2009年12月

2009年12月30日

181eb221.jpg
149234f4.jpg
遊んでいた高性能デスクトップスピーカーOZを、ノートPC(ダイナブック)にを繋いで聴いてみた。
明らかに帯域バランスが低音寄りで変。かなり高い低音からブーストしてあるようで鮮明度が不足する。
どうやらPC内蔵のハーマン/カードンスピーカーに合わせてイコライジングしてあるようだ。

AQUOS14型に繋いでも同様の結果であった。

http://nice.kaze.com/srs-z1.html
http://modama.net/47lab/timedomain03.html
OZはヘッドホンから流用した4cmユニットの出来が素晴らしい。
バランス的に高音が強いのとバスレフポートの音が気になるのが難点。
これを取り付けたボディソニックチェアも製品化されていたが、オーディオフェアのデモでは過大入力で完全にサチッていた。なぜ気づかないのか…

追加)念のため、高級CDプレーヤーに接続して音を確認してみたところ、立派な音がするが、口径のわりに高音の伸びが弱く、本来の冴えが感じられない。
そういうわけで、PCとの組み合わせはしばらく鳴らしこんだ後に再度チャレンジとしたい。



hinumachan at 08:44コメント(0) 
コンポ 

2009年12月25日

b3980156.jpg100均のセリア
最近のイチオシはこの3点。

1)アルミの立体ハンガー
木製のハンガーも100円で買えるが、このアルミハンガーは軽くて使いやすくかっこいい。
かつてブランドショップで500円くらいしたと思う。
スカートやズボンも吊るせるように、横棒を直線にしてもらえたらと思ったが、それでは強度が得られなくなるのだろうか?(リブが入ってるし)

2)職人の歯ブラシ
これは先輩のお勧め品。
68円歯ブラシは毛が不揃いだったり抜けたりする欠陥品だが、これは上質で、プアーマンズGUMと言っても過言ではない。
超おすすめ。

3)ペーパークリップ(青いの)
20枚くらいの紙を傷つけずに纏めることが可能。
作りがちゃちいが、使える。


hinumachan at 22:16コメント(0) 

2009年12月23日

「いま県内児童の肥満化が問題になっています。特に男児に顕著で、*パーセントの体重増加です。」

そのあとに
「県内のケーキ屋さんはクリスマスで大忙しです。景気の影響か、小ぶりなケーキが売れているようです」

・・・世の中は難しい



hinumachan at 12:21コメント(0) 
はーべす菅野先生が購入して有名になったハーベスの新型。そのわりには秋葉のダイナにもなく、レフィーアネーロで石丸に置いてあると教えてもらった。

まず重要なのは見た目で、
最近のJBLはダサダサだし、他のハイエンドスピーカーも失敗した現代芸術作品か超合金ロボットてなもんで(特に酷いのがクレルとNEOだ)、とうてい部屋に置く気にはならないのだが、
ハーベスは写真で見る以上に仕上げが美しく、スタンドも家具のようだ。
サイズも家庭用としてはベストで、和室でもホテルでも様になる。
箱を拳で叩くとコツコツとも、カンカンとも言わずにボソッと鳴り、薄い板をダンプしてある感じ。

音は外観のオールドファッションとは違ってわりと現代的でスカッとしている。低音は箱が鳴っているのが分かるがそれほど緩くない。一聴して繋がりが非常に良く、***最上階に鎮座する価格10倍のヘンテコスピーカーより全然マトモなバランスだ。
同じような見た目のスペンドールも3種類聴いてみると悪くはないのだが、僕にはハーベスの方がしっくりきた。
また隣に定番のB&WのCMシリーズ(トールボーイ)が並んでいて聴いたが、バランスはとても良いのだが、B&Wのアルミツイーターは高音が華やか過ぎて非常に気になった。ツイーターの性能ではハーベスが上だと思う。磁性流体を使ったものだというが、ハーベスは箱のサイズとツイーターが非常に良い。

いづれにしても、D3邸の最新MFB+DDDスピーカーを聴いた直後では、世にある他のすべてのスピーカーはまったくHiFiではなくただの楽器に過ぎないし、一般に手に入るスピーカーとしてはB&Wの800シリーズ以上の完成度の物はなく、爆音ならフルレンジスピーカー、箱庭ならコンデンサーやリボンスピーカーなどの選択肢があり、更に上を目指すならGOTOのマルチがあるが素人にはバランスを取るのが極めて難しい。

なので個人的には、大型ならB&Wの800シリーズ、ジャズならアルテックのような低音を欲張らないオールドスピーカー、中型ならハーベスがいい。
他のスピーカーはそのバリエーションに過ぎないと思う。

JBLは9800以降尖ったところがなくなり、かと言ってクラシック向きでもない中途半端なスピーカーばかりで魅力がなくなった。BOSEと最近のJBLは安い機種の方が魅力的だ。



hinumachan at 07:09コメント(2) 
コンポ 

2009年12月22日

sanyo2ch情報なので話半分で

********************
B&Wから、「800 Diamond Series」登場!!
  ・正式名称は、「800D」から、「800 Diamond」へ。
   「S」モデルがディスコンとなり、すべてダイヤモンドユニット搭載となるため、この名称に変更。
  ・ツィーターとミッドレンジユニットは完全に新設計。
   マグネット回路からチューブ技術まで部分的に変更を加えている。
  ・ウーハーユニットはマグネット回路が変更。
   よりパワフルな低音が非常に簡単に出力できることに焦点が当てられている。
   特に低音の解像力は、以前のモデルとは比較にならないほど改善されている。
  ・エンクロージャの外観に大きな変更はないが、内部設計が完全に変更。
  ・ウーハー等をマウントしているネジをより美しいものに変更。
  ・グリルは磁石にて脱着する方式に変更。
  ・この他にも多くの変更あり。
  ・805・804は、初のダイヤモンドツィーター搭載となるため、クロスオーバー回路の設計や内部
  構造が大幅に変更に。
  ・最初のリリースは、アメリカ・イギリス・ヨーロッパにて行われ、アジアでは日本、韓国、台湾
  だけが先に発売予定。
    これは、ハンドメイドのため製品の製作に時間がかかり、安定的な供給体制を考慮しての
   こと。最初は多くの注文が寄せられることが想定されるため納期に時間がかかる見込み。
   初期ロットの購入を希望の場合は早期予約が必要。
  ・B&Wからの正式リリースはCES2010にて800Diamondを発表した後に行われる。
*********************

完成の域に達したと思われたB&W800シリーズの新型情報。
今度は804と805のツイーターのDiamond化がトピックだ。

Diamond ツイーターは無色透明に近いといわれるが、やはり石(セラミック)系の音色が感じられる。
Diamondツイーターに合うミッドレンジはいまのところなく、
どうしてもツイーターが浮いて聴こえるので、そこをどう改善する(誤魔化す)かがポイントになる。

ひとつの方式として、SANYOのウーハーはプッシュプル方式で非常に良いので、 リバイバルしてもよさそうだが、何故か出てこない。特許でもあるのだろうか? (アイソバリック方式やタンデムウーハーと混同してる人が多いが、別物)

しかしいずれにしても現在のスピーカーは既に限界に来ており、MFBやBWT(DDD、マンガーユニット)なしにドラスチックな進歩は期待できないのだが。


hinumachan at 00:41コメント(2) 
コンポ 

2009年12月05日

かなり偏った内容のブログだが、公立病院が崩壊して都市部の開業医ばかりが増える理由がクリアーカットに書かれている。
http://blog.livedoor.jp/leeshounann/archives/cat_50013018.html

さらに補足すると、人口当たりの医師数が増えているのに何故?という話があるが、患者の高齢化が急激に進んでいるのだから需要が増えるのは当然のこと。対老人人口で考えなければ意味がない。
新品のオーディオがバンバン売れた時代と、ジャンクが大量に売買されている現代ではサービスセンターの需要が違うのだ。

もうひとつ、(これは禁句なのだが)女医さんの率が増えたのも医師不足(正確には公立病院医師不足)の大きな原因。新卒の医者の3人に1人は女医になったのは大きい。実質的なマンパワー低下になっている。

20年くらい前には「少子化で産科や小児科の医者が余る」なんて言われていたのに、今は不足だと大騒ぎ。これには訴訟の多さが関係している。僕の知り合いにも医療事故や訴訟に巻き込まれている医者が3人いるが、これはマスコミの責任が大だと思う。

ちなみに人口当たりの医師数が最も少ないのは埼玉県(○玉医大だしね?)。

前年度比で医師数が減少しているのは山梨と青森の2県(田舎だしね)。
消えた医者はどこに行った?



hinumachan at 07:06コメント(0) 
医療