2009年06月

2009年06月18日

d7ca4127.jpgいままで使っていたプロジェクターはパナソニックAE500で、ブルーレイはまずまずだが、DVDは120インチでは粗くてちょっと厳しかった。
最近のプロジェクターについて調べると、雑誌ではエプソンTW4000、ビクターHD350、HD750の評価が高く、またプロに言わせるとビクターHD750とソニーHW80しかないと言う。

自分の印象では、どれも良いのだが、動きに強いパナソニック、コントラストのエプソン、赤が良いビクター(一世代前のHD100)という感じだった。

そして、今月に入って、ビクターHD350が手に入った。実際に使ってみると思った以上に動きに強く、ブレて目が疲れるということがない。もちろん確信は持てないがHD100より進歩しているようだ。
PS3のコンポーネント出力をさらに3m延長して接続し、DVDでも十分鑑賞に耐えるが、ブルーレイは素晴らしく綺麗で遂にここまで来たかと感慨に耽ってしまう。
昼間は外の光が入ってきて黒が浮いてしまうので、3管時代に使っていた遮光カーテンが必要になりそうだ。
部屋を暗くすれば、話題の500万の100インチの直視管にも負けないと思う。

ファンノイズはPS3よりも小さく、実用上問題のないレベルに収まっているのも素晴らしい。


hinumachan at 07:52コメント(2) 
ビジュアル | コンポ

2009年06月17日

e640ad98.jpgベテランの方々には何を今さらと言われそうだが、こんな経験をした。

3つあったGTラックのうち真ん中の1つをTAOCに交換した時のこと。コンポはGTラックに載せたままで、部屋の端に置いてあったTAOCを持ってきてGTラックと入れ換えただけで、なんと「TAOCの音」に変わってしまった。
つまりコンポを載せなくてもTAOCを近くに置くだけで「TAOCの音」になってしまうということである。

またこんな経験もよくする。異なるスピーカーが2組あるとする。…例えばタンノイ(木製)とYG(アルミ製)がある。
まず部屋にタンノイだけを入れて聴いてみると当然だが「タンノイの音」がする。しかしここで同じ部屋にYGを入れるとどうなるだろうか。タンノイと並べなくてもよい、同じ部屋に置くだけ、ただそれだけで「タンノイの音」に「YGの音」が加わってくるのだ。まるでタンノイが現代スピーカーに刺激されたかのように音が変わる。
もちろんYGから音を出していない。こうした現象はおそらくタンノイから出た音がYGで変調をうける(反射音が変化する)ことが原因の一つ、もう一つはYGの重さで床の振動モードが変化することが考えられる。

また、こんな経験はないだろうか?
重量級のアンプを処分しようとしたときのこと。新しいアンプの音を聴きながら「やっぱりこのアンプは要らないな」と一人納得しながら梱包をするわけだが、さて発送をして帰って来ると「アレっ、こんな音だったかな? 前のアンプを処分しなければ良かったかも」と後悔するのだ。
僕の場合、以前床が弱い部屋でソニーTA-N1(70Kgのアルミの塊)を処分した時にこのような現象に出くわした。当時は何故か分からなかったのだが、今考えるとTA-N1が床のスタビライザーの役目をしていたと推測される。

沢山のスピーカーが並んでいる店舗で切り替え試聴をすると、明確な違いが出てこない場合が多いが、これも上と同じ現象が生じていることが考えられる。結局のところ、音は総和で決まるということだろう。
つくづく比較試聴というのは難しいものである。

むかし「JBLはアンチの前では良く鳴らない」と言われたものだが、これもリスナーが部屋の一部であることを考えれば納得がいくかもしれない。


hinumachan at 21:59コメント(0) 
使いこなし