて聴いた場合、良質なヘッドホンと同じレベルの音が出るかどうかということだ(アンプの残留ノイズも気になるのでスピーカーだけの問題ではなくなるが)。

ここで重要なことは「スピーカーの能率とローレベルの再現性にはなんら関連性がない」ということで、TADのドライバーやFE208ESのローレベル再生は鈍重であるのに対して、低能率の代表とされるコンデンサー型やアポジー、トロバドール(DDD)のローレベルの再現性はトップクラスであることは誰が聴いても分かると思う。
駆動系からみても、通常の環境で100dBの高能率スピーカーを使った場合にはよくてピーク1W、深夜は0.01W以下というのが普通なのでプリのボリウムには不利だし、パワーアンプも歪み率の高い領域で使われることになる。また現在主流のアンプは低能率スピーカーに対応するためにハイゲインに設計されているので高能率スピーカーの小音量再生には向かないということもありそうだ。

写真は芋洗坂係長・・・ではなくて、世界一のスピーカー、JBL DD66000



hinumachan at 00:02コメント(0) 
コンポ | こまったちゃん

2008年07月07日

a1559a2d.jpgよくある疑問でユニットと箱のどちらが大切か?というのがある。
ユニットさえ良ければ箱は適当でもいい音がするとか、いやその逆だとか色々言われているが、僕の印象ではユニットと箱の影響力は1:1くらい、特に低音について言えばどんなに強力で優秀なユニットを使っても箱の設計が悪いと箸にも棒にもかからない音になることがある。やはり箱は重要である。

市販品では300万、600万クラスのハイエンドスピーカーでもユニットは数万円の物を使っている場合が多い。
それでバラ売りの高級ユニット(例えばJBLやフォステクスなど)と高級なネットワーク素子を使えば自作箱でもハイエンドスピーカー以上の物が出来上がるという幻想を抱いているマニアが多いのだが、そうは問屋が卸さない。フルレンジユニットを軸とした特殊なスピーカーは別としてマルチウェイではメーカーには絶対に敵わない。
まず、市販品の場合にはタイムアライメントを含めて最適化されたネットワークが搭載されている点が大きい。
また箱についても板振動をコントロールするために材質や補強が吟味されているし、ポートの鳴きを嫌って密閉にしたり(代表はYGアコースティック)、バスレフにしても嫌な響きが耳につかないようにポートの形状を工夫したり、ポートを背面や底面に取り付けたりと工夫を凝らしている。

最近はハイエンドスピーカーにも「使いこなせば凄い」などと言われる物が増えてきたが、僕に言わせると「普通に使ったらロクな音がしない」失敗作としか言いようがない。
本質的に良いスピーカーはキャラクター(歪み)が少ないので適当に置いても60点の音は出る。
これは歪みの多いシステムほどソフトを選ぶ(煩くて聴けなくなる)現象やアナログのスクラッチノイズが耳につきやすい現象と同じことである。

写真は世界のスタンダード、B&W



hinumachan at 19:17コメント(0) 
コンポ 

2008年07月01日

334e23cc.jpg


hinumachan at 21:08コメント(2)