2009年08月

2009年08月21日

0f7dabf0.jpgスピーカーシステムはユニット(とネットワーク)と箱(と吸音材)から構成されるが、よく観察していると音を大きく決定する要素は3つあることに気がつく。

1)箱の大きさ
ユニットの性質にもよるが基本的に箱の内容積が大きければ大きい程Dレンジ(特に上側)が広くなり、鳴り方にストレスがなくなる。
振動板の前面が部屋の空気と接しているのと同じように、後面には箱の空気が接しており、ユニットからみればどちらも同じ部屋であることに違いはなく、箱が大きいスピーカーは広い部屋と同じように伸び伸びとした音になる。
同じ10cmユニットでも小型バスレフよりバックロードの方がDレンジが広い。これは比較すれば直ぐにわかる。
後面開放のプレナー型スピーカーは箱がないし、長岡バックロードや共鳴管は箱が底抜けになっていて非常に有利、現代スピーカーではオリジナルノーチラスやタンノイが有利である。
JBLのハイエンドスピーカーは逆に小さく、K2(9500)は38cmウーハーに70リッター程度しか容積がない。DD66000は知らないが。

2)箱の作り
板振動が少なく共振の少ない箱は下のDレンジが広い(静か)。「強靭な作りで、しかも定在波が立たず抜けがいい」と言うのが理想、これも部屋と全く同じである。箱が大きくなると板鳴りが増加するので、2)は1)と背反するところがある。概して、長岡スピーカーは共鳴音が多く、最新のJBLやB&Wは非常によく対策されている。YGやクレルも凄いが、僕にはバランスを欠くように見える。 プレナー型は箱の共鳴音がないのは良いが、逆相の音が全面と同レベルで放出されるのが果たして良いのか判断しかねる。

3)ユニットのサスペンション
現実の製品の制約の範囲内ではマグネットが大きい、小さいということは音の性質をあまり左右しない(208E瑤208ESの違いはマグネットの大きさだけに因るわけではない)。
音の性格を決めるのはユニットのサスペンション(エッジとダンパー、広く言えば振動板まで含む)だ。
同じフォステクスでも208SSと208ESの違い、FF165KとFW168HPの音の違いを考えれば納得がいく。
リボン型やコンデンサー型、昔のフルレンジユニットは大抵フラフラのハイコンプライアンスタイプであるのに対し、カーステ用ユニットや168HPは耐入力重視のタイトなサスペンションになっている。
サスペンションがタイトになると大入力時の崩れが少なくなり、硬くなった振動系(バネ)によって音にバネがつき、「ガン、ドン、ビシッ」とメリハリのあるカッコイイ音が出る反面、音量をぶちこまないと動かないのでついつい大音量になってしまう。
サスペンションを固くしたスピーカーは至近距離では耳にきつい。簡単に言えばデッドで輪郭強調型で質量感(量感ではなく重量感のこと)のある音になるようだ。ヘッドフォンのサスペンションが極めて柔らかいのも同じ理屈だろう。
僕が経験した中で、最もタイトなのはB&W N801とTAD(TD-4001など)で、これらは音量を上げれば上げるほどカッコいい音になる。
一部で絶賛されたピュアシステムは強靭で内容積が極小の箱にタイトな168HPを入れた(耐えられるユニットがこれしかなかった?)という変わったスピーカーである。
反対にコンデンサー型やリボン型に箱がないのは、サスペンション(と振動板)が背圧の影響を受けてしまうからで、「箱小×サス緩め」という組み合わせはまともな設計のスピーカーではありえない。なので1)と3)の組み合わせは3種類になり、これに2)の条件を加えれば全てのスピーカーは6種類に分類できることになる。
例えば、B&W M801は「箱大×構造しっかり×サス緩め」だし、タンノイは「箱大×構造共鳴多い×サス硬め」、ウィルソンは「箱小×構造しっかり×サス緩め」に分類される。
この分類をすれば、そのスピーカーの音調と適した音量が気象予報士なみには推測できてしまうというわけだ。

貴兄のスピーカーはどのタイプ?



hinumachan at 23:24コメント(6) 
コンポ 

2009年08月16日

「のりPがいつからやっていたのか?」が衆院選より気になる毎日だが、立教大学教授で精神科医の意見がこ・れ・だ・↓

http://mainichi.jp/life/health/kokoro/news/20090811ddlk13070235000c.html

小学生並みの文章力の僕には文章の上手い下手を言う資格はないが、この「内容の無さ」は一体何なんだ!?
女子高生がゴーストライターをしているのかと思ってしまうほどではないか。

単なる左翼のオバサンとも言うが。。。


hinumachan at 19:57コメント(2) 
医療 | こまったちゃん